Sjnmq8adystkorymdlzl

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

サンディエゴ空港を快適に利用する方法!詳細情報まとめ【2019】

2019.04.18

アメリカ西海岸に位置し、温暖な天候と治安の良さで人気上昇中のサンディエゴ。そんなサンディエゴの玄関口サンディエゴ空港についてご紹介します。市内から空港までのアクセスや、空港内で人気のラウンジやショップなど、空港内での過ごし方の参考にしてください。

  1. サンディエゴってどんなとこ?
  2. サンディエゴ市内から空港へのアクセス① エアポートシャトル
  3. サンディエゴ市内から空港へのアクセス② タクシー
  4. サンディエゴ市内から空港へのアクセス③ メトロバス
  5. サンディエゴ市内から空港へのアクセス④ 空港送迎オプショナルツアー
  6. サンディエゴ市内から空港へのアクセス⑤ ホテルの無料送迎
  7. サンディエゴ空港のおすすめショップ① STONE BREWING CO.
  8. サンディエゴ空港のおすすめショップ② Phil's BBQ
  9. サンディエゴ空港のおすすめショップ② Gaslamp MarketPlace(ガスランプ・マーケットプレイス)
  10. サンディエゴ空港のおすすめショップ③ M·A·C Cosmetics(マック・コスメティックス)
  11. サンディエゴ空港のおすすめショップ④ CNBC News San Diego(CNBCニュース・サンディエゴ)
  12. サンディエゴ空港のおすすめショップ⑤ Starbucks(スターバックス)
  13. まとめ
アメリカ・カリフォルニア州の西海岸にあるサンディエゴは、ロスアンゼルスやサンフランシスコに次いで人気のある観光地です。世界最多の800種類の動物がいるサンディエゴ動物園や、空母ミッドウェイが公開されているミッドウェイ博物館など、魅力的な観光スポットがたくさんあります。
Vrc5bqx5skhr5szzwgkq
引用: https://www.instagram.com/p/BqbjWPdnGGH/
メキシコ国境に近く、街中にはスペイン統治時代の名残が残っているところもあります。 1年中温暖で雨が少なく、マリンスポーツやゴルフも盛んです。サンディエゴの治安はとてもいいので、観光客だけでなく留学先としても人気があります。
Dzecx6mh4isifgt1lxi7
引用: https://www.instagram.com/p/Bo8nGg6jxpI/
そんなサンディエゴの玄関口が、サンディエゴ国際空港です。サンディエゴ空港には、ターミナル1、ターミナル2がありますが、日本人がよく利用するのはターミナル2です。日本航空(JAL)が乗り入れていて、サンディエゴ内のJAL会員用ラウンジでは、日本人スタッフも常駐しています。
Jynain8si6zto3kwvyux
引用: https://www.instagram.com/p/Bm368bEnt7m/
会員ラウンジ内では、日本の新聞も置いてありますので、帰国前に日本のニュースを確認しておくこともできます。
エアポートシャトルは、サンディエゴ市内及び近郊の希望の場所まで乗せてくれる乗り合いのバンです。同乗者の行き先によっては、時間がかかる場合があります。また、料金も会社によって違うので、乗り場でスタッフに確認してください。基本的にダウンタウンまでUS10ドルからです。スーツケースも2個までなら無料でOKです。
エアポートシャトルの乗り場は、ターミナル2は到着ロビーを出て、歩道を渡った所にあるトランスポーテーション プラザ(Transportation Plaza)にあります。「グラウンド・トランスポーテーション(Ground Transportation)」と書かれた看板を目印にするとわかりやすいでしょう。
荷物が多くて、エアポートバスやメトロバスでの移動が大変な時は、タクシーが便利です。友達やファミリーで行ったときは、タクシーで行った方が、楽ちんでしかも割安になることもあります。 タクシー乗り場は、エアポートシャトルと同じ、グランドトランスポーテーションにあります。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/thumbnails/imk/tips_pict/15/12/99/650x450_15129910.jpg
サンディエゴタクシーは初乗りがUS2.80ドルで、空港から乗った時には最後に2ドル加算されます。空港からサンディエゴ市内までの所要時間は約15分で、料金はUS15ドル~20ドルです。
タクシーを利用した場合は、支払い時にチップを渡さなければいけません。目安は運賃の15~20%なので、US3ドル~5ドル程度上乗せして払いましょう。
