Lbqkqgmnn4bevtubtuop

大分

CATEGORY | 大分

大分の穴場観光スポットを徹底チェック!雨の日は?食事は?

2018.06.19

大分の穴場な観光スポットを紹介したページは多いですが、いくら大分の穴場観光情報があっても、雨天時のことやグルメ情報を伴っていないと役立たないのではないでしょうか。このページでは、雨天時でも困らない大分の穴場観光情報をグルメ情報と共にご紹介します。

  1. 大分の穴場観光スポット「大分市内ミュージアム巡り」
  2. 大分の穴場観光スポット「大分マリーンパレス水族館うみたまご」
  3. 大分の穴場観光スポット「別府市営別府海浜砂湯」
  4. 大分の穴場観光スポット「別府市営温泉巡り」
  5. 大分の穴場観光スポット「杉乃井ホテルアミューズメント」
  6. 大分の穴場観光スポット「コアやまくに」
  7. 大分の穴場観光スポット「弥生のムラ安国寺集落遺跡公園」
  8. 大分の穴場観光スポット「深見五重の塔」
  9. 大分の穴場観光スポット「八丁原地熱発電所」
  10. 大分の穴場観光スポット「由布院空想の森アルテジオ」
  11. 大分の穴場観光スポット「湯布院昭和館」
  12. 大分の穴場観光スポット「健康温泉館クアージュゆふいん」
  13. 大分の穴場観光スポット「サッポロビール九州日田工場」
  14. 大分の穴場観光スポット「大分トラピスト修道院」
  15. 大分の穴場観光スポット「風連鍾乳洞」
  16. 大分の穴場観光スポット「長湯温泉療養文化館御前湯」
  17. 大分の穴場観光スポット「ガンジーファーム」
  18. 大分の穴場観光スポット「駄菓子屋の夢博物館」
  19. 大分の穴場観光スポット「きつき衆楽観」
  20. 大分の穴場観光スポット「稲積水中鍾乳洞」
  21. これであなたは大分の穴場観光スポット情報のプロに

大分市内ミュージアム巡り

大分市内には、「五感と出会いのミュージアム」をキャッチフレーズにした「大分県立美術館OPAM」、約1,800点の所蔵作品を持つ「大分市美術館」、いろいろな歴史体験メニューがある「大分市歴史資料館」、大友氏と大分のまちを楽しく学べる「大友氏遺跡体験学習館」、江戸末期から明治期の建物が点在する帆足本家 「富春館」など、雨の日でも楽しめる、屋内型のミュージアムが揃っています。大分市には、豊後大分ふぐ、豊後牛など迷ってしまうほどのグルメも揃っています。

基本情報

施設名:(代表として)大分市歴史資料館
住所:大分県大分市大字国分960-1
電話番号:097-537-5764 一般社団法人 大分市観光協会
営業時間:9:00~17:00
休業日:毎週月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、年末年始、第1火曜日

大分市グルメ情報

豊後大分ふぐ、関サバ、関アジ、豊後牛、とり天

大分マリーンパレス水族館うみたまご

「動物と遊ぶ」と「アートで遊ぶ」をテーマに、ガラスのない水族館として、2015年4月に新しくなった、大分の観光に適した穴場の水族館です。発見・驚き・感動・癒し・喜び・楽しさを体感できる水族館として、人気の高い水族館です。イルカやセイウチが見せてくれる、パフォーマンスも人気です。雨の日でも楽しめる屋内施設もある、大分観光の穴場です。

基本情報

施設名:大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
住所:大分県大分市大字神崎字ウト3078-22
電話番号:097-534-1010
9:00~18:00 (変動あり)
原則無休 年2日程メンテナンスのため休館あり

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」グルメ情報

「フードコート Fanfare」:郷土料理の「とり天」など定食メニューや麺類など
レストラン A-ZOO:ランチ・カフェ・ディナーに利用できる海辺のフレンチレストラン

別府市営別府海浜砂湯

「別府市営別府海浜砂湯」は、別府国際観光港に隣接する上人ヶ浜の一角にある、別府市が運営する海浜砂湯です。1度に最多で、12名以上が入浴できる槽が、2区画あります。雨の日でも入浴できる、可動式屋根が設置されています。この海浜砂湯では、ナトリウム-塩化物泉が、源泉かけ流しで供されています。大分での観光時は、有名な別府温泉で砂湯を楽しんでみてはいかがでしょうか。穴場の砂湯の後は、別府市では町のいたるところで海鮮料理、とり天、豊後牛、地獄蒸し料理などのグルメが楽しめます。

基本情報

施設名:別府市営別府海浜砂湯
住所:大分県別府市上人ケ浜町9
電話番号:0977-66-5737
営業時間:8:30~18:00
休業日:第4水曜日(祝日の場合は翌日)

