P01ixbgstp6esso03454

スペイン

CATEGORY | スペイン

スペイン旅行の費用はどれくらい?必要な予算を項目別に詳しく解説!

2019.10.23

南欧情緒溢れるスペイン。ガウディ、ピカソなど有名な芸術家を生んだスペインには、文化的、歴史的にも興味深い観光スポットが満載です。一度は行ってみたいスペイン、一番気になるのは旅行費用ですよね。今回はスペインの物価や相場をご紹介、旅行に必要な費用を検討します。

この記事に登場する専門家

Aospjnqlbwedghewmvvm

スペイン在住ライター

Maria07

放浪音楽家の末、結婚を機にスペイン移住。現在スペイン人パートナーと田舎暮らしをしています。最近苦手な語学の必要性をさらに感じてスペイン語猛勉強中?!

  1. スペインとはどんな国!?
  2. スペイン旅行の費用・飛行機
  3. スペイン旅行の費用・ツアー会社
  4. スペイン旅行の費用・宿泊施設
  5. スペイン旅行の費用・食事
  6. スペイン旅行費用・お酒
  7. スペイン旅行の費用・移動手段
  8. スペイン旅行費用・国内中距離移動は?
  9. スペイン旅行費用・番外編〜グラナダに行こう!
  10. まとめ
Yholfcjyycozfalengio
引用: pixabay

スペインは、ヨーロッパの南西部のイベリア半島に位置し、地中海性気候、1年を通して比較的晴れの日が多く過ごしやすい気候が魅力的です。公用語はスペイン語で、通貨はユーロです。

常夏なイメージがありますが、日本同様四季があり季節ごとの風物詩を楽しめます。

Vs5jyg33hawqih9zzmm7
引用: pixabay

スペインといえば、ガウディのサクラダ・ファミリアや情熱的なスペイン気質を思い浮かべるかと思います。スペインは大まかに言うと地方それぞれで風土やその文化や歴史、人々の趣きが異なります。例えば、北部スペインでは陸続きである北ヨーロッパの文化と融合した街があり、南スペインではトルコやモロッコの歴史を継いだ文化を体験することができます。ですので旅行を経験した方々の感じる印象が、訪れた場所によってそれぞれ違っていたりします。そんな他の国では味わえない体験ができるのもスペイン旅行の特徴の一つです。

Uycgjyz3hvklemsv3ao9
引用: pixabay

現在、成田空港からマドリードへはイベリア航空・ANAのコードシェア便で直行便が増えてきました。ほか経由便は、フィンランド航空・KLMオランダ航空、ブリティッシュエアーなど北ヨーロッパ回り、もしくはエミレーツやカタール航空、トルコ航空などの南回りがあります。最近は羽田空港からの就航も増えてきました。所要時間は、直行便だと所要時間は12時間前後、経由便だとトランジットの時間を含め14時間以上が平均です。

スペイン旅行の費用・格安航空券

W1dmdjnu9ipje0traojg
引用: pixabay

格安航空券でリーズナブルに飛行機のチケットを取りたいですよね。大手の航空会社でも早割だったり、旅行会社のセール期間、燃油サーチャージが安い時期にはお値打ち品に巡り合えることも。航空チケットは値段の変動が激しいのですが、安い時期は往復7万円前後のものを見つけることができます。ただし、安いチケットは経由回数が多かったり、早朝出発、2社の飛行機利用などの条件があるのでよくチェックしましょう。バケーション前は徐々に値段が上がりますので、予算としては10万円前後をみておいたほうが無難ですね。

Lskfhh7vbdmssrglmoiq

初めてのスペイン旅行の計画はじっくり検討したいところですよね。どこに行けばいいか迷った時はツアー会社へご相談を。様々な目的用途に合わせたプランを提供してもらえます。夏休みやクリスマスなどは航空券やホテル込みの観光パックツアーを利用する方がリーズナブルな場合もあります。のんびりマイペースに名所を見物したい、バル巡りしたい、と言う目的がある時も、フリー時間が多い商品もあります。さらに海外旅行では、添乗員付きのパックは安心感がありますよね。旅行会社によってオススメもサービスも異なるので、一社に絞らずに複数検討してみましょう。

