Tnlijakyvhvusctkhfwv

鳥取

CATEGORY | 鳥取

鳥取旅行のモデルコースは?グルメに観光に外せないスポット厳選

2018.07.17

鳥取県知事自ら認知度アップ、旅行者の集客とアピールしていて、「「スタバ」はありませんが、「すなば」はあります」のフレーズは有名です。、蟹のシーズンは「蟹鳥県」、星空がきれいな季節は「星鳥県」。日本海グルメも外せない楽しい鳥取県旅行のモデルコースをご紹介します。

  1. 鳥取旅行で訪れたい「鳥取砂丘」
  2. 鳥取旅行で訪れたい「砂の美術館」
  3. 鳥取旅行で訪れたい「すなば珈琲鳥取駅前店」
  4. 鳥取旅行で訪れたい「白兎(はくと)海岸」
  5. 鳥取旅行で訪れたい「白兎(はくと)神社」
  6. 鳥取旅行で訪れたい「三朝温泉」
  7. 鳥取旅行で訪れたい「三徳山三佛寺投入堂(みとくさんさんぶつじなげいれどう)
  8. 鳥取旅行で訪れたい「青山剛昌ふるさと館」
  9. 鳥取旅行で訪れたい「大山」
  10. 鳥取旅行で飲みたい「大山Gビール」
  11. 鳥取旅行で訪れたい「とっとり花回廊」
  12. 鳥取旅行で訪れたい「大山トムソーヤ牧場」
  13. 鳥取旅行で訪れたい「水木しげるロード」
  14. 鳥取旅行で訪れたい「白壁土蔵群」
  15. 鳥取旅行で訪れたい「金持(かもち)神社」
  16. 鳥取旅行で訪れたい「福成神社」
  17. 鳥取旅行で訪れたい「樂樂福(ささふく)神社」
  18. 鳥取旅行で訪れたい「福榮(ふくさかえ)神社」
  19. 鳥取旅行で訪れたい「浦富(うらどめ)海岸」
  20. 鳥取旅行で食べたいグルメ「松葉蟹(まつばがに)」
  21. 鳥取旅行で食べたいグルメ「白イカ」
  22. 鳥取旅行で食べたいグルメ「鳥取和牛 オレイン55」
  23. まとめ
鳥取県で絶対にはずせない何万年もかけてできた「鳥取砂丘」のモデルコースをご紹介します。季節や時間によって色々な姿を見せてくれます。そして、色々な体験もできて、うれしいサービスもあって気軽に訪ねることもできます。レストラン施設があるので、グルメを楽しめます。
ハイヒールで行っても、長靴やスリッパのレンタルがあり、素足で歩いた後は足を洗うところもあるので安心です。駐車場から鳥取砂丘入口までは、車椅子やベビーカーが通れる木造のスロープがあるので、砂丘を見ることができます。砂丘を走行できる太いタイヤの車椅子を無料で貸し出してくれます。
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/200910/13/97/b0013197_1028529.jpg
砂丘と言えば「らくだ」。「らくだ」と一緒に記念撮影や乗ることもできます。他に馬車やリフトもあるので、のんびりと観光できます。
引用: https://d15no6vzq701ao.cloudfront.net/image/production/acp/3000004918/pln3000011983/361b11ba-4310-4f74-a6c0-36705d5679f9.jpg
パラグライダー体験ができます。砂丘なので木や岩がないので初心者でもフライトしやすいです。風に乗って大きな砂丘を眺めてみませんか。事前予約が必要です。(ゼロパラグライダースクール・電話;080-1939-6640)
砂丘の砂と傾斜を利用した「サンドボード」が体験ができます。スノーボードに似ていて、初心者から上級者まで楽しめます。ボードがなくても貸してくれるので大丈夫です。事前予約が必要です。(鳥取砂丘サンドボードスクール・電話0857-30-1991)
引用: http://new-cloudfront.zekkei-japan.jp/images/spots/aflo_AXHA023127.jpg

基本情報

住所;鳥取市福部町湯山
電話;0857-22-3318(鳥取市観光協会)
アクセス;JR山陰本線「鳥取駅」から路線バス「鳥取砂丘」すぐ
世界で初めて「砂」を素材にした彫刻作品を展示しています。限られた時間しか存在することができない砂像は、儚いがゆえの美しさがあります。毎年テーマを変えて展示をしているので、行くたびに違った砂像を見ることができます。展示が終われば、もとの砂に帰っていきます。

