K1gw1ppggldgdoafi6ql

オーストリア

CATEGORY | オーストリア

ウィーンのカフェ【2018年版】有名店からおしゃれなおすすめ店まで5選

2018.08.08

オーストリアの首都・ウィーン(Wien、Vienna)には、かつて作家や芸術家が集ったという歴史的カフェがたくさんあります。この記事ではウィーンの有名なカフェ、おしゃれなカフェ、朝食が食べられるカフェなど、5選をピックアップしました。

  1. 訪れたいウィーンのカフェ①カフェ・ツェントラル
  2. 訪れたいウィーンのカフェ②ゲルストナー
  3. 訪れたいウィーンのカフェ③カフェ・ザッハー
  4. 訪れたいウィーンのカフェ④カフェ・ムゼウム
  5. 訪れたいウィーンのカフェ⑤カフェ・ハヴェルカ
  6. まとめ:ウィーンのカフェでおしゃれなひと時を
カフェ・ツェントラル(Café Central)は、ウィーンを代表する老舗のカフェです。もともと「フェルステル宮殿」と呼ばれる建物で、カフェとしてオープンしたのが1876年。有名な文豪、作家、芸術家、文化人、政治家などの待ち合わせ場所として使われてきた、伝統あるカフェです。大理石柱や美しいアーチが印象的な、豪華な雰囲気のカフェです。
カフェ・ツェントラルのおすすめは、自家製のトルテ(ケーキ)類。フランス人パティシエが所属していて、多くの種類のトルテが揃っていることでも有名です。朝食メニューでは、トラディショナルなウィーンのモーニングをいただくことができます。値段は9€~16€程度です。
1874年創業のゲルストナー(Gerstner)は、オーストリア帝室御用達カフェとして有名な老舗カフェです。2014年に移転リニューアルした際、装飾的な内装のお店になったことで、フォトジェニックなカフェとして人気を集めています。エリザベート皇后の好物だった「スミレの砂糖漬け」や、オペラ座舞踏会のお土産として配った「キャンディー」などがおすすめです。
朝食メニューもあり、こちらは11:30までです。カイザーゼンメル(ロールパン)、クロワッサン、オレンジジュースなどがセットになった「ウィーン風ブレックファスト」は約12€から。毎週日曜日11:00~14:00は、ブランチメニューを提供しています。
Epghtzihnup17auetcyw
引用: https://www.flickr.com/photos/shisho_1975/9443798874/in/photolist-fovWow-4tqe1-9RmaDo-22HCZaw-PyB8Nt-eAmU4y-qkXVSu-7D4inN-B3EK8-4G2qTv-SzofAT-6vwWjv-4UNJQD-bbnRBx-8EXV2P-4UNJWr-4qZriq-q8xpcF-eBz3Lb-kxj-kwU-kxo-qUFQch-kxm-kwF-kxc-kx9-kwV-kxk-kwZ-kx1-kx8-kwQ-kwW-kwJ-kx6-kwN-bAVYGb-kwP-6ToTDC-4RjLdo-RwJhUt-9Zdf55-9ZakUr-9ZdewE-9Zdeih-9Zde39-9ZddMq-9ZajGx-9Zddpy
カフェ・ザッハー(Cafe Sacher)は、世界的に知られるウィーン名物のケーキ「ザッハトルテ」発祥の店です。ウィーン中で最も有名なカフェの一つでもあります。赤を貴重とした内装、きらびやかなシャンデリアなど、豪華で美しい店内は必見です。
カフェ・ザッハーのおすすめは、何と言ってもザッハトルテ。濃厚なチョコレート味がたまりません。朝食メニューもあり、ジュース、パン、スクランブルエッグ、サーモンなどのほか、小さな「ザッハトルテ」が付いてきます!値段は23€程度です。混み合うことが多いお店なので、朝8:00のオープンと同時に行くのがおすすめです。
Lcdwwfnykcurr6xp5cgn
引用: https://www.flickr.com/photos/buffo400/40396703155/in/photolist-24xHErZ-s42GZC-amuiC8-98BwgV-9MWPQe-amLDWE-amrK5h-XfZgFB-263mUe8-VSjAZb-7rwtPU-pVuwPa-Wkqifo-Xw2c23-fKVnXZ-JZXPFt-qpmTvJ-amsvHs-avpagJ-amtaHr-W8j2rn-avpxiG-qCD1AU-ZXgx8X-amsgZ2-scRLrF-kyPhy-e3GfwD-rxhrZr-DH9NP3-RKyBA5-SgDbGo-KJj2xL-dsT9hX-26oaydy-SXndkV-9f9dpf-pMYsj3-peMD4r-RbWsyw-bPTtZg-ELCnqE-qU6Fs9-ZSz5zf-UPE6NJ-qHM8sC-6TU6qw-qCDqfY-DMiNKz-Gbfwam
1898年創業のカフェ・ムゼウム(Café Museum)は、芸術家が通ったことで知られるカフェです。クリムト、エゴンシーレなどが愛用していました。カフェ・ムゼウムのおすすめメニューは「カイザーシュマーレン」。パンケーキのフルーツ添えのようなお菓子で、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が好んだデザートとされています。
朝食時は、パン、ゆで卵、ジャム、コーヒー、オレンジジュースなど、クラシカルなウィーン風モーニングをいただくことができます。日替わりランチもあり、地元食が楽しめるカフェです。「ラントマン」「モーツァルト」等のカフェと系列店のため、一部同じメニューが提供されています。
1939年にオープンしたカフェ・ハヴェルカ(Café Hawelka)は、聖シュテファン大聖堂の近くにある小さなカフェです。著名人や芸術家が通ったことで知られています。開店から100年以上、内装はほとんど変わっていないとのこと。こじんまりとしたレトロな雰囲気が魅力のお店です。
店内は、まるで当時にタイムスリップしたような雰囲気です。人気メニューは「ブフテルン」。中にジャムが入ったパン生地に、粉糖が振りかけられたお菓子です。焼き立てふわふわのブフテルンは、一度は食べてみたい絶品グルメです。8:00から開店しているので、朝食を食べに行くのもおすすめです。
今回は、ウィーンで訪れたいおすすめカフェをご紹介しました。最も有名なカフェ・ツェントラルや、ザッハトルテが有名なカフェ・ザッハー、レトロな雰囲気が人気のカフェ・ハヴェルカなど、5選をピックアップしました。参考にして、歴史あるウィーンのカフェを楽しんでみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/somkuti/28817731168/