Mmf2puorhb5xbprl1wxn

広島

CATEGORY | 広島

尾道のデートスポット・雨の日でも行ける場所や穴場スポット19選

2018.10.22

海と山に囲まれ自然豊かなイメージがある尾道。最近はしまなみ海道もデートスポットとしても人気があります。新しいお店も増え、カフェも多いので雨の日のデートにピッタリです。今回は雨でも行ける尾道の穴場デートスポットを紹介したいと思います。

  1. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット1 茶房こもん
  2. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット2 尾道本通り商店街
  3. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット3 尾道さくら茶屋 尾道駅前店
  4. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット4 尾道浪漫珈琲
  5. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット5 持光寺
  6. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット6 ONOMICHI U2
  7. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット7 尾道イーハト―ヴ
  8. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット8 あくびカフェー
  9. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット9 工房尾道帆布
  10. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット10 ラテハートカフェ
  11. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット11 水尾之路
  12. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット12 JOHN BURGER&CAFE
  13. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット13 やまねこcafe
  14. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット14 尾道WHARF
  15. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット15 ゆーゆー
  16. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット16 なかた美術館
  17. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット17 夕やけカフェドーナツ
  18. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット18 フルール
  19. 雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポット19 からさわ
  20. まとめ
「茶房こもん」は千光寺ロープウェイ乗り場の目の前という好立地にあり、1977年から営業している老舗のワッフル専門店です。開店当時から変わらないレトロな雰囲気が残る店内でいただくワッフル生地は、注文を受けてから焼くというスタイルでいつでもサクふわの焼きたてのワッフルをいただくことができます。
ワッフルは種類も多く、シンプルなバターワッフルから自家製のアイスクリームが挟んであるアイスワッフル、季節の果物と盛り付けられた季節限定のワッフルまで、様々な種類があるので迷っちゃいますね。一皿のボリュームもかなりあるので食べ応えはバッチリです。茶房こもんの近くにテイクアウト専門店「がレットゥ―リ・コモン」もあるのでお土産にワッフルを買うこともできます。
「尾道本通り商店街」はJR尾道駅から徒歩約4分と近く、全長約1.2kmのアーケードになっているので雨でも濡れずに、のんびり散策することができるのはいいですね。昭和の雰囲気を感じさせる尾道商店街には昔ながらの建物がたくさん残っていて、それぞれ改修しながらカフェ、お土産店、喫茶店それぞれ個性豊かなお店が入っています。アーケードも5つの通りから構成され、尾道商店街の途中から千光寺ロープウェイ乗り場にも行けるので便利です。
尾道商店街の中にあるハンドメイドのお店「うずしお雑貨店」、ボタンをリメイクした可愛いアクセサリーからコルクを利用したお洒落なコルクおじさんまで女性に人気のショップです。尾道プリンが人気の「おやつとやまねこ」、ビンのプリンはしっかりしているのになめらかな口当たり、クッキー・ビスコッティなどの焼き菓子も無添加で作られています。
JR尾道駅から徒歩約3分の「尾道さくら茶屋尾道駅前店」は、看板メニューのわらび餅を中心にパフェ、お団子、かき氷、さらには猫パフェも登場し味も美味しいですが、可愛さで人気を増しています。ちなみに猫パフェの猫はアイスの上にチョコレートなどで飾り、猫の手は形が可愛いクッキーです。
