Jj1uj1mzccb01cip5y8k

イタリア

CATEGORY | イタリア

ナポリの名物料理を堪能しよう!おすすめのおいしいお店5選

2018.07.15

イタリアの南の街、ナポリ。トマトとモッツアレラチーズが美味しいカンパーニャ州はごちそうがいっぱい。ナポリ発祥のもちもちピザはマストですが、他にも安く美味しい料理がいっぱいあります。ナポリ名物料理を満喫できる下町にあるおすすめの美味しいお店を5軒紹介いたします。

  1. ナポリ名物料理のおいしいおすすめ店1:Pizzeria Di Matteo
  2. ナポリ名物料理のおいしいおすすめ店2:L'antica Pizzeria Da Michele
  3. ナポリ名物料理のおいしいおすすめ店3:Il ritrovo dei sapori, Caseificio Marigliano
  4. ナポリ名物料理のおいしいおすすめ店4:Mascolo Il Panuozzo Italiano
  5. ナポリ名物料理のおいしいおすすめ店5:Gran Caffè Gambrinus
  6. さいごに
イタリアのピッツア、厚みのあるナポリ風と薄くパリパリのローマ風に分かれますが、本場のナポリピッツアはボリュームがある発酵したもちもち生地が焼いたおもちのように焦げが香ばしくて最高です。その上に具材が乗り無限のチョイスとテイストがあります。一番のオススメは飽きの来ないトマトソースベースにモッツァレラチーズとバジルのピッツアマルガリータ!
いかにも老舗な店の様子です、入ったらすぐ右にピザ窯があります。その向かいには揚げピザの油も。高熱でフル回転で焼いています。マルガリータならピッツア生地に具を載せて中に入れたら1分足らずで完成。店内席とテイクアウトもOK。おすすめは出来たてを熱いうちに頂きましょう。
こちらは揚げピザ。こちらもマルガリータと並んでこの店の看板メニューです。マルガリータは3ユーロと下町なので価格もお手頃です。
ナポリ風ピッツアの名店をもう一軒。こちらも下町にある老舗です。トマトとモッツアレラチーズのマルガリータとチーズなし、トマトとオレガノのマリナーラの2種類しか販売しないこだわりです。お昼時は行列必至ですが、回転は速いです。
また、こちらのお店は「ナポリ風フライ」といったフライの盛り合わせメニューもあります。ナポリ名物のフライ料理も是非おつまみにご賞味ください。
モッツァレッラ(伊: mozzarella)は、イタリア産のチーズの一種である。モッツァレラとも表記される。イタリア南西部のカンパニア州が原産。くせの無い味わいで、独特の弾力ある歯ごたえが特徴である。熟成工程を経ないため、フレッシュチーズに分類される。 モッツァレッラという名前は、その製法にちなみ、「引きちぎる」を意味するイタリア語「mozzare」に由来するとされる(硬い表面が無いため、「シャツを着ない」を意味する「scamozzata」を語源とする説もある)。

モッツアレラチーズを安く美味しく食べたい場合はナポリ駅に近いお惣菜屋さんがおすすめです。ほとんどの店で扱っていますが、チーズ専門店のこちらでは店内で安く美味しく食べられて、買って帰ることもできます。
ナポリの名物、上下がピッツア生地のパニーノサンドです。発行させたピッツアとはまた違う食感とボリュームがあります。上下は購入時にホットプレートであたためられ、中の具材にも程よく熱が入り、また違う趣があります。
パヌオッツォはナポリ・グラニャーノで生まれ、耐火性れんがの薪の オーブンで焼いたピッツァの練り粉で作って、最小25-30cmのパンみたいなものである。 焼くことは2の段階で起こる。段階1:少しの瞬間で練り粉を焼く、それを詰めものをし切ることができる。 段階2: 2分くらいで材料も焼いていく。この段階には側面の亀裂が現れるまで練り粉を膨張させる。そのように練り粉の中の蒸気が出ていく。 モッツァレッラやプロヴォラとベーコンの詰め物は一番盛なものです。 しかし、パヌオッツォはさまざまな野菜やサラミソーセージを入れることもある。その上、唐辛子や唐辛子の油や香辛料の入ったサラミを使ってぴりっと辛いパヌオッツォがある。 全体のパヌオッツォが大きいから二人で分けて食べられるものである。 パヌオッツォは美味しくだけてはなく安い食物でもある。

パヌオッツオは持ち帰りのサンドイッチ店でも人気ですが、比較的町に近いお店はナポリ港から徒歩圏内のこのお店です。
Mascolo Napoli Porto Via Oronzio Massa, 8 – 80132 Napoli Tel.: 0810608168
最後はデザート部門です。ナポリの名物お菓子Baba (ババ)といった地方菓子。ババはラム酒などのお酒を浸したキノコの形をしたしっとりと甘いケーキ、こちらは是非今紹介する老舗のカフェでリッチに味わってみて下さい。
ババはナポリ菓子製造技術の伝統に属するがフランスで18世紀の中にさかのぼる。 その時にフランスで流刑中、ポーランド王スタニスラオはそのレシピを作り出した。 その菓子は直ぐ盛んになって、それからナポリに輸出された。 ババは柔らかい練り粉で作る菓子であって、ラム酒かほかのリキュールに浸された。 伝説的ババはキノコの形をしている。それは5センチから15センチまでさまざまな大きさがある。 その上、ババと言うものは生クリームかクリームと黒サクランボウを添えた大きいチャンベッラの形をしている菓子もある。

Gran Caffè Gambrinus (グランカフェ・ガンブリヌス)

イタリア各地方統合され、ナポリ王国からイタリア共和国に併合される1860年からの老舗カフェ。かつての王宮、オペラ劇場のすぐ近く、内装はとてもエレガントでゴージャスです。宮殿の内装の様な雰囲気のあるカフェ、是非おしゃれして優雅にお茶のひとときを過ごしたいです。
ナポリの名物料理、いかがでしたでしょうか? 町も美しく、こんなにもさまざまな名物がナポリには存在します。特にナポリピザは代表の料理。是非下町のお店で頂きたいですね。 安くて美味しい最高の名物をナポリでお楽しみください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/10/ba/ba/40/il-meraviglioso-tagliere.jpg