S85mwxvymh9isvjxafvf

モンゴル

CATEGORY | モンゴル

【2018年完全版】モンゴルのおすすめの観光スポット11選

2018.03.27

モンゴルの観光といえば、首都ウランバートルから大草原の中でゲルで泊まったり、砂丘や砂漠をらくだと散策してみたり、見どころ満載のモンゴルの旅行です。世界遺産に登録された場所で、キャンプを楽しんだり自然と触れ合うことができます。それではモンゴル観光をご紹介します。

  1. モンゴルとはどんな国!?
  2. モンゴル旅行おすすめ観光スポット①チンギスハーン広場
  3. モンゴル旅行おすすめ観光スポット②ガンダン・テグチンレン寺院
  4. モンゴル旅行おすすめ観光スポット③テレルジ国立公園
  5. モンゴル旅行おすすめ観光スポット④フブスグル湖
  6. モンゴル旅行おすすめ観光スポット⑤ウンドゥルシレット
  7. モンゴル旅行おすすめ観光スポット⑥ボグドハーン宮殿博物館
  8. モンゴル旅行おすすめ観光スポット⑦オルホン渓谷
  9. モンゴル旅行おすすめ観光スポット⑧13世紀村
  10. モンゴル旅行おすすめ観光スポット⑨南ゴビ
  11. モンゴル旅行おすすめ観光スポット⑩アマルバヤスガラント寺院
  12. モンゴル旅行おすすめ観光スポット⑪ホスタイ国立公園
  13. モンゴ旅行観光スポット・まとめ
モンゴルは、東アジアに位置して首都はウランバートルとなります。モンゴルは、中華人民共和国と内モンゴル自治区、北はロシア連邦と接しています。モンゴルは、日本の約4倍の面積を持っています。今も遊牧民は「ゲル」に住んで移動住居をしています。
「チンギスハーン広場」は、ウランバートルの中心部にあり人気の観光スポットです。チンギスハーン広場の周りには、モンゴル国立オペラ劇場・国会議事堂・宮殿などがあります。また、広場の敷地内は、モンゴルの人たちの憩いの場となっています。チンギスハーンの銅像の前で記念撮影はいかかでしょうか。
※名称:チンギスハーン広場/Genghis Khan Square ※住所:Peace Ave, Ulaanbaatar, Mongolia
モンゴル・ウランバートルの人気の観光スポット「ガンダン寺院」は、モンゴル最大のチベット仏教寺院となっています。仏教を学ぶ施設が併設されています。5000人ほどの僧侶がいます!
※名称:ガンダン寺院/Gandantegchenling Monastery ※住所:Ulaanbaatar, Mongolia
モンゴルの首都ウランバートルから、車で2時間の場所に「テレルジ国立公園」があります。人気の観光スポットは、「亀石」です。珍しい形の岩が実物になり、乗馬トレッキングやハイキングをすることもできる人気の観光エリアです。
テレルジ国立公園は、地元モンゴルの人たちの保養所ともなっています。国立公園には遊牧民のゲルがあり、羊ややぎにヤクもいます。春先にはワイルドフラワーのカーペットとなり色鮮やかな国立公園となります。この国立公園にはキャンプ場もあり、ゲルで泊まって星空を眺めるのをおすすめします。
※名称:テレルジ国立公園/Gorkhi-Terelj National Park ※住所:Rara Avis Travel, J Sambuugiin street, Chingeltei, 5th khoroo, Ulaanbaatar, Mongolia
モンゴルの北西部にある大きな湖水湖は、モンゴルで最大となっています。世界でも美しい湖として有名な”フブスグル湖”は、”モンゴルのスイス”とも呼ばれています!空の反射でキラキラと輝くような美しさ、透明度は世界で2番目とも言われています。
モンゴルの首都ウランバートルから、ウンドゥルシレット村までは車で約4時間ほどの場所にあります。大草原を走り抜けるドライビングは気持ちがいいですよ~!ウンドゥルシレット村のトーラ川のほとりには”リバーサイドキャンプ場”があります。
キャンプ場では、様々なアクティビティを楽しむことができます。”モンゴルへ来た~!”という体験を楽しんでみませんか。乗馬・カヌー・ハイキングなどができます。
湖では遊覧船にて観光が楽しめます。また、初夏の5月~9月には”渡り鳥”のシーズンとなり250種類もの飛来が見えるとも言われています。

