Bzqectpdaijzntcb5vpo

ルクセンブルク

CATEGORY | ルクセンブルク

ルクセンブルク観光まとめ!気になる治安やお土産まで!美しい街並みに癒される…

2019.11.06

日本にはあまり馴染みのないヨーロッパの国、ルクセンブルク!小さな国のルクセンブルクですが美しい街並みにとても癒されますよ。ルクセンブルクの人気観光スポット、お土産、物価、治安などお伝えしていきます。これをみたらきっとルクセンブルクへ行きたくなりますよ〜!

  1. ⑴ルクセンブルクとはどんな国?
  2. ⑵ルクセンブルクのベストシーズンはいつ?
  3. ⑶ルクセンブルクの物価は高い?安い?
  4. ⑷ルクセンブルクの治安は悪い?良い?
  5. ⑸ルクセンブルクのおすすめの観光スポット・ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame)
  6. ⑹ルクセンブルクのおすすめの観光スポット・アドルフ橋(Pont Adolphe)
  7. ⑺ルクセンブルクのおすすめのお土産・チョコレート・ハウス(Chocolate House)
  8. ⑻ルクセンブルクのおすすめのお土産・ワイン
  9. ⑼ルクセンブルクへの日本からの行き方は?
  10. ルクセンブルク・まとめ

ヨーロッパに位置するルクセンブルク大国王はとても小さな国です。日本ではあまり聞きなれないルクセンブルクではないでしょうか?小さな国にはおとぎの世界のような景色が広がっています!世界遺産に登録されているルクセンブルク市街、うっとりしますよ〜!また

ベルギー、オランダ、東ドイツ、南フランスから電車で行くことも可能です。ベルギー、ルクセンブルクと旅行日程を組むといいですよ〜!またドイツのケルンからルクセンブルクへも行けますね。

ヨーロッパの小さな国ルクセンブルクは、人口がわずか57万人ほどとなっており、面積も日本の神奈川県くらいの大きさなのです。しかし、ルクセンブルクは世界でも屈指の裕福な国なのです。国民1人当たりのGDP(国内生産量)が世界一となっています。

ルクセンブルクでの公用語は、ルクセンブルク語が使われています。ドイツ語、フランス語を話せる人も多くいます。そして観光地、レストラン、お土産ショップでは英語も大丈夫です。通貨はユーロが使われています。

Xluvppiqd4xratg90aca

ルクセンブルクのベストシーズンは、春先から秋の初めの5月〜10月をおすすめします。カラッとした天気が続く夏は日本のように暑くもなく過ごしやすいです。雨も少なく快晴の青空と世界遺産の街はインスタ映えしますね。ルクセンブルクの冬は、フランスのパリ同様に寒い日が続きます。雪が降ることもありますので、冬の時期に行かれる方は防寒着が必要です。

ルクセンブルクの物価を見ていきましょう。世界屈指の裕福な国ですので、どれくらい高い物価なのか気になりますよね?隣国のベルギー同様にルクセンブルクは美食の国と言われています。フランス料理も美味しくいただけます。ルクセンブルクの伝統料理のレストランでは、ランチで相場は20ユーロ〜30ユーロ、ディナーですとレストランのランクによって変わりますが、50ユーロほどではないでしょうか。

節約旅行をしたい方は、ローカル屋台などでフランクフルト、フライドポテトなどいかがでしょうか。5ユーロくらいでいただけます。またルクセンブルクのスーパーマーケットではビール、お水は1ユーロほど、ワインは10ユーロほどと安く買えます。

ルクセンブルクは日帰りの旅行の人が多いために、その分ホテルの宿泊費が安いです。高級ホテルであっても時期を外すとお値打ちな料金で泊まることができますよ。中級ホテルは50ユーロくらいとなっており、ホステルですと25ユーロほどです。古城ホテルですと80〜100ユーロほどの宿泊費となります。憧れますよね。古城のホテル!

