Vbufn8ibq5mblgmrietv

群馬

CATEGORY | 群馬

草津温泉の観光スポット・冬に行きたいおすすめスポット&グルメ

2018.07.19

群馬県にある草津温泉は、日本三名泉の一つに数えられている人気の観光地です。有名な観光スポットも多く、体の芯から温まる温泉と美味しいグルメが楽しめる草津温泉は冬の旅行先にぴったり!ここでは、冬に行きたい草津温泉のおすすめ観光スポットとグルメを紹介します。

  1. 草津温泉の冬のおすすめ観光スポット①: 湯畑
  2. 草津温泉の冬のおすすめ観光スポット②: 湯畑草菴 足湯カフェ
  3. 草津温泉の冬のおすすめ観光スポット③: 西の河原通り
  4. 草津温泉の冬のおすすめ観光スポット④: 熱乃湯
  5. 草津温泉のおすすめグルメ
  6. 草津温泉のおすすめ観光スポット まとめ
草津といえば湯畑、と言われるほど有名なシンボルマークとなっている湯畑。湯畑は、日本一の自然湧出量を誇る草津温泉の源泉地で、その湧出量は毎分32000リットル以上、1日にドラム缶約23万本ほどにもなります。湯畑からもくもくと立ちのぼる湯けむりはまさに圧巻の光景です。
湯畑は、お昼に訪れるのも良いですが、夜にはライトアップされさらに綺麗な光景を眺めることができます。幻想的なライトが湯けむりと合わさった様子は感動的な美しさです。ライトアップは日没後から夜中の1時頃まで見ることができます。
「湯畑草庵」は湯畑の前にある旅館で、創業200年の宿を2012年にリニューアルした、和モダンな雰囲気がおしゃれな旅館です。こちらの1階には、宿泊していなくても利用できる足湯カフェがあり、観光客に人気のスポットになっています。
カフェメニューには、コーヒーや紅茶の他、ビールやワインなどのお酒もあります。また食事メニューやソフトクリーム、パンケーキなどのデザートも頂けます。温かい足湯に浸かりながら冷たいドリンクやソフトクリームを味わうのもまた格別です。店内は足湯コーナーの他にテーブル席もありますので、足湯の後はテーブル席でゆっくりお茶をする事もできます。
温泉街の湯畑から続く「西の河原通り」には、たくさんの飲食店やお土産屋が軒を連ねており、食べ歩きや買い物を楽しむことができます。温泉街らしい情緒あふれる通りで、歩いているだけでも楽しめるスポットです。温泉饅頭や温泉卵など、草津温泉でしか味わえない絶品グルメを堪能できます。
「熱乃湯」は、草津名物の湯もみと踊りのショーが楽しめる観光浴場です。こちらも草津を代表する観光スポットとなっています。さらにこちらのショーは参加体験型のショーでもあり、観客の人達も先着で湯もみを体験する事ができます。お子様連れやカップルで行っても楽しめるぜひ訪れたいスポットです。ショーは毎日行われていますが、常に満席で行列ができますので、早めにチケットの購入をされる事をおすすめします。
「湯もみ」とは… 草津温泉の源泉は熱く、50℃近いものがほとんどで、そのまま入浴することはとてもできません。しかし温度を下げるために水を入れたのでは、温泉の効能が薄れてしまいます。そこで、熱い源泉の中に六尺板を入れて湯をもみ、入浴できるまでの一定の温度に下げる「湯もみ」が考え出されました。また、「湯もみ」をすることにより、温度を下げるだけでなく、湯を柔らかくする効果や入浴前の準備運動にもなります。

熱乃湯の公式ホームページで湯もみについて紹介しています。

温泉旅行の楽しみといえば、温泉街での食べ歩きですよね。草津温泉にも人気の温泉グルメスポットがたくさんあります。草津温泉ならではの絶品グルメを、ブラブラ散策しながら頂くのもまた旅の醍醐味です。

「松むら饅頭」の茶まんじゅう

「松むら饅頭」は、草津で一番おいしいと言われる温泉饅頭の専門店です。西の河原通りにあり、一個からでも買えるので、こちらの饅頭を食べながら温泉街を散策するのもおすすめです。黒糖を使った薄皮に、ぎっしりと詰まった粒あんがおいしい茶まんじゅうは、何個でも食べられる美味しさです。

「頼朝」の温泉たまご

温泉グルメといえば温泉たまご。こちら「頼朝」の温泉たまごも、草津温泉に来たらぜひ食べたい一品です。お店は湯畑の目の前にあり、カップに温泉たまごを割りタレをかけて、その場で食べることができます。湯畑を見ながら食べるトロトロの温泉たまごはここでしか食べられない絶品グルメです。
草津温泉のおすすめ観光スポットとグルメを紹介しました。冬の草津温泉は厳しい寒さですが、それでこそ楽しめるスポットもたくさんあります。温泉で温まった後は、草津グルメの食べ歩きや名物スポットの観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlQyUakl45f/