Jrfe4ihoxlhwe9ej6rqd

青森

CATEGORY | 青森

八戸のランチ【青森】洋食に和食にカフェランチまでおすすめ20選

2018.06.25

八戸で食べるランチに欠かせないのはやはり海の幸ではないでしょうか。都会ではなかなか食べられない新鮮な魚介類が、八戸なら手軽な値段で楽しむことができます。今回は、和食、洋食、カフェなどさまざまなジャンルから、八戸のおすすめランチ店をご紹介します。

  1. 八戸のおすすめランチ店について
  2. 八戸のおすすめランチ店①『海席料理処・小舟渡』(和食)ー岩礁の上に建つ景色が自慢の和食レストラン
  3. 八戸のおすすめランチ店②『七厘村』(和食)ー購入したものをその場で焼いて食べられる
  4. 八戸のおすすめランチ店③『青森自慢料理 ほこるや』(和食)ー歴史的建造物の中で愉しむ郷土料理
  5. 八戸のおすすめランチ店④『やま文』(和食)ー社長みずから市場に出向く
  6. 八戸のおすすめランチ店⑤『悦中庵』(和食)ー山盛りおそばが看板メニュー
  7. 八戸のおすすめランチ店⑥『すみ さけ みなみ』(和食)ー鶏もも肉1本が丸ごとのったカレーライス
  8. 八戸のおすすめランチ店⑦『カーサ・デル・チーボ』(洋食)ー有機野菜など食材にもこだわったイタリアン
  9. 八戸のおすすめランチ店⑧『ビストロ スケガワ』(洋食)ー人気シェフのいる一流フレンチ店
  10. 八戸のおすすめランチ店⑨『BOUCHON礼』(洋食)ーお肉好きならばはずせない!
  11. 八戸のおすすめランチ店⑩『烹菜厨房・呵々』(洋食)ー住宅街のなかの落ち着いた雰囲気のお店
  12. 八戸のおすすめランチ店⑪『リストランテ澤内』(洋食)―地元の新鮮な食材にこだわるイタリアン
  13. 八戸のおすすめランチ店⑫『ラポートキッチン』(洋食)ー気軽に利用できるカジュアルイタリアン
  14. 八戸のおすすめランチ店⑬『街カフェみなと』(カフェ)ーノスタルジックな雰囲気のカフェ
  15. 八戸のおすすめランチ店⑭『KOMEKUUTO』(カフェ)ーお米が主役のカフェ
  16. 八戸のおすすめランチ店⑮『茶の子』(カフェ)ーパスタとコーヒーがおすすめ
  17. 八戸のおすすめランチ店⑯『ナギサカフェ』(カフェ)ー次の日に違いがわかる自然食レストラン
  18. 八戸のおすすめランチ店⑰『Qoo Qoo MANIA』(カフェ)ーかわいい!と歓声があがるインテリア
  19. 八戸のおすすめランチ店⑱『だし&カフェ 禅』(カフェ)ーオーナーは「だしソムリエ」
  20. 八戸のおすすめランチ店⑲『ロブ フォートンズ』(アジア料理)ー八戸では珍しい本格ベトナム料理店
  21. 八戸のおすすめランチ店⑳『インド食堂 かふぇ ぴこてぃり』(アジア料理)ー本格インド料理で地元のファンを集める
  22. 八戸のおすすめランチ店のまとめ
Eb8rh9foqsqsadjycoqo
引用: https://www.flickr.com/photos/woinary/2951215096/
八戸といえば、新鮮な魚がリーズナブルな値段で食べられるイメージがありますが、実際にその通りで、海の幸の食べ歩きだけでも、十分旅行する価値のある街です。つまり、海の幸を使ったフレンチもイタリアンも、すべてレベルが高いということになりますね。それでは、和食、洋食(イタリアン、フレンチ)、カフェ、アジア料理店からそれぞれ、ランチにおすすめのお店をご紹介していきましょう。
「海席料理処・小舟渡」は、ウミネコ繁殖地としても有名な蕪島(かぶしま)近くの種差海岸にある和食レストラン。海抜0mの岩礁の上に建ち、窓からの景色は文字通りの絶景です。

5月6月には、ぜひ生ウニを!

