Ne8diqyqrchpo3jttkip

イタリア

CATEGORY | イタリア

ミラノの空港を徹底解説!市内へのアクセスや免税店情報もまとめてご紹介

2018.07.16

今回はミラノの空港(マルペンサ空港)についての情報を中心にご案内します。空港から市内へのアクセスや、空港の免税店情報、イタリアの基本情報、ミラノの観光情報にいたるまでを、広く浅くご紹介します。ファッションとグルメの都、ミラノを身近に感じていただけたら幸いです。

  1. イタリアの基本情報
  2. 日本からイタリア・ミラノへの旅について
  3. ミラノ市街地←→ミラノ・マルペンサ空港間のアクセスについて
  4. イタリア・ミラノの観光名所について
  5. イタリア・ミラノのお土産について
  6. ミラノ空港へアクセスのよい周辺のホテル①『シェラトン ミラノ マルペンサ エアポート ホテル&コンファレンスセンター』
  7. ミラノ空港へアクセスのよい周辺のホテル②『ファースト ホテル マルペンサ 』
  8. ミラノ空港へアクセスのよい周辺のホテル③『クラウンプラザ ミラン マルペンサ エアポート』
  9. ミラノ空港の免税店・ショップ・レストラン①『ピアッツァ・デル・ルッソ』
  10. ミラノ空港の免税店・ショップ・レストラン②『フェラーリ・シャンパンバー』
  11. ミラノ空港の免税店・ショップ・レストラン③『DUFRY MAIN STORE・DUFRY LAST MINUTE」
  12. ミラノの旅まとめ
R9gbgenvhiilcxkrct0y
引用: https://www.flickr.com/photos/alessio8883/16405988835/
イタリアは、ロスティバル(lo Stivale)と称される長靴の形をした国で、世界第8位の経済大国。ギリシャ時代からすでに都市国家が成立しており、数々の遺跡が現存しています。また、ミラノでは年に二度、一流ブランドの新作発表会である「ミラノコレクション」が開かれ、世界中のおしゃれさんたちの熱い視線を浴びています。みなさん、ご存じのように、パスタやピザをはじめとするイタリア料理も、日本人の口によくあい、大人気ですね。
イタリアと日本の時差は夏時間では7時間。冬時間では8時間になり、日本の方が進んでいます。なお、2018年の夏時間は、3月25日(日)2時から、10月28日(日)3時まで。通貨はユーロで、1ユーロは(2018年7月現在)131円になります。日本とイタリアの物価はほぼ同じ。基本的に旅の服装も同じでいいでしょう。
Jmiloyy7u58pbclgewnd
引用: https://www.flickr.com/photos/ma20k44/7913577788/
Tvwwfm6mhtdlitg0leds
引用: https://www.flickr.com/photos/31221015@N08/6878787806/
成田とミラノ・マルペンサ空港間のアクセスについては、アリタリア航空の直行便が、夏期は毎日 冬期は週5便就航しています。約12~13時間のフライト。その他の地方からマルペンサ空港へのアクセスは、成田かその他の都市で乗り継ぐことになります。ミラノには、マルペンサ空港のほかに、「ミラノ・リナーテ空港(エンリコ・フォルラニーニ空港)」もありますが、こちらからはおもに近距離の国際線と国内線が就航しています。ミラノのふたつの空港は、高速バスと路線バスで結ばれています。今回は、日本からの旅行者がよく利用するマルペンサ空港についてご紹介します。
Vtqyxg9n7yapzdrkskaf
引用: https://www.flickr.com/photos/quirrow/36650363860/
ミラノ・カドルナ駅およびミラノ中央駅からマルペンサ・エキスプレスという直通列車が出ている。他にはミラノ中央駅からシャトルバス(マルペンサ・シャトルとマルペンサ・バス・エクスプレス)が出ている。

空港・市内間のアクセスは簡単!

