Drbxx9vcoqwm6hynjssn

三重

CATEGORY | 三重

地元民しか知らない!三重旅行で絶対行きたいデートスポット10選!

2018.03.27

デートや旅行で三重に行くなら、メジャーな観光スポットだけでなく穴場もおさえておきたいもの。落ち着いた神聖な雰囲気のある三重にも、地元住民しか知らないようなスポットがあるんです。今回は、デートも観光も楽しめる三重の穴場スポットを紹介します。

  1. 【三重観光の穴場デートスポット】1.瀧原宮
  2. 【三重観光の穴場デートスポット】2.石神さん
  3. 【三重観光の穴場デートスポット】3.志摩地中海村
  4. 【三重観光の穴場デートスポット】4.鬼ヶ城
  5. 【三重観光の穴場デートスポット】5.四日市市立博物館・プラネタリウム
  6. 【三重観光の穴場デートスポット】6.御在所ロープウエイ
  7. 【三重観光の穴場デートスポット】7.伊勢志摩スカイライン
  8. 【三重観光の穴場デートスポット】8.河崎商人館
  9. 【三重観光の穴場デートスポット】9.赤目四十八滝
  10. 【三重観光の穴場デートスポット】10.四日市市の工場夜景
  11. まとめ
瀧原宮(たきはらのみや)は、日本を代表する神宮のひとつ伊勢神宮の別宮です。磁気の強さが14社ある中でも1位と言われ、全国に数あるパワースポットの中でも一目置かれる存在です。参道には樹齢数百年の杉の木が立ち並び、御手洗場は神域内の川の水を利用しています。
瀧原宮には4つの社があり、参拝順が決まっています。瀧原宮→瀧原竝宮→若宮神社→長由介神社の順に回るとさらに御利益があります。伊勢神宮より空いているので、清らかな気持ちで過ごすには穴場のデートスポットと言えるでしょう。
三重県の東部に位置する鳥羽市大差町は、海に囲まれた海女の町です。ここにある神明神社の末社のひとつ、石神社は「石神さん」と呼ばれ昔から「女性の願いを1つだけ叶えてくれる」と言われています。芸能人やスポーツ選手もお忍びで参拝すると言う石神さん。お守りは海女さんの手作りで、カップル(ペア)で持つと絆が深まると言われています。
お守りには紫の糸で「ドーマン・セーマン」と呼ばれる2つの刺繍がされています。星の刺繍は「セーマン」で、海女さんが潜った海から元の場所へ無事に戻って来られるように一筆で施されています。格子柄は「ドーマン」で魔物を寄せ付けないよう出入り口が見つけにくく縫われています。
志摩地中海村は、三重県に居ながら地中海の雰囲気を味わうことができるリゾート施設です。敷地内には宿泊施設、カフェ、地元の食材をふんだんに使ったレストランなどがあります。また、展望ウッドデッキやクルージングでは潮風を感じながら大自然を堪能できます。夕日百景に選ばれた英虞湾の夕日も、サンセットクルーズ(約60分)でお楽しみいただけます。
約10,000坪の広大な敷地は「アンダルシアの街」「カスティーリャの街」「サルジニアの街」の3つに分かれており、それぞれ違った町並みを楽しむことができます。しかも、この建物などの設計は全てスペインの設計士によるもの。広々としたおしゃれで本格的な異空間で素敵なデートを満喫してください。
日本百景と世界遺産にも登録されている鬼ヶ城は三重県熊野市にあります。鬼と恐れられていた海賊船を、大将軍の坂上田村麻呂が退治したことから鬼ヶ城と呼ばれるようになりました。千畳敷から始まる約25kmの鬼ヶ城は、波と風によって個性豊かな形をした岩と大海原を体感できる場所。ドライブしながら海を眺め、大自然の迫力が楽しめます。
鬼ヶ城の魅力は、迫力ある自然の造形だけではありません。波打ち際で波の音に耳を澄ませながら、無限に広がる星空を見上げてみてください。好きな人と見るキラキラ輝く星空は、とてもロマンチックでリラックスできること間違いなしです。
四日市市立博物館・プラネタリウムは、原始時代から現代までの四日市市の歴史が学べる博物館です。原寸大で再現されているディスプレイで当時の生活の様子や、街の様子を見ることができます。現代の暮らしだけではなく、公害や環境について考えるいい機会になるでしょう。
