Smtvv0hcltow05wsdaxt

広島

CATEGORY | 広島

宮島のお土産まとめ!おすすめのお菓子や雑貨18選【2019年版】

2019.04.17

宮島は広島観光の最重要な場所です。お土産も広島各地のものが購入できます。地元の各種お菓子や雑貨の多くも店頭に並んでいます。出来るだけ機会があれば積極的に広島に行き、地元の繁栄につながればと思います。宮島でお土産を買って、大切な人にお持ち帰りください

  1. はじめに:広島県の宮島は、出雲と並び称されるスポットです。厳島神社と周りのお土産やが一体となって一度は行ってみたいところです
  2. 1)宮島杓子:宮島の村人を生活苦からすくったしゃくしは、ご飯をすくったり混ぜたりに使われる宮島のお土産です
  3. 2) 『アオギリ』 ポアブリエール:宮島でお土産を探すと、平和のシンボルとしてアオギリを見つけました
  4. 3)モーツァルト「ケークオブール:広島のお土産ケークオブールを宮島で見つけました
  5. 4)海人の藻塩:上蒲刈島の綺麗な海水と海藻、ホンダワラを材料にして作られた宮島旅行のお土産
  6. 5)淡雪花:宮島でおすすめのかわいい食べ物を見つけました、お土産は決まりです
  7. 6)広島スモークド オイスター オイル漬:日本有数の産地広島のかきを使ったオイル漬けのお土産を宮島で
  8. 7)広島菜漬:広島市の川内村で始められた広島菜漬を宮島旅行でお土産として買いました
  9. 8)安芸れもん:平安堂梅坪がお届けするお土産「安芸れもん」を宮島のお土産店で買いました
  10. 9)日本酒ゼリー:日本酒をジュレ化しお酒のラベルを張ったデザインのかわいいお土産、宮島でも買えました
  11. 10)名物 宮島の手みやげ:あなごめしうえのの宮島土産は真空パックで美味しくいただけます
  12. 11)張り子:宮島独自のお土産として開発された張り子は、宮島彫りの作者の強い思いから生まれました
  13. 12)あなご竹輪:いずの水産のあなご竹輪は、宮島のあなごを用いたお土産で、いろいろな食べ方がおすすめです
  14. 13)しゃもじストラップ:宮島のしゃもじストラップは修学旅行生に敵を召し取るという言葉合わせで大人気のお土産
  15. 14)熊野筆:国の伝統工芸品に指定された熊野筆は美しく書ける筆です。工芸品ですから高価ですが、貰った人は必ず感謝するお土産です
  16. 15)牡蠣カレーパン:とてもおすすめのカレーパンが宮島名産牡蠣カレーパンです。お土産にも丁度いいです。
  17. 16)守り砂:宮島大聖院は安芸の宮島にあります。旅行の無事を願って砂を持ち帰る習わしがあります。砂がお守りとして販売
  18. 17)チーズ入りもみじ饅頭:宮島名物のもみじ饅頭にはチーズ入りなどいろいろな種類のあるお土産
  19. 18)鹿柄マスキングテープ:かわいい鹿柄マスキングテープは、いろいろな使い方が出来てとても便利なお土産になります
  20. あとがき:安芸の宮島は瀬戸内を望む風光明媚なところです。お土産も特徴がある物一杯
 広島県の宮島は瀬戸内海に向いた聖地のひとつです。出雲大社と並び称される世界遺産にもなっています。島内には、奈良の公園のようにかわいい鹿がたくさんいて参拝者を和ませます。鹿をあしらった雑貨のお土産や、もみじをあしらった食べ物のお土産などおすすめできる物が数知れずあります。宮島は観光地としていくのもいいのですが、少しは自分を見直して、心のお土産を自分にも持ち帰りましょう。
Njcy7ajfljykezd7u3aq
引用: https://www.instagram.com/p/BqviCp3lEUJ/
 「しゃくし」と読むご飯をすくったり、混ぜたりするのに使われる道具です。苦しい生活を強いられていた宮島島民を救うために琵琶湖の形を利用して僧侶が作ったとされています。厳島神社にお参りに来る人のお土産として根強く引き継がれてきた宮島のお土産です。食べ物ではないけれど、ご飯を美味しくよそったり見栄えよく移し替えたりするのにとても便利で、見た目にもかわいいおすすめの小物雑貨です。木目を上手に際立たせ、かわいく見せるよう工夫されていて、ご飯粒がなるべくくっ付かず、臭いを移さないよう素材の選択と職人が一本一本匠の技で加工を施しています。最近ではどこでも買うことが出来ますが大量生産された物やプラスチック製です。宮島土産で本物の杓子をどうぞ。
