Wptfvywzxhfbftywywqx

大分

CATEGORY | 大分

恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!

2019.10.19

九州の大分県には廃墟や心霊スポットがたくさんあります。しかも身の毛がよだつほど恐ろしいスポットばかり。ここでは大分県の廃墟・心霊スポット10選をご紹介しましょう。かつて多くのキリシタンが亡くなった公園や廃遊園地として有名な志高ユートピアなどもご紹介します。

  1. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!①水分トンネル【恐怖度★★★】
  2. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!②志高ユートピア【恐怖度★★★】
  3. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!③神楽女湖【恐怖度★★★】
  4. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!④三国峠【恐怖度★★★】
  5. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!⑤キリシタン殉教記念公園【恐怖度★★★】
  6. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!⑥青の洞門【恐怖度★★★】
  7. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!⑦別大国道【恐怖度★★】
  8. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!⑧東光寺の五百羅漢【恐怖度★★】
  9. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!⑨六ヶ迫トンネル【恐怖度★★】
  10. 恐怖を感じる廃墟がたくさん?大分県の廃墟・心霊スポット10選!⑩沈堕発電所跡【恐怖度★】
  11. まとめ

最初にご紹介する大分県の廃墟・心霊スポットは、水分(みずわけ)トンネルです。水分トンネルは大分県由布市湯布院町川西の国道210号上にあるトンネル。九重と湯布院をつないでいて交通量が多く、大分県有数の交通事故多発地帯です。そのせいか県内最恐の心霊スポットとされています。とくに深夜にこのトンネルを通ると、霊に遭遇することが多いそうです。赤い服を身に付けた女性の霊が頻繁に目撃されています。

水分トンネルの詳細情報

■住所:大分県由布市湯布院町川西 国道210号

■アクセス:【電車】JR「南由布駅」よりタクシーで約10分

【車】大分自動車道「湯布院IC」より国道210号線を経由して約4分

次にご紹介するのは、志高ユートピアです。志高ユートピアは大分県別府市東山にある廃遊園地。志高ユートピアは本格的なレーシングコースと巨大迷路が大きな売りの遊園地でしたが、2003(平成15)年の休園以降は廃墟になってしまい、ユートピアとは程遠い怪しい雰囲気が園内に立ち込めています。かつて志高ユートピアの目玉だった巨大迷路やお化け屋敷などのアトラクションは今も残されており、とくに巨大迷路ではオジサンの霊が出没すると噂されています。

志高ユートピアの詳細情報

■住所:大分県別府市東山一区大字東山526

■アクセス:【電車】JR「別府駅」よりタクシーで約22分

【車】東九州自動車道「別府IC」よりやまなみハイウェイなどを経由して約10分

次にご紹介するのは、神楽女湖です。神楽女湖は大分県別府市にある美しい湖。別府の人気観光スポットの1つで、とくに6月から7月にかけては1万株もの花菖蒲が咲き誇ります。一見心霊とは縁遠い観光スポットですが、1975(昭和50)年にこの湖の近くにある雑木林で少女の遺体が発見されています。それ以降、神楽女湖の周辺では迷子の子供を車に乗せると事故に遭遇したり、突然子供が消えたりなどの奇妙な現象が頻発するようになりました。少し前まで「子供を見ても話しかけないでください」という看板が立てられていたそうです。

神楽女湖の詳細情報

■住所:大分県別府市大字別府

■アクセス:【電車】JR「別府駅」よりタクシーで約26分

【車】東九州自動車道「別府IC」よりやまなみハイウェイなどを経由して約14分

次にご紹介するのは、三国峠です。三国峠は大分県佐伯市宇目の三国街道にある峠。江戸時代に佐伯藩、岡藩、臼杵藩の境界にあったことから三国峠と名付けられたそうです。明治時代には西南戦争の激戦地となり、多くの人がここで戦死しました。そのため標柱や墓碑、戦死者を慰霊する三国神社が建立されています。この峠では兵士の霊が目撃されており、とくに峠にあるトンネルの、入口付近の電話ボックスによく出没するそうです。

三国峠の詳細情報

■住所:大分県佐伯市宇目大字小野市 三国街道

■アクセス:【電車】JR「三重町駅」よりタクシーで約17分

【車】東九州自動車道「佐伯IC」より国道10号線を経由して約46分

次にご紹介するのは、キリシタン殉教記念公園です。キリシタン殉教記念公園は大分県大分市葛木にある公園。隠れキリシタンと言えば熊本県が有名ですが、実は大分県にもたくさんの隠れキリシタンがいたのだとか。豊後地方では最も多くの殉教者が出たところとされています。この公園はかつてキリシタンの処刑場だったらしく、今でも殉教者のお墓がたくさんあります。また公園内での霊の目撃したとの情報も多数寄せられています。

