Jnainxbgvitvx3vpojpv

九州

CATEGORY | 九州

【2018年完全版】九州旅行のおすすめ旅行プランをまとめてご紹介!

2018.02.25

旅行とは知らない所に行って、日常を離れその土地でなければ経験しえない新たな見聞きや体験をすることだと思います。でも、旅行中のアクシデントは困る。この記事では、九州旅行をご計画中の方に、失敗しない九州の観光プラン、成功する観光プランをご紹介いたします。

  1. 1.話題の九州観光旅行プラン 西郷どんゆかりの地を訪ねる 鹿児島プラン
  2. 2.古代を巡る九州観光旅行プラン 古代の金印と吉野ヶ里遺跡プラン
  3. 3.九州の定番観光旅行プラン やまなみハイウェイコース
  4. 4.九州の人気温泉地を巡る観光旅行プラン別府・湯布院・黒川プラン
  5. 5. 大地の鼓動が感じられる九州観光旅行プラン 雲仙島原プラン
  6. 6.海を満喫しキリシタン史跡めぐりができる九州観光旅行プラン 天草プラン
  7. 7. 歴史的な文化遺産に触れる九州観光旅行プラン 大宰府プラン
  8. 8.九州の水郷と庭園でくつろぐ観光旅行プラン 柳川プラン
  9. 9. 神話の古里を巡る九州観光旅行プラン 宮崎コース
  10. 10.北九州観光旅行プラン 門司港ノスタルジックプラン
  11. 九州旅行のおすすめ旅行プラン まとめ

お奨めする理由

2018年のNHK大河ドラマは、明治維新の立役者西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」(せごどん)です。この九州観光プランは、西郷隆盛が生まれ育った鹿児島のゆかりの地を訪ねます。目の前ともいえる距離に桜島があり、地球の鼓動が聞こえてくるようです。このプランは、現在一押しの九州旅行プランです。歴史と新しさが共存する街である鹿児島の旅はいかがですか。
Pwgwj3jbiev7udfkhnjh
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

旅行プランを構成する主な観光拠点

鹿児島では、西郷どんゆかりの地として、島津家19代光久公の別邸である名勝仙巌園・薩摩と島津家の歴史が学べる尚古集成館、西南戦争の激戦地となった城山展望台、西郷隆盛が5日間立てこもり最後の夜を過ごした西郷洞窟、軍服姿で高さ8メートルの西郷隆盛銅像を巡り、鹿児島を代表する黒豚料理と白熊スイーツを食し、西郷隆盛が愛した桜島も満喫できます。
Ouqfch1pv5gnjzgnlzeo
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

お奨めする理由

邪馬台国当時の古代に触れる観光旅行プランです。西暦57年に漢の皇帝から倭奴国王が授かったとされる教科書で有名な漢委奴國王(かんのわのなのこくおう)の金印を、間近に見ることができます。西日本最大級の吉野ヶ里遺跡で弥生時代700年間の移り変わりを知ることができます。この九州旅行プランは国宝金印を間近で見学するという価値があるプランです。
Rvvgd7oykxocgqwtnir3
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

旅行プランを構成する主な観光拠点

国宝の金印が見学できる福岡市博物館、佐賀県唐津市で末盧國(まつろこく)、福岡県糸島市と福岡県福岡市にまたがる伊都国(いとこく)、福岡県福岡市奴国(なこく)と邪馬台国時代に北九州に存在した比定される地を巡ります。その後吉野ヶ里遺跡で南内郭で住空間を、北内郭で儀式や祭りごとを、南の村で復元された畑を見学し約600年続いたとされる弥生時代を体感します。
Osys0ua4nttvz7wvymqj
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

お奨めする理由

別府と阿蘇を結ぶ九州を代表する観光ルートを往く旅行プランです。約50キロメートル続くやまなみハイウェイ沿いにはビューポイントが続き、活火山である阿蘇山や九重連山というスケールの大きい風景に出会えます。阿蘇は名水の豊富な所で、この名水が育んだおいしい野菜は定評があります。このエリアは、高森田楽、阿蘇の名水そば、高菜めし等の郷土料理の宝庫でもあります。大自然に抱かれた遊びのメッカでもあり九州旅行の醍醐味が味わえる旅行プランです。
Lzuoa7ygr8qyvufvhg4w
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

