Kgi4aotnqzgztbutvfyy

広島

CATEGORY | 広島

ランキングで選ぼう!広島の定番人気お土産ランキングベスト15

2018.03.20

旅行に行ったならば必ず買いたいのがお土産ですよね。全国各地様々なお土産がありますが、今回は広島のお土産をランキング形式でご紹介します。あなたが購入したことがある、またはお気に入りの広島のお土産は、ランキングの何位に入ってるでしょうか?

  1. 【広島お土産ランキング1位】もみじまんじゅう
  2. 【広島お土産ランキング2位】はっさく大福
  3. 【広島お土産ランキング3位】はっさくゼリー
  4. 【広島お土産ランキング4位】八天堂 クリームパン
  5. 【広島お土産ランキング5位】亀屋 川通り餅
  6. 【広島お土産ランキング6位】かき醤油味付のり
  7. 【広島お土産ランキング7位】平安堂梅坪 吾作饅頭
  8. 【広島お土産ランキング8位】阿藻珍味 尾道ラーメン
  9. 【広島お土産ランキング9位】長崎堂 バターケーキ
  10. 【広島お土産ランキング10位】北前亭 味付ちりめん
  11. 【広島お土産ランキング11位】瀬戸田レモンケーキ 島ごころ
  12. 【広島お土産ランキング12位】共楽堂 ひとつぶのマスカット
  13. 【広島お土産ランキング13位】マルイチ商店 牡蠣まるごとせんべい
  14. 【広島お土産ランキング14位】珍味処なかむら かきめし
  15. 【広島お土産ランキング15位】熊野筆
  16. まとめ
広島のお土産といったらやっぱりこれです、もみじまんじゅう。こしあんをカステラ状の生地で焼いた焼き饅頭で、まんじゅう部門で日本1位に選ばれた実績もあります。もともとは厳島の名物でしたが、現在は広島全域で広島のお土産として認知されています。
実はこのもみじまんじゅう、商標が切れているためどのメーカーさんでも作ることができます。なので、一口にもみじまんじゅうと言ってもメーカーさんや、それこそ個人商店さんに及ぶまで、様々なもみじまんじゅうが存在しているんです。
一番王道のもみじまんじゅうと言えば、にしき堂さんのもみじまんじゅう。じつはにしき堂さんは変り種「生もみじ」もつくっており、こちらも最近は有名ですね。もっちりとした生地の生菓子仕様です。他にも変わったもみじまんじゅうがあるかも?是非あなたのお気に入りのもみじまんじゅうを見つけてください。 
こちらもテレビで紹介されて有名になったお土産ですが、もともとは因島の名産品です。因島ははっさくの発祥地とされていて、そのはっさくをまるごと使った大福がはっさく大福です。現在はもみじまんじゅうと並んで広島の代表的なお土産となっているので、因島まで行かずとも広島駅等で購入が可能です。
実はこのはっさく大福も、もみじまんじゅうと同じく様々なお店で作られています。一番有名なのが、このはっさく大福を考案した餅菓子のかしはらさん。その他、はっさく屋さんや昇福亭さんなど、種類があります。また、はっさくだけでなく、他のみかんなどの果物を使っている大福も。可能であれば、食べ比べもしたいものですね。
ただし、このはっさく大福は賞味期限が短く、ほとんどが購入日から3日間ほどです。だからこそ、はっさくの瑞々しさがそのまま大福に入ってるんです。賞味期限が短いので、これをお土産として渡すなら早めに渡しましょう。また、人気がある商品ですが行程が手作業が多く、大量生産が出来ないもののため、一部店舗では売り切れのことも。なるべく午前中に買いに行きましょう。
第3位は、これも因島の名産品はっさくを使ったはっさくゼリー。一度見たら忘れられないシュールな「はっさくボーイ」の顔が印象的です。これもはっさく大福に負けず劣らずジューシーで、ちょっと酸味のあるはっさくと、甘めのゼリーが絶妙にマッチして飽きない味です。
何よりもうれしいのが、ゼリーなので賞味期限が製造後180日と長く、日持ちすることです。お土産を渡すお相手にすぐに会えなくても安心です。子供から大人まで大人気なお土産で、因島まで行かずとも、広島駅で購入が可能です。
続いて第4位は、八天堂さんのクリームパンです。現在八天堂さんの店舗は全国各地に広がり、ふわふわとろとろのやわらかく軽いクリームパンを食べたことがある方も多いでしょう。実は広島の三原がふるさとのパンなんです。もともとは和菓子屋さんで、その後パン屋さんに転身、現在のクリームパンで大成功を収めた八天堂さん。
商品自体は日本全国手に入りますが、広島に来たのなら是非訪れていただきたいのが八天堂さんが2016年にオープンした八天堂カフェリエです。ここでは広島限定カープ応援セットや、季節限定のクリームパンも手に入ります。また、このおいしいクリームパン作り体験も可能!世界にひとつだけのクリームパンを、大切な方へのお土産にいかがでしょうか。※パン作りには事前予約が必要です。