写真は人気の「磯ラーメン」。ウニやホタテ、エビ、わかめなど海も幸が贅沢に入っています。生ウニ(丼)のシーズンは例年5月から6月。季節や当日の天候によってメニューが変わりますので、公式サイトをチェックの上、お店にお問い合わせください。

「海席料理処・小舟渡」詳細情報

店名:海席料理処・小舟渡/住所:青森県八戸市鮫町小舟渡平10/電話番号:0178-33-3824/営業時間:昼/am11:00~pm3:00・夜/pm 5:00~pm8:00/定休日:毎週月曜(月曜が祝日の場合は火曜)
「七厘村」は、八食センターで購入した魚介類や肉類を七厘で焼いて食べることのできるお店です。八食センター内で購入した食材以外の持ち込みはできませんが、ご飯類や地酒、ドリンク類が用意されているので、オリジナルの海鮮どんぶりやランチセットが作れます。利用料金は2時間まで、大人350円、小学生100円、幼児無料。

新鮮だから何でもおいしい!

スタッフによる焼き方の指導もありますので、食材を持ち込むだけでOK。八戸駅や市街地と八食センター間を運行するバスもあります。ルート等は公式サイトをご確認ください。

「七厘村」詳細情報

店名:七厘村/住所:青森県八戸市河原木字神才22-2・八食センター/電話番号:0178-29-4451/営業時間:10:00~17:00(L.O.) ※七厘貸出し受付時間/定休日:水曜日
「青森自慢料理 ほこるや」は、大正モダン建築の郷土料理が自慢の和食レストラン。せんべい汁、いちご煮をはじめとする青森の名物や地鶏「青森シャモロック」、あおもり銘牛「倉石牛」など、青森をめいっぱい味わえるお店です。JR八戸駅から車で15分、本八戸駅から徒歩10分の場所にあります。

地酒も自慢のお店です!

ほこるやの建物は江戸時代に創業した酒造・酒販「河内屋」(現八戸酒類八鶴工場)の旧本社。大正に建てられ、当時流行したロシア風建築とアールデコ調の様式を取り入れた外観、内装が特徴のモダンな歴史的建築物です。昭和62年に創設された「八戸市まちの景観賞」の受賞第一号、国の登録有形文化財に指定されております。

「青森自慢料理 ほこるや」の建物は、国の登録有形文化財に指定され、八戸市まちの景観賞」の第一号受賞店です。レトロで落ち着いた内装もおしゃれ。

「青森自慢料理 ほこるや」詳細情報

店名:青森自慢料理 ほこるや/住所: 青森県八戸市八日町6-1/電話番号:0178-29-4451/営業時間:昼の部11:30~14:30(L.O.14:00)・夜の部17:00~22:00(L.O.21:30、ドリンクL.O.21:30/定休日:日曜日ほか(要確認)
「やま文」は、八戸漁港のすぐ近くにあり、社長みずからが市場で仕入れをおこなう新鮮な魚介類を提供する和食レストラン。ランチタイムは、11:00から15:00。前日までの予約制となりますが、3000円(税抜)の「和洋折衷コース」がお得です。ほかにもリーズナブルな「日替わりランチ」1000円(税抜)などもあります。

高級な雰囲気のお店です!

良心的な価格設定なのに、高級な雰囲気を楽しめるお店。八戸線陸奥湊駅から徒歩6分の場所にあります。

「やま文」詳細情報

店名:やま文/住所:青森県八戸市湊町字大沢28/電話番号:0178-33-0916/営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:00)・17:00~23:00(ラストオーダー21:45)/定休日:無休(1月1日・2日、臨時休業を除く)
「悦中庵(えっちゅうあん)」は、日本最大級の日曜朝市が開かれる館鼻岸壁の近くの和食レストラン。写真のような山盛りの「二八ざるそば」が看板商品です。1kgで800円とリーズナブル。インスタ映えするフォトジェニックなおそばです。残った麺はテイクアウトできますので、気軽にチャレンジしてみてください。

「沖縄そば」も密かに人気

「二八ざるそば」のほかにも、写真の「沖縄そば」が人気。

「悦中庵」詳細情報

店名:悦中庵(えっちゅうあん)/住所:青森県八戸市湊町大沢34-4/電話番号:0178-34-2301/営業時間:(平日)11:00~15:00(土日)11:00~18:00/定休日:月曜日に月二回程度(要確認)
「すみ さけ みなみ」は、八戸の中心地にある地元産の食材を利用した料理を提供する創作和食のお店。青森産の鮮魚や地酒、青森シャモロック、黒毛和牛など、鮮度にこだわったお料理を提供してくれます。ガラス張りで開放感があり、女性一人でも入りやすい外観です。
ランチのメニューは、限定20食のカレーのみ。骨つきの鶏もも肉を5時間炭火で焼き、煮込み、カレーの上に丸ごと1本のせて、1000円(税込)。サラダまで付いています。