京都の老舗店で修行して尾道でオープンした尾道さくら茶屋は、メニューがとても多くお団子だけでも10種類あります。スイーツはもちろん、お店の人達のアットホームな雰囲気も人気でカフェの店舗は本店を入れて2店舗、大判焼きのテイクアウト専門店が尾道に2店舗あります。猫パフェに女性も喜びそうですが、最近は甘党の男性も多いのでデートで行くのもおすすめです。
「尾道浪漫珈琲」は尾道本通り商店街の中にあり、レンガ壁のモダンで落ち着いた雰囲気のカフェです。お店の一番人気はサックリと焼き上げたプレーンワッフル(518円)で、珈琲(497円)とセットで注文すると100円引きになるのでお得ですね。珈琲はサイフォンで一杯ずつ淹れて、目の前でカップに注いでくれます。
尾道浪漫珈琲のメニューはピザ・グラタン・サンドイッチ他、カフェメニューも充実しています。朝は7時30分から営業しており、モーニングもあるので食べてからのんびり町を散策するのもいいですよ。他にも尾道市内に店舗がある中、美ノ郷町にある尾道浪漫珈琲三成店は駐車場も完備し、焙煎工場の見学もできるようになっています。珈琲豆の販売もしてます。
JR尾道駅から徒歩約5分のところにある「持光寺」です。尾道で観光客に人気の尾道七佛めぐり、七つのお寺のパワーストーンを購入し(1個500円)お守りブレス念珠を作ったり、七つのお寺でご朱印を押して(1つ300円)最後のお寺で掛け軸をいただけるという尾道七佛めぐり朱印色紙などの1番目のお寺になります。持光寺の大石門は延命門とも言われていて、くぐると寿命が延びると伝えられています。
持光寺では片手に収まる土の塊を一回、願い事を思いながら握って作るにぎり仏を作ることができます。にぎり仏は体験料1,500円、作業時間約10分、住職がお庭窯で焼いて約1ヶ月後ぐらいに郵送してくれます。(送料別)可愛らしい見た目が人気で全国からにぎり仏を作りに来るそうです。持光寺は、あじさい寺とも言われ梅雨の時期は綺麗なあじさい、春は梅の花を見ることができますよ。
JR尾道駅から徒歩約5分のところにある複合施設「ONOMICHI U2」、サイクリストのために倉庫を改修して作られた施設ですが、駅から近いのとお洒落な外観でサイクリスト以外にも幅広く人気があります。複合施設にはホテル、レストラン、カフェ、セレクトショップ、ベーカリーなどとても充実しているので雨の時でもおすすめです。セレクトショップSHIMA SHOPではU2のオリジナル商品の他に瀬戸内の各地域から生活雑貨、食品、本、植物を取り揃え、瀬戸内の魅力の発信に貢献しています。
同じU2の中にあるYard Cafe(ヤード・カフェ)は、マシーンで淹れるコーヒーの他に瀬戸内のレモン、果物、野菜を使ったフレッシュジュース、スープ、ジェラートを店内、向島を堪能できるテラスでいただくことができます。さらに瀬戸内の食材をグリルで提供するThe RESTAURANTでは(主にイタリアン)ランチ・ディナーともにアラカルトも数多くあるので、二人でシェアしながらいただきその後カフェでお茶をするのもいいですね。
「尾道イートハーヴ」は山手地区の古民家を改修し梟の館(カフェ)、招き猫美術館、など他にも次々にオープンさせて今の尾道イートハーヴがあります。福石猫があちこちに置かれた猫の細道の途中にある招き猫美術館には、約3,000体の招き猫をコレクションし1階はショップ、2階は美術館になっていて来た人を大小様々な猫たちがお迎えします。
猫の細道に点在している福石猫は丸くなった石に絵の具を何度も塗り、7、8ヶ月かけて丁寧に制作された猫を艮神社でお祓いをして立派な福石猫になります。出来上がった猫たちは、支度金10,000円で里親募集中ですよ。尾道イートハーヴの中でも人気なのが不思議な魅力を放つ梟の館という名のカフェです。アンティークな家具、梟アイテムが置かれ1階がカフェ、2階が美術館になっています。コーヒーなどのカフェメニューの他にケーキ、トーストもあるので梟アイテムを眺めながらのんびりしたいですね。
ゲストハウスあなごのねどこに併設している、「あくびカフェー」は尾道本通り商店街の中にあり、旅と学校をテーマにしたあえてレトロな学校風に改装した喫茶店です。あくびカフェーでは人と人との交流を目的に、一年を通して様々なイベントを開催しています。お店で提供する珈琲にはこだわりがあり、珈琲豆焙煎専門店にあくびカフェー用でオーダーした物を使用しています。またカレーライスやランチセットのお食事もあり、パティシエ特製の日替わりスイーツなども好評で併設しているあなごのねどことともに人気です。
「工房尾道帆布」の商品は小物入れからトートバッグまですべての商品に、向島から取り寄せる帆船の帆に使われている布が使用されています。通気性が良く丈夫で機能性にも優れている工房尾道帆布の商品は、色もカラフルなので女性に大人気です。オンライン通販での種類も多いので迷いそうですが、できれば直接お店で手に取って商品を選びたいですね。小物入れは500円からあるのでお土産にしても喜ばれそうです。
尾道にある「ラテハートカフェ」は可愛いラテアートが人気で絵のリクエストもでき、2D,3Dも選ぶことができます。店内にはピアスやネックレスなど、ハンドメイドの雑貨も飾ってあり購入することもできます。可愛い盛り付けのデザートも人気でフレンチトースト、プリン、パフェなどあり予約をすればおバケツプリン、おバケツババロア(フローズン)も頼めます。コーヒーが飲めない方もココアやミルクティー、ミロなどもあるので大丈夫ですよ。