Vsk8pdlxgpbx6yrhmllz
引用: https://www.instagram.com/p/BmZmNfVgK86/
Pzzeevs7hwy5t6ypgyfp
引用: https://www.instagram.com/p/BTwRCTdl_c0/
 アオギリは広島のお土産です。宮島の厳島神社でも平和のシンボルとして購入が出来ます。元々、アオギリは原爆の爆風や熱風から奇跡的によみがえった、生命力とみずみずしい青紫が命の尊さと平和を愛するシンボルとしておすすめのかわいい食べ物として登場しました。一度食べたら忘れられない美味しさ、生地はサクサクでもっちり、独特な食感です。お土産としてはかなり洗練された美味しさで、あまり類を見ない美味しいジャムのクッキーです。ピーチ味も素晴らしくヒット作となっています。宮島に参詣に来られたら大切な方にお土産として買って帰りましょう。
引用: https://amabijin.com/wp-content/uploads/2018/10/c63db6db5a46c004ad01cd1d8a388052.png
 ケークオブールとは、一般的にはバターのショートケーキという事になります。新鮮な地元の牛乳からバターを作ります。バタークリームは意外としつこさがなく程よい甘さでおすすめの食べ物です。宮島のお土産店で見つけました。形はとてもシンプルで、四角い生地をバタークリームで包み、特別何の飾りもない食べ物ですがシンプルな外観がかわいいケーキです。生地の中にはアーモンドがふんだんに入っております。生地でオレンジジャムを包んでいますが味のバランスがとても美味しくいただけます。広島旅行で宮島を訪れた時には、お土産をお渡しする方に合わせてケークオブールや雑貨を選んでみてはいかがでしょうか。
引用: http://www.b-mozart.co.jp/images/cake_o_beurre/cake_o_beurre04.jpg
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20121212/10/san-min/f6/65/j/o0800063512326788943.jpg?caw=800
宮島で買えるお土産を紹介します。瀬戸内海の上蒲刈島の回りはとてもきれいな海水とそこに育つ海藻そしてホンダワラを原料にして昔からの伝統製法で職人が心を込めて作っています。藻を焼いて、そこから塩を作ります。ミネラル分を多く含んでいるので同じ量でも塩化ナトリウム成分が少なく舐めてもただ塩辛いというものではなく柔らかくて甘みのあるおすすめの塩になっています。どんな食べ物にもマッチし色も少し淡いベージュでかわいい感じが素敵です。湯豆腐や野菜を食べるときには、素材の旨味を際立たせてくれますし、お肉や海鮮などでもやはり旨味を引出してくれます。まさに魔法のお土産です。可愛い雑貨と一緒に宮島のお土産におすすめです 
引用: https://dbcn1bdvswqbx.cloudfront.net/client_info/KALDI/itemimage/4520415010075.jpg
 宮島でかわいいお土産を見つけました。広島の和菓子のような洋菓子のような食べ物です。見た目からちょっと意外な食感の食べ物です。かむと、しゃりとした歯ごたえで、さわやかな果物のような香りが広がります。レモン羹は広島県産レモンの果汁を使い、マシュマロにちょっと似たギモーブには果汁と果皮を使っています。ちょっと高級なお菓子のお土産です。包装箱もしっかりとかわいいので高級感があり、おすすめの一品です。口に入れるとシャリシャリの氷飴とフワフワのギモーブが一体となって、一気にさわやかなレモンの風味が広がります。宮島でも購入できるちょっとリッチなお土産と雑貨を添えれば、とても気の利いたお土産になります。
引用: http://hiroshima-brand.city.hiroshima.lg.jp/_pimg.php/7328/slider_02.jpg
引用: http://hiroshima-brand.city.hiroshima.lg.jp/_pimg.php/7330/slider_04.jpg