基本情報

住所;鳥取市福部町湯山2083-17
電話;0857-20-2231
定休日;無休(開催期間中)
開館時間;平日・日曜日 9時~18時(最終入場は17時30分)・土曜日 9時~20時(最終入場は19時30分)
入場料;大人 600円・小中高生 300円
アクセス;JR山陰本線鳥取駅バスターミナル0番乗り場砂丘線「砂の美術館前」すぐ
県知事の名言「スタバはないが、鳥取には日本一のスナバ(砂場)がある」に便乗した形で誕生しました。決して「スタバ」に対抗しているわけではない昭和レトロを感じさせる昔ながらの喫茶店です。最近では珍しい「サイフォン」で珈琲を提供してくれます。行列覚悟のお店です。
グルメも充実していて、ここでしか味わえないかもしれないグルメ「もさえびカレー」、とっても可愛い「すなばパンケーキ」がおすすめです。モーニングサービスもあり、各店舗で独自のメニューが楽しめるのもうれしいです。鳥取県内にある店舗を制覇するのも楽しいかもしれません。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180517/02/nuts-pancake/93/9d/j/o0480048014192487086.jpg?caw=800

基本情報

住所;鳥取市永楽温泉町152
電話;0857-27-4649
定休日;不定休
営業時間;8時~18時(平日)・7時30分~18時(土日祝)
アクセス;JR山陰本線「鳥取駅」北口徒歩約3分
昔、淤岐の島に流されたうさぎがワニザメをだまして気多の崎まで渡ろうとしたが、だまされたことに気がついたワニザメに皮をむかれて苦しんでいると、大国主命(大黒様)が通りかかり「真水で身体を洗い、ガマの穂にくるまっていなさい」と言われた通りにしていると治った、という「因幡の白うさぎ」の舞台です。ワニザメの背中に似た岩礁があり、白い砂浜が弓なりになっている美しい海岸です。
大国主命と八上姫との日本最初のラブストーリーの発祥の地として、2010年に「恋人の聖地」に認定されました。この時助けられたうさぎが大国主命と八上姫の恋の預言をしたそうです。縁結びのモデルコースを巡ってみてはいかがでしょうか。

基本情報

住所;鳥取市白兎
電話;0857-59-0020(白兎観光協会)
アクセス;JR山陰本線鳥取駅からバス鹿野行き「白兎神社前」すぐ
日本神話「因幡のうさぎ」の白兎神を主神とする神社です。神話にちなんで皮膚病ややけどに効くとして信仰されてきました。境内に続く道沿いに因幡の白うさぎが傷口を洗ったと言われている「御身洗(みたらし)池」は、季節に関係なく水位が一定なので、不滅不増の池と言われています。神話を旅するモデルコースです。
日本の医療、動物医療の発祥の地とも言われています。大国主命と八上姫との縁を取り持った縁結びの神社だけあって、かわいいお守りやおみくじもかわいいです。

基本情報

住所;鳥取市白兎宮腰603
電話;0857-59-0047
社務所;9時~16時
アクセス;JR山陰本線鳥取駅からバス鹿野行き「白兎神社前」すぐ
世界有数のラドンの含有量を誇ります。ラドンは、「癌(がん)」に効果があるともいわれています。三朝橋から見下ろす河原に露天風呂があり、せせらぎを聞きながら入浴ができます。一応、男女混浴ですが、女性が入浴することは少ないようです。橋からだけではなく、入浴しているところが見えるお宿もあります。
三徳川に沿って旅館街の街並みが続きます。下流には「かじか橋」、上流には「恋谷橋」があり散策するのもいかがでしょうか。三朝温泉から三徳山三佛寺へ行くモデルコースはいかがでしょうか。お宿ではグルメも楽しみの一つです。
引用: https://www.jalan.net/news/img/2017/03/1704_kansai_betsu_chubu_018-670x443.jpg

基本情報

住所;鳥取県東伯郡三朝町三朝
電話;0858-43-0431(三朝温泉観光協会)
アクセス;JR山陰本線「倉吉駅」車で20分(宿泊施設からの送迎サービスがあります)
標高900メートルの三徳山に境内がある山岳寺院です。投入堂(国宝)を間近でみるためには、幅の狭い道や鎖を辿る道など滑りやすい場所等あるので、ふもとの「投入堂遥拝所」から望遠鏡が必要ですが見るこがとができます。
三徳山三佛寺は、中国観音霊場第三十一番札所・伯耆観音霊場第二十九番札所です。霊場巡りのモデルコースで、御朱印もいただけます。宿坊もあり、精進料理を頂くこともできます。(事前予約が必要です。)

基本情報

住所;鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
電話;0858-43-2666
アクセス;JR山陰本線倉吉市からバス約40分
「名探偵コナン」の作者、青山剛昌氏の出身地にある、作品等を展示しているミュージアムです。ファン必見の聖地とも言える場所です。オリジナルのグッズもあります。アニメをめぐるモデルコースのひとつです。
北栄町にある「コナンの家 米花商店街」では、グルメも楽しめます。コナン君をイメージした「コナンバーガー」やアニメに登場する「喫茶 ポアロ」もあります。「コナン駅」から「ふるさと館」までの「コナン通り」を歩けば色々なコナン君に出会えます。

