Kysidx6bkrsmzgoiyvfv

福岡

CATEGORY | 福岡

博多へ旅行に行こう!おすすめグルメ・スポット20選【2018年度版】

2018.07.17

福岡県・博多は、毎年多くの旅行客が訪れる日本屈指の観光地です。博多には多くの観光スポットやグルメスポットがあります。そんな博多を訪れた時に役に立つ定番から穴場までのモデルコースをご案内します。これを見れば博多を旅行したくなるはず!

  1. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット① 博多駅・JR博多シティで観光&ショッピング
  2. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット② JR博多シティでグルメ三昧
  3. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット③ 駅から三百歩横丁で博多の名店の味を満喫!
  4. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット④ 福岡ヤフオクドームで盛り上がる
  5. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑤ キャナルシティ博多
  6. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑥ 博多の守り神・櫛田神社
  7. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑦ j地元の人や観光客の憩いの場所・大濠公園
  8. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑧ 博多のシンボル・福岡タワー
  9. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑨ マリノアシティ福岡
  10. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑩ 天神地下街
  11. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑪ 博多について学べる博多町家ふるさと館
  12. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑫ 都会のオアシス・楽水園
  13. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑬ 博多座
  14. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑭ 天神・中洲の屋台
  15. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑮ マリンワールド海の中道
  16. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑯ 水炊き
  17. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑰ もつ鍋
  18. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑱ うどん居酒屋
  19. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑲ 辛子明太子
  20. 博多旅行のモデルコース・グルメ・スポット⑳ 自分好みの明太子を作ろう!博多はねや総本家
  21. まとめ
まず博多の玄関口「博多駅」は旅行の起点になる場所ですので、とりあえずおさえておきたい観光スポットです。地元の人にも愛され、グルメやお土産店なども揃っているので、旅行者には定番のおすすめスポットです。

駅直結の「JR博多シティ」

新幹線および在来線を下車して駅に直結している「JR博多シティ」は、レストランやショッピング店舗、映画館などが入った商業施設です。南側のデパートが入る棟と北側の複合商業施設「アミュプラザ博多」の2棟構造になっています。シンボルは地上25m・直径6mの大時計です。ぜひ建物前にある広場から見てみましょう。
博多駅前広場では様々なイベントが行われるスペース「駅前広場」があります。催しがあったり、季節の飾り付けがされます。毎年7月には博多の夏の風物詩・櫛田神社の奉納神事「博多祇園山笠」が開催され、博多の町は山笠一色です。それに合わせてイベント広場に山笠がお目見えします。
JR博多シティの屋上にある「つばめの杜ひろば」にもぜひ行ってみましょう。「つばめの杜ひろば」からは博多の町が一望できるほかに、季節の草花が咲く展望テラスはとても気持ちがよく、外の空気を吸いたいと思ったときにリフレッシュするには最適な場所です。旅の安全を祈願する「鉄道神社」もあります。
そして福岡・博多のお土産は、同じ2階の博多デイトスにある「みやげもん市場」へ。食料品や雑貨などを扱うお店が26店舗集まっています。お土産の定番「辛子明太子」や、有名な「博多通りもん」、可愛い雑貨など、博多の魅力いっぱいのお土産が並んでいます。お酒好きな人は、九州の日本酒もぜひ。
「JR博多シティ」内を歩き回って疲れたら、9階と10階にある「シティダイニング くうてん」でひと休み。日本最大級のレストランフロアとして知られ、2フロアで47店舗ほどの飲食店が集まっています。
博多と言えば「もつ鍋」ということで、10階にある「「博多名物もつ鍋 笑楽」がおすすめです。店内はカウンター席とテーブル席が配され、落ち着いた雰囲気です。もつ鍋は、醤油味・みそ味・塩味から選べます。具がたっぷりでにんにくが効いた食欲をそそる味です。
博多ラーメンが食べたいと思ったら、2階の博多デイトスにある「博多めん街道」がおすすめ。九州の麺料理に特化したフードエリアで、地元の人や観光客にも人気があります。博多ラーメンの有名店のほか、うどんや担々麺の人気店など全部で十数店が集まっています。
ティータイムには、くうてん9階にある、フルーツ&パンケーキ・カフェ「キャンベル・アーリー」はいかがでしょうか。ふわふわパンケーキや、色鮮やかで果物たっぷりのパフェ、フレッシュジュースで旬のフルーツを楽しみます。写真を撮りたくなるメニューばかり!
「駅から三百歩横丁」をご存知でしょうか。迷路のように入り組んだ地下街を抜けて現れたのは「駅から三百歩横丁」の看板。本当に「博多駅すぐ」で通じる、ネーミングの通り本当に三百歩くらいの近い場所にあります。こちらは横丁といいつつ綺麗でお洒落な大衆酒場といった雰囲気のフードエリアです。名店ばかりの10店舗が入り、地元の女性にも人気です。何を食べようか迷いますが、その中でも特におすすめする4店舗をご紹介しましょう。

