Admyr3vvwvjgwuuwxred

福井

CATEGORY | 福井

東尋坊のアクセス【福井】金沢や福井駅からのアクセスやおすすめ観光地

2018.07.30

今回の記事では年間120万人が訪れる福井で最も有名な観光名所の東尋坊への車や、バスでのアクセスをご紹介します。大迫力の日本海の断崖絶壁、大きな岩が柱状になったような特殊な地形は柱状節理と言われています。今回はそんな東尋坊へのアクセスについてまとめていきます。

  1. まずは、東尋坊について
  2. 東尋坊はどこにある?東尋坊へのアクセスは?
  3. 東尋坊アクセスの仕方①
  4. 東尋坊アクセスの仕方②
  5. 東尋坊アクセスの仕方③
  6. 東尋坊絶対行くべきおすすめ観光スポットアクセス①丸岡城
  7. 東尋坊絶対行くべきおすすめ観光スポットアクセス②雄島
  8. 東尋坊絶対行くべきおすすめ観光スポットアクセス③セントピアあわら
  9. 東尋坊絶対行くべきおすすめ観光スポットアクセス④東尋坊タワー
  10. 東尋坊絶対行くべきおすすめ観光スポットアクセス まとめ
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/18/081101_Tojinbo_Sakai_Fukui_pref_Japan02bs10.jpg/1200px-081101_Tojinbo_Sakai_Fukui_pref_Japan02bs10.jpg
大迫力の日本海の断崖絶壁がある東尋坊はサスペンス映画、ドラマ等の殺人現場としても有名です。およそ、1300万年前にマグマが冷えて形成されたといわれています。岩全体が柱状になったような特殊な地形は「柱状節理」といわれます。その中でも、東尋坊の「輝石安山岩の柱状節理」は世界で三か所しかないといわれています。ちなみに、残り二つは、スカンディナビア半島と、朝鮮半島にあるそうです。興味のある方はぜひどうぞ。
引用: https://www.fuku-e.com/files/spot/2012/10/picture1sel_4lqvm3nvkuvtoluc036tjvqfa5_20121001132414.jpg
地名の東尋坊という地名の由来には、平安時代に実在したといわれている、お坊さんの名前であるといわれています。「僧侶の東尋坊はとても乱暴者で周囲のものに迷惑ばかりかけていたそうです。そしてある時、あや姫という美しい女性を巡ってのライバルであった真柄覚念という僧侶にこの地へ呼び出されました。お酒にひどく酔っていたところを崖の上から突き落とされてしまいました。」という話があります。そして、この日からおおよそ49日間海が大荒れになり死んだ僧侶である東尋坊の呪いと思い込み、当時の人々はこの地を東尋坊と名づけ呼ぶようになったといわれています。
引用: https://tabippo.net/wp-content/uploads/pixta_13149899_S.jpg
引用: http://chinobouken.com/wp-content/uploads/2016/12/toujinbou42.jpg
福井県の人気観光スポットである東尋坊。そんな東尋坊は日本海の荒波に削られて長い年月の中で形成された断崖絶壁の岩壁が有名です。見るものを圧倒する迫力満点です。そんな東尋坊は福井県の福井駅と、石川県の金沢駅との間に位置しています。そのため金沢駅、福井駅からのアクセスがおすすめです。東尋坊へのアクセス方法はいくつか存在します。車、バス、JR等様々な手段があります。
引用: http://www.geocities.jp/cnkrs800/photo/ama/ama2/map1.gif
海沿いの散策路を散歩するも良し、遊覧船にまったり乗って断崖絶壁を見るのも良しです。そして、東尋坊タワーから海岸線をじっと眺めるのもとても美しいです。とても癒されます。
引用: http://fukuinavi.jp/wp-content/uploads/2012/03/map1.gif
引用: http://kanko-sakai.com/access/img/map-detail.png
JR金沢駅と、福井駅からの東尋坊への地図です。
引用: http://www.mikuni.org/070_feature/shinkansen/img/map.gif
JR金沢駅、福井駅より、東尋坊にアクセスするルートはとても限られています。あまり行き方は多くはない印象です。また、電車の最寄り駅は東尋坊のすぐ近くにはなく、東尋坊の近くまで行くには結局バスの利用が必須になります。
金沢駅、福井駅より、特急や、普通列車、バスを使うルートでアクセスすると、途中で通る美しい山々や、壮大な海の風景を楽しむことができます。しかし、時間に少しでも余裕のある方は、より運賃が安く、時間もさほどかからない普通列車の利用をおすすめします。
①JR金沢駅より(出発地)
②JR北陸本線「福井駅」行き
③普通列車の場合は、乗車時間は約50分になります。運賃は970円です。
④芦原温泉駅で(下車)し、乗り換え後、徒歩5分ほどで、京福バスの芦原温泉駅東尋坊線、「三国観光ホテル前」行です。
ここでのバスでの乗車時間は45分ほどです。運賃は750円になります。
東尋坊バス停を(下車)後、徒歩5分ほどで東尋坊(目的地)に到着します。
合計運賃は、1,720円(JR北陸本線利用の場合) になります。
総移動時間は、1時間30分(JR北陸本線利用の場合) になります。
①JR金沢駅より(出発地)
②JR特急しらさぎ号「米原」行または、「名古屋」行 
③特急の場合、乗車時間は約37分になります。運賃は2,150円です。
④芦原温泉駅で(下車)し、乗り換え後、徒歩5分ほどで、京福バスの芦原温泉駅東尋坊線、「三国観光ホテル前」行です。
ここでのバスでの乗車時間は45分ほどです。運賃は750円になります。
東尋坊バス停を(下車)後、徒歩5分ほどで東尋坊(目的地)に到着します。
合計運賃は、2,900円(JR特急利用の場合) になります。
総移動時間は、1時間17分(JR特急利用の場合) になります。