基本情報

住所;鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414
電話;0858-37-5389
定休日;無休
開館時間;9時30分~17時30分
入場料;大人 700円・中高生 500円・小学生 300円・小学生未満無料
アクセス;JR山陰本線「コナン駅(由良駅)」徒歩約20分
日本で3番目に国立公園に指定され、「日本名峰ランキング」でベスト3に選ばれるほど美しく雄大な自然の姿は、富士山に似ていることから「伯耆(ほうき)富士」とも呼ばれていて、山岳信仰で霊山としても崇められていました。一年を通して四季折々の姿を見せてくれるのも大山です。西日本を代表する登山スポットであり、秋は紅葉、冬はスキー、と自然を満喫できるモデルコースです。

基本情報

住所;鳥取県西伯郡大山町大山
電話;0859-52-2502(大山町観光案内所)
アクセス;JR山陰本線米子駅から路線バス「大山寺」下車
引用: http://wattaina.com/user_data/packages/original/img/products/g_beer_4in_glass.jpg
国立公園大山(だいせん)が育んだ伏流水から作られたビールです。レギュラービールと限定ビールがあり、ビアレストラン「ビアホフ ガンバリウス」では、ビールに合うグルメを楽しむことができます。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nocchi55/20150627/20150627073314.jpg

基本情報

住所;鳥取県西伯群伯耆町丸山1740-30
電話;0859-39-8033
アクセス;中国自動車道「米子インターチェンジ」「溝口インターチェンジ」約30分
天候や季節に左右されずに花や植物を楽しめる大温室や展示館がある西日本最大のフラワーパークです。夜には展望回廊を囲む広大な庭園を数万個の灯りが柔らかに包み込む幻想的な夜間庭園「ムーンライトフラワーガーデン」が人気です。花を鑑賞できるモデルコースです。

基本情報

住所;鳥取県西伯郡南部町鶴田110
電話;0859-48-3030
休館日;4月~6月・9月~11月は無休、季節によって異なりますので、事前確認をおすすめします。
営業時間;9時~17時(4月~11月)・13時~21時(12月~1月)・9時~16時30分(2月~3月)
アクセス;JR山陰本線米子駅から無料シャトルバスで約25分
たくさんのかわいい動物達とふれあうことやワンちゃんのお散歩体験等色々な体験ができるモデルコースです。お腹がすいたら「バーベキュー」を楽しみことができます。一日のんびり過ごすことができます。

基本情報

住所;米子市岡成622-2
電話;0859-27-4707
休園日;木曜日(ゴールデンウィーク・春休み・夏休み・祝日は営業)
開園時間;9時~17時(最終入園16時30分)
入園料;800円(中学生以上)・700円(3歳~小学生)
アクセス;JR山陰本線米子駅から路線バス「岡成」下車約5分
漫画家、水木しげる氏の故郷でもある境港市にある大人から子供まで人気の観光スポットです。境港駅前から本町アーケードの約800メートルの間に様々な妖怪達のブロンズ像が並んでいます。一体一体に名前と説明が書かれています。夜にはライトアップもされるので、昼間とはまた違った雰囲気も味わえます。妖怪に会えるモデルコースです。

基本情報

住所;境港市末広町
電話;0859-47-0121(境港市観光案内所)
アクセス;JR山陰本線「境港駅」すぐ
玉川沿いに残る江戸時代、明治時代に建てられた白い漆喰(しっくい)に黒の焼き杉板、屋根には赤い石州瓦の倉吉独自の風景が白壁土蔵群です。時間を忘れてのんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。グルメやこだわりのお店、ギャラリーなど色々なお店があるので、お土産を探すのも楽しくなりそうです。倉吉をめぐる上でのモデルコースです。

基本情報

住所;倉吉市新町1丁目、東仲町、魚町、研屋町周辺
電話;0858-22-1200(倉吉白壁土蔵群観光案内所)
アクセス;JR山陰本線「倉吉駅」路線バス市内線西倉吉方面行「赤瓦・白壁土蔵群」下車徒歩約5分
「因幡伯耆国 開運八社巡り」の一社です。昔の人が「黄金にもまさる」と大切にした鉄の産地で、「金持」と言う縁起のいい地名はここだけです。この地の豪族、金持景勝が後醍醐天皇を奉じて倒幕の軍に参加する際、この神社に「必勝祈願」をし、大活躍をした。と伝えられています
金運アップのバワースポットです。本社と札所が別にあるのも珍しいかもしれません。札所から石段が90段ほどあります。札所で開運グッズを購入することもできます。御朱印は、ここでいただきます。開運めぐりのモデルコースです。

