Fzrayuqmjmxrinuqxion

奈良

CATEGORY | 奈良

大宇陀のランチ【奈良県】観光の合間に立ち寄りたいおすすめ店は?

2018.06.25

奈良県大宇陀(松山地区)は、江戸時代からの古い街並みがそのまま残っている街で「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。ノスタルジックな美しい街を散策した後は、美味しいランチをいかがですか?大宇陀ならではのランチが食べられるおすすめのお店をご紹介します。

  1. 大宇陀(松山地区)ってどんなところ?
  2. 奈良県観光で外せない!大宇陀のおすすめランチ1 Akino Kitchen(洋食屋・カフェ)
  3. 奈良県観光で外せない!大宇陀のおすすめランチ2 宇UDDA陀 (カレー専門店)
  4. 奈良県観光で外せない!大宇陀のおすすめランチ3 酒蔵カフェ 久保本家酒造(酒カフェ&ランチ)
  5. 奈良県観光で外せない!大宇陀のおすすめランチ4 大和牛 丼の店 件(くだん) (カフェ&お食事)
  6. 奈良県観光で外せない!大宇陀のおすすめランチ5 大願寺 (薬草料理)
  7. まとめ
奈良県宇陀市にある大宇陀(松山地区)は、飛鳥の昔から伊勢に続く交通の要衝として、京都や奈良など中央の影響を受けて発展してきた歴史ある土地です。また、万葉の頃から知られる薬草の里でもあり、江戸の頃には薬問屋が多く、後のロート製薬・ツムラ・佐々岡薬品(命の母)の創始者たちの出身地でもあります。松山地区の建物は、作られた時代がそれぞれ違うので、古民家ごとのつくりの違いを比べてみてください。何処か懐かしさを感じる松山の街並みをぶらりと散策してみませんか?
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/37099/37099268.jpg
築150年の古民家を改造して作った、赤い看板が目印のレトロな雰囲気の洋食屋さん兼カフェです。
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/37099/37099265.jpg
中は、白木の机が黒い木と白壁にマッチした和風モダンなインテリア。静かな落ち着いた雰囲気です。
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/83754/640x640_rect_83754243.jpg
奈良県産の地元の食材と、山形牛や米沢豚などを組み合わせたこだわりの本格的な洋食。美味しいものは美味しい時期に食べて頂きたいという思いを込めて、季節ごとに変わるメニューもあります。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r4927564435369
街歩きに疲れたら気軽に入ってひと休み。カフェメニューもあるので、美味しいコーヒーと自家製スイーツでほっこりくつろぎの時間を過ごしてください。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r1824227471897
宇陀の山奥のひっそりとした場所にあるカレー専門レストランです。看板が無ければ一見ただの民家なので素通りしてしまいそう。本当に隠れ家のようなお店です。完全予約制なので、必ず予約してから行ってくださいね。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r6306549060138
民家を改造した店の中に入った瞬間、オリエンタルな空間が広がります。普通の部屋に木のテーブルとアジアンティックな装飾品が置いてあるのが面白いですね。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r6315849060205
棚に並ぶたくさんのスパイス達。スパイス仙人と呼ばれるオーナーのこだわりが伺えます。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r1647661165049
大宇陀産の地元野菜や香辛料をふんだんに使ったカレーのセットメニューは、いろいろなスパイスがうまく溶けあって相乗効果で美味しさを作り上げている、そんな本格的な味です。ぜひオーナーののおすすめの食べ方を試してみて下さい。スパイスマジックで全然別の味が楽しめますよ。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r4249240917078
創業300年余りの歴史を持つ「久保本家酒造」。酒蔵カフェ久保本家酒造は、300年前の創業時の酒蔵を改築した土間と、明治時代に建築した座敷を利用しています。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r3883950563661
中は明るいお洒落な和モダンのつくりで、木の柔らかい色合いが居心地の良さを感じさせます。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r4251480856223
料理は、酒造ならではの酒粕や麹がふんだんに使われています。ランチでは粕汁か豚汁を、また食後にデザート&麹ドリンクかお酒&おつまみを選べます。ひとつずつ丁寧に作られた料理をぜひ味わってみて下さい。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r3884650563664
カフェメニューも充実。酒粕チーズケーキやいろいろな味の麹ドリンク(甘酒)、初霞酒ゼリーなど食べてみたいものばかり。また、利き酒セットは、蔵出しの3種の酒(初霞 純米大吟醸・純米 古酒・生酛のどぶ等)に肴は奈良漬けやクリームチーズの粕漬けなどお酒好きにはたまらないメニュー。散策に疲れたらぜひ寄ってみて下さい。ゆったりとしたくつろぎの時間をお約束します。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r1636840660892
風情ある佇まいの続く道にあるカフェ&大和牛丼のお店です。街並みを壊さないよう配慮されつつ下町の喫茶店の様な気軽さを感じます。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r327104724401
中に入ると木のナチュラル感が優しい雰囲気を感じさせる落ち着いた空間です。奥にあるインド女性風のものは何でしょうか?謎です。行って直接確かめてみて下さい。
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/36608/640x640_rect_36608692.jpg
大和牛の牛丼は、砂糖を使わず黒川醤油とお酒・昆布と飛魚出汁で、大和牛・こんにゃく・玉ねぎをくたくたに肉が溶けるほど煮込んであります。濃い色の割にはあっさり目の味で、トロトロの玉ねぎが絶品。山椒をかけて食べればまた別の味わいが楽しめます。肉の食感が欲しければ牛丼に軽く煮込んだ牛肉をのせたスペシャル丼がおすすめです。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r730297310234
聖徳太子が蘇我馬子に命じて建立したと伝えられ、本尊の十一面観音菩薩は724年(奈良時代)に作られました。宇陀松山藩主・織田高長(織田信長の次男信雄の五男)は、この十一面観音像を深く信仰して、大願寺を織田家の祈願所に定めました。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r374319537262
お寺の中の食堂です。白木の壁と床、黒い木のテーブルと、無駄な装飾のないシックで静かな雰囲気ですね。
引用: https://tabelog.com/imgview/original?id=r861073919438
料理は、薬草料理兼精進料理。お寺の薬草料理というので地味な精進料理を想像すると、意外にも鮮やかな色とりどりの美しい料理が出てきます。少量ずつ品数が多い懐石風で、地元の野菜と薬草、吉野葛を使い一品ずつ丁寧に料理されています。見て良し食べて良し健康にも良しの薬草料理をぜひ味わってみて下さい。完全予約制です。
大宇陀(松山地区)の観光の合間に立ち寄りたい、おすすめのお店をご紹介しました。古民家を使ったレトロなお店をはじめ、個性的で素敵なお店が大宇陀にはたくさんあります。大宇陀の長い歴史とロマンを感じながら、絶品料理の数々をぜひ直接味わってみて下さい。
全写真:食べログから引用
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BkALoFmgAzd/?tagged=%E5%A4%A7%E5%AE%87%E9%99%80