J4ir3tq7vfmnsyvxrlip

タイ

CATEGORY | タイ

安い時期、教えて!堅く旅するタイ旅行/人気急上昇中のタイ旅行安い時期・節約ポイントを教えちゃいます!

2018.03.06

微笑みの国・タイ!節約しながらも、思う存分に楽しみたいタイ旅行!安い時期に旅行にいって、節約しながらも、ショッピングにタイ料理に、観光スポット巡りに!バンコク以外も行きたいですよね~!そこでタイ旅行を満喫するために、節約のポイントをお伝えします。

  1. タイ旅行・節約は航空券!?
  2. タイ旅行・節約は宿泊施設!?
  3. タイ旅行・節約 安い時期はいつ!?
  4. タイ旅行・節約は食事!?
  5. タイ旅行・節約は交通費!?
  6. タイ旅行・節約 通信費は!?
  7. タイ旅行・節約 日帰り観光スポット巡りは!?
  8. タイ・節約 観光スポット巡り!
  9. タイ旅行・節約 買い物にお土産は!?
  10. タイ旅行・節約のまとめ
Qv8jvy1psnpvnzbevbh7
引用: pixaba
海外旅行の旅費を締めるのは、航空券と宿泊施設です。航空券をお値打ちに購入することでかなりの金額が変わります!お値打ちに乗ることが出来るLCCと呼ばれる「格安航空会社」もあります。では、航空券について詳しくみていきましょう。

節約・航空券はLCC !?

LCC(格安航空会社)は、節約にはおすすめです。格安チケットなだけあって、座席も普通の飛行機と比べると狭く、また機内食サービスは”有料”になります。日本からバンコクへは直行便で約6時間。”移動手段”と割り切ってお値打ち行きたい人にはおすすめです。旅行するシーズンにもよりますが、LCCを使用するなら「往復航空券は3万円」となります。

節約・LCCのデメリットとは!?

お値打ちなLCCですが、デメリットとしては、飲み物やブランケットも有料になり、機内持ち込みや預入れ荷物の重量制限が少なく少しでも重量オーバーすると、別途お金がかかる場合があります。

節約・航空券は早割!?

日本からタイ・バンコク国際空港までは、ANAやJALまたは、タイ国際航空が直行便であります。相場は5万円前後だとかなりお値打ちだと思います。飛行機のチケットは”早割”や航空会社の”セールの時期”や、ゴールデンウイーク明けやお盆休み明けなど、航空券が下がる時期を狙って買うと少しでも安く購入することが出来ます。さらに”曜日”によって多少の金額の差も出てきますので、よく調べるのをおすすめします。

節約・乗り継ぎ飛行機!?

LCCでは行きたくないけど、通常の航空会社よりお値打ちに行きたい方は、乗り継ぎの飛行機で行くと、節約は出来ます。チャイナエアラインやキャセイパシフィック航空などがあります。乗り継ぎですと、時間と体力が必要になりますが…
Lqrs7i1ofu5ckg0jacth
引用: pixaba
タイ旅行で節約をするなら、航空券の次に「宿泊施設」です。タイには、4つのタイプの宿泊施設に分かれます。「高級ホテル」に「中級ホテル」に「エコノミーホテル」さらには「ゲストハウスやドミトリー」です。一番節約出来るのは、ゲストハウスやドミトリーになりますが、プライバシーはありません。寝れるならどこでもいい!という方は、ゲストハウスやドミトリーで節約するのが1番です。

節約・高級ホテルや中級ホテルは!?

タイの高級・中級ホテルは、コストパフォーマンスが良いです。金額的にも中級ホテルでしたら、朝食付き、プール付きなどで、5,000円前後になります。外資系の高級ホテルは、3万円とかはしますがサービスは一流ですよね。中級ホテルですと、セキュリティーもしっかりしていて、Wi-Fi環境も整っています。

節約・エコノミーホテルは!?

