Da0yn09zltuiodqwuyzi

カナダ

CATEGORY | カナダ

ビクトリアのランチ2018年版【カナダ】人気レストランやカフェなど4選

2018.08.08

カナダで人気の観光地として知られている、ビクトリア。 ビクトリアに観光の際の、ランチやカフェはもうお決まりですか? まだ何も決まっていないという方必見! ビクトリアのランチ人気レストランやカフェなど4選をご紹介いたします!

  1. 【おすすめビクトリアランチ・カフェ】➀chattime
  2. 【おすすめビクトリアランチ・カフェ】②The Keg Steakhouse + Bar
  3. 【おすすめビクトリアランチ・カフェ】③Red Fish Blue Fish
  4. 【おすすめビクトリアランチ・カフェ】④Fishhook
  5. まとめ
最近新しくオープンした、タピオカ専門店chattime! ヴィクトリア名物というわけではないですが、新しくできて人気のカフェなのでおすすめ! 台湾タピオカと本格的な味がカナダでも楽しむことができます! 容器もかわいくてフォトジェニック! 暑い日はテイクアウトでいかがでしょうか?
ビクトリアにもタピオカのお店が新しくオープンしてた! タピオカの流行りが伺える!! っていっても店員さんもお客さんもみんなアジア人😂😂😂 やっぱ欧米の人はあんまりなのかな?😳 味は日本とおんなじ感じで普通においしい!❤️🤩

ステーキレストランのThe Keg Steakhouse + Bar! ステーキはもちろんのこと、名物のロブスターもいただくことができます。 プレートにステーキもロブスターものっているなんて、とっても上品ですよね! 地元でも人気のレストラン、ヴィクトリアでの贅沢ランチ・ディナーにいかがでしょうか?
ステーキレストランThe Keg(ケーグ)に行ってきました。 私は欲張りなので毎回ステーキ&ロブスターをオーダーしちゃいます。旦那さんは本日のスペシャルをオーダー。 (デザートは記念日だったのでサービスでいただきました) ドリンク、サラダ、メイン2品で$100近くするので、お高めですがシェアしたりもありです。 レストランは2カ所でダウンタウンとサーニッチです。車で行く方は駐車場があるサーニッチがオススメですね。

地元民にも人気の高いレストランRed Fish Blue Fish! ヴィクトリア名物のシーフードや、フィッシュアンドチップスをいただくことができます。 海を眺めながら開放的にいただくランチはとっても美味しく、おすすめ! かなり混雑していることも多いようですが、近くに行く際は是非寄ってみてはいかがでしょうか?
地元では有名なお店です。いつも混んでいます。注文してから作りますので少し待ちます。名前を呼ばれて取りに行き、海の桟橋のようなテラス席で自由に食べることができます。値段はそこそこしますが、ボリュームもあり、開放的ま自由な雰囲気でおいしくいただけます。

Sdrro27glmgqss7vhrew
引用: https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g154945-d7057057-Reviews-Fishhook-Victoria_Victoria_Capital_Regional_District_Vancouver_Island_British_Col.html
カナダ名物のシーフードをはじめ、具だくさんのオープンサンドイッチが人気のレストラン、Fishhook! レストランですが、カフェの利用も可能です。 見た目もフォトジェニックなオープンサンドは味付けもカナダらしく、スパイスが利いていて美味しい! サンドイッチ以外にもシーフードを中心としたメニューが豊富にそろっており、プレートランチなどもあります。 並ぶことは間違いなしの人気店ですが、ぜひ行ってみていただきたいおすすめレストラン・カフェです。
おしゃれで流行の店が密集すると言わている(らしい)Fort Streetにあります。私たちはエビの載ったオープンサンドイッチ(tartine)とチャウダー(Fishhook Chowder)を頼みました。 どちらも手作り感溢れてます。オープンサンドイッチはピリ辛のスパイスが利いており、チャウダーは大きめの野菜がゴロゴロと入っており、とても美味しかったです。カレーなんかも作ってるみたいですね。プレートメニューの方は少し割高だったのですが、いつか機会があったら食べてみたい。隣のテーブルには小さな子供連れの夫婦が座っていました。お店の人もとてもフレンドリーで、気持ちよかったです。

いかがでしょうか? 名物のシーフードを食べられるおすすめカフェ、レストランを中心にご紹介しました! ヴィクトリアを刊行の際にはぜひ、行ってみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20160137028post-6719.html