焼とりの八兵衛

横丁を入ってすぐの分かりやすい場所にある「焼とりの八兵衛」は、美味しい焼き鳥を食べるならここ!と男女問わず評判のお店です。名物は「和牛すき焼き串」「つくね」「ササミ梅しそ串」「えんどう豆の串揚げ」「茶碗蒸し」など。焼き加減が絶妙で次々に頼みたくなる味。デートや女性1人でも立ち寄りやすいお店です。

炭火ステーキ焼肉ベンジャミン

「肉焼 ベンジャミン」は、特選黒毛和牛が納得の価格で味わえると人気の牛肉専門店「炭火ステーキ焼肉ベンジャミン」の姉妹店です。肉焼きとワインが気軽に頂けるお店で、看板メニューは「チーズタッカルビ」です。甘辛く味付けした鶏肉と野菜にチーズがかかった韓国料理で、甘辛い味付けの鶏肉とチーズが絡み、唐辛子の辛さが手伝ってずっと食べていられると大変人気です。

もつ鍋 一慶

「もつ鍋 一慶」(いっけい)は、博多のもつ鍋屋さんの中でも老舗の有名店です。元祖「炙りもつ鍋」のお店として地元でも知られ、新鮮なもつを一度備長炭でいぶすことで余分な脂が落ち、ぷりぷりのでふわふわの食感で女性に嬉しいもつ鍋です。だしも香ばしさとコクとうま味が凝縮された絶品の味に仕上がっています。

名島亭

やっぱりしめは麺でしょう。ということで「名島亭」がおすすめ。深みのあるまろやかなスープが特徴のスープと、こしが強い極細麺を使用したとんこつラーメンが博多っ子を虜にしているお店です。しっかり味がしみ込んだおでんも人気で、具も大きくてボリュームたっぷりで大満足です。

店舗情報

福岡ソフトバンクの本拠地である「福岡ヤフオク!ドーム」は、日本初の開閉式の屋根を設置したドームで、野球の試合だけではなく、コンサートや様々なイベントが開催されています。
監督をされていた王貞治氏の記念館「王貞治ベースボールミュージアム」は野球好きには必見です。旅行の思い出に、ソフトバンクホークスの熱い試合を観戦してみましょう。

ヤフオクドームツアーに参加しよう!

ヤフオクドームの裏側を知る4ことができる「ヤフオクドームツアー」に参加してみましょう。ツアーは3コースあり、普段は関係者と選手しか入ることができないエリアを見学できる「ドーム内見学コース」は、フィールドやダグアウトなど選手が実際に使用している場所を見ることができます。またフォークスOBによる解説付きで、試合前の選手の練習風景を見学するコースもあります。

ドーム周辺の見どころ

このヤフオクドームには見どころがいっぱいあります。8番ゲート正面にあるソフトバンクホークスオフィシャルグッズショップ「ダグアウト」では、ほぼすべてのグッズを買うことができます。そして高さ2mのホークスの守護神「鷹観世音大菩薩」に、試合前には勝利を祈願しましょう。
ドームのゲート外のデッキに並ぶたくさんの手は、「暖手(だんて)の広場」と呼ばれ、様々な分野で活躍した著名人の手形を立体的に展示しています。気になる人の手に触れてみて握手してみてはいかがでしょうか。