日本有数の牡蠣の産地広島県。かきのむき身をじっくりと燻製にして付けた綿実油漬けです。香ばしい木材でじっくりと燻製にすることで、かき本来の旨味をしっかりと閉じ込めて作られていておすすめの食べ物となっています。綿実油の香ばしい香りに誘われてついつい手が出てしまう美味しさです。つるっとした感じがかわいいので宮島のお土産としても最適だと思います。買い求めやすい価格設定なので、気軽に宮島でお土産として選択することが出来ます。かき好き、酒好きの人へのお土産にお選びください。かきがあまりお好きでない方には、かきを題材にした小物雑貨もありますのでご安心ください。
引用: http://pict2.ec-sites.jp/img/1899/141930/468/20121120180822.jpg
 広島市川内村は広島菜の有名な生産地。江戸時代に参勤交代の時京都の本願寺から種を持ち帰ったのが始まりです。毎年優良な株だけを選んでは栽培を続けてきたのでとても優れた広島菜が出来るようになったそうです。その広島菜を付けたのが、広島菜漬で日本三大漬菜の一つに選ばれています。宮島のお土産としても定着しておりおすすめの食べ物の一つです。食べやすい大きさにカットしてかわいい盛り付けで提供されると、ついつい食が進んでしまいます。野沢菜よりもさっぱりとしていて、適度な塩分とシャキシャキ感がとても食欲を誘います。宮島名産の雑貨の杓子に体裁よく盛ると、小鉢感覚で洒落ています。お土産に是非どうぞ。
引用: http://hiroshima-brand.city.hiroshima.lg.jp/_pimg.php/7592/slider_01.jpg
 平安堂梅坪は柿羊羹で有名なお店ですが、研究熱心なので瀬戸内レモンを使用したお菓子が出来ないか追求した結果生まれたのが「安芸れもん」です。和洋折衷の焼き菓子としてかわいい姿のおすすめの食べ物として人気も定着してきました。宮島でのお土産としても定着し、幅広い方に好まれるようになりました。バターの香りが美味しさを増大させ、マドレーヌのようにしっとりした生地で、新鮮な牛乳で仕上げたミルクジャムと瀬戸内レモンを練り込んだ餡をたっぷり包んであります。広島独特のレモンやジャムの味が凝縮されています。宮島の海を見ながら、その場で食べてしまうのもokです。
引用: https://image.rakuten.co.jp/umetsubo/cabinet/akilemon/imgrc0064781300.jpg
人気の洋菓子店バッケンモーツアルトから販売されている洋菓子。日本酒ゼリーは広島名産の日本酒をジュレ化したおすすめのかわいいスゥイーツです。12種類の銘柄の詰め合わせで販売されていますが、12個入り以外もあります。太田川から流れです水はミネラルを沢山含んでいてお酒にもジュレにも欠かせません。宮島でお土産を買う場合には車で移動する方は注意してください。弱いとはいえ一応お酒です。お酒が苦手な方でもいただきやすいように、果汁を適度に加えてあります。大人には適当なお土産ですが、子供にはNG。雑貨を買っていきましょう。冷やして食べても、凍らせて食べても美味しいので夏場にはとても合います。宮島から食べ物のお土産としてお求めください。
引用: https://img.hldy-cdn.com/images/holiday_article_images/w=660/3924.jpg?1537516727
引用: https://img.hldy-cdn.com/images/holiday_article_images/w=660/3926.jpg?1537516727
引用: http://hiroshima-brand.city.hiroshima.lg.jp/_pimg.php/6358/slider_01.jpg
引用: http://hiroshima-brand.city.hiroshima.lg.jp/_pimg.php/6359/slider_02.jpg
