Scvtibdij4mmbei9arx2

鳥取

CATEGORY | 鳥取

米子で人気のバーは?一人でも入りやすいおしゃれなバーなど3選【鳥取】

2018.07.30

海の幸はもちろん、大山の鶏肉・豚肉から新鮮な野菜まで、県内外のグルメをうならせるうまいもの天国の米子。米子は大山Gビールをはじめ地元のお酒も充実しています。山陰の名物を満喫したあとは、バーを訪れましょう。今回は、一人でも入りやすいおしゃれなバーをご紹介します。

  1. 米子のバー事情について
  2. 米子のおしゃれなバー①『ネオンレイン』ー細い路地の中にある隠れ家バー
  3. 米子のおしゃれなバー②『薫る酒場gocha』ー「薫る」燻製メニューが充実
  4. 米子のおしゃれなバー③『CHARIaNo』ースペイン風の陽気なワインバー
  5. 最後に・・・
Kqck1hi8dzwehg64oqpv
引用: https://www.flickr.com/photos/afrog_5130/7166068537/
Uiyw3u2ody9lolqku3k5
引用: https://www.flickr.com/photos/pottiri12/3738201617/
大山地鶏や新鮮な魚介類、カニなど、四季折々の美味しいものがリーズナブルな値段で楽しめる鳥取・米子。おすすめのバーは、お酒中心のショットバーではなく、お酒もお料理も楽しめるダイニングバー、居酒屋が中心。せっかく米子を訪れたのだから、観光だけではなく、お酒もお料理も、地元の名物を思う存分楽しみたいですよね。今回は、ディナーの後の二次会、三次会に使える比較的遅くまでオープンしているお店を中心にご紹介します。
「ネオンレイン」は、フードメニューも充実したショットバー。細い路地の中にあるまさに大人の隠れ家。2階の店舗なので、静かな場所でリラックスしたい人におすすめ。サッポロ生ビール550円、ハイボール600円と比較的リーズナブルな値段でおすすめのお店です。

ピザもアイスクリームもお店の手作り

「大山都鶏のから揚げ」をはじめとする地元の食材を使ったメニューも充実。ピザもアイスクリームも自家製です。リーズナブルな分、カード払いが不可となっていますので、ご注意ください。

「ネオンレイン」詳細情報

店名:ネオンレイン/住所:米子市角盤町1-71 2F/電話番号:0859-31-8811/営業時間:18:00~23:30/定休日:月曜日/交通アクセス:JR富士見町駅から500m
「薫る酒場gocha」は、米子駅から約200mの場所にある創作料理とお酒のお店。こちらのおすすめは、燻製。チーズや明太子など珍しい燻製を楽しめます。女性同士や、一人でも入りやすいお店。「薫り」をテーマにしたお店で、パクチーポテトサラダやパクチーモヒートなど、ほかでは見かけないパクチー料理もありますので、お好きな方はぜひ。米子駅から徒歩3分の便利なロケーション。翌2時までの営業なので二次会、三次会にもおすすめ。

「薫る酒場gocha (カオルサカバゴチャ)」詳細情報

店名:薫る酒場gocha/住所:鳥取県米子市明治町149/電話番号:0859-34-5576/営業時間:18:00~翌2:00/定休日:日曜日/交通アクセス:JR米子駅から徒歩3分
タパスと呼ばれる小皿料理をつまみながらワインを傾け、 気の合う仲間や、隣り合うお客さんとの会話なんかも楽しんで下さい。 もちろんワイン100種類以上をはじめ、 ビール・ハイボール・カクテルや、焼酎・日本酒なども 多々当たり前に取り揃えておりますので、 気分に合わせてお使い下さいねっ!
引用元: http://chariano.jp/

「CHARIaNo」は、JR米子駅すぐのおしゃれなスペイン風のショットバー。ワインが充実しています。米子駅すぐの抜群のロケーション。グラスワインが490円とリーズナブル。おつまみ系の生ハムやサラミなどから、ガッツリパスタまでフードメニューも幅広いラインナップ。カウンター席もあり一人でも入りやすいお店です。

「CHARIaNo(チャリアーノ)」詳細情報

店名:CHARIaNo(チャリアーノ)/住所:鳥取県米子市明治町251/電話番号:0859-21-4567/営業時間:18時00分~0時00分/定休日:日曜日/交通アクセス:JR米子駅すぐ
Rbfd8bqct7568fgbelz8
引用: https://www.flickr.com/photos/159926292@N02/26695313108/
Rcsixabqzhwvlccjose6
引用: https://www.flickr.com/photos/d100d60/40611153571/
米子には、ショットバーよりも、ダイニングバー、居酒屋が数多くあります。大山Gビールをはじめとする地ビール、地酒もいいのですが、「山陰の大阪」とも呼ばれる米子。大阪に負けない「天下の台所」であり、「くいだおれの街」です。お店のスタッフに、鳥取名物、地鶏や鮮魚に合うワインや地酒をセレクトしてもらい、米子の夜を思う存分楽しんでくださいね。※掲載の情報は2018年7月現在のものとなります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/savorer/23702572114/