施設情報

■住所:福岡市中央区地行浜2‐2‐2 ■電話番号:092-847-1006 ■アクセス:博多駅前から306・300・301・303・305系統のバス、天神からも乗車できます。車では福岡ICから福岡都市高速道路で西公園ランプより5分で到着します

福岡ヤフオクドーム周辺のおすすめグルメ/麺やよし田

「麺やよし田」は、唐人町駅から徒歩10分の場所にあります。「ごぼう天うどん」のごぼうが大きくて頂きがいがあるボリュームです。親子丼も美味しいと評判です。
■住所:福岡県福岡市中央区伊崎4-11 ■電話番号:092-731-6600 ■アクセス:福岡市営地下鉄空港線唐人町駅 徒歩10分 ■営業時間:ランチ11:00〜15:30、ディナー17:30〜21:00 ■定休日:火曜日
「キャナルシティ博多」は、ショッピングモール、映画館、劇場、アミューズメント、ホテル、オフィスなどが入った、一日いても飽きないほどの多くのスポットが集まる複合施設です。ファミリー、カップルなど、気軽に立ち寄れる魅力たっぷりの場所なので、博多に滞在中は一度は立ち寄りたいところです。博多にゴジラが上陸ということで、中央の運河にゴジラの飾り山笠がお目見えです。

施設情報

■住所:福岡市博多区住吉1丁目2 ■電話番号:092-282-2525 ■アクセス:JR博多駅・博多口から徒歩10分、博多駅から地下鉄で祇園駅下車徒歩7分です。博多駅、天神、中洲川端から徒歩で行く事ができます ■営業時間:ショップ10:00~21:00、レストラン11:00~23:00 年中無休
博多駅からほど近くに九州のパワースポットとして有名な「櫛田神社」。博多の夏のお祭りとして全国的に有名な、「博多祇園山笠」(はかたぎおんやまかさ)をはじめ、5月には「春期大祭 松ばやし博多どんたく」、10月には「秋季大祭 博多おくんち」など大きな行事が、こちら「櫛田神社」で行われています。博多っ子からは「お櫛田さん」の愛称で親しまれる博多の総鎮守です。
天照皇大神(大神宮)、大幡主大神(櫛田宮)、素戔嗚大神(祇園宮)の三神が祀られています。神社内には歴史資料館があり、櫛田神社の数多い社宝のうち、歴史的にも価値の高いものを厳選して展示されています。開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 毎週月曜日休館
博多祇園山笠が奉納される神社で、神社内には飾り山笠が一年中展示され、いつでも見学することができます。山笠とは日本のお祭りで使われる装飾を施した大きな飾りで、車輪が付いていて人が引いて動く「山笠」と、美しい飾りを施した「飾り山笠」の2種類あります。7月に行われる「博多祇園山笠」の際に新しい飾り山笠が奉納されます。博多に関係する武将や、親しみやすいアニメをテーマにした飾りつけがされています。

施設情報

■住所:福岡市博多区上川端町1-41 ■電話番号:092-291-2951 ■アクセス:地下鉄祇園駅2番出口 徒歩5分
地元の人たちや観光客にも愛される「大濠公園」。周囲約2kmの大きな人工の池、レストラン、カフェ、福岡市美術館などがあります。散歩やサイクリングやバードウォッチングなど思い思いに過ごせる都会のオアシスとなっています。冬以外にはペダルボートで気持ちいい風を感じることができます。
池中心部の中の島にある「浮見堂」は日本的な雰囲気があり、散歩コースや、綺麗な夜景を見ることができる特等席です。

光きらめく夜景スポット

大濠公園のライトアップは中の島の東側で行われ、夜景スポットとなっています。ライトアップ時間は4月から9月までは19:00~22:00、10月から3月までは、18:00~22:00に点灯されます。マジックアワーには色鮮やかな風景を眺めることができます。写真に収めるのもこの時間がベストですよ。また完全に陽が落ちてしまった後もライトアップの光が美しくロマンティックな雰囲気です。