老舗の風格、あなごめしのうえのの宮島お土産は、切り落としのあなごが真空パックになっていて、冷蔵で10日は持ちます。お店でいただけなかった人に力強い味方です。包み紙もとてもレトロでかわいいです。あなご飯は穴子の出し汁で炊いたご飯に、あなごのかば焼きを敷き詰めてあり、宮島を代表する伝統の料理です。宮島駅の開通に合わせて駅弁として販売されるようになった食べ物です。以来100年近く販売されている息の長いお土産です。おつまみや丼に仕立ててもおすすめです。宮島本来のお土産としてとても長い間愛され続けています。でも、途中で弁当として食べてしまうことも多いので、お土産として買うのなら念のため小物の雑貨も準備しておいた方が無難です。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/02/fc/5055ab73b19cbe7ed61ce35ff9bc47f8.jpg
 宮島独自のお土産として開発された張り子は、宮島に彩り豊かなお土産物が欲しいという気持ちから生まれました。作り方は、石膏型の内側に和紙を貼り付けて成型していて曲線がとてもきれいでかわいいシルエットを作っています。職人の手間がかかるので、少し高価なのは理解できます。縁起物としてもおすすめできる雑貨です、宮島の野生の鹿や猿、鳥や12干など100種類はあります。朱、黄、青、緑などとても鮮やかな色合いでインテリアとしてもおすすめのお土産です。元々はお祭りの飾り面として張り子が付くられていたので、買える場所も絞られています。ふなつき、平野屋、厳島ふくろうの森などです。もみじ饅頭などの食べ物もあるのでついでにいかがですか。
引用: http://www.miyajima-wch.jp/common/img/tradition/waza16.jpg
引用: http://www.miyajima-wch.jp/common/img/tradition/waza17.jpg
宮島のあなごを使って宮島のお土産を作りました。軒先でお客さのニーズを聴きながら工夫をして作り出されました。おすすめの食べ方は、そのまま、わさびマヨネーズ、わさび醤油などお好みの味を加えたりするのもいいかもしれません。美味しさを引出すために、熟練した職人さんが注意を払っているのが。切り方、混ぜ方、合わせ方、たれの調合、焼き方、蒸し方、揚げ方などです。意外とかわいい形の竹輪は、私たちの食事の友として大活躍です。このように食べ物としては実に応用範囲が広く、お土産の食べ物としては最適です。竹輪をあしらった雑貨もありませのでご覧ください。
引用: https://www.anago-chikuwa.co.jp/blog/wp-content/uploads/2018/04/e5c4b513e8f890ea29fd237c1fb5a062.jpg
引用: https://www.anago-chikuwa.co.jp/img/pic-labo/ana.jpg
 受験を控えた学生や家族が買っていくお土産の大人気。宮島のかわいいしゃもじストラップ。敵を召し取るという言葉合わせです。他にも「男は度胸」「やればできる」「モテキ」などいろいろなおすすめの言葉が書かれているものが有るので、いろいろな人が買い求めていきます。雑貨のお土産としてはとても手ごろで、喜ばれるお土産です。販売は宮島表参道内の杓子の家です。宮島表参道商店街を歩いていくと、びっくりするほど大きなしゃもじが目に飛び込んできます。宮島の大しゃもじと言われていて、これですくえば何でも勝ち取れそうです。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/shop_miyarikyu/imgs/d/6/d6bdcad1.jpg
引用: http://livedoor.blogimg.jp/shop_miyarikyu/imgs/4/6/4617b5f3.jpg
熊野筆は平成16年に団体商標登録されたとても書きやすいおすすめの筆です。伝統工芸品の熊野筆と名乗るには3つの条件があります。穂首は熊野町で製造されること。原毛は獣毛、化繊毛、など。製造は熊野町又は周辺市域であること。となっています。宮島のお土産雑貨としては少しお高くなりますが、いただいた方は必ず感謝するお土産です。最近人気があるのは、化粧筆で品質の高さが評価されるようになりました。お肌に優しい感触とかわいいデザインと使いやすさが特筆されます。宮島や広島への旅行の際にはお買い求めされるのをおすすめします。