Y1poqglfpunwi07xsrty
引用: https://www.flickr.com/photos/dgmckelvey/9319744268/
ミラノ・マルペンサ空港と市内中心部のアクセス方法については、「マルペンサ・エキスプレス」、「シャトルバス」、タクシー、ホテルの送迎などがあります。まず、「マルペンサ・エキスプレス」は、ターミナル1の地下と、ミラノ中央駅、カドルナ駅、ポルタ・ガリバルディ駅の3つの駅をつないでいます。「シャトルバス」は到着ロビーを出てすぐの4番ゲートから出ています。3つの会社のバスが運行していて、市内までの料金は片道8ユーロからと安価。タクシーは定額制で95ユーロ。乗車前にドライバーに確認しましょう。ホテルの送迎については、予約制の場合がほとんどなので、宿泊ホテルまでお問い合わせください。※料金については、値上がりする可能性もありますので、ご容赦ください。

「ミラノマルペンサ空港( Milano Malpensa Airport )」詳細情報

「マルペンサ・エキスプレス」詳細情報

M2jt9uani4y6eaeroz0i
引用: https://www.flickr.com/photos/103841546@N08/11548217345/
Zjjzki58nv9m6dts0xtl
引用: https://www.flickr.com/photos/tttske__c/6256671013/
ルネッサンス時代の面影が今なお残る「花の都フィレンツェ」。ソフィアローレンの「ひまわり」や、恋愛小説の「冷静と情熱のあいだ」の舞台にもなりました。ミラノは首都ローマにつぐイタリア第二の都市。古くからファッションの都としても有名。有名な観光スポットとしては、一流ブランド街でもある「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」や「ドゥオーモ」(写真左右)、レオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」を所有する「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」、スカラ座、スフォルツァ城などがあります。
Vsy3tid9fygzjcxaw3aw
引用: https://www.flickr.com/photos/69439391@N05/6339565339/
ファッションの都として知られている「ミラノ」のお土産は、やはり一流ブランド品。ミラノに本店を構えるブランドは、「プラダ」、「ドルチェ&ガッバーナ」、「ジョルジオ・アルマーニ」、「エルメネジルド・ゼニア」など数多くあります。ショップは、モンテ・ナポレオーネ通り、スピガ通り、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアなどにあります。

「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」詳細情報

ばらまきのお土産にはスーパーマーケットを利用しよう!

Vkhpxsre7wrj9xincyuu
引用: https://www.flickr.com/photos/john3000/9326675011/
職場やご近所へのばらまきのお土産は、市内のスーパーマーケットがおすすめ。ミラノ中央駅の地下にある大型スーパー(Sapori & Dintorni Conad)が便利です。近くにはマルペンサ空港行のバス停もあり、最後のお買い物にもおすすめ。物価が高めなミラノ市内では、比較的安めのスーパーとなります。写真はキンダーサプライズ。チョコ型のたまごのなかに小さなおもちゃが入っています。日本では「チョコたまご」という名前で発売されていました。今はもう販売していませんので、お土産にいかがですか?

「Sapori & Dintorni Conad」詳細情報

Ctdi6bdzgugrt1dtkyj5
引用: https://www.flickr.com/photos/sangsara/7712087236/
Xvlpiugeshjtdf3oek4m
引用: https://www.flickr.com/photos/123564971@N07/13943147067/
「シェラトン ミラン マルペンサ エアポート ホテル & カンファレンス センター(Sheraton Milan Malpensa Airport Hotel & Conference Centre)」は、空港の第1ターミナル内にある4つ星ホテル。空港からはロビーまでは徒歩ですぐ。雨でも傘は不要。ミラノ市内までは空港地下から出ているマルペンサエクスプレスが便利。所要時間は約40分です。深夜や早朝のフライトにおすすめのホテル。

「シェラトン ミラノ マルペンサ エアポート ホテル&コンファレンスセンター(Sheraton Milan Malpensa Airport Hotel & Conference Centre)」詳細情報