施設情報

■住所:福岡県福岡市中央区大濠公園1−2大濠公園 ■電話番号:0927412004 ■アクセス:地下鉄大濠公園駅または唐人町下車 徒歩7分、車で福岡都市高速1号線「西公園」ランプ下車

グルメスポット:ロイヤル ガーデン カフェ 大濠公園

「ロイヤル ガーデン カフェ 大濠公園」は、ボートハウス大濠パーク内にあるカフェレストランです。公園内の美しく開放的な景色を眺めながら、ランチやディナー、カフェをゆっくり楽しむことができます。
ランチにはピッツァやパスタ、ハンバーグランチ、カフェタイムにはドリンクとケーキやアイスクリームなどのスイーツ、新鮮な食材を使った魚料理、ステーキ、パスタ、アラカルトなどをビールやカクテルと一緒に楽しめます。またヴィーガンメニューも用意されています。
■住所:福岡県福岡市中央区大濠公園1-3 ボートハウス大濠パーク1階 ■電話番号:092-406-4271 ■営業時間:月-金 11:00~ラストオーダー21:00、土日祝 9:00~ラストオーダー21:00
全長234mのハーフミラーが輝く正三角形の美しいフォルム、海浜エリアにある「福岡タワー」は、博多のランドマーク的存在です。タワー内にはレストランやショップなどがあり、展望台にはエレベーターで上る事ができます。

夜景が最高に美しい!

夜になるとタワーはライトアップされ、昼間とはまったく違った姿を見せてくれます。展望台からは時間とともに変化していく夜景が美しいことで、デートスポットとして人気があります。旅行の思い出にぜひ訪れてみてください。

施設情報

■住所:福岡市早良区百道浜2丁目3番26号 ■電話番号:092-823-0234 ■アクセス:博多駅からバスで25分、■営業時間:9:30~22:00 車では福岡ICから15分
専門店、アウトレット、レストラン、アミューズメント施設がある商業施設「マリノアシティ福岡」。開放感たっぷりで、海辺のリゾート施設として気持ちのいい風を受けながらゆったりと過ごせます。
地上60mの大観覧車が目を引くアミューズメントエリア。特に夜がおすすめで、観覧車からは福岡タワーや街並みの美しい夜景が眼下に広がり、ロマンティックな雰囲気でデートにぴったりです。

施設情報

■住所:福岡県福岡市西区小戸2-12-30 ■電話番号:092-892-8700 ■アクセス:博多駅から西鉄バス(天神経由)で40分または地下鉄とバスで34分、車で福岡ICより福岡都市高速へ乗り換え「百道・西公園方面」へ ■営業時間:物販店・フードコート10:00~21:00 飲食店11:00~23:00
全長約590m、150以上のショップやグルメの店舗が充実している「天神地下街」。ここを通れば近くのビルにアクセスできる便利さもあり、歩く人も多く週末には特に賑わいます。ショッピングエリアは石畳になっていて洗練された雰囲気。

角切りリンゴがゴロゴロ入ったアップルパイ

焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」。ふっくらとしたパイ生地に大きくキューブ型にカットされたリンゴがゴロゴロ入ったアップルパイは、甘すぎずいくらでも頂ける味です。赤いパッケージもかわいい!

施設情報

「博多町家」ふるさと館は、移築復元された明治中期の博多織織元の町家、福岡市の指定文化財に指定されている「町家棟」「みやげ処」「展示棟」の3棟で構成されています。明治・大正の時代を中心とした博多の暮らしや文化を紹介している、博多のことを知ることができるおすすめスポットです。
また博多の歴史、祭り、伝統工芸などを学ぶことができます。鎌倉時代から続く博多織の紹介と実演が行われています。「櫛田神社」のすぐ近くにあり、多くの観光客で賑わう人気スポットです。博多伝統工芸・博多人形,博多張子,博多独楽,博多曲物の絵付け体験ができますのでぜひ立ち寄ってみましょう。