サンディエゴの路線バスMetropolitan Transit Systemメトロポリタントランジットシステム(MTS)が運行する路線バス、通称フライヤーでダウンタウンに行くこともできます。
引用: http://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/tips/pict/src/151/298/src_15129890.jpg
サンディエゴ空港からは「992番」に乗り、ダウンタウンのサンタフェ・デポ(Santa Fe Depot)まで行き、そこからはトロリーと呼ばれる路面電車で移動することもできます。
メトロバスの乗り場は、ターミナル到着ロビーを出たところにあります。空港からダウンタウンまで、片道US2.25ドルです。午前5時から午後11時まで運行していて、平日なら約15分間隔、週末と祝祭日は約30分間隔で運行しているので、大変便利です。
サンディエゴ空港からダウンタウンまでの空港送迎を、日本から予約することができます。現地の公共交通やタクシーを使うのに不安がある時は、空港送迎のオプショナルツアーを予約するのもおすすめです。
引用: https://activities.his-j.com/images/tour/SAN0036/Tr00100420180915063011757.jpg
特に、午前中に空港に到着して、ホテルのチェックインまで少し時間がある時など、送迎のついでにちょっとした市内観光をすれば、時間を有効に使うことができますよ。
日本で予約していけば、先に日本円で支払いを済ませることができるので、現地で値段交渉などしなくていいので安心ですね。
サンディエゴの宿泊ホテルによっては、空港までの無料送迎を行っているところもあります。予約したホテルに、空港送迎サービスがあるかどうか確認して、もし送迎サービスがあれば、事前に到着予定の飛行機を連絡しておきましょう。
引用: https://t-ec.bstatic.com/images/hotel/max1024x768/171/171531979.jpg
引用: http://netafull.net/images-2015/stone-brewing-sandiego-1083.JPG
楽しいサンディエゴ観光も終わり、後は飛行機に乗るだけですが、その前に最後のサンディエゴを空港内で楽しみましょう。空港内のラウンジでゆっくり過ごすのもいいですが、せっかくなので、最後にサンディエゴの地ビールはいかがでしょうか?
STONE Brewing Co.(ストーン)は、サンディエゴで一番有名な地ビールです。ストーンはサンディエゴ市内にも店舗を持つ人気のレストランで、ロゴマークはGargoyle(ガーゴイル:醜い怪物)です。
サンディエゴの地ビールは、アルコール度数がちょっと高めで、苦みがありますが、それが癖になる美味しさです。ストーンでは、この地ビールに合う、スパイスが効いたフィッシュタコスなど、おつまみの種類も豊富です。
引用: http://netafull.net/images-2015/stone-brewing-sandiego-1102.JPG
場所:ターミナル2、西側2階、ゲート36 営業時間:6:00~22:00
Phil's BBQは、サンディエゴで一番人気のスペアリブのお店です。市内のお店は、1時間待ちはザラなのですが、空港では並ばずに食べることができます。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanetaka/20131212/20131212103218.jpg
通常、空港内のこのお店では、午前10時半まではブレックファーストメニューなので、スペアリブはありませんが、店員さんに頼めば、20分ほど待たないといけませんが、スペアリブを用意してくれます。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanetaka/20131212/20131212105051.jpg
市内でPhil's BBQのスペアリブを食べ損ねたら、ぜひ帰る前に空港店で食べてみてください。
場所:ターミナル2、西側2階、ゲート46 営業時間:5:00~22:30
Uwfpdvzkav2oa8rdh6j4
引用: http://www.san.org/Shop-Dine-Relax/Detail?Id=2&Source=Dining
サンディエゴのダウンタウンで一番賑やかなガスランプクォーターは、ビクトリア様式を意識したレンガの建物が多く、おしゃれなレストラン、カフェ、ラウンジ、ブティックなどが並んでいます。
引用: http://www.san.org/portals/_default/skins/sdairport/images/stores/glm-5.jpg