タイのエコノミーホテルですと、相場は3,000円前後になります。安全面やプライバシーを考えて宿泊施設選びをするのなら、エコノミーホテルをおすすめします。中級ホテルに比べて節約できますし、エコノミーホテルでもプールつきや朝食付きのプランなどあります。エアコンがあるのも魅力の一つです。暑いタイですからね。

宿泊先・カオサンロード

ゲストハウスやドミトリーですと、かなり節約になります。バックパッカーの聖地「カオサン」ですとゲストハウスやドミトリーが数多くあり、1,000円以下で宿泊することが出来ますが、プライバシーはありません。けれど、外国の方と知り合えるために、楽しいですよね。
Znpvmvabhhmih7btaukm
引用: pixaba
タイ旅行、せっかく行くのなら安い時期に、行きたいですよね!少しでも旅費が安いと、少しいいホテルに泊まれたり、ちょっといいレストランへ行けたり余裕が出ますよね〜。

タイ旅行・安い時期はいつ!?

ゴールデンウィーク前の4月とゴールデンウィークが終わる5月上旬です。また、夏休みを除く6月〜10月です。安い時期には3万円~行けるお値打ちなのがあります。

タイ旅行・安い時期の気候は!?

年間を通して35度前後の常夏の国ですが、雨季と乾季に分かれます。6月~10月は雨期の時期になるために、安い時期になるのです。毎日スコールですよね。そして降水量が多い時期です。さらに、4月・5月は一番暑い時期になり40度を超える猛暑日が多いのです。
Wcnhndkb2oyv6uxn3fnb
引用: pixaba
食事は、1日3回におやつだったり、飲み物だったりと、細かい出費が重なります。されどタイ!日本よりははるかに安く美味しく食事が出来ます。”旅行だから美味しいものを食べたい!”という人も多いですよね。どこで節約するかは個人個人の差がありますが、食事で節約するなら迷わず「地元のタイの人がいく屋台やレストラン」ですとかなり節約は出来ます。

ごはんはレストランにて!?

地元のタイのローカルレストランから、中級レストランでは倍くらいの差が出ます。地元のタイの人も行くようなローカルなレストランなら、500円前後で夜ご飯が食べれます。中級レストランですと倍の1,000円以上になります。”少しでもきれいなところ”で食べたい人は、中級レストランをおすすめします。

ごはんは屋台にて!?

Tu3oyf40ikcs5pujwguw
引用: pixaba
1番タイぽい、安く食べれるのがタイの屋台です。100円~食べれます。衛生的に気になるようでしたら、しっかりと火が通っている食べ物を選んだりしましょう。毎日、屋台ではお腹をこわすかもしれないです。屋台と地元ローカルなレストランも節約できおすすめします。
Rmomcf7d13s4plqjgxhv
引用: pixaba
タイでの交通手段は、タクシー・トゥクトゥク・バス・電車(BTC)・地下鉄(メトロ)などがあります。朝や夕方の通勤ラッシュにはタクシーのメーターはどんどん上がってしまうため、BTCを利用したほうが節約できます。

交通費・BTC利用!?

BTCスカイトレイン(Bangkok MassTransit Public Company Limited)は、高架鉄道になり、サイアム、スクンビット通り、シーロム通りなどを運行するため観光客、地元のタイの人の交通手段となっています。お得なプリペイドカードを購入すると節約できます。1日乗り放題パスは140バーツです。チャージ式のラビットカード、日本でいうSuicaですね。短期旅行者でしたらラビットカード、便利ではないでしょうか。

交通費・バス利用!?

ローカルバスが1番節約は出来ます。13バーツから乗れます。バスの時間帯は遅れたり、降りたい場所がわからないとか不便な点はありますが、節約したいのなら、ローカルバス利用しましょう。

交通費・タクシー利用!?