施設情報

■住所:福岡市博多区冷泉町6-10 ■電話番号:092-281-7761 ■アクセス:地下鉄祗園駅下車徒歩5分 ■営業時間:10:00~18:00
明治39年に博多の商人・下澤 善右衛門 親正(しもざわ ぜんえもん ちかまさ)が建てた別荘の跡地で、博多のオフィス街の一角にひっそりと佇む憩いの場所となっています。特に日本庭園が美しく、かつては旅館として使用されたのち、一般公開されています。
オフィス街にあるとは思えない緑豊かで、静寂を保っている「楽水園」には茶室や和室があり、お菓子付きのお抹茶を、美しい庭園を眺めながら頂くことができます。

施設情報

■住所:福岡県福岡市博多区住吉2-10-7 ■電話番号:092-262-6665 ■アクセス:博多駅から徒歩12分、博多駅からバスでTVQ前下車徒歩2分、住吉又は博多駅前4丁目から徒歩7分 ■営業時間:9:00~17:00 ■定休日:火曜日
博多の劇場の最高峰「博多座」は和風な造りをしていますが、ミュージカルや海外の作品も多く上演され、コンサートや落語会など多岐にわたる公演が行われています。博多座のミュージカルや舞台を見てから博多観光をする人たちも少なくありません。

施設情報

■住所:福岡市博多区下川端町2-1 ■電話番号:092-263-5555(公演に関する内容の問い合わせ) ■アクセス:天神より徒歩10分、地下鉄中洲川端直結、車で福岡インター、北九州方面からは呉服町ランプ、築港町ランプより約5分
博多に来たならぜひ一度は行っておきたい博多名物の「屋台」。福岡市内の博多・天神には夜になると街中に屋台が登場します。屋台の数は200以上あると言われ、屋台の種類としては、ラーメン、おでん、焼き鳥などのオーソドックスなものから、天ぷらなど様々な種類があります。屋台でお酒や料理を楽しむ様子は、独特の風情を感じます。お客さん同士の距離感の近さに最初は緊張感を感じますが、徐々に慣れてきます。では人気の屋台をご紹介しましょう。

小金ちゃん

天神に店を構える「小金ちゃん」は、焼きラーメンの発祥のお店として知られている行列必至の大人気のお店です。焼きラーメン、おでん、どて焼き、刺身、餃子、チャーハンなどメニューは豊富です。焼きラーメンは、茹でた麺にとんこつスープとソースを絡めて鉄板で焼いたまさにB級グルメ。明太子がたっぷり入った玉子焼きでマヨネーズが添えられた「めんたい玉子焼き」も人気です。
■場所:福岡県福岡市中央区天神2 三井ビル裏親不孝通り入口 ■営業時間:18:30~翌2:00 ■定休日:日曜、木曜、雨天時

武ちゃん

メディアでも紹介されたことがある人気店「武ちゃん」。行列ができるお店で餃子が名物になっています。大きさは小ぶりですが、野菜多めで食べやすくいくらでも頂けそうな味です。
■場所:福岡県福岡市中央区春吉3丁目 ■営業時間:19:00~翌2:30 ■定休日:日曜日

長浜屋台 やまちゃん 天神店

天神・親富孝通りすぐの場所にある、昔懐かしい雰囲気が漂うラーメン居酒屋「長浜屋台 やまちゃん 天神店」。オープンして30年を越えるお店では、創業当時から変わらない味が楽しめます。じっくり煮込んだ特製豚骨スープは、コクがあるのにあっさりしていて細麺によく絡みます。豚骨ラーメンを求めて通う常連客も多いそう。
■場所:福岡県福岡市中央区舞鶴1-4-31 舞鶴コーポラス1階 営業時間:18:00~翌3:30(ラストオーダー翌3:00) ■定休日:不定休
ちょっと足を伸ばして郊外へ行ってみませんか?「マリンワールド海の中道」は、福岡県民ならみんなが知っている水族館で、家族連れやデートスポットとして人気があります。2017年4月にリニューアルオープンし、さらに魅力のある施設になりました。大人も楽しめる夜の水族館も注目です。

アクセス方法をご紹介

車では、都市高速の香椎浜ランプから約15分、九州自動車道の古賀インターからですと35分ほどで到着します。JR鹿児島線を利用する場合は、鹿児島線香椎駅からJR香椎線JR海ノ中道駅で下車徒歩5分です。また福岡中央郵便局前の乗り場から直通のバスが出ています。土日には臨時のバスも出ますので便利です。

大水槽の迫力に感動!

