Idikjwhiahikygt8fbfm

三重

CATEGORY | 三重

三重県おすすめ観光スポット・カップル旅行やデートにイチ押し8選

2019.02.12

若いカップルから大人のカップルまで、様々な世代のカップルの観光旅行におすすめなのが三重県。遊園地では童心に返っての遊びが楽しく、なばなの里ではロマンティックな気分に浸れます。グルメも旅の楽しみのひとつ。今回は、三重県のおすすめ観光デートスポットをご紹介します。

  1. 三重県のおすすめ観光デートスポットについて
  2. 三重県のおすすめ観光デートスポット①『ナガシマスパーランド』ー大人のカップルも童心に返ろう!
  3. 三重県のおすすめ観光デートスポット②『おかげ横丁』ー江戸時代へとタイムスリップ!
  4. 三重県のおすすめ観光デートスポット③『二見興玉神社(夫婦岩)』ーデートに最適の神社です!
  5. 三重県のおすすめ観光デートスポット④『鳥羽水族館』ーデートの定番は「水族館」
  6. 三重県のおすすめ観光デートスポット⑤『赤目四十八滝』ーマイナスイオン効果抜群!
  7. 三重県のおすすめ観光デートスポット⑥『御在所岳』ー四季を通じて楽しめる山
  8. 三重県のおすすめ観光デートスポット⑦『熊野古道』ー日本有数のパワースポット!
  9. 三重県のおすすめ観光デートスポット⑧『なばなの里』ー三重屈指のロマンティックスポット
  10. 三重県のおすすめ観光デートスポットのまとめ
Cbijekugntpcttekodwn
引用: https://www.flickr.com/photos/24702339@N08/14920269540/
2016年には、G7の開催地にもなった三重県。観光を主な産業のひとつとしています。海から山まで豊かな自然に恵まれ、観光はもちろん、グルメも充実。今回は「カップルのデート」という観点から三重の魅力をご紹介していきましょう。
Inmgnwfbtrhsp7ylz4g0
引用: https://www.flickr.com/photos/milst1/33540280785/
「ナガシマスパーランド」は、東京ディズニーランドにつぐ、日本で二番目の敷地面積を誇る大型遊園地。所在地は「桑名市長島町浦安333番地」になります。
西日本有数の絶叫マシンの宝庫で、絶叫マシン愛好家や海外からは「東の富士急、西のナガシマ」と並び称されている。2017年3月現在、園内でのローラーコースターの総数は大小含め12機種(スチールドラゴン2000・アクロバット・ホワイトサイクロン・4Dスピンコースター 嵐(ARASHI)・コークスクリュー・ルーピングスター・シャトルループ・ウルトラツイスター・ダブルワイルドマウス・ジェットコースター・チルドレンコースター・ピーターラビットコースター)にも及び、それまで日本一だった熊本県のグリーンランドの10機種を抜いて日本一となった。

12種類ものローラーコースターを楽しめますので、若いカップルはもちろん、大人のカップルも、「童心に返って遊びたいとき」に、とくにおすすめのデートスポットです。「ホワイトサイクロン」は、世界最大級の木製ローラーコースター。「木製」という点もスリル満点。「スチールドラゴン2000」は、巻き上げ式のローラーコースターでは、最大落差、最高部高度、最高速度で世界一。ギネスに認定されています。

ナイター営業はカップルにおすすめ!

Cnsviqtdmujz4zwimowr
引用: https://www.flickr.com/photos/hitokiri/2857993403/
夏の花火開催日には、22時までのナイター営業があります。また年末のカウントダウンイベントもあります。夏にはプール遊びもでき、カップルにおすすめの大型遊園地。名古屋からは車で30分の立地条件にあり、直通バスも毎日運行。主要都市からの交通アクセスも充実しています。近隣の宿泊施設も充実し、お泊りデートもステキですね。

絶叫する人たちを眺めながらお茶をする「アクロバットカフェ」

「ナガシマスパーランド」のおすすめグルメは、「"ACROBAT"Cafe (アクロバットカフェ)」。フライングコースター「アクロバット」を眺めながら軽食を食べられます。ほかにも、中華からハンバーガーまで、カップルで楽しめるグルメスポットが充実しています。
「ナガシマスパーランド」と「なばなの里」の距離は7キロ弱。車での旅行以外のカップルは、タクシーや(期間限定ですが)シャトルバスが便利です。

「ナガシマスパーランド」詳細情報

Uw1hlhg0q7mgtfdibb5j
引用: https://www.flickr.com/photos/tororomn/8915763976/
「おかげ横丁」は、伊勢神宮への「おかげ参り」が行われていた江戸から明治の建築物を移築し再現した観光スポット。江戸時代にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。ぜひ伊勢神宮参りへの後に散策したいですね。老舗の味が集結し、食べ歩きの好きなグルメなカップルにおすすめです。

1000種類もの招き猫からお気に入りを選べる!

