H0xj4zsalssrduwbmtxv

インド

CATEGORY | インド

インドのお土産2018年度版!紅茶やカレーなど限定品をゲットしよう!

2018.08.16

タージ・マハルやガンジス川などが有名なインド。エスニックな雰囲気に憧れて、旅行を考えている人も多いのではないでしょうか?今回はそんなインドのおすすめお土産をご紹介。紅茶やカレーから、お香やお菓子まで幅広いお土産を取り上げているので、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. インドのお土産①「お香&サシェ」
  2. インドのお土産②「石鹸」
  3. インドのお土産③「ヤギ革アイテム」
  4. インドのお土産④「カレー&スパイス」
  5. インドのお土産⑤「サモサスナック」
  6. インドのお土産⑥「クッキー系お菓子」
  7. インドのお土産⑦「紅茶」
  8. インドのお土産⑧「キングフィッシャー」
  9. インドのお土産⑨「シャンティリ・シラーズ」
  10. まとめ
お香大国としても知られているインド。ポピュラーなお土産として、お香は有名ですよね。なかでも人気の香りは白檀(サンダルウッド)。インドにあるカルナータカ州の特産です。白檀の香りには集中力を高めたり、身体の不調を和らげる効果があるそうですよ。お香自体はショッピングモールやお土産など至るところで購入することができますよ。
もしお香をお土産にするならシーシャムウッド材で作られたお香立てや、ハーブや香料を入れるにおい袋のサシェなどとセットにしてプレゼントするのがおすすめです。サシェは1袋約20円ほどで売られているものもありますから、バラ撒き用のお土産にもぴったり。とくにバンガロールにある、カヴェリーというショップで販売されているサシェがおすすめです。
インドではお香のほかにも、香りの良いものが愛されています。例えば、石鹸もそのひとつ。マイソールサンダルウッドソープはかなり有名ですが、今回おすすめしたいのはサティヤ・サイババ・ナグチャンパ。動物性油脂不使用の泡立ちきめ細やかな黄色い石鹸です。顔にも体にも使える便利さも魅力のひとつとなっています。
ナグチャンパというのは、インドの花。精油は儀式や瞑想に使われます。ほのかに香るクリーミーな甘さと気品の良さが特徴です。しかしながら洗った後も強く香りが残るかと言われればそうでもなく、ほのかに香る程度。だからこそ、日常使いができると評判なんですね。またエスニックなまた香りの良さはもちろん、さっぱりとした洗い上がりや肌のすべすべ具合も実感することができます。そんな実用性も高い石鹸のお土産は、喜ばれること間違いなしです。
インドの伝統工芸に、日本の革細工をもとにして発展した「ヤギ革工芸品」というものがあるということ、ご存知でしたか?手間と時間をかけて植物性のタンニンなめしで作られたヤギ革を、一枚一枚手作業にて型押し・色付けした小物たち。軽くて丈夫、しかも使えば使うほどあめ色になって味が出る。革本来の自然な良さがあると高い評判を得ています。
革製品は長く使えるうえに、品のある素材として男性にも女性にも人気です。とくにいつもバッグに入れて携帯できるポーチや印鑑入れのサイズは、使い勝手が良く重宝するもの。友人や家族へのお土産におすすめです。
インドと言えば、やっぱりカレー!本場のカレーは、やはりお土産にして日本に持って帰りたいものですよね。そこでおすすめなのが、レトルトのカレー。これはスーパーやコンビニ・空港など至るところで購入することができるうえ、150円~250円程度という安価な価格で手に入れることができます。コスパ良しで喜ばれるお土産なので、とてもおすすめです。
カレーは大きく分けてベジタリアン向けとそうでないノンベジ向けの商品にわかれます。価格でいうと、ベジタリアンカレーの方が安いですが、味はどちらも凝っていておいしいです。例えばほうれん草とカッテージチーズが入った 「パーラックパニール」。マイルドな味わいで、辛すぎるのがニガテな人におすすめ。ノンベジでポピュラーなのは、やはりチキンカレー。なかでもインドの5つ星ホテルの味を再現したKitchens of Indiaの「チキンダルバリ」はお肉がゴロゴロして食べごたえ満点!コクとスパイスも効いていておいしいと評判です。