別府市グルメ情報

海鮮料理、とり天、豊後牛、地獄蒸し料理

別府市営温泉巡り

別府市内には、市営温泉施設が18施設あります。別府温泉エリアに、永石温泉・竹瓦温泉・不老泉・田の湯温泉・海門寺温泉・北浜温泉(テルマス)・別府市コミュニティーセンターの7施設があります。亀川温泉エリアに別府海浜砂湯・浜田温泉・亀陽泉の3施設があり、明礬温泉エリアに鶴寿泉・地蔵泉の2施設があります。さらに、浜脇温泉エリアに浜脇温泉・湯都ピア浜脇の2施設、鉄輪温泉エリアに、鉄輪むし湯・熱の湯の2施設があり、柴石温泉エリアに、柴石温泉の1施設、堀田温泉エリアに、堀田温泉の1施設があります。大分観光時で雨が降った日は、のんびりと別府温泉で過ごしてみてはいかがでしょうか。大分の旅行で別府に立ち寄った際は、市営の別府温泉が穴場です。

基本情報

施設名:(代表として)北浜温泉テルマス
住所:大分県別府市京町11番1号
電話番号:0977-24-4126
営業時間:10:00~22:00
休業日:毎週木曜日(祝日の場合は翌日)施設により異なります

杉乃井ホテルアミューズメント

杉乃井ホテルアミューズメントの最初にご紹介するのは、棚湯という湯船が5段に連なる、棚田状のお風呂で、別府湾を一望することができます。雨天の時でも、景色は多少悪くなりますが、最上部の1段目と2段目のお風呂が利用できます。 ザ アクアガーデンという、水着着用の屋外型温泉もあり、家族やカップルが一緒に楽しむことができます。雨の日に対応できるのが、遊泳できるアクアビートや、先進的な内装のスギノイボウルです。

基本情報

施設名:杉乃井ホテル
住所:大分県別府市観海寺1
電話番号:0977-24-1141
営業時間:施設により異なりますが概ね23:00頃(アクアビートは18:00)
休業日:無休(アクアビートは4月~10月下旬)

杉乃井ホテルグルメ情報

リストランテ アズーリ:中館2Fにあるイタリアン
日本料理花水木:スギノイパレス1Fにある和食
PRONTO(プロント):HANA館2Fのカフェタイムのあるレストラン

コアやまくに

「中津市複合文化施設コアやまくに」には、夏場はインラインスケート場が、冬場はアイススケートがあります。中空を走る山の辺の道、プレイルームもあるアトリエ、ミュージアム、ギャラリーなど、雨の日でも対応可能な、屋内施設があります。周辺には、奥耶馬溪の山水画のような景色が楽しめる、「やすらぎの郷やまくに」や「コロナ運動公園」、「憩いの森キャンプ場」があります。

基本情報

施設名:中津市複合文化施設コアやまくに
住所:大分県中津市山国町守実130
電話番号:0979-62-2140
営業時間:8:30~22:00
休業日:施設により異なります

コアやまくにグルメ情報

レストランわかな:季節の山菜や野菜がふんだんに使われるレストラン

国東市歴史体験学習館

「国東市歴史体験学習館」は、弥生時代の体験ができる施設です。火おこし体験、鋳造体験、土器づくり体験、土笛づくり体験、勾玉づくり体験が、予約不要で体験できます。大分を観光中に、予期せぬ雨に遭遇した時などに楽しむことができる、」大分の穴場な観光施設です。事前に計画し予約しておけば、石がま料理体験や石がま料理体験、火おこし道具づくり体験も可能です。

基本情報

施設名:国東市歴史体験学習館
住所:大分県国東市国東町安国寺1639-2
電話番号:0978-72-2677
営業時間:9:00~17:00
休業日:月曜日

国東市グルメ情報

銀たち(太刀魚)、周防灘海鮮料理、たこチャンポン、地魚料理

深見五重の塔

個人が故郷への感謝の念をこめて、宇佐市の大建寺跡地に建立したのが、京都醍醐寺の五重の塔をモデルにした「深見五重の塔」です。外観を見学することは自由で、予約しておけば、美術館も無料で見学できます。五重の塔の他に山門と持仏堂平和観音があります。新しい五重の塔ではありますが、精巧な構造に作られていて、大分観光の穴場スポットとなっています。

基本情報

施設名:深見五重の塔
住所:大分県宇佐市安心院町鳥越1562
電話番号:0978-44-4530
営業時間:なし
休業日:なし

宇佐市グルメ情報

安心院すっぽん料理、院内どじょう料理、宇佐からあげ

八丁原地熱発電所

九州電力が地下から取り出した、蒸気で発電を行っている施設が「八丁原地熱発電所」です。マグマの熱を使って発電する、日本最大の地熱発電所といわれています。発電の仕組みを、映像などで分かりやすく学習できる展示館があり、無料で見学できます。自然が売り物の、大分九重観光の中で、雨の日に対応できる穴場の施設です。