Luwswwbsk2fufpv18ndt
引用: https://www.flickr.com/photos/tamago-moffle/4490745528/
写真は、「吉兆招福亭(きっちょうしょうふくてい)」。住所は「三重県伊勢市宇治中之切町52番地」。日本中の作家から集められた招き猫を販売しています。表情も千差万別で遊び心がいっぱい。店内には1000種類もの招き猫たちがいるそうです。2人でお気に入りの1匹を見つけてみましょう。
招き猫とは/中国の唐代に書かれた『酉陽雑俎(ゆうようざっそ)』という書物の中に、「猫が顔を洗い、手が耳を過ぎれば客が来る」との記述あり、これをもとに誕生したのが招き猫と言われております。 また、その発祥の地は、江戸時代の江戸とも京都とも言われておりますが、諸説色々あり、定かではございません。しからば、招き猫発祥のいわれの中でも、代表的なものを講釈仕り候。

お伊勢参りといえば「赤福餅」ははずせない!

遊びの後は、グルメですね。三重県伊勢の名物といえばやはり「赤福餅」。甘いものの苦手な人にもおすすめできる上品な甘さです。おかげ横丁内の「団五郎茶屋」は、作りたての赤福が食べられます。季節によって、「赤福氷」や「赤福ぜんざい」が食べられるのも「本場ならでは」の楽しみ。

「おかげ横丁」「赤福」詳細情報

Z4q8draddcyj6jlhrbzx
引用: https://www.flickr.com/photos/compose-r/7990267167/
「二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)」は、夫婦円満や縁結びにご利益があるといわれている神社です。御祭神は猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。まさにカップルのデートにぴったりですね。またこちらには、猿田彦大神のお使いのカエル(二見蛙)が多数奉納されています。ユニークなカエルたちを見て歩くだけでも楽しい神社。神社とはいえ、遊び心をくすぐりますね。

フォトジェニックな「夫婦岩」

Hphxcofztahcc4wk1j8g
引用: https://www.flickr.com/photos/h_okumura/20780133375/
写真は、二見が浦のシンボル的存在の「夫婦岩」。二つの岩は、沖合700mの海中にある「猿田彦大御神の興玉神石(おきたましんせき)」と「天照大神」の鳥居の役目を果たしています。夏至を挟んだ5月から7月には夫婦岩の間からサンライズが、冬至には月を見ることができ、カップルにおすすめのロマンティックなスポットでもあります。パワースポットとしても有名な伊勢神宮参拝前に訪れてみたいですね。JR東海参宮線二見浦駅から徒歩15分となります。

「二見興玉神社(夫婦岩)」詳細情報

Qjjkgn9gjekr0muhwx72
引用: https://www.flickr.com/photos/bonguri/4830593090/
地元のカップルの定番デートスポットでもある「鳥羽水族館」。約1,200種もの海の生き物を観察できるこの水族館は、日本最大規模。「鳥羽水族館」は、入館者の8割が大人だということなので、楽しい水族館デートとはいえ、2人でゆったりと落ち着けますね。
ナイトアクアリウム/今年も夏限定の「ナイト営業」を開催します。昼間の通常営業とは違い、館内の照明を切り替え落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。昨年好評だったの「ウミホタルの発光実験」に加え、今年は「ナイトバックヤードツアー」と「フクロウとの記念撮影」を実施。  また入館料はナイト営業だけの特別価格大人1500円、小人1000円、幼児500円でご案内させていただきます。  夏の熱帯夜は涼しい鳥羽水族館で生きものたちとお過ごし下さい。

毎年、8月第1~4週の金・土曜日(18:30~21:00)に開催される「ナイトアクアリウム」はカップルにおすすめ。宿泊旅行の醍醐味、「夜遊び」を満喫しましょう!

海の生き物に癒されよう!

Fpzrdks9wr2xqmptgzba
引用: https://www.flickr.com/photos/ftomiz/7076222515/
かわいいジュゴンやスナメリ、ラッコの表情には癒されます。JR・近鉄鳥羽駅から徒歩約10分。

手こね寿司がおすすめの「花さんご」

「花さんご」は、地元の食材を活かしたお料理が自慢の落ち着いたレストラン。看板メニューは、伊勢志摩の名物「手こね寿司」。地元の漁師さんたちのお料理です。「鳥羽水族館」は、グルメも楽しめる水族館です。

「鳥羽水族館」詳細情報

B6qqpxilfb5dglkalhb7
引用: https://www.flickr.com/photos/junlonie/3261352370/
「赤目四十八滝」は、大自然のなかでリフレッシュしたい忙しい大人のカップルにおすすめの観光スポット。三重県名張市赤目町に位置します。近鉄大阪線赤目口駅からバス(赤目滝行き)が出ています。

オオサンショウウオの観察をしよう!

