A2dlqesvwcmkmj4xoydv

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

ハノイ観光・外さない観光スポットやローカルフード店までセレクト9

2018.07.26

ベトナムの首都であり今大注目の観光地でもあるハノイ。物価の安さはもちろん、フォーやベトナム風サンドイッチのバインミーなど豊富なグルメも魅力的です。今回はそんな大人気の観光地であるハノイの外さない観光スポットや、おすすめのローカルフード店などを紹介します!

  1. ①観光はまずココ「旧市街」(ハノイ36通り)
  2. ②ハノイで最もフォトジェニック「ハノイ大教会」
  3. ③ベトナム全土のグルメがハノイに集結!「クアン アン ゴン」(Quan An Ngon)
  4. ④ハノイ発!観光客にも人気「CONGCAPHE」
  5. ⑤ハノイの定番観光地「ホアンキエム湖」
  6. ⑥ハノイ観光でお買い物なら!「ナイトマーケット」
  7. ⑦ハノイで観光客に大人気のお店「バインミー 25」
  8. ⑧ハノイ観光の合間に「水上人形劇」
  9. ⑨観光の締めくくり!「フィヴィマート」
  10. −ハノイ観光はこれでバッチリ!−
ハノイ市街地の中心にあるホアンキエム湖の北部に広がるのが「旧市街」。近年では、ハノイ36通りという名前で親しまれており、古き良きベトナムの景観の中に、現代的なカフェやさまざまなお店が立ち並ぶハノイの人気観光スポットになっています。買い物、街歩き、ローカルフードの食べ歩き…。全てを楽しめるおすすめの観光地です。また、通りによって靴や服、布や雑貨など販売している物が異なるのも大きな特徴。異国情緒溢れる街並みで思う存分買い物を楽しむことができます。
この旧市街の魅力は、観光客だけでなく現地の人も利用して賑わっているということ。中には、オーマイというベトナム風の梅干しが立ち並ぶローカル感満載なお店だってあります。地元民にも愛される市場や屋台などで、おすすめのハノイ・ローカルグルメを探してみるのもいいかもしれませんね。
旧市街エリアの中にあるのが、「ハノイ大教会」。ハノイで最も大きいカトリック教会の一つで、かつてフランスの支配下に置かれていた際に建築された歴史的にも貴重な建造物となっています。現在ではハノイの代表的な観光スポットとして、日本人はもちろん世界中から観光客が訪れています。
パリのノートルダム寺院に似ているが、パリよりも古びて味がある。インスタ映えすると思います。周りにはたくさんのおしゃれな雑貨店やカフェもあるので、おすすめの場所です。

“素晴らしいステンドグラスと荘厳な雰囲気” 街の一角にありながら、荘厳なたたずまいを見せるハノイ教会。一歩中に入るとひんやりとした空気が、心地よい緊張感を与えてくれる。ハノイ観光はまずここから始めるべき。

教会内は、美しいステンドグラスが印象的。観光客の方も、時間帯によっては中に入れるそう。賑やかな旧市街のすぐ側で、厳かで神聖な空気を感じられるハノイ大教会もまたおすすめの観光スポットです。
ハノイに居ながらベトナム全土のローカルグルメを堪能できるのが、いつ訪れても混んでいる!と話題のレストラン「クアン アン ゴン 」です。2005年にオープンして以来、瞬く間に人気を博し今ではハノイに4店舗ほどお店を構えています。エントランスを抜けて中に入ると、広い中庭にはたくさんのテーブルが整列しており、その周りに屋台が並んでいます。普段は屋根がないオープンエアではありますが屋内にも席はあるため、雨天時も安心です。メニューはなんと200種類ほど。バインミーやホーチミンの名物バインセオ、おかゆやフォーなど多種多様なグルメをリーズナブルな価格で楽しむことができます。
多くのお客さんで賑わう店内。営業時間 6:30-22:30と、朝からやっているのも嬉しいポイントですね。また、メニューを見てもベトナム料理がわからない・想像がつかない!という方も大丈夫。屋台を覗いて気になる料理を見かけたら、近くにいる店員さんに指差しで伝えるだけで席まで運んできてくれる、旅の初心者さんにもおすすめのレストランになっています。
外は屋台風ですが屋内にはきちんとした席もあり、ゆっくりと食事もできます。混んでるので事前に予約した方が良いと思います。 料理の味付けは日本人にも合うものばかりでした。 男6人でかなり呑み食いしましたが、1人3000円弱位の値段でした。