併設のプラネタリウムは世界でも珍しい施設です。ただ下から星を眺めるだけではなく、宇宙から地球を見たり他の星へ行くことができるんです。また、映し出される1億4千万個以上の星のうち、肉眼で見えるおよそ9,500個の星は実物と同じ色で再現されています。わくわくすること間違いなしのリアルプラネタリウムです。
標高400mの湯の山温泉と標高1,212mの御在所岳を結ぶ約15分のロープウエイ。山上の澄んだ空気はとても美味しく、大自然を見渡しながらの散策やハイキングは他では体験できません。ロープウエイの途中に現れる白い61mの支柱は、日本一の高さを誇ります。そこから眺める一面に広がる山々の大迫力は息を飲むほどです。
御在所は、春は草花、秋はトンボ、秋は紅葉に冬は樹氷と四季折々の顔を見せてくれます。夏場でも涼しいので爽やかなデートが楽しめます。また、日本で唯一のロープウエイ博物館では、普段立ち入ることのできないバックヤードが見学できるんです。食堂やレストラン、お土産ショップもあるので1日中ここで過ごすことができますよ。
ドライブ好きなカップルにおすすめなのが伊勢志摩スカイラインです。ここは、伊勢神宮付近から朝熊山を超えて鳥羽市内へと続くドライブウェイ。山頂の朝熊山は標高550mで、付近には伊勢神宮の鬼門を守る名刹金剛證寺と奥の院があります。
スカイラインと呼ばれる由来は、空と海そして大地が見渡せる絶景にあります。展望台や撮影スポットも多く散りばめられており、車を停めて大自然を見渡しながらゆっくりとドライブすることができます。ドライブに疲れたら展望足湯で疲れを癒してくださいね。
約300年前の江戸時代に創業され平成11年まで営業していた酒問屋「小川酒店」を伊勢市が修復整備し、伊勢川崎の歴史文化交流拠点となったのが伊勢河崎商人館です。蔵7棟、町屋2棟など全部で約600坪ある敷地は国の登録有形文化財に指定されています。
商人館周辺には、カフェや銭湯、雑貨屋さんなどが立ち並んでいるので、散策しながら古き良き日本の町並みを楽しむことができます。江戸時代にタイムスリップしたような異空間で恋人とのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか?
赤目四十八滝とは名張市にある全長4kmに渡る数々の滝の総称です。滝を繋ぐ道は遊歩道になっており、四季折々の自然に触れながら滝を巡ることができます。また、往復3時間程で全部の滝を廻ることができるのでハイキングコースとしても人気です。
修行の地としても有名なこの地は、日本の滝百景はもちろんのこと、平成の名水百景、遊歩百景、森林浴の森百景にも選ばれるマイナスイオンたっぷりの癒される場所です。また、周辺にはお茶屋さんや食堂が何軒もあり、草餅やB級グルメの伊賀牛「牛汁」などが楽しめます。竹の皮に包まれたおにぎりのお弁当(滝見弁当)をリュックにつめて、ゆっくり散策しながら自然と触れ合うデートも良いですね。
愛好家から「聖地」と称される四日市市の工場地帯。昭和の時代から日本の産業発展を支えたこの地は、大気汚染や水質汚染などの公害が改善されました。昼間に見せる巨大なコンビナートの大迫力とは一転、夜はきらびやかに輝く灯りやツヤ、そして煙までもが人々を魅了します。2010年から夜景クルーズが行われるほど、工場夜景の火付け役として地元民にも愛されています。
地上100メートルの展望室「うみてらす14」からは、街の夜景を見渡すように気軽に工場夜景を楽しむことができます。また、地上にも安全な鑑賞スポットが多く存在し、水面に反射する光や様々な角度から工場夜景を堪能できます。
いかがでしたか?三重観光には外せない穴場デートスポットを紹介しました。伊勢神宮や熊野古道のようなメジャーな観光地とは一味違う視点から、三重の大自然や歴史を感じていただけます。日帰りデートやカップルでの旅行の参考にしていただければ嬉しいです。