Kigcobkt11oufnngrjqu
引用: https://www.flickr.com/photos/space_hotels/6162395780/
Adn22vwhc1puin5hyruh
引用: https://www.flickr.com/photos/space_hotels/6161860667/
「ファースト ホテル マルペンサ(First Hotel Malpensa)」は、マルペンサ空港からわずか4.4キロの場所にある4つ星ホテル。空港へのシャトルバスは片道3ユーロです。所要時間は約5分。ディナーのとれるイタリア料理のイーグルも好評です。周囲には湖もある静かなロケーション。

「ファースト ホテル マルペンサ(First Hotel Malpensa)」詳細情報

Vv3gmczd8igsbsz8vjsm
引用: https://www.flickr.com/photos/hotelcrowneplazamilancity/3479679268/i
Dhyxbpylbhs9lihoq1fl
引用: https://www.flickr.com/photos/giophotos/2510036247/
「クラウンプラザ ミラン マルペンサ エアポート(Milan - Malpensa Airport)」は、24時間営業のフィットネスクラブとサウナのあるホテル。マルペンサ空港との往復シャトルサービス(有料・片道4ユーロ)もあります。ミラノ市内中心部には車で45分です。公園と湖が近くにある静かなロケーションのホテルです。ビュッフェスタイルの朝食が無料。

「クラウンプラザ ミラン マルペンサ エアポート(Milan - Malpensa Airport)」詳細情報

Sgiywexgwlvfs5xxwoda
引用: https://www.flickr.com/photos/retail-food/14411161023/
Ff3aqk98qlq0v6r3jcd3
引用: https://www.flickr.com/photos/retail-food/14389951434/
2015年開催の万博にあわせてオープンしたのが、「ピアッツァ・デル・ルッソ(Piazza del Lusso)」。広大なショッピングゾーンに、「Armani(アルマーニ)」、「Gucci(グッチ)」、「Burberry(バーバリー)」などの一流ブランドの免税店が軒を連ね、その隣の「ピアッツァ・デル・ガスト(Piazza del Gusto)」には、「フルラ(Furla)」「スウォッチ(Swatch)」などのカジュアルブランドの免税店が並びます。ターミナル1には2万3000平方メートルのなかに、免税店(ブティック)80店舗と飲食店32店舗が入っています。空港には早めに到着し、めいっぱい楽しみたいですね。

「ピアッツァ・デル・ルッソ(PIAZZA DEL LUSSO)」詳細情報

Cpsokwmoeucdwdygn0ja
引用: https://www.flickr.com/photos/oliviero_godi/21730044603/
ボトルの装飾が華やかなシャンパンバー、「フェラーリ」。遠くから見てもキラキラし目をひきます。フード類も充実。グラスワインにはおつまみが付いている場合がありますので、ご確認ください。
P5efydtuffrqo3qrx5cv
引用: https://www.flickr.com/photos/retail-food/15979163976/
「DUFRY MAIN STORE・DUFRY LAST MINUTE」は、ワイン、酒類、お菓子、香水、化粧品などを販売する免税店、空港内にいくつもありますので、最後のお土産物探しに使えそう。ワイン、酒類は直行便を利用して帰国する人のみ購入可能です。経由地があると液体類として没収される可能性が高いのでご注意ください。

「ミラノマルペンサ」空港詳細情報

Hcpotwl8tfm3cgoljsqy
引用: https://www.flickr.com/photos/skrb/3962969736/
ミラノ・マルペンサ空港の情報と、周辺の情報をご紹介しました。世界的な観光地であり、ファッションとグルメの都でもあるミラノは、空港設備も充実。ミラノの旅の最後に、マルペンサ空港で素敵な思い出とお土産を日本に持ち帰ってくださいね。※掲載の情報は2018年7月現在のものとなります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/sandy_leidholdt/8216054942/