Xnpvf9tpyhm6mumgqovn

秋田

CATEGORY | 秋田

大館の人気グルメランキングTOP5【秋田】名物を食べつくそう!

2018.07.13

大館と言えば何を思い浮かべますか?旧比内町では「比内鶏」が有名です。そこでグルメと言えば「親子丼」だけ思い浮かべるかもしれませんね。しかし大館でグルメを探している人に参考にしてもらうために、大館の人気グルメを少しランキングで紹介します。

  1. 大館名物を食べつくそう!人気グルメランキング⑤きりたんぽ専門店むらさき「きりたんぽ」
  2. 大館名物を食べつくそう!人気グルメランキング④れすとらん 比内どり「比内地鶏」
  3. 大館名物を食べつくそう!人気グルメランキング③ホルモン幸楽 花輪本店「鹿角ホルモン」
  4. 大館名物を食べつくそう!人気グルメランキング②秋田比内や 大館本店「稲庭うどん」
  5. 大館名物を食べつくそう!人気グルメランキング①レストランまつお「松尾牛 」
  6. 大館のおすすめグルメのまとめ
秋田名物と言えば思い浮かぶのは「きりたんぽ」ではないでしょうか。秋田の鍋の王様「元祖、きりたんぽ鍋」があります。お店で炭火を使ってじっくり焼いた秋田のブランド米「あきたこまち」を原料に、すべて一から作っています。1本1本手間暇かけて、真心を尽くしたきりたんぽをぜひそのままで、またはお鍋でお店で味わってみませんか?お土産品としても購入できますよ。

「きりたんぽ専門店むらさき」の詳細

■秋田県大館市幸町12-9 ■TEL 0186-42-0741 ■アクセス 東大館駅より徒歩6分 大館駅より車で8分 ■営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00 ■定休日 月曜日・日曜日の夜
大館周辺では比内地鶏が有名です。比内地鶏と言えば、比内地鶏の卵をふんだんに使った親子丼が有名ですが、こちらのお店では、道の駅「ひない」に併設されたレストランです。そのため、比内地鶏を使って作ったオムライスや、比内地鶏でダシを取ったラーメンなど、比内地鶏づくしを楽しむことができます。ドライブの際には足を運んでみてくださいね。

「れすとらん 比内どり」の詳細

■秋田県大館市比内町扇田新大堤下93-11 ■TEL 0186-55-2200 ■アクセス 花輪線 扇田から徒歩25分 ■営業時間 11:00~20:00 ■定休日 月曜日
意外と知られていないのは、秋田グルメはホルモン焼きも有名です。内臓の中から取り出した「腸、タン、ハツ、センマイ」など様々な部位の希少価値のあるパーツを丹精に味付けされています。こちらの「ホルモン幸楽」では、おいしいホルモン焼きを味わう事ができます。また口の入るまでの全工程は、すべて手作業で行っており、さらに秘伝のタレにも秘密があり、リピータがとても多いです。

「ホルモン幸楽 花輪本店」の詳細

■秋田県鹿角市花輪堰向5 ■TEL 0186-23-3736 ■アクセス 鹿角花輪駅より徒歩5分 ■営業時間 9:30~23:00 ■定休日 年中無休(12月31日・元旦は11:00~17:00迄)
稲庭うどんは、日本三大うどんの一つでもある「手法製法」という独特な作り方のうどんで、秋田県の南部地方にゆかりがあります。そして、ひやむぎよりも太くて少し黄色がかったのが特徴です。「秋田比内や」では、稲庭うどんの素材を貸した製法で稲庭うどん鍋を提供しています。この鍋のダシは比内地鶏でしっかりとさっぱりとした味わい、これをうどんと一緒にいれ、大館で採れた旬の山菜を入れます。心も温まる郷土料理をあじわってみてくださいね。

「秋田比内や 大館本店」の詳細

■秋田県大館市字大町21 ■TEL 0186-49-7766 ■アクセス JR花輪線東大館駅から徒歩10分 ■営業時間 11:00~14:00 17:00~22:00 日曜日11:00~14:00 17:00~21:00 ■定休日 毎週水曜日
秋田ブランド松尾牛は、大館のブランド牛としても有名です。広大な敷地で、エサには秋田のブランド米「あきたこまち」を使用したこだわりのある黒毛和牛をぜひ堪能してください。特に寒い日は、牛しゃぶしゃぶ鍋や牛すき焼き御膳などの懐石料理はいかがでしょうか。また贅沢に和風ソースで味わう「特製ハンバーグ」もおすすめです。

「レストランまつお」の詳細

■秋田県北秋田市松葉町8-14 ■TEL 0186-62-2436 ■アクセス JR奥羽本線鷹巣駅から5分 ■営業時間 11:00~21:00 ■定休日 年中無休
いかがでしたか?秋田のブランド米を使用したきりたんぽや黒毛和牛のエサとしたり、こだわりのあるグルメ食材を使った紹介したグルメ全てが観光で訪れたら一度は食べてみたいものばかりではなかったでしょうか。大館へ足を運んだ際には、今回紹介したグルメの名店を訪れてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BiO9eOrndN2/?tagged=%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%B6%E3%82%8A