福岡周辺や九州の海をテーマに様々な生き物を見ることができます。見どころは、水深7mの九州南部の温暖な海を再現した外洋大水槽で、透明なシースルーエレベーターで海の中へ入って行く感覚が味わえ、その先には日本初公開のシロワニがいてびっくり!ここでしか味わえない体験ができます。水深によって魚の種類も変化し、楽しみ方も違ってきます

イベントが目白押し!

海と一体になったようなショープールで行われる、アシカやイルカのショーは見逃せませんね。一日に数回行われていますのでぜひ素晴らしいパフォーマンスを見ましょう。また大水槽では優雅に泳ぐ魚たちにダイバーがカメラを向け、至近距離で映し出される映像を楽しんだり、マイワシの大群泳にダイバーが餌付けする様子が見られたり、期間限定のイベントなど楽しいイベントが次々に行われるのでチェックしておきましょう。

イルカを眺めながら食事やスイーツが楽しめるカフェレストラン

1階にある「restaurant Reilly」では、優雅に泳ぐイルカを眺めながら食事やカフェが楽しめます。かわいいスイーツも揃っていますよ。

昼とは違う神秘的な夜のすいぞくかん

ゴールデンウィークや夏の土日祝日に開園時間を延長して「夜のすいぞくかん」が開催されます。夜の生き物の様子を観察したり、幻想的なショープールで博多湾の夜景をバックにイルカたちがジャンプする様は必見です!夜のデートにもおすすめ!

施設情報

■住所:福岡市東区大字西戸崎18-28 ■電話番号:092-603-0400 ■営業時間:9:30~17:30(3月~11月)、10:00~17:00(12月~2月)、9:00~21:30(夏休み期間)ほかゴールデンウィーク、クリスマス期間の時間設定があります。
博多の鍋料理の1つ「水炊き」は、4大鶏鍋料理のひとつに挙げられています。博多「水炊き」は、鶏の旨みが濃縮されたスープに、まずネギなどの薬味を入れて飲み、その後鶏やミンチ、野菜などをポン酢で食べるスタイルで、締めは雑炊です。とてもヘルシーなので女性に人気があります。それではおすすめのお店をご紹介しましょう。

水だき 長野

美味しい水炊きを食べに行こうと思ったら、必ずその名前が出てくる福岡の名店「水たき 長野」。地元の常連客や県外から来る人でいつも賑わっているお店です。そんな格有名店ですが、お手頃な値段で頂くことができるのも人気の秘密です。
鶏ガラスープは旨みが凝縮されたコクがあり風味がいいということでスープにやみつきになる人も多いとか。鶏やミンチ、たっぷりの野菜を堪能し、最後はおじやで締めるまでずっとスープの旨みが楽しめます。
■住所:福岡県福岡市博多区対馬小路1-6 ■電話番号:092-281-0105 ■アクセス:福岡市営空港線中洲川端駅7番口徒歩8分 ■営業時間:12:00〜22:00

博多料理 銀河

博多の街並みを一望できる最高のロケーションで絶品の水炊きが味わえるお店「博多料理 銀河」。博多一番どりのみを使ったこだわりの水炊きは、歯ごたえのある食感で、まろやかで優しい味のスープと味わうことができます。ホテル内にあり、落ち着いた雰囲気で贅沢な水炊きはいかがでしょうか。
■住所:福岡県福岡市博多区築港本町2-1 ■電話番号:092-272-1485 ■アクセス:博多駅からバスで11分、地下鉄天神駅からバスで9分、車で都市高速 築港ランプから3分 ■営業時間:ランチ11:30〜14:00(ラストオーダー)ディナータイム17:00〜21:30(ラストオーダー)
博多のご当地グルメの代表格と言えば「もつ鍋」でしょう。濃厚スープとたっぷりの野菜、そしてプリプリのもつの旨みがたまらない逸品です。地元の人が通う、観光客にも人気のおすすめのもつ鍋店をご紹介しましょう。