基本情報

施設名:九州電力八丁原地熱発電所展示館
住所:大分県玖珠郡九重町大字湯坪字八丁原60
電話番号:0973-79-2853
営業時間:9:00~17:00
休業日:年末年始

九重町グルメ情報

九重”夢”ポーク丼、九重”夢”バーガー

由布院空想の森アルテジオ

音楽とアートを融合させた美術館が、「由布院空想の森アルテジオ」です。旅館「山荘無量塔」がプロデュースしたもので、美術館の他に、カフェthe theo(テテオ)、チョコレートショップtheomurata(テオムラタ)、雑貨店の匠舗蔵拙(しょうほぞうせつ)、ロールケーキショップB-speak、茶寮 紫扉洞(さいひどう)、蕎麦 Murata不生庵、スイーツやカフェのTan's barがあります。新たな発見があるかもしれない、大分観光の穴場スポットです。屋外の移動が比較的短いので、雨の日でも苦にならない施設です。

基本情報

施設名:由布院空想の森アルテジオ
住所:大分県由布市湯布院町川上1272-175
電話番号:0977-28-8686
営業時間:10:00~17:00
休業日:不定休

由布院空想の森アルテジオグルメ情報

蕎麦

湯布院昭和館

激動の時代であった「昭和」をテーマにしたテーマパークで、昭和30年代の昭和にタイムスリップさせてくれる施設です。館内には、駄菓子おもちゃ屋、純喫茶、銭湯、医院、レコード店など、懐かしさがいっぱい詰まっています。雨の日でも対応できる、大分の観光の穴場です。

基本情報

施設名:昭和レトロテーマパーク 湯布院昭和館
住所:大分県由布市湯布院町川上1479−1
電話番号:0977-85-3788
営業時間:9:00~17:00
休業日:無休

由布市グルメ情報

由布まぶし、豊後牛、地鶏、湯布院野菜

健康温泉館クアージュゆふいん

「湯布院健康温泉館」は、湯布院にある、ドイツ式温泉療養が体験できるクアハウスです。水着着用で混浴のバーデゾーンがあり、打たせ湯、冷水浴、ジャグジー浴、運動浴など9種類の入浴法が体験できます。一般的な温泉も備えているので、湯布院の温泉が楽しめます。雨の日でも一日楽しめる施設です。
引用: https://www.jalan.net/jalan/images/ryotei/0/002332/XL/000023322001003000000A001.jpg

基本情報

施設名:湯布院健康温泉館
住所:大分県由布市湯布院町川上2863
電話番号:0977-84-4881
営業時間:10:00~21:30
休業日:第2・4木曜(祝日の場合は翌日)
引用: https://cdn.jalan.jp/jalan/images/ryotei/0/002332/XL/000023322070002000000A001.jpg

サッポロビール九州日田工場

パネルや映像で、サッポロビールができるまでを、無料で見学できる工場見学コースと有料の黒ラベルのうまさを実感できるツアー、ヱビスビールのすべてを知ることができるツアーの3タイプの見学ツアーがあります。工場内には、バーベキューと出来立てのビールが楽しめる、レストランが併設されています。

基本情報

施設名:サッポロビール九州日田工場
住所:大分県日田市高瀬6979
電話番号:0973-25-1100
営業時間:10:00~17:00
12月~4月の毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日

サッポロビール九州日田工場グルメ情報

日田森のビール園:できたてのビール、バーベキュー、日田の名水でつくった名物豆腐が名物のレストラン

大分トラピスト修道院

「大分トラピスト修道院」は、トラピストバター & クッキーで有名な、北海道北斗市にあるトラピスト修道院と同じ、厳律シトー修道会(トラピスト)に属する男子修道院です。製菓工場の入り口に、売店と資料館があり、クッキーやチョコレートが試食販売されています。雨の日のドライブにも、適しています。

基本情報

施設名:大分トラピスト修道院
住所:大分県速見郡日出町南畑3350-7
電話番号:0977-67-7522
営業時間:平日 9:00~16:15 日曜日 9:30~16:15
休業日:不定休

日出町グルメ情報

城下かれい、イカ料理、唐揚げ

風連鍾乳洞

大分県臼杵市にある、日本一美しい鍾乳洞をキャッチフレーズにしている鍾乳洞が「風連鍾乳洞」です。国の天然記念物に指定されている、約90年前に発見された鍾乳洞で、奥行きが約500mあり、見どころが2ヶ所あるといわれています。雨の日でも楽しめる大分観光の穴場スポットです。