Gaslamp MarketPlaceは、ガスランプクォーターから名づけられたお土産物屋さんです。 店内で、サンディエゴ美術館、サンディエゴ動物園、シーワールドなど、サンディエゴの観光名所のお土産グッズを買うことができるショップです。
買い損ねたお土産があれば、ここに来れば大丈夫です。かわいいTシャツやウィンドブレーカーなどもありますので、最後にサンディエゴのお土産を探してみるのもいいでしょう。
Wlafba1yqgdhd6cavqbt
引用: http://www.san.org/shop-dine-relax/Detail?Id=40&Source=Shopping&Term=Terminal2
場所:ターミナル2、西側2階、ゲート46付近 営業時間:5:00~22:00
M·A·C Cosmeticsはトロントで誕生したコスメブランドです。豊かなカラーバリエーションや質感が特徴で、常に流行を生み出していく、ハイクオリティのメイク製品が大人気です。
引用: https://media.nbcsandiego.com/images/652*367/MAC-Generic.jpg
中でも、マット系レッド リップスティックは、当時人気急上昇中だったマドンナが撮影で使ったことで、話題になりました。
引用: http://www.san.org/portals/_default/skins/sdairport/images/stores/pallet.jpg
そんなM·A·C Cosmeticsのショップが、サンディエゴ空港の中にもありました。 リップスティック、アイシャドウ、チークなど、発色や肌のなじみやすさに定評があり、日本でも大手デパートに出店していて、ファンも多いブランドなので、流行に敏感なお友達へのお土産にもおすすめです。
日本にはないシリーズも置いているかもしれないので、一度チェックしてみましょう。
場所:ターミナル2、西側2階 セキュリティ前 営業時間:5:00~22:00
Khrkxvoq2i5uzhwzwoxq
引用: http://www.san.org/shop-dine-relax/Detail?Id=42&Source=Shopping&Term=Terminal2
CNBC News San Diegoは、サンディエゴ空港のターミナル2にあるコンビニエンスストアです。アメリカンなカラフルなチョコやキャンディー、スナックなどが揃っているので、バラまき用のお土産を探すのに最適なショップです。
また、サンディエゴのTシャツやマグカップ、マグネット、キーホルダーなどもありますので、買い忘れたお土産も見つけることができますよ。新聞や雑誌もありますので、時間があれば一度覗いてみてください。
引用: http://www.san.org/portals/_default/skins/sdairport/images/stores/cnbc-3.jpg
場所:ターミナル2、西側2階、ゲート35付近 営業時間:5:00~22:00
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201309/02/60/c0089360_0225568.jpg
ゆっくりとラウンジで過ごすのもいいですが、最後はスターバックスでコーヒーはいかがですか? スターバックスには、地域限定のタンブラーやマグカップがあるので、サンディエゴのマグカップをお土産にするのもおすすめです。
スターバックスのサンディエゴ限定マグカップには、サンディエゴのガスランプ地区、ダウンタウンの高層ビル、コロナドベイブリッジ、イルカなどが描かれています。 ご当地タンブラーの他にも、北米専用タンブラーなどがありますので、記念にひとついかがでしょうか?
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201309/02/60/c0089360_0224542.jpg
〇ターミナル1、1階、ゲート前 営業時間:5:00~22:00
〇ターミナル2ゲート、37付近 営業時間:4:00~22:00
〇ターミナル2ゲート、セキュリティ前 営業時間:5:00~22:00
サンディエゴ空港へのアクセスや、空港内でのおすすめラウンジ、ショップ、お土産屋さんをご紹介しましたが、気になるショップはありましたか?市内の店舗では待ち時間が必要なお店でも、空港内なら待たずに入れるお店もあります。
搭乗までの待ち時間、ラウンジでゆったり過ごすのもいいですし、最後のサンディエゴグッズを探しに行くのもおすすめです。サンディエゴ空港での過ごし方の参考にしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20160312063post-7142.html