「すみ さけ みなみ」詳細情報

店名:すみ さけ みなみ/住所:青森県八戸市大字六日町10 イワトクパルコ 1F/電話番号:0178-32-7072/営業時間:(月~木)11:30~14:30・17:00~24:00・(金)11:30~14:30・17:00~翌2:00・(土)17:00~翌2:00・(日)17:00~24:00/定休日:不定休
イタリア語で「食べ物の家」という意味の「カーサ・デル・チーボ」。八戸の新鮮な魚介類、安全な有機野菜、手打ちパスタ、自家製パンなど何を食べてもおいしいと評判の洋食のお店です。ランチメニューは、税込で、1300円、1850円、2950円の三種類。前菜やパスタ、メインが選べます。

見ためも美しいお料理の数々

盛り付けも美しいお店。ランチだけではなく、記念日のディナーにも利用したいお店ですね。ランチも予約した方が無難です。

「カーサ・デル・チーボ」詳細情報

店名:カーサ・デル・チーボ/住所:青森県八戸市湊高台1-19-6/電話番号:0178-20-9646/営業時間:Lunch 11:30-13:30(LO)・Dinner 18:00-20:30(LO)/定休日:日曜日・第1、第2月曜日
「ビストロ スケガワ」は、JR八戸駅南口から徒歩11分の場所にある洋食のお店。本格的なフランス料理店です。オーナーシェフは助川 常夫氏。長年八戸のフランス料理界を牽引してきたベテランシェフです。

ブイヤベースも大人気!

写真は、パイの中に熱々のブイヤベースが入っています。予算は5000円~8000円程度。誕生日や記念日など特別な時に利用したいランクの高いお店です。隠れ家的な雰囲気も素敵ですよね。

「ビストロ スケガワ」詳細情報

店名:ビストロ スケガワ(Sukegawa)/住所:青森県八戸市三日町30-1 アクシスビル 1F/電話番号:0178-45-0557/営業時間:[火] 18:00~21:30(L.O)・ [水~日] 12:00~14:30(L.O.13:30) 18:00~21:30(L.O)/定休日:月曜日
「BOUCHON礼(ブッションレイ) 」は、カレーとステーキがおすすめの洋食レストラン。カレーの辛さは1から10段階まで選べます。「辛め」という口コミが多いので、お店のスタッフにご相談ください。

ボリュームたっぷりだけどリーズナブル

写真は「牛ランプW・ステーキランチ」2300円でライスが付いています。ステーキが1枚の場合は、1180円。ビーフカレーにもボリュームたっぷりのステーキがのっています。ほかにはチーズカレーやキーマカレーもあります。どのメニューもリーズナブルでボリュームたっぷり。

「BOUCHON礼」詳細情報

店名:BOUCHON礼 (ブッションレイ)/住所:青森県八戸市諏訪3丁目21/電話番号:0178-47-1713/営業時間:11:00~13:30(L.O)・18:00~22:00(L.O)/定休日:月曜日
「烹菜厨房・呵々(かか)」は、住宅街のなかの一軒家の洋食レストラン。家族経営のアットホームな雰囲気のお店で、友だちのお宅に招待されたかのような気分になれるお店。コストパフォーマンスが高いと評判です。ディナーは完全予約制ですが、ランチも予約がベター。

「烹菜厨房・呵々」詳細情報

店名:烹菜厨房・呵々(かか)/住所:青森県八戸市南類家5-6-16/電話番号:0178-73-2880/営業時間:11:00~14:00(L.O)・17:00~22:00(夜は予約のみ)/定休日:水曜日
「リストランテ澤内」は、青森、八戸の食材を生かした洋食を提供するお店。オープンは2008年になります。
美味しく、自然と身体にやさしく野菜は六戸、十和田の無農薬栽培されたものをメインに、、、魚介類は八戸漁港、陸奥湾からあがる新鮮でイキの良いものばかり、、、肉は牛、豚、鶏、羊とすべて八戸1時間圏内で飼育された安心で自信の持てるもの。生産者の見える食材を使用しております。SlowFoodをめざして、、、生産、加工できるものは作る一年を通して使うトマトは夏から秋にかけて自家製のトマトホールを加工し使用夏場に収穫したサクランボ、トマト、唐辛子などを使ったジャム作り加熱ハム類はもちろんイタリアのお肉屋さん仕込みの自家製品魚介のアクセントとなるアンチョビも青森でとれるセグロイワシを使って作る青森県、八戸市、ここに来なければ味わえない料理を提供できるよう目指しています。

おしゃれして出かけたいお店です!