旅行プランを構成する主な観光拠点

年間で約500種約500万本の花が見られるくじゅう花公園、やまなみハイウェイ最高地点の牧の戸峠展望台、九重連山のビューポイントである長者原ビジターセンター、珍しい動植物が見られるタデ湿原、動物と温泉に癒される九重やまなみ牧場、標高777メートルに架かる全長390メートルの壮大なつり橋である九重夢大吊橋、阿蘇を一望できる大観峰、烏帽子山中腹にある草千里ヶ浜、活火山らしい景観が盛られる阿蘇中岳(立ち入り規制されることがあります)を巡ります。
V0yth9u8lsphjsabz8s2
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

お奨めする理由

Ddq5rv0rezqzastt0yxe
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)
この九州観光プランは九州観光に欠かせないアイテムの一つ温泉がテーマです。九州は温泉王国で数多くの温泉がありますが、有名で人気の高い九州を代表する三つの温泉を巡ります。源泉量と湧出量が全国一位で温泉地らしくあちこちから湯けむりが上がる別府温泉、源泉数全国二位で露天風呂が多い湯布院温泉、人気の高く温泉地らしい雰囲気が漂う黒川温泉が楽しめます。
Df7r08c2vyczhc3vcced
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

旅行プランを構成する主な観光拠点

別府温泉では海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄からなる別府地獄めぐりを楽しんだ後、別府8湯の一つである鉄輪温泉に入湯します。湯布院温泉では湯の坪街道ち金鱗湖を散策後に入湯します。黒川温泉では温泉情緒を満喫していただいた後、入湯手形で全25施設の中からお好きな3施設の温泉を楽しんでいただきます。

お奨めする理由

地球の息吹を感じる雲仙、城下町の風情に触れる島原を旅する九州観光旅行プランです。雲仙普賢岳と雲仙地獄を間近に感じることができるこの九州観光旅行プランは、自然が持つ恐怖と自然がくれる恵みの両方を同時に感じることができます。ロープウェイで登る仁田峠からは島原半島を一望する絶景に出合え、水の都で鯉が泳ぐ島原では城下町風情をお楽しみいただけます。
Z6nezifk2lrrczxuguxr
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

旅行プランを構成する主な観光拠点

約30あるといわれる雲仙地獄では邪見地獄とお糸地獄を見学します。仁田峠では雲仙ロープウェイを使っていく妙見岳展望所(標高1333メートル)からは360度のパノラマ風景をお楽しみいただきます。島原では、美しい島原城でキリシタン資料や郷土資料を見学後に、水の都としての風情を残す城下町を散策し島原武家屋敷で往時を凌いでいただきます。
Vvbod9nigmk2fbtz6jqr
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

お奨めする理由

天草上島、天草下島を代表とする120余りの島々を望みながら伸びる天草五橋・天草パールラインのドライブをお楽しみいただきます。天草五橋・天草パールラインには快適でビューポイントが満載です。天草地方は、東シナ海、八代海、島原湾、天草灘に囲まれ、海の幸、新鮮魚介グルメにも定評があります。海を満喫しキリシタン史跡めぐりができる九州旅行プラン天草プランはいかがでしょうか。
W9p8hvazediyn6bmhohm
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

旅行プランを構成する主な観光拠点

天草五橋・天草パールラインからは日本三大松島といわれる海と島々からなる美しい風景をお楽しみいただけます。天草四郎関連の史跡やキリシタン関連の史跡として天草四郎メモリアルホール、天草キリシタン館、大江教会、天草ロザリオ館、崎津教会を巡ります。異国情緒満点の天草に出合えます。通詞島沖合の海域でイルカウオッチングをお楽しみいただきます。
Zjkeeca7wv3zr8dnzqbr
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

お奨めする理由

年間約700万人もの人が参拝するといわれる大宰府天満宮を中心にしたエリアを巡る九州観光プランの定番プランです。大宰府天満宮参道(門前町)での食べ歩きは、大宰府観光には欠かせない旅の魅力の一つです。菅原道真が赴任した遠の朝廷といわれた大宰府政庁があった街で、古より栄えた町で中央の都とも直接繋がりを持っており、文化水準の高さには定評があります。大宰府天満宮は花の名所でもあり、1月下旬から3月上旬の梅、4月中旬から5月下旬の樟若葉、6月初旬から中旬の花菖蒲が好評です。