Gotmyoq1mdl0nkpajfoc
引用: https://www.flickr.com/photos/143466180@N07/31269746811/
滝のある渓谷はおよそ4kmにわたって続き、峠を挟んで香落渓(こおちだに)へとつながっている。 渓谷は四季折々に楽しめるハイキングコースとなっており、紅葉の名所としても知られていて、秋には関西・中京方面などから多くの観光客で賑わいを見せる。2013年の観光入込客数は163,948人。渓谷とその周辺地域は野生動物と植生の宝庫である。特に渓谷は、世界最大級の両生類の一つであるオオサンショウウオの棲息地として知られ、滝への入り口付近には飼育・展示施設の日本サンショウウオセンターがある。また、テレビ番組でオオサンショウウオを扱う際のロケ地となることも少なくない。

清流にしか棲めない「オオサンショウウオ」の棲息地。大小さまざまな滝からのマイナスイオンを全身に浴びながら、心身ともに癒されるハイキング。滝から5分の場所には、「湯元赤目温泉隠れの湯・対泉閣」があります。日帰りでの利用も可能ですので、ハイキングの汗を流しに行ってみましょう。

ユニーク過ぎる名前の「へこきまんじゅう」

遊びのあとは、グルメ。ユニーク過ぎるこのネーミングの由来は、生地にサツマイモを使用しており、「さつまいもを食べると、おならが出る」ことからだそうです。一度聞いたら忘れられませんよね。つぶあん、こしあん、白あんの定番から、リンゴやクリームチーズとクランベリーまで7種類から選べます。ただし、このおまんじゅうは、デートには少し注意が必要かもしれません・・・。自己責任でどうぞ。忍者の形もユニーク。

「赤目四十八滝」「へこきまんじゅう」詳細情報

Ejvicjh1ltaqnnisx0cy
引用: https://www.flickr.com/photos/knzozi/3037317979/
「御在所岳(ございしょだけ)は、標高1212m。ちょうど三重県三重郡菰野町と滋賀県東近江市の中間に位置します。ロッククライミングの名所であり、春にはサクラ、秋には紅葉、そして冬には樹氷と、四季折々の楽しみ方ができる山でもあります。また、アキアカネ(赤とんぼ)の生息地としても有名。

巨岩・奇岩も楽しみ!

Ttmfnmmwuortxv9u6y10
引用: https://www.flickr.com/photos/knzozi/3038150202/
不思議な巨岩・奇岩が楽しめる山でもあります。写真は「地蔵岩」。登山だけではなく、「御在所ロープウエイ」は、菰野町の湯の山温泉から御在所岳山頂を結んでいます。片道だけロープウエイを利用するのもおすすめです。

「御在所岳」詳細情報

Kvhikwmailpnw8tsb1oz
引用: https://www.flickr.com/photos/iizukanao/14626251400/
熊野古道(くまのこどう)は、紀伊半島に位置し、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府にまたがる参詣道。2004年には、「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として、ユネスコの世界遺産に登録されました。古くは日本書紀にも登場する自然崇拝の地であり、現在では日本有数のパワースポットとして大人気。

伊勢と熊野の周遊もおすすめ!

Njcw7u5pyfozjhfufeba
引用: https://www.flickr.com/photos/omeyamapyonta/8627887244/
熊野古道とは、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府と熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)とを結ぶ古い街道の総称。写真は、「熊野本宮大社」。158段の石段を上がったところにあります。「東海道中膝栗毛」や「伊勢音頭」に出てくる「伊勢へ七度(ななたび)熊野へ三度(さんど)」とは、信心の厚いことをいいます。最強パワースポットの、伊勢と熊野を周遊してみてはいかがでしょうか。

「熊野古道」公式サイト

Suhceeoyf3sgxsdcw9xc
引用: https://www.flickr.com/photos/emrank/3059663911/
「なばなの里」は、三重県桑名市長島町駒江にある植物園。とくにカップルにおすすめなのが、「ウィンターイルミネーション・冬華の競演」です。イルミネーションイベントとしては日本最大級。毎年11月の中旬から3月の下旬頃まで開催しています。冬のイルミネーションだけではなく、あじさい、花菖蒲、バラ、チューリップ、コスモス、ダリア、蛍など年間を通じて楽しめます。

圧巻!「光のトンネル」

Zhdyifwgzwr6tckugnme
引用: https://www.flickr.com/photos/kushii/23613764380/
写真は大人気の「光のトンネル」。長さは200m。120万球のLEDライトを使用しています。永遠に続くかのように見える光のトンネルに大歓声があがります。

本格中華をお手頃価格で!「桃仙」

「なばなの里」のグルメスポットは、中華料理の「桃仙」。美しい庭を眺めながら本格中華を楽しめます。

「なばなの里」詳細情報

Hsdshwzapqbaz9vsleog
引用: 引用 https://www.flickr.com/photos/mrhayata/271362055/
中部地方でありながら、和歌山、奈良、滋賀と隣接。中部と関西の良さをミックスさせたような県が三重県です。風光明媚な大自然から、巨大テーマパーク、日本最大規模の水族館、パワースポットまで盛りだくさん。あらゆる世代のカップルのデートにおすすめです。※掲載の情報は2018年6月現在のものとなります。最新情報は公式サイトをご確認ください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/marumeganechan/13999113020/