ドレスコードはないものの、男性はジャケットの着用を推奨しており、おしゃれして出かけたいお店ですね。グループ店には、八戸市南郷地区のブドウを使った「八戸ワイン」などを醸造している澤内醸造があります。イタリアワインのストックは東北最大級ということなので、ワインも楽しみなお店。記念日のランチなどに利用したいですね。

「リストランテ澤内」詳細情報

店名:リストランテ澤内/住所:青森県八戸市南類家 1-12-10/電話番号:0178-22-7638/営業時間:ランチ 11:30~13:30(LO)・ディナー 17:30~20:30(LO) /定休日:日曜(予約により営業)
「ラポートキッチン (Rapport Kitchen)」は、カジュアルな洋食レストラン。サラダやドリンクまで付いたパスタやカレーランチが1000円前後とリーズナブル。静かで落ち着いた雰囲気のなかでイタリア料理が楽しめます。15時までの長めのランチタイムもゆっくりできると大好評。

ワインも充実しています!

ワインも充実。夜も24時までの営業なので締めの一杯を楽しめます。

「ラポートキッチン」詳細情報

店名:ラポートキッチン(Rapport Kitchen)/住所:青森県八戸市十六日町8第八キムタクビル1F/電話番号:0178-24-3787/営業時間:12:00〜15:00・18:00〜0:00
「街カフェみなと」は代金前払い制のカジュアルなカフェ。どのメニューもリーズナブルだと好評です。どこかレトロでノスタルジックな印象のカフェ。洋食中心のメニューです。写真のスパイシーカレーは600円(税込)。ケーキもすべて手作りです。

リーズナブルなお値段も人気の秘訣

目印は「さくらの百貨店」。お買い物のついでに立ち寄りたいですね。和室、教室風、ソファー席と店内のインテリアもユニーク。

「街カフェみなと」詳細情報

店名:街カフェみなと/住所:青森県八戸市三日町13番地4-5/電話番号:0178-85-0137/営業時間:10:00~18:30(L.O.18:00)/定休日:年末年始(12月31日、1月1日は休業)
「KOMEKUUTO(コメクート)」は、お米の専門店。洋食メニューを中心としたカフェです。お店のコンセプトは、「すべては米から始まる」。洋食とはいえ、パンではなくお米が主役のお店です。お米大好きの人はぜひ、訪れてください。ランチは800円~1300円程度。リーズナブルなお値段で美味しいお米を食べることができます。

さまざまな銘柄のお米が手に入る

併設のショップでは、お米がペットボトルで販売されています。いろいろ試せてお気に入りを見つけることができます。

「KOMEKUUTO」詳細情報

店名:KOMEKUUTO(コメクート)/住所:青森県八戸市大字田向字毘沙門前39-3/電話番号:0178-51-6070/営業時間:(平日)11:00-16:00(L.O.15:30)17:00-20:30(L.O.20:00)・土日祝 11:00 - 20:30(L.O.20:00)/定休日:第1・3水曜日※変更有り
~オリジナルパスタとサイフォン珈琲のお店~ 本物の珈琲の味と香りをお楽しみください。自家製のトマトソースやガーリックオイルで作るパスタは珈琲と好相性。オーガニック珈琲や自家製のチーズケーキも人気。落ち着いた店内で、ゆったりとしたお時間をお過ごしください。

平日はパスタセットがお得!

長崎屋より徒歩3分の場所にある健康志向のカフェ。ショッピングセンター・ラピアの斜め向かいにあります。パスタやピザなどの洋食メニューが中心のかわいいカフェです。自家製パンがおいしいと人気。パスタ、パン、サラダ、ドリンクのセットが880円から(平日限定)。

「茶の子」詳細情報

店名:茶の子/住所:青森県八戸市江陽1-12-12/電話番号:0178-22-3466/営業時間:9:00~20:00(L.O19:30)※ランチタイム11:00~15:00/定休日:水曜日
「ナギサカフェ」のオーナーは、野菜中心の家庭料理が人気のシェフ。病気予防をコンセプトにした身体に良いお料理を提案しています。こちらの料理を食べた次の日は、便通や肌の調子が良いというファンもいるほど。野菜嫌いの子どもを持つお母さんたちにも人気のお店です。