スペイン旅行費用・ホテル

Fxwzgocslfggt1yb9ot7
引用: pixabay

スペインのホテルの相場は、3つ星ホテルで1泊100ユーロ以上(約12000円)となります。1部屋の料金設定のため2人でしたら半分の金額になります。首都圏は地方に比べるとサービスや利便性では良いホテルが揃っていますが大幅に割高になります。また、同じ街でも中央エリアはやはり高いホテルが多いです。しかし、観光地から離れるとバスや地下鉄費、タクシー料金がかかるのと、ナイトスポットを楽しみたい、という旅行の場合はやはり便利で賑やかなエリアのホテルが良いでしょう。

スペイン旅行費用・ゲストハウスやドミトリー

「なんとしても宿泊費用は節約したい!」という場合はゲストハウスやドミトリーを利用してみては?平均相場は、15ユーロ(2000円弱)あたり。特にバルセロナやマドリードの主要都市にはたくさんのゲストハウスがあります。自炊ができるゲストハウスもあるため、節約旅行の方の強い味方になります。現在その人気は絶大で、夏やクリスマスは学生グループや若いカップルの利用が殺到するため予約はお早めに!

スペイン旅行費用・AIRBnB(エアービーアンドビー)

Guj68s8jy6lkz2qnekwl

今大人気の民泊システムAIRBnB(エアービーアンドビー)。ホテル代の半額以下になります。「旅をするように暮らそう」がコンセプト、空き部屋や居住者旅行中のアパートが対象です。ほとんどがキッチン付きで自炊もでき、複数部屋利用可の物件もあるので週間単位の長期滞在、家族連れやグループ旅行にも向いています。

Rekse244fhp9hnzgwbk3
引用: pixabay

スペインの物価のイメージとして日本より割安、と考えがちです。ところが、外食をメインとするとびっくり、観光地や主要都市では日本より高いところも多いのです。バルなどのランチメニューでも10〜15ユーロ(2000円前後)とか、気軽に立ち寄れるハンバーガーショップのサービスもそんなにお得とは思えないものが多いです。その代わり、スーパーや一般商店の食材の値段は安いので費用節約に役立ちます。旅行中はビタミン不足にもなるので、スーパーで安く買えるフルーツや野菜が大活躍しますよ。

スペイン旅行費用・レストランの楽しみ方

Ivyl2nizwipebu7gtrax

スペイン料理のレストランはどこで何を食べても美味しいです。都市ではスペイン料理だけでなく様々な種類のレストランがあります。相場としては、中級レストランのランチで25ユーロ(約3000円)平均、ホテルや高級レストランでは60ユーロ(8000円)ほどになります。ドリンクやアルコール追加になるとさらに値段が上がります。節約節約、と言っても、時には美味しい食事も体験したいですよね。自炊やテイクアウトを利用しつつ、時には贅沢に楽しむのもオススメです。そこで旅の途中で立ち寄りたくなる日本食レストラン。寿司や懐石ベースの美味しいお店もあれば、地元の人が作る「これが日本食?」と思わせる変りダネメニューのお店もあるので、値段よりもネットや情報誌の口コミなどをよく検討しましょう。

スペイン旅行費用・小腹が空いたらバルへ!