「共産党時代のベトナム北部」をコンセプトにしたハノイ発祥の人気カフェ「CONGCAPHE」。地元の若者や多くの観光客などで賑わっています。趣きのある店内には、照明や小物に至るまで当時の雰囲気が再現されており、2階は隠れ家的な雰囲気で非日常感を味わうことができます。
このお店一番のおすすめは、ココナッツコーヒースムージー!(SINH TO COT DUA CA PHE)筆者も、ハノイに訪れた際に飲みましたが、コーヒー×ココナッツという日本ではなかなか考えられない異色の組み合わせではありますが、スッキリしていて飲みやすくとても美味しく頂くことができました。皆さんも、ハノイでしか味わえない究極のローカルグルメ、ココナッツスムージーを試してみてはいかがでしょうか?
ハノイのシンボルといっても過言ではない「ホアンキエム湖」は、すぐ近くに市街地があるとは考えられないほど自然豊かで緩やかな時間が流れており、本を読む学生や遊び子どもたち、ストレッチや体操を楽しむおじさま方など、現地の人の生活に欠かせない憩いの場所になっています。ここには明軍との戦いを勝利したレ・ロイ王と大亀の伝説が残されているのだとか。そんな不思議な言い伝えも残る「ホアンキエム湖」はライトアップされた夜もおすすめ!昼とはまた違うロマンティックな雰囲気を感じることができます。
散策に良いです。泊まっているホテルから散策で歩きました。湖の近くには大教会や水上人形劇場などもあります。湖の周りは植え込みも手入れされていてきれいです。暑かったのですが一周しました。15世紀にレタイトーが、湖に住む亀から授かった宝剣でベトナムを中国支配から解放したという伝説があり、亀の塔が湖に建てられていました。

引用: http://walking-hanoi.net/wp-content/uploads/2017/04/DSC07859.jpg
昼間とは全く異なる顔を見せる市街地で週末に行われているのが「ナイトマーケット」。約300mほどの細長い道に数百単位の数のお店が並びます。ホアンキエム湖の北側から徒歩1分ほどの距離にあり、カラフルな電飾が訪れる人を迎え入れます。昼間は多くのバイクが行き交う旧市街ですが、ナイトマーケットの期間は歩行者天国になるため思う存分買い物を楽しみたい人にはおすすめ!また、日本ではなかなか感じることができない現地ならではの熱気やローカルなグルメやお店の空気を感じられるのもハノイ観光ならではの醍醐味。また、屋台や飲み屋なども充実。買い物しながら、ハノイのグルメを堪能してみてはいかがでしょうか?
香港の女人街や台湾の夜市を想像すると良いと思います。 ハノイは若い人が多い印象で行き交う人も活気を感じるとともに楽しそうでした。 値切るのは中々思ったほどはできませんが、物価は安いのでちょっとしたらお土産を買うには掘り出し物を探す感覚で楽しいと思いますよ。

ベトナムの大人気グルメであるバインミーの専門店「バインミー25」。物価が安いことで知られるベトナムですが、こちらのバインミーは1つ大体15,000VND(約75円)〜。綺麗な店内はもちろんのこと、パクチーの量まで選べる親切さから、観光客にもおすすめなお店です。イートイン・テイクアウトどちらでも可能になっています。
パテも美味しく、パンもパリパリでとても美味しかったです。パクチーなしにもしてもらえ、日本円で100円ぐらいでお腹いっぱいになりました。お金は後払いで、店内は常に満席でしたが、店員さんの対応も良かったです

ハノイ定番観光スポットでもある「タンロン水上人形劇場」。1000年以上の歴史を持つこの劇は、ベトナムの伝説や農民の暮らしなどを描いた演目が多く、伝統楽器が奏でる音楽に合わせてキュートな顔立ちの人形たちのコミカルな動きが特徴的な水上人形劇です。ベトナムの言葉がわからない人でも十分に楽しめる内容になっています。約50分間ほどの比較的短い公演時間のため、ハノイ観光や買い物の合間に鑑賞してみてはいかがでしょうか?
引用: http://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/tips/pict/src/154/398/src_15439809.jpg?20180405161920
ベトナムならではのお土産が揃う!と、密かに人気を集めているのが「フィヴィマート」というハノイ市内最大のスーパーマーケット。旧市街にあるため、アクセスもしやすく旅の途中の買い物にはもってこい!ベトナム土産の定番であるベトナムコーヒーや、蓮のお茶など地元の方が使っているスーパーで買い物をすることができます。旅の締めくくりに、是非皆さんも遊びに行ってみてくださいね。
引用: http://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/tips/pict/src/139/913/src_13991345.jpg?20160724010906
皆さん、いかがだったでしょうか?ハノイは歴史からグルメ・買い物まで楽しめる魅力満点の観光スポットです。皆さんも是非、ハノイへ遊びに行く際には参考にしてみてくださいね。以上、ハノイ観光・外さない観光スポットやローカルフード店までセレクト9でした!!