第5位は亀屋さんの川通り餅です。求肥にくるみを入れた、もちもちした触感と、クルミの香ばしさが売りの広島の代表銘菓です。川通り餅の名前の由来は、毛利師親が1350年佐波善四郎との戦いで、川の水面に小石が浮かび、鐙(あぶみ)に引っかかったもののそのまま戦い、大勝利となったことから、この小石に見立てた和菓子を食べるようになった風習から来ています。賞味期限は製造日から一週間なので、おみやげにも最適です。
ランキング4位まではスイーツでしたが、スイーツではないお土産を希望の方はこちらはいかがでしょうか。広島の県民食ともいえるのがこのかき醤油味付けのりです。スーパーや、コンビニで売っていることさえあるので、簡単に見つけられます。かき醤油なので、通常の味付けのりよりも味が濃く、甘みもあってごはんとの相性が抜群です。
第7位は平安堂梅坪さんの吾作饅頭です。粒あんを薄皮で包み、その上にクルミをのせたお饅頭です。こちらも川通り餅と並んで広島の代表銘菓です。県が認定する「ザ広島ブランド」にも認定されています。日持ちも30日と長いので、お土産にしても安心です。
全国各地、様々な種類があるラーメンですが、広島で有名なのが尾道ラーメンです。鶏がら醤油ベースに瀬戸内海の小魚のだしを加えたスープに、平打ちストレート麺で、豚の脂を使用しているため、醤油ベースなのにコクがあるのが特徴です。
本場の味をお土産でも食べたい!という要望を叶えるのが阿藻珍味さんの尾長ラーメン。簡単な調理で本場の味を楽しむことができます。ガッツリ派の方へのお土産に、尾長ラーメンはいかがでしょうか。
ランキング9位は、長崎堂さんのバターケーキです。初代が長崎出身のカステラ職人で、カステラをもとに進化させたのがバターケーキです。広島では、贈答に用いられることが多く、広島県民に愛されているものです。
バターケーキと聞くと洋菓子をイメージしますが、こちらはカステラがもとになっていることもあり、紅茶はもちろん、日本茶にも合うケーキです。しっとりとしたケーキですが、バターの風味とコクを感じられます。県民にとっても人気なので、売り切れもよくあることなので、手に入れたい場合は午前中に買いに行かれることをおすすめします。
続いては北前亭さんの味付ちりめんです。北前亭さんは江戸中期からの老舗海産加工物のお店で、味付ちりめんのほか、つくだ煮や乾物を作っています。味付ちりめんは種類が豊富なのがうれしいところです。梅やしそはもちろん、鯛味や広島菜などの変わったちりめんもあります。目上の方への、少しかしこまったお土産に最適です。
広島というとはっさくが有名ですが、実はレモンも有名で、広島はレモン生産量日本1位です。特に生口島の瀬戸田町のレモンを使って作られたのが瀬戸田レモンケーキ島ごころです。レモンの果肉で作ったジャムを生地に練りこんで作っており、しっかりした甘みの中にレモンの香りを感じられる一品です。
手に入る時期が限られる限定商品ですが、是非お土産にしたいのが共楽堂さんのひとつぶマスカットです。旬のマスカットをその名の通りひとつぶ丸々求肥で包んだ和菓子で、夏季のみの販売です。瑞々しく甘いマスカットが口に広がる銘菓です。共楽堂さんでは、マスカットだけでなく、ピオーネ、紫苑や栗きんとんの求肥商品もありますので、季節それぞれの旬の味を楽しめます。
広島といえば牡蠣が名産です。しかし海産物をそのままお土産にするのは難しいので、そこでお手軽に楽しめるのが牡蠣まるごとせんべいです。じゃがいもの生地に牡蠣をひとつまるまる入れて焼き上げたせんべいで、牡蠣の濃厚な味を楽しめます。お値段も良心的な価格なので、会社などのばら撒き用のお土産としてもおすすめです。
広島の牡蠣を自宅でじっくりと味わいたい方におすすめできるのが、珍味処なかむらさんのかきめしの素「かきめし」です。炊き込みご飯の素ですが、具材はまるごとの牡蠣のみ!という牡蠣を存分に楽しめる内容です。3合用と大きいサイズもあるので、家族へのお土産としても喜ばれるでしょう。
女性への贈り物として喜ばれるのが熊野筆のお化粧ブラシです。熊野筆が作られている広島県熊野町は、筆の生産量日本1位で、熊野筆は国の伝統工芸品に指定されています。少しお値段が張るものの、特別な方へのお土産や、ご自身へのご褒美として購入してみてはいかがでしょうか。
いかがでしたでしょうか。買ったことがあるお土産、見かけて気になっていたお土産や聞いたこともないお土産もあったかもしれません。大切な方へのお土産は、その方一人ひとりに合ったお土産を渡したいものです。今回ご紹介した中に、気になるものがあれば、是非次回広島に行かれた際にお試しいただければ幸いです。

関連記事