Aottn57s9s8oljcdyuwa

イギリス

CATEGORY | イギリス

ロンドンのヒースロー空港まとめ!人気のお土産は?【2019年版】

2019.04.18

ロンドン観光も満喫して、空港に来たけど「あっ!お土産の数が足りない!」「時間がなくて欲しい物が買えなかった!」ということありませんか?でもご安心を!ヒースロー空港には何でも揃ってます。そこで、ロンドン・ヒースローの空港で買えるお土産をご紹介します。

  1. 【ロンドン・ヒースロー空港】市内へのアクセスやおすすめお土産 - ロンドン・ヒースロー空港とは?
  2. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - 市内へのアクセスは?
  3. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - おすすめお土産① ショートブレッド
  4. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - おすすめお土産② 紅茶
  5. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - おすすめお土産③ チョコレート
  6. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - おすすめお土産④ ハリーポッターのグッズ
  7. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - おすすめお土産⑤ くまのパディントン
  8. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - おすすめお土産⑥ ハロッズの商品
  9. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - おすすめお土産⑦ ウイスキー
  10. ロンドン・ヒースロー空港・市内へのアクセスやおすすめお土産 - まとめ
ロンドンには主要空港が5つあり、中でも一番大きな空港が、ロンドン・ヒースロー空港です。世界各国の航空会社がヒースロー空港を利用し、LCC(格安航空会社)やヨーロッパの近距離への飛行機などが、ヒースロー空港以外の空港を利用しています。
ヒースロー空港の中でも、ターミナルが5つに分かれています。ターミナル1は、現在使用しておらず、ターミナル2は、全日空やルフトハンザなど「スターアライアンス」系の航空会社が使用しています。ターミナル3は、日本航空やブリティッシュエアウェイズなど「ワンワールド」系。ターミナル4は、エールフランスやKLMオランダ航空など「スカイチーム」系が利用しています。ターミナル5は、ブリティッシュエアウェイズ専用のターミナルです。
ヒースロー空港へのアクセスは、地下鉄もしくはタクシーが便利です。タクシーだと市内まで、だいたい8,000円~で行くことができます。ロンドンのタクシー運転手は、厳しい試験に受かった人で、小さな道路の名前なども覚えているので、安心して乗ることができます。ただし、空港はロンドンのかなり西側にある為、東側への移動だと時間もかかり、タクシー代も高くなりますので、ご注意ください。
ターミナル1、2、3は同じ駅で、4と5は別の駅になります。地下鉄は、「ターミナル1、2、3」と「5」に行くものと、「ターミナル4」とそのあと「1、2、3」に行くものの2つがあります。ターミナルを間違えると地下鉄での移動が必要になり、時間がかかって、飛行機に乗り遅れることもありますのでご注意を!あらかじめターミナルを確認し、時間に余裕を持って行くことをお勧めします。