またカレー好きで料理もするという人には、スパイスのプレゼントも良いですね。人気はガラムマサラ。カレーの仕上げに使用します。インドでは家庭によって配合が異なるそうなので、自分の好みの配分を見つけてくださいね。。50gで100円程度という安さなので、他にも何種類か買って帰っても良いかもしれません。
サモサとは、インドで軽食として食べられる料理のことを言います。じゃがいもや玉ねぎ・豆類と羊のひき肉を茹でてペースト状にし、それをクミンやターメリックなどのスパイスで味付け。小麦粉でできた皮に三角形で包んで揚げたものがサモサです。
そんなインドの定番料理を、スナックにしたのがこのサモサスナック。インドハーブや豆の粉を使用した本格スナックは、子どもから大人まで病みつきになるおいしさ。なかでもインドで人気のブランドJABSONSのサモサスナックは、信頼性が高いのでおすすめですよ。お酒のおつまみやちょっとした軽食にもぴったりです。
インドでクッキー?なんて不思議に思う人がいるかもしれません。しかしインドのお菓子のなかでも、クッキーはかなりおいしいんですよ!しかもスーパーやコンビニで気軽に購入できるうえ、個包装になっているものもあるので、ばら撒き用のお土産にぴったりです。お菓子は消えものですし、職場に配るお土産としても良いですよね。
おすすめは人気お菓子ブランドHIDE&SEEKのチョコレートチップ入りクッキー。インド人の好む味を研究して作られたお菓子なのだとか。現地の人はただお菓子として食べるのではなく、チャイにつけたり、ミルクにつけたりして食べているそうですよ。
世界最大の紅茶生産量を誇るインド。現地で販売されている紅茶の種類は実に幅広く、150円から買えるお手頃価格のものや、政府御用達のハイクラスなものまで揃っています。色々なお店を回って吟味するのがおすすめですが、何を選べば良いかわからない!という人のために、インドの紅茶のなかでとくにおすすめしたいブランドをいくつかご紹介します。
まずはお手頃価格で購入できる「ミッタルティー」。1954年に創業した老舗ブランドです。上品なパッケージと、品質の良い味わいが人気。直営店では試飲もさせてくれるので、自分の好みの味をじっくりと探すことができますよ。おすすめはマサラセットか、マンゴーティ。お店で購入すると日本への発送もしてくれるそうなので、まとめ買いをしたい人や手荷物をできるだけ減らしたい人は直営店に行きましょう。
またインド首相が小泉元首相に贈ったといわれる、インド政府御用達の「アプキパサンド」もおすすめです。こちらは最高級の品質を取り扱っており、紅茶好きなら一度は飲んでみたいものばかり。自分へのご褒美や特別な人へのプレゼントに適しています。
インドシェアナンバーワンビール「キングフィッシャー」。キングフィッシャーを意味するカワセミの絵が描かれたラベルがついているので、すぐに見つけられるかと思います。これは厳選された原料のみを使用したプレミアムビールとなっており、炭酸強めのスッキリ感と甘さと、コクのバランスの良さが特徴。
キングフィッシャーにはプレミアム・ストロング・レッドの3種類があり、プレミアムのアルコール度数は5%。飲みやすいので、気付かないうちに酔っ払い過ぎてしまわないように注意しましょう。ちなみに日本の空港では、1本760ml×3本までが免税範囲。それ以上を超えると申告&納税支払いが発生します。
引用: https://www.budouya.jp/upload/save_image/ind0013.jpg
「シャンティリ・シラーズ」はインドを代表するワイン。ダークレッドの赤ワインで、香りはベリー系とバニラをミックスさせたような甘やかさ。飲んでみると絹のようになめらな口あたりかつスパイシー、キメの細やかさが特徴的です。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/indiaathome/cabinet/wine/ctshiraz.jpg?_ex=400x400&s=0&r=1
インドワインの復興ともなった生産者シャトー・インデージの「シャンティリ・シラーズ」は、ラムやカレーなどの個性的な味わいの料理にもぴったり。ワイン好きにはぜひ試してもらいたい一品となっています。
インドには紅茶やお菓子、カレーやお香など幅広い種類のご当地土産が揃っています。そのうえ基本的にリーズナブルな値段のものが多いというのも嬉しいポイント。予算の範囲内で、贈る相手の好みや趣味に合わせたお土産選びができますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmdqBAQBiVp/