Y9gkayt5yjw9t8zo32i9

青森

CATEGORY | 青森

奥入瀬渓流へのアクセス【青森】バスや車、駐車場情報までをご紹介

2018.06.23

青森県の十和田湖へと続く奥入瀬渓流は、日本の自然の風景を間近で見られる国内有数の景勝地です。自然豊かな奥入瀬渓流は、1度は訪れて見てみたいですよね。車かバスでアクセスすることができます。そこで今回は、奥入瀬渓流までのアクセスについて、詳しくご紹介します。

  1. 奥入瀬渓流とは?
  2. 奥入瀬渓流へのアクセス【1】八戸駅から車の場合
  3. 奥入瀬渓流へのアクセス【2】青森駅方面から車の場合
  4. 奥入瀬渓流へのアクセス【3】駐車場情報
  5. 奥入瀬渓流へのアクセス【4】八戸駅からバスの場合
  6. 奥入瀬渓流へのアクセス【5】青森駅からバスの場合
  7. まとめ
青森県と秋田県の境にある十和田湖から、青森方面の焼山までの約14kmのエリアのことを「奥入瀬渓流」と呼んでいます。十和田湖から流れ出る奥入瀬川を中心として、滝や豊かな森の中を遊歩道で歩くこともできます。車道もしっかり整備されているので、ドライブにもおすすめです。特別名勝、天然記念物として国にも指定されています。季節によって紅葉や新緑などさまざまな美しい景色を見ることができる、日本を代表する景勝地です。
奥入瀬渓流の入り口でもある焼山までは、約70分です。十和田湖近くの休屋までは、約1時間半です。国道102号経由で行くか、やや遠回りですが八戸ICから十和田湖ICまで、八戸自動車道と東北自動車道を使って行くこともできます。
焼山までは約90分、休屋までは約2時間です。酸ヶ湯温泉方面に向かい、国道103号で向かうことができます。「十和田湖」へ向かう看板を目印にして行くのがおすすめです。
駐車場は無料の場所と有料の場所があります。各観光名所にも数台程度の駐車場は用意されていますが、込み合う時期には止められない事もあります。以下で紹介する駐車場に止めて、そこから名所まではバスやハイキングでの移動すると、駐車場に困る事なく景色を楽しめるのでおすすめです。

石ヶ戸駐車場

約10台駐車可能です。観光名所に一番近い駐車場で、無料です。近くには休憩所もあり、売店やトイレを利用することができます。駐車場自体はあまり広くなく満車になりやすいので、確実に石ヶ戸駐車場にとめたい人は、早めに行くことをおすすめします。

子ノ口駐車場

約30台駐車可能です。無料で利用することができます。近くにはJRバスの停留所があるので、ここからバスを利用する人には便利な駐車場です。

休屋駐車場

約660台駐車可能です。「休屋北駐車場」「休屋南駐車場」の2つがあり、どちらも有料です。(1日 二輪車・200円、乗用車500円)奥入瀬渓流近くの駐車場としては一番大きな駐車場なので、こちらに車を止めて主要な観光地には徒歩やバスで訪れるのもいいですね。

焼山駐車場

約250台駐車可能です。「十和田湖温泉スキー場1」「十和田湖温泉スキー場2」の2つがあり、どちらも無料で駐車できます。
JRバスの「十和田湖休屋」行きのバスで行くことができます。乗り換えなしで、「焼山」などの主要な観光地に停車します。焼山から子ノ口まではハイキングで向かいたい人は途中下車して向かうことができます。料金は八戸駅から十和田湖休屋までで片道2670円です。
JRバスの「十和田湖休屋」行きのバスで行くことができます。こちらも乗り換えなしで、「焼山」などの主要な観光地に停車するので便利です。料金は青森駅から十和田湖休屋までで片道3090円です。
青森駅・八戸駅からのJRバスは共に、冬の間は運休になることが多いです。事前にホームページなどで最新情報を確認するのがおすすめです。
いかがでしたか?この記事が、あなたの奥入瀬渓流への旅の参考になればうれしいです。自然あふれる奥入瀬渓流までのアクセスは、季節によっても規制がかかったりすることもあります。毎年規制が変わることもあるので、最新情報も確認しながらぜひ絶景を楽しんでくださいね。