ルクセンブルクの治安についてお伝えします。ヨーロッパの中でも比較的良好なルクセンブルクの治安ですが、スリ、置き引きには注意が必要です。ホテル内、レストラン、電車の中での置引の被害には気をつけたいです。

ルクセンブルクの外務省からの治安情報によると、『ルクセンブルク中央駅』には気をつけるべきです。スリ、置き引き、引ったくりの犯罪を含め、隣国からやってくる人たちが出入りする駅です。中央駅周辺ではぼったくりバーもあります。夜間の外出、路地裏などは治安が悪くなるため行かないようにしましょう。治安が悪くなるのには、薬物問題も関わってきています。また売春なども含め、薬物には手を出さないようにしましょう。

外務省・治安情報

ルクセンブルクの人気観光スポットには、「ノートルダム大聖堂」をおすすめします。パリにある大聖堂と同じ名前ですが、ルクセンブルクにもあります。1930年に建てられた教会、中のステンドグラスがとても美しいノートルダム大聖堂、ぜひ足を運んでくださいね。

ルクセンブルク観光スポット情報

*名称:ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame)

*住所:Rue Notre-Dame L-2240 Luxembourg ville

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame)公式サイト

ルクセンブルクの人気観光スポットに、「アドルフ橋」をおすすめします。ルクセンブルクでとっても有名な観光地ですね。2階建てになっておりアーチがとても美しいアドルフ橋。世界遺産に登録されているルクセンブルク旧市街を眺めることができます。

ルクセンブルク観光スポット情報

*名称:アドルフ橋(Pont Adolphe)

*住所: Uewerstad, 1212 Luxembourg, ルクセンブルク

ルクセンブルクではチョコレートがとても有名です。隣接するベルギーもチョコレート王国ですね。ルクセンブルクで有名なチョコレートといえば、「チョコレートハウス(Chocolate House)」です。お土産に喜ばれる絶品のチョコレート、ホットチョコレートをおすすめします。

ルクセンブルクお土産情報

*ショップ名:チョコレートハウス(Chocolate House)

*住所:20 Rue du Marché-aux-Herbes, 1728 Luxembourg, ルクセンブルク

*営業時間:月〜金:8時00分~20時00分・土曜:9時00分~20時00分・日曜:10時00分~20時00分

チョコレートハウス(Chocolate House)ルクセンブルク・公式サイト

ルクセンブルクの人気あるお土産は、「ワイン」です。ルクセンブルクはワインの産地としてとっても有名なのです。ドイツ、フランス、ルクセンブルクに流れているモーゼル川は42キロに渡ってルクセンブルクには、ブドウ畑が続いているのです。ルクセンブルクの人たちも大好きな自国のワイン、ぜひワイン通の人へのお土産にいかがでしょうか。日本で購入すると高いルクセンブルクの白ワイン、本場ではリーズブルな値段にて購入できます。ご自宅用にもお土産におすすめします。

日本からルクセンブルクへの直行便はないために、ベルギー、ドイツなどから電車で来ることをおすすめします。ベルギーのブリュッセルからは3時間ほどとなっており、日帰り観光をする人も多くいます。ルクセンブルクは旧市街など2時間〜3時間ほどあれば観光することができるために、日帰りで訪れる人が多いですね。また、パリからは2時間ほどの電車の旅です。電車も快適で50ユーロほどですので(チケットは早めに買うと安いです)ベルギー、ドイツ、オランダとともにルクセンブルクを巡る旅行をおすすめします!

いかがでしたか。美しい街並みのルクセンブルク、直行便はないですが、フランスやベルギー、ドイツを訪れた際に日帰り、もしくは1泊で立ち寄ってみませんか。有名なモーゼルワインを飲むのも楽しみですね〜!どうぞ、治安に気をつけて素敵なルクセンブルクの旅にしてくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/B0YUgr6Acaq/