Agf4z5wjis5qachkumhg

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

シドニーのビーチ・おすすめの穴場ビーチをご紹介!【2018年版】

2018.08.07

オーストラリアでは最も都会ですが森にも海にも近く、自然がいっぱいのシドニー。オペラハウスやハーバーブリッジが有名なシドニーですが、絶対欠かせない美しいビーチもたくさんあります。今回はおすすめの人気リゾートビーチと穴場ビーチをご紹介します。

  1. シドニーのおすすめ人気ビーチ①ボンダイビーチ
  2. シドニーのおすすめ人気ビーチ②マンリービーチ
  3. シドニーのおすすめ穴場ビーチ①シェリービーチ
  4. シドニーのおすすめ穴場ビーチ②ブロンテビーチ
  5. まとめ
シドニーの中心地から約30分の所にあるボンダイは、高級住宅地として人気があるエリアです。そこにあるボンダイビーチ(Bondi Beach)は、シドニーっ子ならば誰でも知っている有名なビーチです。ボンダイとはオーストラリアの先住民族アボリジニの言葉で「岩を越える破水」を意味するそうです。シドニーからのアクセスが非常に良くバス1本で行けるので、シドニーっ子だけではなく観光客にも人気が高いビーチです。
ボンダイビーチではサーファーや観光客、海水浴や日光浴をする人が多く、1年を通して賑わっているリゾート地です。バス停付近にはレストランやサーフィンショップなどたくさんの店が軒を連ねます。ボンダイビーチの隣にはボンダイ アイスバーグという、海と繋がっているように見える絶景のプールがあります(有料)。ビーチ沿いに遊歩道が完備されており、散歩をするだけでもリゾート気分が味わえます。
ボンダイビーチと並び称させる人気のビーチが、マンリービーチ(Manly Beach)です。シドニーの北部にあり、オペラハウスの見えるサーキュラーキー埠頭からフェリーで30~40分で着きます。ヨーロッパのような町並みと真っ白な砂浜が印象的なビーチです。ビーチ沿いにはオシャレなカフェやレストラン、バーが立ち並び、ビーチを眺めながら食事をするだけでもリゾート気分が満喫できます。
夕焼けが美しいビーチなので、夕暮れ時にバーで乾杯をしながらビーチを眺めるのがおすすめです。ビーチでは1日15~20ドルでパラソルの貸し出しもしているので、日焼けが苦手な方でも安心して楽しめます。ストリートには土産屋やショップが軒を連ね、お土産やビーチグッズなど買い物が楽しめます。サーフショップも多いので、サーフブランドがお好きな方なら日本より安く手に入るかもしれませんよ。
マンリービーチのすぐ近くにあるのが、シェリービーチ(Shelly Beach)です。シェリービーチはマンリービーチの向かい側にあり、マンリービーチ右の海沿い徒歩20分ほどで着きます。スキューバダイビングやシュノーケルをするなら、断然シェリービーチがおすすめです。最も深い所で水深12メートルにもなります。そのため海の生物の種類が豊富で、ダイビングには最適なスポットです。波が穏やかなので、シュノーケルでも充分魚が見られます。
シェリービーチは遠浅で水が綺麗な穴場ビーチのため、子供連れのファミリーでも安心です。またエコツーリズムの一環として「エコトレジャー」というシュノーケリングツアーがあり、シュノーケル初心者でも安心して参加できるように、専門ガイドが約1時間、少人数グループでシュノーケリングを教えてくれます。シャワーやトイレ、バーベキュー施設もあるので、ピクニックでも楽しめます。
ボンダイから約2キロ、徒歩30分ほど南下した場所にあるのが、ブロンテビーチ(Bronte Beach)です。ボンダイビーチからのウォーキングコースを「コスタルウォーク」といい、美しい景色を眺めながら海岸線を歩けるルートとなっています。もちろんバスで行くことも可能です。賑やかなボンダイビーチから少し離れているので、人もあまり多くなく静かな穴場ビーチですが、海の美しさは抜群です。
ブロンテパークという広い公園に隣接しており、バーベキュー施設も整っているので、リゾート気分でランチを味わえます。ビーチの端にはプールもあります。また毎年12月には、ボンダイビーチからブロンテビーチまで泳ぐ遠泳イベントも開催されています。芝生でのんびり休憩するのも良いですし、海を眺めながらカフェでランチをするのも素敵ですね。
アクセスがしやすく人気のあるビーチとこだわりの穴場ビーチを4箇所ご紹介しました。海が綺麗なシドニーには、他にもたくさんの素敵なビーチがあります。お気に入りのビーチをぜひ見つけてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bl9T7j-BeVO/