「水尾之路(みおのみち)」は築80年の古民家を改修し、17年に1階のカフェがオープンし、18年に2階に一組限定の宿泊スペースがオープンしました。店内は落ち着きのある空間が広がり、尾道らしく昔懐かしい雰囲気がありますが、上品さも感じられとても居心地が良さそうです。カフェタイムの他にランチタイムもありメニューはシンプルですがパスタ、珈琲、ケーキがいただけます。尾道に遊びに来たときは、ぜひ2階の一組限定のお宿にも泊まってみたいですね。
「JOHN BURGER&CAFE」はJR尾道駅から徒歩約4分の海岸沿いという好立地にあり、店内は落ち着いていてゆったり座ることができます。壁際には本が並んでいるので、ハンバーガーが出来上がるまで本を読むこともできますよ。店内にある机、カウンター、ベンチは手作り、もちろんハンバーガーも完全手作りなので出来立てをいただけます。
メニューはとても種類が多く、ハンバーガー、サンドイッチ、ポテト、他サイドメニュー、飲み物も色々ありお酒も飲むことができます。ハンバーガー店では珍しくライブやイベントも行っているので、十分盛り上がることができますね。
「やまねこcafe」は尾道本通り商店街を少しはずれた海岸沿い近くにあり、おすすめはお昼に提供されるやまねこランチです。メニューは豊富でドリンクなどはテイクアウトもできるので、アーケード内の商店街を散策しながら飲むのもいいですね。夜はカフェバーにもなり夜10時まで営業しているので、比較的早めにお店が閉まってしまう尾道には貴重な存在ですね。
JR尾道駅から徒歩約2分の「 尾道WHARF」は海岸沿いにあるワインと多国籍料理が楽しめるお店で、雨でも大丈夫な近さです。お昼はランチセットがありスペシャルランチセットでは牡蠣もありますが、オーダーシートに品種や食べ方を記入して注文すると単品から頼むこともできます。メニューも色々ありグリル料理、魚介料理、小さめのおつまみタパスなどもあるので気軽に飲めますね。夜は尾道水道がライトアップされるので、また昼間とは違った雰囲気を楽しめます。
「ゆーゆー」は尾道本通り商店街の中にあり、もともと銭湯だった店舗を改装してカフェとお土産ショップにしました。店内は銭湯で使われていたのれん、タイルの壁、靴箱などはそのまま置いてあるので地元のお土産と店内を見てるだけでも楽しいと思います。
カフェではダッチコーヒー、瀬戸田産のレモンを使用したホットレモン、食事のおすすめは、尾道水道の天然あなごを備長炭で焼いた瓢定(ひょうてい)、尾道の小魚スープに玉ねぎが50個煮込まれているカレー、金ゴマラーメンもゴマの香りが香ばしいと人気です。ゆーゆーでは瀬戸内の素材が多く使われているので、行く価値はとてもありますね。
JR尾道駅から徒歩約15分のところにある「なかた美術館」は地方自治体が管理しているのではなく、一般企業が公開している施設です。期間限定の展覧会やフランス、日本、地元尾道の絵画などが200点余り展示されているので絵画などの美術品が好きな人は県外から見に来る人もいるほどです。
なかた美術館の日本庭園は緑が多く、綺麗に整えられているので評判も良く、眺めているだけでも心が落ち着きそうですね。美術館内にあるフレンチレストランロセアンでは、ランチコース、ディナーコース、カフェタイムにはケーキセットもいただけるので、外が雨でものんびり過ごせそうです。
「夕やけカフェドーナツ」は尾道本通り商店街の少しはずれた海岸沿いにあり、こじんまりと素朴な雰囲気が漂うドーナツのテイクアウト専門店です。ドーナツ作りにはこだわりがあり、小麦粉は北海道の最高ランクを使い、国産大豆、甜菜糖、アルミフリーのベーキングパウダーを材料に使用しています。さらに、米油で揚げるというヘルシーで体に良い豆腐ドーナツです。ハートの形をしているので女性に大人気で、ギフトboxもあるのでお土産に持って帰りたいですね。
JR尾道駅から海岸沿いに約7分くらい歩いて行くと「フルール」があります。朝7時から営業していて、モーニングがとても人気です。店内は広々として木の温もりを感じさせる内装で、カウンターに座ると海を見ながら食事ができます。モーニングメニューはサンドイッチ、スムージー、コーヒーなどがあり、スムージーとサンドイッチはテイクアウトもできます。
「からさわ」は昔ながら優しい味ののアイスクリームとアイスモナカを販売していて、ボリュームと値段の割にあっさり食べれると女性に大人気のお店です。テイクアウトもでき、お天気の良い日は海辺で食べたりもできますが、イートインも可能でクリームぜんざいなどもあります。人気ナンバー1のアイスモナカは季節により色々なアイスが楽しめ(バニラ・いちご・チョコレート・ごま)、値段も1個150円(税込)とお手頃なので、尾道に来た思い出に食べて帰りたいですね。
雨でも大丈夫・尾道の穴場デートスポットをご紹介しました。旅行で遊びに来ても雨が降るとどうしてもインドアになってしまうことが多いですが、尾道本通り商店街はアーケードが長いので助かりますね。尾道はまだまだカフェがたくさんあるので、ここでご紹介させていただいたお店も参考にしていただいて、雨の日はカフェ巡りなどはいかがですか?レトロなお店が多いですがそれぞれ個性が違うので、飽きることなく色々見てまわれると思います。きっと“またここに来たい!”と思えるお店が見つかりますよ。