引用: http://img15.shop-pro.jp/PA01239/970/product/95738955.jpg?cmsp_timestamp=20151119213404
宮島桟橋から厳島神社に行く途中にある、「BIG SET 宮島本店」で宮島名物の牡蠣カレーパンは販売されています。宮島のおすすめの食べ物として特に人気が出てきました。1日2000個以上を販売するようになり、道すがら立ち居食いする人や、お土産に買って帰る人が集まってきます。人気が定着するとお定まりのように関連雑貨が販売され、牡蠣カレーパンのかわいいストラップなども販売されています。牡蠣は一度蒸して臭みを除去しているので、牡蠣が嫌いな方でも、食べることが出来ます。一度食べると癖になる美味しさです。一個に牡蠣が2個入っていますので下記を手ベている感覚がしっかりと伝わってきます。自分へのお土産としてお持ち帰りください。
引用: https://tabiiro.s3.amazonaws.com/files/article/965434/large_965434_2.jpg
 宮島大聖院は安芸の宮島にあります。旅行の無事を願って砂を持ち帰る習わしがありました。砂を袋に詰めて販売されるようになりました。これを「守り砂」と呼ばれてかわいいお土産になりました。宮島で一番古い寺院「宮島第聖院」で祈祷を受けた砂が詰められています。叶い紙が中に入っていて、願いが叶ったらもう一度返しに行くことになっています。ちょっとした夢のあるおすすめのお土産です。色々な雑貨の中でも人気のお土産です。宮島にはその他にも、縁結びや万物の神もおられるので普段信心の気持ちがなくても神頼みををして、自分をリフレッシュするのもありだと思います。参拝者に若いカップルやグループが目立つのも分かるような気がします。参拝の後は美味しい食べ物を食べて、お腹もリフレッシュ。
引用: http://soa-r.up.n.seesaa.net/soa-r/image/furusato.jpg?d=a1
 宮島名物のもみじ饅頭は、常に店先で焼きたてを販売しています。出来立てをその場で食べるのが一番のおすすめです。ミヤトヨ本店はチーズ入りもみじ饅頭の元祖と言われています。今では、本来のつぶあんに加えてチーズ、チョコレート、クリーム、アップルなどの種類も増えて味を楽しめる食べ物の一つになりました。日持ちしないものは食べ歩きでいただき、日持ちするものはお土産に持ち帰るのがおすすめです。チーズ入りもみじ饅頭はプロセスチーズが入っていてまだ温かいうちに食べ歩きがおすすめ。宮島についたら、一番にお店に立ち寄りお好きな饅頭を注文してゆっくり参拝をしましょう。もちろんかわいい雑貨にもなっていますのでチェックしておきましょう。
 最近、マスキングテープは柄がいろいろとデザインされていてかわいいしおすすめのアイテムになっています。かさばらずにしかも軽いのでお土産にも最適です。ラッピングに使用すると包装紙をより華やかに見せます。贈り物などのリボンとして使用すると素敵なプレゼントになります。幅広のテープだとメッセージもかけるので、気持ちを上手く伝えることが出来ます。宮島のカフェはやしではおしゃれな和カフェで軽い食べ物も提供しています。そして、小物雑貨として宮島のアイドル鹿をテープにデザインしました。オリジナルのデザインのかわいいテープは人気のお土産にと成長しました。マスキングテープは粘着力がそれほど強くないので、貼っても剥がせるので自分の使い方を研究しましょう。
引用: http://blog-imgs-72.fc2.com/m/a/s/maskingtapedatabase/20150224081812203.jpg
引用: http://blog-imgs-72.fc2.com/m/a/s/maskingtapedatabase/201502240818130f4.jpg
観光地として有名な秋の宮島のお土産は雑貨や食べ物を合わせると沢山あります。雑貨には、かわいい鹿柄マスキングテープや各種ストラップなど。食べ物には、もみじ饅頭や各種お饅頭などおすすめの品々。お宮様への参拝の後は宮島内でゆっくり心の選択をしながらお土産選びも楽しめますので、ご旅行にお立ち寄りください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlwuEOKjLgM/?tagged=宮島