旅行プランを構成する主な観光拠点

大宰府天満宮では、桃山時代建造の本殿、過去・現在・未来を表す太鼓橋、平橋、表側と裏側で表情がことなるといわれる楼門、頭を撫でると知恵が増すといわれる御神牛、日本をアジア全体から捉えて展示する九州国立博物館、7世紀後半の役所跡である大宰府政庁跡、苔寺とも言われる光明禅寺、パワースポットとして竈戸神社、天開稲荷社を巡ります。
D0cxiuwgb4d3frkmrbtu
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

お奨めする理由

市街地を流れる掘割には柳が植えられ、七曲り七めぐりといわれる川下りお堀めぐりのどんこ舟が約70分かけてゆっくりと進んでいきます。旧藩主立花氏の別邸である御花、松濤園で全国的に有名な水の都である柳川は、北原白秋が生まれた所としても有名です。独特の豊かな食文化を持つ鰻のせいろ蒸し、柳川鍋、有明海料理など柳川名物料理が楽しめます。この九州旅行プラン柳川プランは、九州の水郷と庭園でくつろぐ旅行プランです。
Rfgebnyzrcyr6pw02u7p
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com

旅行プランを構成する主な観光拠点

お堀巡りのどんこ舟で、城堀水門、なまこ壁、並倉、弥兵衛門橋、蜘蛛手棚、を巡ります。全国的に有名な旧藩主立花氏の別邸・御花、松濤園では、由緒ある建物、立花家資料館、西洋館と美しく素晴らしい庭園を鑑賞します。時間が許す限り柳川の町を散策し、北原白秋生家・記念館を訪ねます。

お奨めする理由

天孫降臨の地であり神話が生きている街である宮崎で、宮崎神宮、高千穂、青島、鵜戸、西都原を旅行します。天照大御神から神武天皇へ繋がる日本神話の世界が身近に感じられる九州旅行プランです。高千穂では重要無形文化財に指定されている夜神楽を楽しみ、青島や鵜戸では山幸彦のパワースポットを多数巡ります。宮崎は海の幸山の幸に恵まれています。宮崎牛、宮崎地鶏、南国フルーツなどグルメ派も満足することができます。九州旅行プラン宮崎プランで、神秘的で素朴な旅が楽しめます。
Alns38cgexmgzlwyvyva
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

旅行プランを構成する主な観光拠点

宮崎では宮崎神宮、皇宮神社(皇宮屋)、江田神社、住吉神社、御池を参拝します。高千穂では、高千穂神社、荒立神社、天岩戸神社、天安河原、槵觸神社(くしふる)を巡り古事記や日本書紀の息吹を感じ、夜は重要無形文化財に指定されている夜神楽を楽しみます。山幸彦のパワースポットとして青島では青島神社と鬼の洗濯岩を、鵜戸では鵜戸神宮に参拝します。
Jzix5m5j2jqzxz6femlk
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

お奨めする理由

北九州市門司港エリアには、日本に繁栄をもたらした明治から大正の雰囲気のある建物が点在しています。旧門司三井倶楽部などレトロな建物の中には、レストランを併設しているものや、おしゃれなカフェが多いエリアです。路地裏に一足伸ばせば、新たな発見がありそうな予感が充分です。この九州旅行プランは移動距離の少ない比較的に狭いエリアを集中的に観光するプランです。
Ipfz7ukr2gyb2alnnd5q
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)

旅行プランを構成する主な観光拠点

門司港では、JR門司港駅、九州鉄道記念館、旧門司税関、旧大阪商船、旧門司三井倶楽部、関門海峡ミュージアム、国際友好記念図書館、ホーム・リンガ紹介、門司郵船ビル、北九州銀行門司支店、門司電気通信レトロ館などレトロな雰囲気が漂う建築物と門司港レトロ展望室(地上103メートル・31階)を巡ります。
M2yiee3lxgfo9otevtdv
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)
九州の観光旅行をご計画中の方に、失敗しないご九州観光旅行プランを紹介することを目的に 九州の観光旅行プランをランキング形式でご案内してきました。九州は見どころの多いところです。九州の観光旅行は、海の幸や山の幸のグルメに恵まれ、そこに風景、景観、温泉、体験、歴史散策等観光要素を組み合わせることによって魅力的でバラエティ感あふれる九州観光旅行プランが構築されていきます。ぜひこのサイトが九州を観光旅行しようとされている皆様のお役に立てることを祈念いたします。
Ubagszzlg4hkydsjz80c
引用: ぱくたそ(www.pakutaso.com)