T3ztgoly7dwjjvld9fqk

青森

CATEGORY | 青森

青森のデート・おすすめデート観光スポットを厳選してご紹介

2018.08.06

青森県は、青森市・弘前市・八戸市の三つの拠点都市が中心になっています。それぞれの地域で、特色ある個性豊かな観光スポットが沢山あるので、デートコースを選ぶのにも迷うほどです。そんな中から、ここでは人気のデート観光スポットを厳選して紹介します。

  1. 青森でデート・遊びの観光スポット①:【 AWFRO(青森市)】
  2. 青森でデート・遊びの観光スポット②:【 弘前公園(弘前市)】
  3. 青森でデート・遊びの観光スポット③:【 十和田湖(十和田市) 】
  4. 青森でデート・遊びの観光スポット④:【 盛美園(平川市) 】
  5. 青森でデート・遊びの観光スポット⑤:【 青池(西津軽郡) 】
  6. 最後に
引用: http://www.awfro.jp/wp-content/uploads/2016/12/IMG_5418-600x400.jpg
JR青森駅のすぐ横の海側には「青森のベイサイド」と呼ばれる「AWFRO」(青森ウォーターフロント)があります。ここでは、青森湾の浜風が心地よく、土産店やカフェなどがあり楽しく時を過ごすことが出来ます。すぐ近くにある「ねぶたの家ワ・ラッセ」には、ねぶた祭で使われた「大型ねぶた」が展示されています。駅裏の港に浮かぶ大きな黄色い船は昔懐かしい青函連絡船「八甲田丸」です。船内の見学も出来ます。どの季節でも楽しめる青森のデートスポットです。

「青森雪灯まつり」

引用: http://www.awfro.jp/wp-content/uploads/2017/01/IMG_5472-600x400.jpg
1月末(金〜日)には、多くの市民が制作したキャンドル(約3,000個)が夜のベイサイドを優しく照らします。

「八甲田丸イルミネーション」

引用: http://www.awfro.jp/wp-content/uploads/2016/12/DSC_0336.jpg
八甲田丸の船体に飾られた輝くイルミネーション(電球約25,000個)が、夜のベイエリアを彩ります。

詳細情報

AWFRO(アフロ):【住所】青森県青森市柳川1丁目4-1(青森観光コンベンション協会)【☎】017-723-7211(青森観光コンベンション協会)【アクセス】①JR青森駅から徒歩約3分 ②青森中央ICより車で15分
引用: https://i1.wp.com/naky8.com/wp-content/uploads/2018/02/79f82bd9da42d643684bd223523a6265_s.jpg?resize=640%2C480&ssl=1
弘前市の中心部に位置する「弘前公園」は全国的に有名な桜の名所です。約15万坪の広大な園内には、ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤエザクラなど52種・合計2600本もの桜の木があります。樹齢100年を越す300本のソメイヨシノの中には日本最古の木があります。お堀沿いの桜並木は散り際の桜吹雪と桜筏は特に美しいと評判です。重要文化財の弘前城天守はもちろん、三の丸追手門、二の丸南内門なども見逃せません。秋には紅葉まつり、冬は雪燈籠まつりなど季節に合わせた催しが行われ、年中人々を楽しませてくれる「弘前公園」は絶好のデートスポットです。

日本最古のソメイヨシノ

引用: http://taka-style.net/wp-content/uploads/2016/03/20160331_8942.jpg
旧二の丸の地点にあるソメイヨシノは、現存するソメイヨシノの中では日本最古のものとされています。1882年(明治15年)に、菊池楯衛(旧藩士)から寄贈されたものです。弘前公園の桜の管理技術は日本一と評価されています。

秋の紅葉も見逃せません!

引用: http://hana3939.com/wp-content/uploads/2014/04/PHOT0000000000014AF0_500_0.jpg

詳細情報

弘前公園:【住所】青森県弘前市下白銀町1-1 【アクセス】(青森駅から普通列車で約43分)①JR弘前駅前から徒歩約21分 ②駅前から土手町循環バス乗車15分、市役所前下車後徒歩約3分 ③弘前駅前弘前市観光案内所からサイクルネット観光用無料貸し自転車で約15分 【営業時間】7:00~21:00(夜間夜桜照明18:30~22:00)
引用: https://autos.goo.ne.jp/clipkit_uploads/item_getties/images/000/044/584/medium/a9dfbbb5-d878-40b9-bbe8-90c84adab504.jpg?1468333974
「十和田湖」は、十和田八幡平国立公園内にある湖です。約20万年前から始まった火山活動で生れた二重式のカルデラ湖です。藍色の湖面と周囲の山々の美しさは素晴らしく、四季を通じて多くの人々が訪れます。奥入瀬渓流とも繋がり、東北地方を代表する観光スポットです。湖を眺めながらゆっくりと湖畔で過ごすのもいいですが、遊覧船に乗ると豊かな自然を心ゆくまで満喫することが出来ます。遊覧船が奏でる波の音を聴きながら、十和田湖の風を思いっきり吸うと、忘れられないデートになるでしょう。