野菜中心のヘルシーメニューが揃う

季節の新鮮な野菜で腸内スッキリ。玄米ご飯やサラダなど、栄養のバランスを考えた和食中心の「なぎさごはん」が1200円。30種類以上のスパイスを使った「なぎさカレーランチ」が1300円。グルテンフリーの生春巻きと米粉麺のセットが1300円。どれも新鮮な野菜がたっぷりです。

「ナギサカフェ」詳細情報

店名:ナギサカフェ/住所:青森県八戸市類家3-4/電話番号:0178-24-4080/営業時間:11時〜15時(LO14時半)/定休日:日曜
「Qoo Qoo MANIA」は、地元の女性に人気のかわいいお店。美しい盛り付けも大評判です。カウンター席もあり、一人でも入りやすいカフェ。

お皿までかわいい「美活プレート」

写真はヘルシーでかわいい「美活プレート」。少しずついろいろな家庭料理を楽しめます。おしゃれなお皿も大好評。デザートやドリンクまで付いて880円(税込)です。

「Qoo Qoo MANIA」詳細情報

店名:Qoo Qoo MANIA/住所:青森県八戸市六日町10 いわとくパルコ本館 2F/電話番号:090-3984-4932/営業時間:【昼】11:30~14:30(LO 13:45)・【夜】18:00~23:00(LO 22:30)/定休日:日曜・月曜
八戸初の”だし”がコンセプトのカフェです。上質な鰹節”本枯節”でとっただしで味わう「だし茶漬け」をお楽しみください。全7種のだし茶漬けの中で、不動の一番人気が「炙り平目漁師風だし茶漬け」1,000円。炙ることで一層風味が増した平目にアミエビを添え、ゆずの香りで仕上げた逸品です。店内では、鰹等の削り節各種・煮干し・昆布など、だし関連商品の販売も行っておりますので、ご家庭でも上質なだしをお楽しみください。

「だしソムリエ」2級の金山オーナーのお店。カフェ兼和食のお店です。掘りごたつで落ち着いた雰囲気も楽しめます。だしの効いたお茶漬けが850円から1000円程度。ランチはもちろん、飲み会の帰りにも立ち寄りたいお店。コーヒー、紅茶が300円、ケーキが200円と良心的な価格設定。

「だし&カフェ 禅」詳細情報

店名:だし&カフェ 禅/住所:青森県八戸市新湊1-21-16/電話番号:050-5594-9597/営業時間:9:30~18:00(ランチタイム11:30~)/定休日:日曜・月曜
「ロブ フォートンズ」は、ベトナム料理、とくに、フォー(麺)が充実したお店。ランチにはベトナム風サンドイッチのバインミーもおすすすめ。テイクアウトも可能。フォーは券売機、その他のドリンクなどはカウンターで購入します。ベトナム料理は日本人の口に合うといわれていますので、ぜひ足を延ばしてみたいお店ですね。好き嫌いはありますが、パクチーにチャレンジするチャンスです。

デザートにはバブルワッフルを!

写真は14時から注文できるバブルワッフル。チョコバナナやシナモンなどの定番のほか、マシュマロや抹茶もあります。こちらはベトナム料理ではありませんが、あっさりとしたフォーの後に、食べたい一品。

「ロブ フォートンズ」詳細情報

店名:ロブフォートンズ(ROB PHOTONS)/住所:青森県八戸市十八日町1-2/電話番号:0178-51-8622/営業時間:10:00AM〜10:00PM/定休日:年中無休
「インド食堂 かふぇ ぴこてぃり」は、地元の常連さんたちでにぎわう人気のインド料理店。本場の家庭料理が中心です。日替わりが1000円。マカロンやアップルパイなどスイーツもあります。オーナーシェフはインド人ではなく、日本人。ほかでは見かけないツウ好みの本格的なメニューで、ファンを増やしています。

「インド食堂 かふぇ ぴこてぃり」詳細情報

店名:インド食堂 かふぇ ぴこてぃり/住所:青森県 八戸市長者4-2-24/電話番号:090-9632-1593/営業時間:11:00〜15:00/定休日:月曜日・火曜日
Odllhqra1o5bagdycywl
引用: https://www.instagram.com/p/Bf5INAWhnH0/?taken-by=tana3172
気になるお店は見つかりましたか。青森は海の幸だけではなく、お米をはじめとする農産物も豊富。新鮮な食材を使ったお料理を提供するお店が多く、食べ歩き目的の旅行も楽しめそうです。さまざまなジャンルのおすすめのお店をご紹介しました。ぜひ、旅の途中でお立ち寄りください。※掲載の情報は2018年6月現在のものになります。最新情報は公式サイトをご確認ください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/banditapple/25907074463/