基本情報

施設名:風連鍾乳洞
住所:大分県臼杵市野津町大字泊1632
電話番号:0974-32-2547
営業時間:9:00~17:00
休業日:無休

臼杵市グルメ情報

ふぐ料理、海鮮料理、寿司、うなぎ

長湯温泉療養文化館御前湯

8世紀半に書かれた風土記にも記載されている古湯で、江戸時代には、岡藩主のために、藩営の湯屋・御茶屋が建設されました。「日本一の炭酸泉」といわれていて、建屋1階と3階に大浴場、露天風呂、冷泉、サウナなどの浴場があり、奇数日と偶数日で、男女入れ替え制で運用されています。雨の日はのんびりと、「日本一の炭酸泉」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

基本情報

施設名:長湯温泉療養文化館「御前湯」
住所:大分県竹田市直入町大字長湯7962-1
電話番号:0974-64-1400
営業時間:6:00~21:00
休業日:第3水曜日

竹田市グルメ情報

豊後牛、久住高原牛、サフラン料理、豆腐田楽、うなぎ、一本からあげ、エノハ料理

ガンジーファーム

大分県久住町の久住高原にある、「見て、学んで、遊ぶ」をキャッチフレーズにした牧場が、「ガンジーファーム」です。「遊ぶ、楽しむ」をテーマに、ポニー乗馬やパン工房での焼きたてパンがあり 、「見る、学ぶ」をテーマとして、酪農工場見学やふれあい牧場などがあります。充実している施設で、大分観光の穴場スポットです。かぶと虫が引っ張る、場内周遊バスが走っていて、雨が降っていても、施設内でグルメや体験が楽しめます。日本では数百頭しか飼育されていない、ガンジー種という品種の乳牛から搾られたミルクが人気の牧場です。

基本情報

施設名:ガンジーファーム
住所:大分県竹田市久住町久住4004-
電話番号:0974-76-0760
営業時間:(季節・施設により変動します)通常期工場見学 9:00~16:00
休業日:無休

ガンジーファームグルメ情報

ガンジーレストラン:ランチバイキングと名物チーズフォンデュなどが楽しめるレストラン
カントリーベーカリー:手づくりパン工房

駄菓子屋の夢博物館

米蔵として建てられた昭和ロマン蔵の中に、駄菓子屋の夢博物館があります。駄菓子屋のおもちゃ収蔵品は、20万点を超えるといわれていて、その中から6万点が公開されています。昭和30年代を知っている人も、知らない人も、楽しめるユニークな博物館です。オート三輪車『ミゼット』、木製の机、チョーク黒板のある学校教室、初期の電化製品などがある、昭和ロマン蔵とあわせて「昭和」をテーマとするテーマパークです。

基本情報

施設名:駄菓子屋の夢博物館 &昭和の夢三丁目館
住所:大分県 豊後高田市新町1007−5
電話番号:0978-23-0008
営業時間:10:00~17:00
休業日:毎年12月30日、毎年12月31日

豊後高田市グルメ情報

魚介料理、海鮮料理 、豊後高田そば、米仕上牛、岬ガザミ

きつき衆楽観

「きつき衆楽観」は月替わりで、大衆演劇が観れる芝居小屋です。杵築銘菓、ソフトクリームや食事をしながら、大衆演劇が楽しめます。大衆演劇ファンはもちろん、まだ大衆演劇を観たことが無い人も、一度は大衆演劇を楽しむ観光は、いかがでしょうか。
施設名:きつき衆楽観
住所:大分県杵築市杵築398-1
電話番号:0978-66-1112
開演時間:平日 昼の部13:30~  土曜日・日曜日・祝日 昼の部13:30~ 夜の部18:30~
休演日:毎月月末

きつき衆楽観グルメ情報

ゆきささ:杵築どーんと丼、チキンカツ定食など各種定食がある食事処

稲積水中鍾乳洞

歩いて楽しむことができる、日本最大級の水中鍾乳洞です。阿蘇カルデラの大噴火によって、鍾乳洞が水没しており、入り口から約370m付近まで、観光することができます。洞窟内にあるスポットなので、雨の日の大分観光にも適した、穴場のスポットです。

基本情報

施設名:稲積水中鍾乳洞
住所:大分県豊後大野市三重町中津留300
電話番号:0974-26-2468
電話番号:0974-26-2468
休業日:無休

豊後大野市グルメ情報

豊後牛、だんご汁、豆腐料理、唐揚げ
大分の穴場な観光スポットの情報を、ご紹介しました。いかがでしたか。これで、あなたは大分の穴場観光情報のプロになっています。雨の日の大分の観光でも、大分観光時のグルメでも、困らない筈です。大分の穴場観光スポットが待っていますよ。あとは、大分に観光に行くだけです。大分で雨の日でも困らない穴場をご紹介しましたが、あなたの大分旅行が、雨天にならないように祈念します。