スペインといえば、「バル」。1日の食事の中で一番ランチが重いスペイン人の食事に対して、朝のコーヒーや軽い夕食に家族で立ち寄れるラフな飲食店です。レストランよりもリーズナブルにご当地ビールやワインを楽しめます。そればかりではなくタパスやピンチョスが単品でオーダーできるのでお酒が飲めない人でも気軽に立ち寄れますよ。相場は10〜20ユーロ弱(1500円前後)となります。

Snwgwuvcbcjnieoutogv

スペインへ来たからには、本場の“パエリア”は、食べたいですよね!パエリアを名物にしたレストランでオーダーすると鍋ごと2人分の量が出てきたりします。値段は25ユーロほど(約3000円)、結構な量なので少人数だとそれだけでお腹いっぱいになります。バルのランチでもパエリアがメニューに含まれているところもあり、一人分単発オーダーもできます。他のメニューも楽しみたいな、という時にはオススメです。

Fcle6ccmzifivvsb2kqm

スペインの人の食事には、ワインやビールがつきもの!バルは連日賑わっています。冷たい生ビールは一杯2〜5€(300〜500円ぐらい)。ほかにシェリー酒やベルムッドなど甘くて味わい深いスペイン特産酒も是非お試しください。バルで飲んで美味しかったワインやビールはお土産に。スーパーマーケットならビール1本1ユーロ以下(100円)、赤ワインは3〜5€(500円前後)レベルでも美味しいものが揃っていますよ。

市内を移動には日本より安いタクシーは便利です。スペインのタクシーは初乗り運賃は、2€(300円ほど)となっています。4人など大人数で乗ると地下鉄などよりもリーズナブルになります。また、観光地へはパスがお得なバスや地下鉄利用を。

飛行機

島などへの空路移動にはLCC格安航空券を。Vueling(ブエリング)とイベリア航空や、Easy Jet(イージー・ジェット)、Ryan Air(ライアン・エアー)がリーズナブルです。時期によって値段の差が大きい格安航空券。安い時期ですと50€(約6000円)からありますが、LCCは荷物の重量制限がありますのであらかじめご確認を。

特急AVE

バルセロナからマドリッドへはスペインの特急「AVE」を利用すると3時間弱で行けます。時期や時間帯、座席指定にもよって値段が違いますが、60〜100€(約7000〜12000円)前後となります。シートも広く乗り心地は快適です。

スペインの国鉄Renfe

Yztwxwofb4kycwd5hv1c

スペインの国鉄Renfe(レンフェ)は、近距離を結ぶ快速急行と、特急・寝台列車などがあり、バルセロナからマドリードをはじめ他各都市を結んでいます。長期滞在する方には、お得なRenfeスペインパスやユーレイル・スペインパスなどがあります。2ヶ月前から予約が可能、目的地決まっている方にはオススメです。

Renfeを利用するとマドリッドからバルセロナ2時間40分、コルドバまで1時間40分、セビージャまでは2時間20分、マラガまで2時間25分、サラゴサまでは1時間20分、とスペインの各都市へ移動が可能です。特急の座席等級は特等、1等、2等と3〜4クラスに分かれています。鉄道はスペイン人にとって気軽でスタンダードな移動手段です。

バス

スペインのバス「ALSA (アルサ)」は、リーズナブルな価格で、Wi-Fi環境もあるので節約したい方にはおすすめです。マドリードからグラナダまでは、ネット購入なら20€からありますよ長期滞在の旅行者の方には、「15日間パス」「30日間パス」もありお得なチケットもあります。

旅の補足として、もし日程に余裕があるなら様々な国との交流の歴史を味わえる、グラナダもおすすめの観光地です。スペインの古都グラナダには多数の映画のロケにも起用された「アルハンブラ宮殿」があり、サクラダ・ファミリア同様人気の世界遺産です。マドリードからは高速鉄道のアルタリアを利用すると4時間半。ネット購入などを利用すれば50€ほどのチケット入手も可能です。

Qpezg1nqliaq0hyxrtb9

スペインの物価や相場を紹介いたしました。ご予算の参考になりましたか?調べるほどにさほど安い国ではないことがわかりますが、工夫次第でお得に旅が楽しめます。観光スポットの入場も有料が多いですが、早朝や曜日によっては無料公開している場所もあります。なるべく多く情報を入手し、心に残る思い出深い旅行のご計画を!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: pixabay