Rbr111uf4urh8srqpvnf

兵庫

CATEGORY | 兵庫

兵庫県観光マップ・グルメにレジャーに充実のモデルコースは?

2018.07.05

兵庫県観光マップ、山、海の両方が観光できて、ブランド牛、海の幸とグルメや自然も豊富でレジャー施設も温泉も盛りだくさんです。今回は兵庫県淡路島の自然やレジャー施設を観光、グルメをご紹介します。自分なりのマップ作成の参考に。

  1. 兵庫県観光マップ「淡路島」
  2. 兵庫県淡路島観光マップ「淡路サービスエリア」
  3. 兵庫県淡路島観光マップ「淡路ハイウェイオアシス」
  4. 兵庫県淡路島観光マップ「伊弉諾(いざなぎ)神宮」
  5. 兵庫県淡路島観光マップ「淡路ファームパーク イングランドの丘」
  6. 兵庫県淡路島観光マップ「淡路島国営明石海峡公園」
  7. のんびり温泉も楽しめます
  8. 兵庫県淡路島観光マップ「うずの丘大鳴門橋記念館」
  9. 御食国(みつけのくに)へようこそ
  10. まとめ
「国生み神話」のある「おのころアイランド」。グルメにレジャーに温泉とてんこ盛りの淡路島のモデルコースをご紹介します。
神戸淡路鳴門自動車道で、明石海峡大橋を渡ってすぐのところにあります。「下り」には観覧車があり、明石海峡大橋の絶景を望むことができます。ペットと乗れるゴンドラがあるのもうれしいです。「上り」には「橋のみえる丘」や「恋人の聖地」があり、明石海峡大橋を近く感じられる場所があります。
淡路サービスエリアに直結されているのが日本最大級のハイウェイオアシスです。花と緑のアトリウムを中心としたオアシス館には、レストランや売店などがあります。絶景を望める、本格イタリアンのお店やバーベキューハウスも別棟であります。兵庫県立淡路島公園に隣接しているので自然も豊富で一日中楽しむことができます。一般道路からも利用できます。

基本情報

住所;淡路市岩屋大林2674-3
電話;0799-72-0220
アクセス;高速舞子より高速バスで「淡路インターチェンジ」下車
引用: http://mc-okamoto.up.n.seesaa.net/mc-okamoto/image/DSCN3678-thumbnail2.JPG?d=a0
「古事記」「日本書紀」の「国生み神話」に登場する「伊弉諾尊(いざなぎ)」と「伊弉冉尊(いざなみ)」をお祀りしており、「古事記」「日本書紀」に書かれている中では最も古い神社です。淡路国一宮。

基本情報

住所;淡路市多賀740
電話;0799-80-5001
定休日;年中無休
参拝時間;終日可能(社務所は8時30分~17時)
イギリスの湖水地方をテーマにした自然いっぱいの農業公園です。広大な敷地には、四季折々のお花や動物とのふれあい、野菜の収穫体験など楽しむことができます。「島バーガー」やバーベキューなどグルメも充実しています。

基本情報

住所;南あわじ市八木養宜上1401
電話;0799-43-2626
営業時間;9時~17時(時間変動あり)
入園料;大人(中学生以上)800円・小人(3歳~小学生)400円・3歳以下無料
アクセス;「洲本バスセンター」から路線バスで約30分「淡路ファームパーク」下車
平成12年に開催された「淡路花博ジャパンフローラ2000」の会場で、立体的にデザインされた関西最大級の花壇が見どころです。他では見ることのできない珍しい花が咲く散策路など様々な形で花を楽しめます。芝生広場にある大型複合遊具「夢っこランド」は、風、水、花をテーマにした遊具は子どもたちに人気のスポットです。絶好のロケーションで、バーベキューを楽しめます。

基本情報

住所;淡島市夢舞台8-10
電話;0798-72-2000
アクセス;バス停「夢舞台前」
引用: http://bustabi.info/tabi/wp-content/uploads/2017/07/spot-098-01.png
有名なのは洲本温泉でが、うずしお温泉や南あわじ温泉等観光する場所によって宿泊施設を決めてはいかがでしょうか。「海のホテル 島花」は、ペットOKのお宿です。世界最古の企業「金剛組」が建設した「海若(わだつみ)の宿」では、事前に予約をすればランチを食べることもできます。
うずしおの神秘と感動に出会える「うずしお科学館」や大鳴門橋が見える「絶景レストラン うずの丘」、お土産ショップなどレジャーとグルメ施設も充実しています。「うにしゃぶ」がおすすめです。淡路島オニオンキッチンうずの丘では「あわじ島バーガー」を食べることもできます。

基本情報

住所;南あわじ市福良丙936-3
電話;0799-52-2888
定休日;火曜日(祝日の場合は営業)
営業時間;施設により異なるので、事前確認をおすすめします。
アクセス;「陸の港西淡」からコミュニティバス「らん・らんバス」で約20分「うずの丘」下車
アクセス;うずしおドームなないろ館(道の駅福良)から無料シャトルバス
食の宝庫、淡路島。自然豊かでおだやかな淡路島で育った「淡路ビーフ」は絶品です。グルメ雑誌や旅行番組に取り上げられている「レストラン大公」の溶岩プレートで提供される「石焼ステーキ」がおすすめです。沼島付近で獲れる鱧は「ぺっぴん鱧」と言われています。通常2年で出荷されるところを3年で出荷することから「3年とらふぐ」言われるブランド品です。一緒に「あわじビール」もいかがでしょうか。
自然とグルメの宝庫、淡路島のモデルコースをご紹介してみました。関西の1月のバスツアーの定番「淡路七福神めぐり」も、モデルコースとしては最適です。淡路島でほっこりする時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/da/da1084083bff87ab676fdbad744d2817_t.jpeg