タイのタクシーは初乗り運賃が35バーツですので、日本円にしたら110円ほどと安いです。タクシーの運転手が「メーター」を必ずつけてくれ、何人かで乗り合せるとお値打ちになる場合もあります。深夜はメーターを使ってくれなかったり、値段交渉を最初にしてくる運転手など、騙されたりするため注意が必要です。

交通費・トゥクトゥク利用!?

タイにきたらトゥクトゥクには乗ってみたいですよね。でも面倒なのが”値段交渉”や高い金額を吹っ掛けてきたりするため、割高になります。トゥクトゥク利用するのなら、タクシーのほうが節約は出来ます。
1タイバーツ 3.39円

Ywxei9wlbynkhnusftwf
引用: pixaba
海外旅行に、インターネットの環境は大切です。基本的にホテルではWi-Fi環境があります。レストランかカフェのWi-Fiを利用するのをおすすめします。

通信費・SIMカードを購入!?

SIMフリーのスマートフォンを持っている方は、バンコクにて「安いSIMカード」を購入するのも一つの通信手段です。また、日本の空港にて「Wi-Fiをレンタル」することもできます。インターネット環境はあると、調べたり連絡を取ったりでき、とても便利なためWi-Fiをレンタルするのも一つの手段です。
O1s7moj3q4u4iy2ifqni
引用: pixaba
タイ・バンコクは見どころ満載の観光エリアがたくさんあります。日帰りで節約しながら、有名な観光地にも行けます。

タイ観光・アユタヤ

「世界遺産のアユタヤ」は、ぜひ行きたい観光スポットですよね。1番お値打ちにいけるのは、「電車」です。バンコクにある「ファランポーン駅」から「アユタヤ駅」まで、1時間30分の旅で、料金はなんと"15バーツ(約45円)なのです。

タイ観光・水上マーケット

タイの観光は、水上マーケットも有名です。「ダンヌンサドゥアック水上マーケット」が1番の人気です。タイの伝統文化になります。一度は味わってみたいですよね。バンコクから車で1時間30分かかる場所にあります。水上ボートに乗る金額など考えて、タイからツアーに参加するのがお値打ちに行けます。バンコクのカオサンにはたくさんのツアー会社があるため、お値打ちなツアーを見つけると、300バーツ前後のツアーがありますよ!
Wulgblj82q6lubavbere
引用: pixaba
タイには、魅力的な観光スポットが数多くあります。有名な寺院巡りが人気ですよね。

タイ・観光スポット・ワットポー

Oybueilpqku9oknhgb6o
引用: pixaba
タイ観光の人気はワットポーです。ノースリーブでは入れないために、スカーフやカーティガン持参でいきましょう。

タイ・観光スポット ワットアルン

ワットアルンへは、川を渡り階段を登りますが、絶景が待っています!
Odd6ec0gdgtbm7bl8yvp
引用: pixaba
ショッピングモールが充実しているタイのバンコク。デパートも多くあり買い物好きにはたまらないですね。個人のお店では必ず”値段交渉”をして購入しましょう。

タイ買い物はスーパーマーケットで!?

節約もできる、地元のタイの人スーパーマーケット!お土産は安く買いたいです。テスコロータス・マックスバリュー・トップスなど、お値打ちに買い物を楽しみましょう!

VATとは!?

同じ日に同じ店(デパートなど)で2,000バーツ以上超える買い物をした方は7%のVATの払い戻しが受けられます。デパートやショッピングモールで、VAT払い戻しカウンターがあるため利用しましょう。
タイ旅行の節約いかがでしたか。個人個人、節約したいポイントは違いますよね。わたしはタイ旅行最後の日は、高級ホテルに泊まり、他の日はエコノミーホテルでした。みなさんはどこを節約しますか。タイ旅行へ行くと決めてから、日々の生活も少しづづ節約ですよね。ここから、旅の楽しみが始まります!どうぞ素敵なタイ旅行をしてくださいね〜〜!