Yfrmfv1kula6pvv313fl

群馬

CATEGORY | 群馬

万座温泉へのアクセス・バスや車などのアクセス情報をチェック

2018.09.07

首都圏から気軽に行けるアクセスのよいリゾート地、万座温泉。夏こそ避暑地に行って温泉でゆったりしたいものですよね。今回は万座温泉へのアクセスについてご紹介します。休暇前にリサーチを済ませて、楽しいバカンスを過ごしましょう。

  1. 万座温泉へのアクセス 概要
  2. 万座温泉へのアクセス① 車で行く場合
  3. 万座温泉へのアクセス② バスで行く場合
  4. 万座温泉へのアクセス③ 電車で行く場合
  5. まとめ
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/gokurakuyu_11gatsu.jpg
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/gokurakuyu_natsu01.jpg
万座温泉に行くための交通手段としては、電車(新幹線・特急含む)、高速バス、自家用車、の3通りが考えられます。今回はその3通りに関して、全国各地の主要都市からのアクセスについてまとめていきます。
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/gokurakuyu_hoshi.jpg
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/tyoujunoyu01.jpg

関越・上信越自動車道を利用する場合

関越・上信越自動車道を使う場合は、①練馬ICから関越自動車を使い藤岡JCTへ(79km)②上信越自動車道に入り碓氷軽井沢ICへ(53km)③鬼押ハイウェーを使い嬬恋村三原へ(42km)④万座ハイウェーで万座温泉(22km)といったルートで行くことができます。

関越自動車道のみを利用する場合

関越自動車道のみを使う場合は、①練馬ICから関越自動車道で渋川伊香保ICへ(103km)②国道で嬬恋村三原へ(57km)③万座ハイウェーで万座温泉へ(22km)といったルートで行くことができます。

東名・名神・中央・長野・北陸・上信越自動車道を利用する場合

名古屋から万座温泉に向かう場合は、①名古屋ICもしくは豊中ICから小牧JCTを通過し中央自動車道で岡谷JCTへ(162km)②岡谷JCTから長野自動車道で更埴JCTへ(76km)③更埴JCTから上信越自動車道を使い上田菅平ICへ(22km)④国道144号線で嬬恋村三原へ(35km)⑤万座ハイウェーで万座温泉へ(22km)
もしくは、上の①②の後に、③更埴JCTから上信越自動車道で信州中野ICへ(27km)④国道292号線で志賀高原へ(25km)⑤国道292号線で万座温泉へ(21km)といったルートで行くことができます。
金沢から万座温泉へ向かう場合は、①金沢東ICから北陸自動車道で上越JCTへ(171km)②上越JCTから上信越自動車道を使い信州中野ICへ(58km)③信州中野ICから国道292号線で志賀高原へ(25km)④志賀高原からそのまま国道292号線で万座温泉へ(21km)といったルートで行くことができます。
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/bus2.jpg
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/enmannoyu.jpg
高速バスを使って万座温泉に行くことも可能です。練馬から軽井沢駅まで高速バスで約2時間半、その後別のバスを使い約1時間40分で万座バスターミナルに到着します。料金は約4500円程度です。
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/baiten01.jpg
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/zenkei20081010_01l.jpg
東京から万座温泉への電車でのアクセスでもっとも時間が短くて済むのは、北陸新幹線で軽井沢まで行き、そこからバスに乗り継ぎ万座・鹿沢口まで行くルートです。そこでさらに乗り継ぎ万座温泉に向かいます。所要時間は新幹線に乗車しているのは1時間、バスが合計1時間45分です。 節約をする場合は、上野から出ている特急草津号に乗り、軽井沢に向かいます。所要時間は高崎から2時間半です。その後のバスは新幹線と同様の流れです。
新幹線を使う場合、料金は東京駅から軽井沢駅まで5390円~です。鈍行で万座・鹿沢口まで行く場合、料金は3400円弱です。所要時間の差は2時間半くらいなので、時間と予算と相談するのがよいでしょう。
大阪から行く場合は、新大阪から東海道新幹線で東京で乗り換え、そこから軽井沢まで北陸新幹線に行き、バスで万座温泉までむかいます。 もしくは新大阪から名古屋まで向かい、中央本線で篠ノ井しなの鉄道で軽井沢まで行き、そこからバスで万座温泉に行くことができます。料金は東京から万座温泉に行くのにかかる金額に、新大阪から東京までの新幹線代を加えた額となります。
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/tyoujuiriguchi01.jpg
引用: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/ubaniga_koyo.jpg
以上が全国主要都市各地から万座温泉へのアクセスの概要です。自分の時間と予算にあった交通手段を考えて、ぜひすばらしい旅行にしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.manza.co.jp/2012_old/gazou/gokurakuyu_natsu02.jpg