十和田湖遊覧船

遊覧船のコースはAコース、Bコースの二つあります。乗船料金は一般大人1,400円(グリーン室利用は別途500円) ※11月中旬~翌年4月中旬までは休業です。

詳細情報

「十和田湖冬物語」

引用: https://walttraveler.com/wp-content/uploads/2016/12/f2be32802662a79680e5b3fb10bb6f36.jpg
十和田湖は冬の厳しい寒さでも凍りません。「神秘の湖」と呼ばれるのはそのためです。例年2月に行われる「十和田湖冬物語」は、イルミネーション、花火、ライブ、グルメなどのイベントが行われます。東北最大の雪まつりです。冬の十和田湖でもデートが楽しめます。

詳細情報

十和田湖:【住所】青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486(十和田湖国立公園協会)【☎】0176-75-2425 【アクセス】①小坂ICから車で約30分 ②十和田ICから車で約45分
「盛美園」は青森県平川市にある"武学流"の日本庭園です。清藤盛美が、庭師小幡亭樹宗匠を招き、明治35年より9年の歳月をかけて完成させました。"武学流"とは、仏教文化と古神道文化を融合させた津軽地方独特の作庭様式です。昭和28年には国の名勝に指定されています。2010年公開のスタジオジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」の舞台モデルにもなりました。案内所には宮崎駿監督のサインがあります。庭園の美しさは例えようがなく、まるで京都の名高い庭園にいるようです。ゆっくり会話を楽しむには絶好のデートスポットです。

和洋折衷の「盛美館」

引用: https://greenkotu.com/wp-content/uploads/2017/02/TTD3103.jpg
「盛美館」は、明治42年、庭園を鑑賞するために建てられました。1階は和式(数寄屋造り)、2階は洋館(ルネッサンス調)の和洋折衷が違和感なく調和があって素敵な建物です。

美しい庭園を映像でお楽しみください!

売店と休憩所

引用: https://d340eiag32bpum.cloudfront.net/img/post/article/100/9918-bBZwbsRkfmE5VCuv2XtH_lrg.jpg
入り口横に休憩所があります。特製の駄菓子「清藤の庭こ」と抹茶がセットで430円で食べられます。デートには欠かせないスポットです。ありがたい!

詳細情報

盛美園:【住所】青森県平川市猿賀石林1【☎】0172-57-2020 【アクセス】弘前駅から車で約15分 【開園時間】●4月10日~9月末:9:00~17:00 ●10月~11月20日:9:00~16:30 ●11月21日~4月9日:10:00~15:00 ※休園日:12月29日~1月3日
引用: http://blog-imgs-114.fc2.com/a/c/l/aclub201207/201708201820317c4.jpg
白神山地のブナ林に囲まれた33の湖沼群が「十二湖」です。崩山から眺めると12の湖沼にしか見えなかったのが、その名の由来です。そのなかの一つ「青池」の湖面は、まるで青いインクを流したような鮮やかな青色をしています。なぜ青く見えるのかはまだ解っていません。散策コースが利用できる春から秋にかけては多くの観光客が青池を見に訪れます。コバルトブルーを背景に撮す写真は思い出の一枚になるでしょう。青森でのデートコースにおすすめのスポットです。

途中の池は普通の色です!

引用: http://blog-imgs-114.fc2.com/a/c/l/aclub201207/20170820182026e43.jpg

「青池」は本当に「青い」です!

引用: http://www.town.fukaura.lg.jp/lake12hp/photo/aoike.JPG

詳細情報

青池:【住所】青森県西津軽郡深浦町大字松神 【☎】0173-74-2111(深浦町役場観光課) 【アクセス】●交通機関利用の場合(JR五能線十二湖駅から弘南バス奥十二湖行、バス停奥十二湖より徒歩約10分)青森駅から約3時間半●車利用の場合、青森市内から約3時間  ※11月~翌年5月までは積雪の為通行困難
以上、「青森のデート・おすすめデート観光スポット」を厳選してご紹介しました。如何だったでしょうか?青森は本州の北の端で、厳しい自然もありますが美しい自然にも恵まれています。ここで紹介した幾つかのスポットを参考にして、豊かな自然と触れ合いながら素敵なデートを楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.hirosakipark.jp/images/%E5%BC%98%E5%89%8D%E5%9F%8E-395x299.jpg