キリシタン殉教記念公園の詳細情報

■住所:大分県大分市大字葛木326

■アクセス:【電車】JR「高城駅」よりタクシーで約10分

【車】東九州自動車道「大分宮河内IC」より県道21号線を経由して約9分

次にご紹介するのは、青の洞門です。青の洞門は大分県中津市の本耶馬渓にあるトンネル。ここは古くから鎖を辿りながら歩くのもやっとの難所。断崖絶壁で転落死する人が相次いでいたそうです。そこに禅海和尚が30年を費やして完成させたのが青の洞門です。石工達を雇い、ノミと槌だけで掘っていったのだとか。日本最古の有料道路とも言われています。ただ現在も過去に転落死した人の霊が出没したり、川の中から伸びてきた手に足を引っ張られたりすると噂されています。またトンネル内では、よく心霊写真が撮れるそうです。

青の洞門の詳細情報

■住所:大分県中津市本耶馬渓町樋田234

■アクセス:【電車】JR「中津駅」よりタクシーで約21分

【車】中津日田道路「本耶馬渓IC」より国道500号線を経由して約9分

次にご紹介するのは、別大国道です。別大国道は大分県大分市神崎の小倉街道にある、別府市と大分市をつなぐ道路です。交通多発地帯のため心霊的な噂が絶えないなか、とくにカーブ付近にある手招き地蔵が有名な心霊スポットとなっています。この手招き地蔵の手は本来上に向いていたそうですが、頻発する事故死者の魂が手のひらにたくさん乗ったため、次第に手が垂れ下がったと言われています。また手招き地蔵には決して水をかけてはならないとのこと。もし水をかけると、事故が必ず起きると噂されています。

別大国道の詳細情報

■住所:大分県大分市神崎 小倉街道

■アクセス:【電車】JR「東別府駅」よりタクシーで約7分

【車】東九州自動車道「大分IC」より国道10号線を経由して約16分

次にご紹介するのは、東光寺の五百羅漢です。東光寺は大分県宇佐市のお寺で、五百羅漢と呼ばれる500体もの石仏で有名なところ。この五百羅漢は20年の歳月をかけて東光寺の住職がつくったものだそうです。現在は宇佐市の有形民俗文化財に指定されています。500体の石仏がズラリと並ぶ景色は圧巻の一言。どれも異なる表情でいい味を出しています。ただ石仏をじっと見ていると、話しかけてくることがあるそうです。

東光寺の五百羅漢

■住所:大分県宇佐市大字江須賀1754

■アクセス:【電車】JR「柳ヶ浦駅」よりタクシーで約4分、徒歩約20分

【車】東九州自動車道「宇佐IC」より県道44号線を経由して約13分

次にご紹介するのは、六ヶ迫トンネルです。六ヶ迫トンネルは大分県臼杵市岳谷のトンネル。臼杵市と大分市を結ぶ山間にあります。しかし、近くに出来た臼杵坂ノ市有料道路が無料になってから交通量は激減。素掘りのトンネルのため元々不気味な雰囲気でしたが、人通りが少なくなってからはますます不気味になったそうです。このトンネルでは昔から女性や子供の霊の目撃情報が多数寄せられています。また過去には白骨死体も発見されたという噂も聞かれています。

六ヶ迫トンネルの詳細情報

■住所:大分県臼杵市岳谷1827

■アクセス:【電車】JR「下ノ江駅」よりタクシーで約12分

【車】東九州自動車道「臼杵IC」より国道217号線などを経由して約20分

最後にご紹介するのは、沈堕発電所跡です。沈堕発電所跡は大分県豊後大野市大野町にある発電所の廃墟。1909(明治42)年に建てられた古い発電所で、心霊スポットというより歴史的遺構として価値の高い廃墟です。1937(昭和12)年に閉鎖されて以来、廃墟となり現在に至ります。自由に入ることが可能なため、地元の観光スポットとしても一役買っているそうです。春や夏には周囲に生い茂る緑とともに大変美しい景観を生み出します。

沈堕発電所跡

■住所:大分県豊後大野市大野町矢田

■アクセス:【電車】JR「豊後清川駅」よりタクシーで約5分

【車】中九州横断道路「朝地IC」より県道57号線を経由して約14分

ここでは大分県の廃墟・心霊スポット10選をご紹介しましたが、いかがでしたか?大変恐ろしい廃墟や心霊スポットが大分県にはいろいろありましたね。でも興味本位で近づくのは絶対にやめておきましょう。今まで体験したことのないような怖い目に遭遇するかもしれません。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20170507144post-11659.html