モンゴル観光・バトハーン山自然保護区

ウンドゥルシレット村のキャンプ場から車で2時間の場所にある、「バトハーン山自然保護区」。大パノラマが広がるモンゴルの草原でのんびりとしてみたいですよね。バトハーン山の標高は2180メートルほどになっています。高山植物や野生動物などを見ることができます。
モンゴル・ウランバートルの人気の観光スポット「ボグドハーン宮殿博物館」は、1919年に建設された宮殿ですが今現在は、博物館となっています。
※名称:ボグドハーン宮殿博物館/Bogd Khaan Palace Museum of Mongolia ※住所:Bogd Javzandamba Street | 15 Khan-Uul District, Ulaanbaatar, Mongolia ※公式サイト:http://www.bogdkhaanpalace.mn/
モンゴルの首都ウランバートルから、約6時間ほどのところに「オルホン渓谷」があります。2000年以上にもわたり伝統的な”遊牧民の歴史”として数多くの遺跡があり、文化遺産として世界遺産に登録されました。モンゴルの中央部をオルホン川がが流れ、豊かな水と壮大な土地に先史時代からモンゴル帝国まで、遊牧民がこの地にも住んでいました。
モンゴルの首都ウランバートルから、1時間半ほどで「13世紀村」へ行くことができます。日帰り旅行にもおすすめの13世紀村です!2006年にオープンした広大な土地を使用した”テーマパーク”となっています。ここでは、”13世紀のモンゴル帝国の体験”ができます。モンゴルのランチを楽しみながら、地元のモンゴルの人たちとの交流ができます。
南ゴビ砂漠地帯は、モンゴルの首都ウランバートルから、飛行機で90分ほどで、中国モンゴル自治区との境に広がる広大な砂漠へ行けます。おすすめの見どころ「ホンゴル砂丘」はモンゴル最大級となっています。また「ヨリーンアム渓谷」は標高を2000メートルを超えるため、初夏でも氷河が残り幻想的な景色になっています!
「バヤンザグ」は恐竜の卵や化石が発掘されたところで有名となっています。らくだに乗って砂漠を散策できたりモンゴルの楽器”馬頭琴”を聞きながら、大自然の中で素敵な時間を過ごしてみたいですよね!
Bipkdldbogkfkbpguztj
引用: pixabay
モンゴルの首都・ウランバートルから約200kmにある都市・ダルハンから車で約2時間の場所に「アマルバヤスガラント寺院」があります。チベット仏教の寺院となっています。ブレンハン山の麓に広がる草原の中にぽつんと建つ歴史的な寺院となります。
モンゴルの首都ウランバートルから、車で2時間ほどのところに「ホスタイ国立公園」があります。モンゴルの大自然の中で生きる野生の馬”タヒ”やシカ、マーモットなどを見ることができます。ゲルがあるためキャンプもすることが可能です。また、ウランバートルから日帰り旅行も楽しめます。
※名称:国立ホスタイ公園/Hustai National Park ※住所:Ulaanbaatar 13, Mongolia ※公式サイト:http://www.hustai.mn/index.php/en/
いかがでしたか。モンゴルは大自然を十分に満喫することができ、遊牧民のゲルに泊まったり、ラクダや馬にのってハイキングもでき、いつもの旅行とは違う体験ができます。素敵なモンゴルの旅行になりますように!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BZAkRSqDQor/?tagged=%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB