Hfv4b8fdnolluiu5dhle

中華人民共和国

CATEGORY | 中華人民共和国

【2018年完全版】香港旅行のおすすめ旅行プランをまとめてご紹介!

2019.01.06

100万ドルの夜景といわれる香港。今回は、その香港旅行へのおすすめの航空券のお得な取り方から、香港のおすすめの名所を効率的に周遊するにはどうしたらよいのかといった情報を提供致します。楽しい香港旅行にするために目を通してみてくださいね。

  1. 香港の充実した楽しみ方を知って香港旅行を楽しもう!
  2. 香港旅行はここから!おすすめの香港行き航空券の取り方!
  3. エチオピア航空でお得に香港旅行!圧倒的安さでおすすめ!
  4. LCCならやっぱり香港エクスプレス航空での旅行がおすすめ!
  5. バニラエア・ピーチアビエーションでの旅行もおすすめ!
  6. 香港旅行における名所を写真中心にお伝えします!
  7. 香港旅行の醍醐味!100万ドルの夜景を!超おすすめ!
  8. 香港旅行にきたなら、まちあるきでしょ!尖沙咀(チムサアチョイ)!
  9. 上環・中環・金鐘へと旅しよう!
  10. 香港のビジネス街、湾仔(ワンチャイ)とコーズウェイ・ベイ!
  11. いかがでしたか?
100万ドルの夜景といわれる香港。香辛料を取り扱う港であることから、この名前が付いたのだとか。その香港旅行を充実させるために必要な航空券購入テクニックやおすすめの観光名所をお伝えします。日本から近く、グルメもおいしい香港を観光するために必要なことを初心者にも分かりやすくお伝え致します!充実した香港旅行にするために名所観光スポットのことを中心に駆け足で書いていきますね!
現在、香港にはLCCを含め各地から様々な航空会社が就航しています。サービスも多種多様で迷ってしまいますが、私がおすすめするのはエチオピア航空と香港エクスプレス航空です。ただし、エチオピア航空は2018年6月までのテクニックなのでご注意くださいね。

なぜエチオピア航空をおすすめするのか?

画像:アディスアベバ行きだが、香港を経由することがかかれている成田空港の行き先案内板
 エチオピア航空は、アフリカのエチオピアに本社を置く航空会社ですが、2018年6月までは、香港に立ち寄り、乗降することができます。なぜこの航空会社をおすすめするのかというと、とにかくLCCではないのに、激安価格で航空券をゲットすることができるからです。つまり、手荷物が多い方だと、この航空会社が最安値になります。さらにANAのマイレージもお得にためることができます。ただ、6月からは経由地がソウル/仁川になるので、とても残念です。
機内の様子は、こちらの動画でご確認ください。
Wwxvgmtsiuucrhctcq53
引用: https://www.instagram.com/p/Be_n-eaguoY/
エチオピア航空はごらんの通り、最新鋭のB787を使用しているため、とても快適です。また、機内ではエチオピアコーヒーやエチオピアのビールを味わうことができます。
香港エクスプレス航空は香港に本社を置くLCCです。日本にも多数就航しており、成田空港や羽田空港をはじめ、南は石垣まで日本各地から行くことができるので、地方在住の方にもおすすめの航空会社です。手荷物が少なめで、ぷらっと香港旅行に行きたいなというときにおすすめです。香港エクスプレス航空は、航空券セールの開催が多く、セールをねらってとれれば、かなりお得に香港旅行を楽しむことができます。
成田からならバニラエア、関空ならピーチアビエーションも見逃せません。セールも結構やっていたりするので、こまめにサイトをチェックしてみるといいでしょう。
ここまでは、旅行のテクニックについてお話ししてきましたが、香港についたら、どういった観光地を巡ればいいのかをまとめました。

香港国際空港から香港中心部へのアクセスは、エアポートエクスプレスがおすすめ。

香港中心部へのアクセスはエアポートエクスプレスが、時間も正確で、はやいのでおすすめです。24分で香港駅に到着します。
香港旅行の醍醐味といえば、やはり夜景ですね!その夜景を十二分に楽しめるのが、ここ、ビクトリア・ピークです。写真は、花火大会の時ですが、普段でもビルの明かりがとても幻想的です。
シンフォニー・オブ・ライツといって、44のビルが同時にサーチライトを放つ姿はまさに圧巻の一言。これにあわせてクルーズ船なども運航されるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。香港観光の良い思い出になると思います。あとで述べる、中環(セントラル)地区からビクトリアピークは近いですよ。

香港の歴史を語る時計塔。

ここに九龍(クーロン)駅があったことを語ってくれる時計塔です。かつてはここに駅がありましたが、移転する際に一部が残されました。近くにはブルース・リーの銅像もたっていますよ。ここには、香港文化中心というコンサートホールもあります。

ネイザンロードを北上しながら観光!