やま中

博多では知らない人がいないほど、博多もつ鍋の名店として認知されるも老舗つ鍋のお店「やま中」。高級感があり、落ち着いた雰囲気で頂く大人のお店といった感じです。味噌、しょうゆ、しゃぶしゃぶの三つの味からスープを選択することができます。もつはプリプリで甘味があります絶品です。酢もつは臭みがないと合わせて注文するもつ鍋フアンも多いようです。本店と赤坂店があります。
■住所:福岡県福岡市南区向野2-2-12 ■電話番号:092-553-6915 ■アクセス:西鉄大牟田線大橋駅下車徒歩10分 ■営業時間:17:00~23:00 ■定休日:火曜日

もつ幸

醤油ベースや塩ベースのスープで味わうお店が多いのに対し、「もつ幸」は鶏ガラスープで煮た具材を自家製の酢醤油で頂くオリジナルのもつ鍋です。鍋の上に乗っているのは餃子の皮で、モチモチの食感がアクセントになって、一味違ったもつ鍋が楽しめます。〆のちゃんぽんにはたっぷりの胡麻が入り、口の中に香ばしい香りが広がります。
■住所:福岡県福岡市博多区綱場町7-14 ■アクセス:呉服町より徒歩2分 ■営業時間:17:00~24:00 ■定休日:日曜日

もつ鍋 楽天地

創業30年以上、福岡の黒毛和牛にこだわり、直送されて自社でさばいた新鮮な最高級生もつと、26年変わらぬ醤油ベースの秘伝スープ、山盛りの野菜からの旨味が出て絶品です。もつは新鮮ゆえに臭みがなくコリコリとした食感が癖になると評判です。
■住所:福岡県福岡市中央区天神1-10-14 ■電話番号:092-741-2746 ■アクセス:地下鉄天神駅から徒歩3分 ■営業時間:17:00~24:00
お酒を飲んだ後に〆に美味しいうどんが頂ける「うどん居酒屋」が博多発祥の居酒屋スタイルが人気です。美味しいうどんが多い博多の中でも特に注目のお店をご紹介しましょう。

二◯加屋長介

福岡のうどん居酒屋の中でも特に有名な「二〇加屋長介」(にわかやちょうすけ)。うどんを学んだ店主が作る酒好きのつぼを的確についた一品料理とお店の雰囲気が人気です。一品料理のおすすめは、雲仙ハムを使った「雲仙ハムカツ」、「鶏肝煮」は即完売してしまうほどの人気メニューです。濃厚な旨みのある鶏スープとコシのある太麺が特徴の「鶏スープあんかけうどん」、貝の旨みがたっぷりのスープ「貝汁うどん」、豊富な種類のメニューが揃っているので何を頼むか迷ってしまいます。
■住所:福岡県福岡市中央区薬院3-7-1 ■電話番号:092-526-6500 ■アクセス:地下鉄薬院大通駅から ■営業時間:月〜金16:00~0:00、土日祝日13:00~0:00 ■定休日:火曜日

唄う稲穂

うどん居酒屋の元祖「唄う稲穂」は、木を基調としたお洒落で落ち着けるお店です。居酒屋としての一品料理も充実しており、お酒がすすみます。そしてしめには定番の「かけうどん」は、優しい味わいのだしと、糸島産小麦を使用したコシのあるうどんがよく合います。変わったメニューの「ボンゴレうどん」は、あさりの旨みが凝縮されたイタリアンだしは、あっさりとした優しい味で、柔らかい麺がだしによく絡む新感覚のうどんです。
■住所:福岡県福岡市中央区薬院1-10-10 ■電話番号:092-716-4159 ■アクセス:地下鉄薬院大通駅から徒歩2分 ■営業時間:16:00~翌3:00 ■定休日:日曜日