おすすめのお土産

イギリスのお土産と言えば、ショートブレッドです。滞在中にスーパーなどで買ったけど、ちょっと足りないかもと不安になっても大丈夫!空港で買うことができますよ。一番の定番商品は「Walkers(ウォーカー)」のショートブレッドです。赤いパッケージが有名です。
ショートブレッドの種類も様々で、ちょっと可愛いものを渡したいという方には、スコッティドッグという犬型のショートブレッドがおすすめです。チョコレート味やチョコチップが入っているものもあります。
イギリスの飲み物と言えば、紅茶ですよね。軽くてお土産にもぴったりです。特に、王室御用達の約300年の老舗百貨店「Fortnum & Mason(フォートナム&メイソン)」の紅茶は、上品でいかにも王室国家のイギリスらしい紅茶です。紅茶が入っている缶もおしゃれで、飲み終わった後の缶も利用できますし、飾っておけるのも魅力的ですよね。
また、値段が高くなく気軽に配れるものが良いという方には、「Twining(トワニング)」の紅茶がおすすめです。こちらは、イギリスの家庭や会社などで、毎日のように飲まれている紅茶です。味の種類が豊富なので、ちょっと珍しい味などをお土産にしてもいいかもしれません。
イギリスのスーパーに行くとお菓子売り場で目につくのが、紫色の梱包の「Cadbury(キャドバリー)」のチョコレートではないでしょうか?イギリス人はチョコレートが大好きで、子供のころから皆が食べているのがCadburyです。定番Cadbury Dairy Milkは、100年以上愛されている板チョコですが、日本ではあまり見かけない分厚さです。種類も豊富ですし、空港でお土産を買う時間が少ないときでも、さっと買うことができます。
イギリスの大人気映画と言えば、ハリーポッターですよね。ハリーポッターを目的として、イギリスに行く方も多くいます。ハリーポッターが大好きな方やせっかくイギリスに来たからハリーポッターグッズを買っておこうかなと思った方でも大丈夫!空港でも買うことができます。
市内でもよく見かけるコンビニのような存在の「WHSmith」が空港にもあるのですが、その中にハリーポッターグッズのコーナーがあります。また、おもちゃ屋さんの「Hamleys」やイギリスをモチーフとした商品を揃えている「GLORIOUS BRITAIN」にも!ちなみに、オフィシャルショップである「The Harry Potter SHOP」もありますが、こちらはターミナル5にあるので、ターミナル5の利用者のみ行ける限定ショップです。
イギリスでは、誰もが絵本の「くまのバディントン」を読んで育ちます。可愛いくまのお話ですが、日本でも映画「パディントン」と「パディントン2」が公開され、その可愛さやキャラクターに魅了された方も多いのではないでしょうか?
パディントンは、ロンドンに実際にあるパディントン駅からつけられた名前ですが、その駅にはパディントンの銅像もあります。パディントンを持って帰りたいという方には、ぬいぐるみがおすすめです。パディントンベアも、空港で買うことができますよ。
ハロッズはイギリスを代表する高級百貨店です。紅茶やお菓子、高級ブランドなど様々なものを取り揃えています。そんなハロッズは、品揃えは減りますが空港にもありますので、万一、滞在中に寄れなかった、何も買わなかったけれどもう1度見たいという方もご安心ください。
特に日本人に人気なのは、ハロッズバッグ、ビニールでコーティングされていて、ハロッズのロゴやイギリスの絵など様々な絵柄があるのも魅力的です。ロンドンでも、よくお弁当を入れたり、ちょっとした小物を入れて持ち歩いている人をよく見かけます。
イギリスのお酒と言えば、スコッチウィスキーを思いつく方も多いのではないでしょうか。イギリスの主な輸出品の1つで、イギリス北のスコットランドで生まれたウィスキーです。ヒースロー空港では、毎年約110万本ものウィスキーが売れているそうです。
国際線だと液体物はスーツケースに入れなければならず、ちょっと不安だなと思う方も多いと思います。そんな方は、空港で保安検査場を抜けた後に買えば、機内に持ち込むこともできますし安心ですよね。ただし、他国での乗継ぎなどがある方は、その国で再度検査があり破棄しなければいけない可能性もありますので、事前に確認してから購入してくださいね。
いかがでしたでしょうか。ヒースロー空港はヨーロッパで1番、世界でもドバイに次ぐ2番目に大きな空港といわれています。ゆっくり見てまわろうと思っても全然時間が足りないほどです。保安検査場から飛行機に乗るゲートまでがかなり遠い場合もありますので、ご注意ください。また、ターミナルによってもお店が異なりますので、必ず行きたいお店がある場合は、事前に確認されることをおすすめします!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/%E7%A9%BA%E6%B8%AF-%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F-%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E7%A9%BA-%E5%B9%B3%E9%9D%A2-%E6%97%85%E8%A1%8C-%E4%BC%91%E6%97%A5-3511342/