九籠(クーロン)半島を中心に広がるネイザンロードの起点となる尖沙咀(チムサアチョイ)は、香港観光におけるマストポイントです。眠らない町として、香港最大の歓楽街でもあります。ここでは、ネイザンロードを南からご案内いたします。
夜でも特に人通りの多い繁華街。ネオンがいかにも香港らしいですね。レストランやショップも多いので歩いているだけで楽しめます。比較的治安のいい場所ですが、重慶大廈付近の片言の日本語で話しかけてくる偽ブランドの販売セールスやスリには注意してくださいね。

九龍公園

せっかくなので、九龍公園も見ていきましょう。中には香港の歴史遺産の展示がされている香港文物探知館や、香港最大のモスクである、九龍清真寺があります。

オープントップバス(2階建て観光バス)もおすすめ!

画像や動画を見てもお分かりだと思いますが、看板すれすれで通るので2階建てバスもおすすめです。スリル感が伝わってきます。香港を観光する際は、ぜひ本物を味わってみてくださいね!

佐敦(ジョーダン)で、ショッピングや、テンプルストリートを観光しよう!

佐敦(ジョーダン)駅を降りれば、そこはショッピング街。裕華国貨をはじめとしたお土産屋さんも数多く集まっています。裕華国貨を西に向かって1歩路地に入れば、テンプルストリートです。ここは通称、男人街と呼ばれ、男性好みのいろいろなものを売る店が現れます。その北の玉器市場(ジェイドストリート)には、魔よけ・お守りの露店も現れますよ。

B級グルメや香港の下町情緒がある油麻地(ヤウマティ)・女人街(トンチョイストリート)

さらに北に行った、上海ストリート沿いの油麻地(ヤウマティ)は、香港の下町として知られています。雑貨やB級グルメの店が並んでいて、昼も夜も見るのに飽きません。
ドラマの撮影などでもよく使われる油麻地警署です。
下町グルメを味わえるのもこの付近の醍醐味です。おすすめは女人街(トンチョイストリート)というところです。商品の多さにびっくりしますが、露店でグルメを味わうのもいいかもしれませんね。
このほかに上海ストリートと女人街を結ぶダンダスストリートという東西に延びる通りも軽食を出す店がたくさんあって、おすすめですよ。

女人街を北へ!旺角(モンコック)もおすすめ!

女人街をさらにいくと、旺角(モンコック)に出ます。おかゆの名店やゴールドフィッシュマーケットという、縁起物の金魚や観賞魚を扱う店が多く立ち並ぶところでだいたいネイザンロードの北の端っこに出ます。
さて、今度はヴィクトリア・ハーバーを南にわたって、これらの地区を見て回りましょう。ここには、下町と現代的な都市が融合した素晴らしい光景が広がっています。香港に行きたくなるたっぷりの魅力をご紹介いたします。

ウエスタン・マーケットが必見の上環(ションワン)

香港最古の建物の一つ、ウエスタン・マーケット付近をトラムが走っていますが、ここはぜひとも写真を撮影してほしい場所の1つです。ウエスタン・マーケットは現在、ショッピングモールとなっています。文武廟へ向かうキャットストリートも買い物が楽しい場所の1つです。文武廟は日本でいうところの天神様。勉学と武道の神様です。道教の聖地なので、くれぐれも撮影マナーなどには気を付けましょう。

石畳をのぼろう♪中環・金鐘は散歩が楽しい!

香港空港から向かう香港駅はこの地区にあります。石畳を中環駅からのぼっていけば、現代の街並みを下に見ながら、下町の風景に出会えることでしょう。さっき紹介したビクトリア・ピークもここが玄関口です。香港動植物公園や、ステンドグラスが美しい、セント・ジョンズ大聖堂が見どころ。香港公園のそばには、風水対決で話題となった中国銀行ビルも建っていますよ。そうすればもうすぐ金鐘駅。
香港島の内陸は庶民の街。ビクトリア湾沿いはビジネス街ですが、その両方を楽しめる湾仔地区と、コーズウェイベイをご紹介いたします。

湾仔はマーケットとビジネス街のまちあるきが楽しい!

湾仔マーケットが残る湾仔地区は、香港の伝統と、新しい香港を同時に見られる街。散歩もとても楽しいことでしょう。
古い町並みが残る一方で、香港会議展覧中心のような近未来的な建物もあって面白いです。

コーズウェイ・ベイでショッピングはいかがですか?

コーズウェイ・ベイは、ハイサン・プレイスや、タイムズ・スクエアといったショッピングモールや、日本でもおなじみのそごうがあって、買い物ならここ!という場所です。コスメ、アクセサリー、ブランドものならここで買い物がおすすめです!
主に香港までのアクセスと、香港中心部の名所を中心にご紹介いたしました。私もまた香港に行きたくなってきました。このほかにも香港郊外にはディズニーランドもありますよね。では、香港までよい旅を!