ゆうのや

カウンター席もある1人でも入りやすいお店で、お酒のあてになる一品料理も充実しています。しめに頂くうどんのトッピングも多種あり、特にごぼう天はなかなかのボリュームがあります。カレー風味のスパイスはお酒とよく合います。ごぼう天をうどんの上にのせて「ごぼう天うどん」にして頂くのもおすすめです。
■住所:福岡県福岡市中央区荒戸1-4-21 ■TEL:092-725-7090 ■アクセス:地下鉄大濠公園駅からすぐ ■営業時間:月~金11:30~1日30食限定、月~土・祝]19:30~翌1:00 ■定休日:日曜日
博多に旅行したら何かしらのタイミングで辛子明太子を目にします。辛子明太子があればご飯が何杯でも食べられるという人も少なくないほど、辛子明太子を愛する人も多いようです。そこでせっかく博多に旅行したのですから、、思う存分色々なスタイルで辛子明太子を味わってみませんか。

福太郎 天神テルラ店/カフェ併設アンテナショップ

「味のめんたい福太郎」の製造会社が、明太子をもっと気軽に食べてほしいという願いから造られたカフェ併設のアンテナショップです。大通りに面して大きな窓があり、明るくお洒落な雰囲気、カウンター席もあるので1人でも入りやすいお店です。
おすすめの人気メニューは「福太郎のめんたいボウル」です。日替わりの小鉢料理、香の物、お味噌汁、生卵、ご飯、そして福太郎の明太子が食べ放題。数の子めんたい、松前風福鶴亀、甘えびめんたい、ごちそうめんたいなどのあえ物明太も食べ放題です。明太子も中辛、無着色など日替わりで登場します。明太子好きにはたまらない明太子三昧のメニューです。
■住所:福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-18天神テルラビル1階 ■電話番号:092-713-4441 ■アクセス:地下鉄天神南駅の近く。大丸福岡天神店からも徒歩1分 ■営業時間:9:30~20:00 カフェ11:30~19:00

元祖博多めんたい重

西中洲にある「元祖博多めんたい重」の看板メニューは、「めんたい重」です。有明産の海苔の上に、白板昆布にまかれた明太子がまるごと1本乗せられたいます。明太子の味を引き出す特製のかけだれも手伝って深い味わいの「めんたい重」です。また「めんたい煮こみつけ麺」「めんたい漬」などの自家製の明太子を使ったさまざまな明太子メニューがあります。
■住所:福岡県福岡市中央区西中洲6-15 ■電話番号:092-725-7220 ■アクセス:地下鉄中洲川端駅より徒歩5分 ■営業時間:7:00~22:30
辛子明太子の手作り体験ができるのは「博多はねや総本家」にある「辛子明太子道場」です。毎日9:00から17:00までの間に合計6回開催されているので、好きな時間に予約ができます。館内には辛子明太子を中心とした博多土産も多種揃い、いつも観光客で賑わう人気スポットです。

自分好みの辛子明太子を作る!

辛子明太子を作る食材や道具がテーブルに準備されており、それらを使って作っていきます。材料は塩漬け3日の後塩抜き3日を行ったたらこ、日本酒、白ワイン、泡盛、ブランデーの4種類のアルコールと、ビーカーに入った液体、唐辛子、それに輪ゴムやパックなどが並んでいます。
昆布と柚子の皮から風味を選び、唐辛子で辛さを調節していきます。続いて風味付けの漬け込むアルコールを日本酒、ブランデーなどから選びます。最後に味の決め手となる秘伝のたれを入れます。作成したものは持ち帰り5日間冷蔵庫で熟成させれば出来上がりです。旅行の思い出にオリジナルの辛子明太子を作ってみてはいかがでしょうか。辛子明太子の説明を聞くことができ、何より出来上がりがとても楽しみです。

施設情報

■住所:福岡県福岡市博多区月隈6-23-7 ■電話番号:092-576-9010 アクセス:博多駅から車で約15分 ■営業時間:売店10:00 〜 18:00 体験開催時間:9:00~、10:00~、14:00~、15:00~、16:00~、17:00~ 30分~40分
博多を旅行するときのモデルコースをご紹介しました。交通手段が整っているため観光しやすく、海が近いので素敵なスポットがたくさんあります。また博多には紹介した以外にも美味しいものがたくさんあります。今度のお休みには博多を訪れて、観光とグルメを思い切り楽しんでください。