①丸岡城

天正4年(1576年)に築城された丸岡城は、現在までで現存する天守閣の中では最古の建築様式を持つ城です。我が国の重要文化財にも指定されています。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d1/Maruoka_Castle_20100529-01.jpg/1200px-Maruoka_Castle_20100529-01.jpg
過去には、織田信長の命令により、柴田勝家が甥の勝豊に築かせたといわれています。約6,000枚の瓦はすべて石でできていて、屋根全体で120トンもの重さになります。
引用: https://japan-web-magazine.com/japanese/castle/fukui/maruoka-castle/images/02.jpg
城の天守閣からは、東西南北の壮大な景色を見渡せます。天気の良い日には日本海、三国の海岸まで見えます。城の周りには約400本ものソメイヨシノが植えられています。春は花見スポットとしても数多くの観光客、地元の人で賑わいます。
引用: http://kanko-sakai.com/files/2017/3/mpicturesel_l9auog8t1ehdlfm9epnpsvma54_20170306171948.jpg
住所:福井県坂井市丸岡町霞町1-59
アクセス:北陸自動車道丸岡ICから車で約5分
営業時間:8:30〜17:00(最終入場は16:30迄)

②雄島

東尋坊より車で5分ほどのところにあり、赤い橋を渡った先にあるのが「雄島」です。
引用: http://fukuinavi.jp/wp-content/uploads/2012/03/a11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91f24.jpg
「雄島」は1200万年前に噴出したといわれている輝石安山岩の岩石島です。雄島全体が自然豊かな散策路として地元の人、観光客に親しまれています。
引用: https://cdn.jalan.jp/jalan/img/7/kuchikomi/1977/KL/7d924_0001977553_1.JPG
島の奥の方には、大湊神社がたたずんでおり、毎年4月20日には地元の地区住民による大湊神社の例祭が行われており、例年多くの人でにぎわいます。
引用: https://dearfukui.jp/wp-content/uploads/2016/11/IMG_1007-e1495890826388.jpg
住所:福井県坂井市三国町安島
アクセス:北陸自動車道金津ICから車で約15分

③セントピアあわら

セントピアあわらは、芦原温泉110年記念に建てられた温泉施設です。
引用: http://econavi.eic.or.jp/img/ecorepo/go/004/008_04.jpg
大きな露天風呂がある天の湯と、個性的な釜風呂や寝湯のある地の湯を楽しむことができます。
引用: http://toshichan.be.fukui-nct.ac.jp/okumura/fukuinoonsen/onsensyokai/sikibu/chinoyu.jpg
釜風呂は適度に乾燥した熱気風呂です。カラダの新陳代謝を促してくれます。毎週、男女週替わりで2つの個性的な温泉を堪能することができます。
引用: https://www.fuku-e.com/files/spot/2013/5/picture3sel_q5g1bv05ekd9et1l9rhu86osp2_20130522113459.jpg
住所:福井県あわら市温泉4-305
アクセス:JR芦原温泉駅より、京福バス東尋坊行きで20分、セントピアあわらバス停下車、徒歩すぐです。
営業時間:10:00〜22:00

④東尋坊タワー

福井駅からもほど近く、東尋坊周辺の観光スポットである東尋坊タワー。昭和のレトロな懐かしさを感じることができます。360度の大パノラマを楽しむことができるレトロなイメージのタワーです。地元の人たち、観光客から親しまれています。
引用: https://cdn.jalan.jp/jalan/img/8/kuchikomi/1418/KL/dffdd_0001418794_1.JPG
高さは55メートル、海面からは110メートルの展望台です。東尋坊は隠れてしまい見る事は出来ません。しかし、遠くの方に、神秘の島で有名な雄島や、越前岬、また運良く晴れた日には白山連峰や、能登半島まで一望することができます。
引用: https://svcstrg2.navitime.jp/imgfile/02301_2500607_02.jpg
そして、「縁結びタワー」としても有名です。展望台の中にある「布袋様」の頭を2人で撫でると幸せになれるという言い伝えがあります。遠く限りなく、海が見え、とても癒される空間です。
引用: http://fukuinavi.jp/wp-content/uploads/2012/03/4e07bb82ac9470f75c851b4964d9ce91.jpg
住所 : 福井県坂井市三国町東尋坊
アクセス:山中、山代、片山津より車で50分程度
営業時間:9:00~17:00
今回は、アクセス方法と、ぜひ立ち寄りたいおすすめ観光スポットについてご紹介しました。
日本屈指の有数の絶景ポイントである「東尋坊」。そして、その近くの周りには、大人から子供まで存分に楽しむことができるポイントであふれている施設でいっぱいです。今まさに観光産業においてノリに乗っている、北陸地方、福井。この機会にぜひ立ち寄って行ってみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.toujinbou-yuransen.jp/050_access/img/accessmap.png