基本情報

住所;鳥取県日野郡日野町金持74
電話;0859-72-0481
定休日;無休
札所の営業時間;10時~16時
アクセス;JR伯備線「根雨駅」町営バス「神社札所前」下車
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-6e-af/team408guricochan/folder/878543/44/66196844/img_0_m?1469348897
「因幡伯耆国 開運八社巡り」の一社です。「荒神神楽」はここから伝わったといわれています。「禍を転じて福と成す」と言うことわざからでしょうか「成功祈願」に訪れる人が多いです。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/okamoti-tekulog/imgs/d/4/d46e754e.jpg

基本情報

住所;鳥取県日野郡日南町神戸上2317
電話;0859-82-1715(日南町観光協会)
アクセス;JR伯備線「上石見駅」車で約5分
引用: http://www.norichan.jp/image9/sasafuku.jpg
「因幡伯耆国 開運八社巡り」の一社です。創建は千年以上昔と伝えられていて、鉄算の祖先神さまとして崇拝された日野郡開拓鎮護の総氏神様です。開運招福・自身の困難は「大難は小難」に「小難は無難」に開運してくださり、次第に幸福を招く願望成就の福の神として訪れる人が多いです。
引用: https://cdn.jalan.jp/jalan/img/6/kuchikomi/3906/KL/6a14c_0003906596_1.jpeg

基本情報

住所;鳥取県日野郡日南町宮内1101
電話;0859-82-1619
アクセス;JR伯備線「生山駅」より町営バス新屋行き「東県神社前」下車
引用: http://1.bp.blogspot.com/-nOIhEh3IX1A/Uq8pNjFFUgI/AAAAAAAAC2A/zwIUvnnII4w/s1600/IMG_0703.jpg
「因幡伯耆国 開運八社巡り」の一社です。古くから「印賀鋼」など全国的に有名な玉鋼を産出し、たたら製鉄で栄えた地にあり、「幸運を呼び込み繫栄を招く」神社として注目されています。
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=540x10000:format=jpg/path/s0d667e3d60b731a6/image/ic39243927057346b/version/1376284195/image.jpg

基本情報

住所;鳥取県日野郡日南町神福1247
電話;0859-82-1715(日南町観光協会)
アクセス;JR伯備線「生山駅」から車で25分
日本海の荒波によって作られた山陰海岸ジオパークで、壮大な海食地形です。海岸線に沿って遊歩道も整備されていているので、透明度の高い海を見ることができます。潮風を感じながら遊覧船で陸から見ることのできない景色を見ることができるモデルコースです。

基本情報

住所;鳥取県岩美郡岩美町浦富
電話;0857-72-3481(岩見町観光協会)
アクセス;JR山陰本線「岩井駅」より町営バス田後行き「浦富海岸口」徒歩すぐ
引用: https://connpass-tokyo.s3.amazonaws.com/event/44036/1fc9b48719844500b53c425437e61806.jpg
「蟹鳥県(かにとりけん)」でズワイガニははずせない最高の冬のグルメです。山陰では、成長した雄を「松葉がに」、雌を「親がに」と呼ばれています。松葉がに漁は、11月上旬から3月まで。鳥取港、境港漁港、賀露漁港で水揚げされます。
引用: https://onsennews.com/wp/wp-content/uploads/2017/10/kanisashi_tottori.jpg
新鮮な「松葉がに」は、お刺身でいただけ、蟹味噌も美味です。鳥取県内では多くのお宿やお店で楽しめるグルメです。シーズンが終わってしまうまでに訪ねてみてはいかがでしょうか。
引用: https://i2.wp.com/sk-imedia.com/wp-content/uploads/2014/12/tottorikani4.png?resize=280%2C280&ssl=1
1本釣りで釣りあげられる「剣先イカ」のことを地元では「白イカ」と呼ばれいています。甘みが強く、鮮度が良い時は、皮が透けて内臓が見えるくらいの透明感があり、濃厚な味わいが人気の夏を代表するグルメです。初夏から晩秋にかけて行われる漁の「漁り火(いさりび)」は、日本海の風物詩です。
オリーブオイルの主成分である「オレイン酸」を55%以上含むことを設定基準にしていて、脂肪のまろやかさと質にこだわったブランド牛です。柔らかく食べやすいお肉で、鳥取県内で食べれるお店も多くあります。
引用: http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/646487/orein55stake_s.jpg
神話の故郷、アニメの聖地と言われるところや、夏は「白イカ」冬は「松葉蟹」とグルメも豊富です。パワースポットも盛りだくさんの鳥取のモデルコースをめぐってみませんか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.tottori-guide.jp/common/img/p_sakyu.jpg