Yvx2btapgfeghc0dbzb7

青森

CATEGORY | 青森

青森のドライブスポット・夏に行きたいおすすめドライブ観光スポットはここ!

2018.06.19

真夏のドライブはどんな所へ行きたいですか?本州最北端の青森で綺麗な海を一望できるドライブコースを走ってみませんか?空気は綺麗で海は涼しく、おすすめしたい観光スポットがたくさんあります。道中にはいろんな発見もあって、青森を良く知る事ができますよ。

  1. 青森の夏はここがおすすめ!絶対行きたいドライブ観光スポット①横浜町はまなすライン
  2. 青森の夏はここがおすすめ!絶対行きたいドライブ観光スポット②青森市浅虫観光
  3. 青森の夏はここがおすすめ!絶対行きたいドライブ観光スポット③八戸うみねこライン
  4. 青森の夏はここがおすすめ!絶対行きたいドライブ観光スポット④奥入瀬渓流
  5. 青森の夏はここがおすすめ!絶対行きたいドライブ観光スポット⑤下北半島仏が浦
  6. 青森の夏おすすめしたドライブ観光のまとめ
青森県野辺地町からむつ市までの区間には、はまなすラインがあります。おおきな鉞の形をした下北半島へ行くには、こちらのコースを利用する人が多く、国道の横には陸奥湾が一望できる最高のドライブコースとなっています。横浜町は菜の花が有名で、春になると菜の花が黄色い絨毯の様に咲き乱れます。
横浜町のはまらすラインを走ると、「湧水亭」という有名なお豆腐屋さんがあります。ここのお店の目の前に湧く清水を原料に濃厚でおいしいお豆腐が食べられます。こちらおお店で作り菜の花ドーナツや豆腐ドーナツは絶品です。
平内町から青森市につなぐ国道4号線を走行すると、県営浅虫水族館や浅虫温泉旅館など観光スポットがたくさんあります。この場所は陸奥湾を一望でき、青森市へ向かう道中からは綺麗な夕陽が見えます。また薄暗くなったくらいにホテルに明かりが灯った光で海にも映える夜景はとても素晴らしいです。
浅虫温泉周辺には、「ゆ~さ浅虫」という道の駅があります。ここでは青森ほおいしい魚介類やお土産品、その他には温泉に入る事も出来ます。さらに温泉卵や足湯なども楽しむことができますよ。駐車場に車を停めて、海岸を散策するのもおすすめです。
八戸の県道1号線、うみねこの繁殖地である蕪島から葦毛展望台へ行くには「うみねこのライン」を通ります。海岸沿いをひたすら走りながら、太平洋を一望でき、海沿いを走るので、どこまでも広大な海が付いてきます。
蕪島から葦毛展望台で一度立ち止まりましょう。駐車スペースがありトイレ休憩ができます。展望台では小高い丘にあり、太平洋が大パノラマで一望できます。また散策コースがあるのでゆっくり歩いてみるのもよし、またソフトクリームや軽食が楽しめるカフェもあります。
うみねこラインをさらに進むと、三陸復興国立公園にも指定され、天然芝で有名な「種差海岸」へ行くことができます。駐車スペースもあるので、ゆっくりと芝生で寝転がったり、ボール遊びなどもしている家族もいます。レジャーシートを敷いてお弁当を食べるのもいいですね。また食堂が近くにあり、海の幸が満載の郷土料理や磯ラーメンも堪能できますよ。
十和田市中心街から十和田国立公園である十和田湖へ行く道中にはある「奥入瀬渓流」です。ここは春夏秋冬と、いろんな季節でも鑑賞できる絶景スポットでもあります。特に新緑の初夏や、秋の紅葉などでは県外からも観光客が訪れる人気スポットです。
ドライブコースではありますが、車から行ったん降りて渓谷を散策出来たり、レンタルのサイクリングを楽しむことができます。ところどころの有名な滝で立ち止まって記念撮影したり、渓流の清水に触れたり、森林浴をする事も出来ます。夏には一度訪れてみてください。
如来の首、五百羅漢、一ツ仏、親子岩などの岩々を集めた総称を「仏が浦」と呼んでいます。青森県の下北半島の霊場としても有名な恐山からも近く、観光スポットして夏はたくさんの観光客が多くドライブで訪れてきます。
長い年月をかけて自然にできた大きな岩は、神聖なものを称し、ご利益を頂きたくて訪れるという人や、夏の涼しい青森の最北端を求めてくる人たちでさまざまです。また仏が浦からは天気の良い時は、津軽半島の竜飛岬が見える時もあります。
暑い夏と言えば涼しい場所を求めたいものです。青森は三方の海に囲まれたところであり、海岸沿いにはドライブに最適なコースがたくさんあります。また沈む夕日や自然でできた神聖なスポットなど、素晴らしい所を見に夏の青森ドライブでぜひ訪れてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjR69jHno8k/