If7miyboyq0knh96mo1s

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

メルボルンのお土産・人気のお菓子や雑貨など5選【2018年版】

2019.02.15

メルボルンは「世界一住みやすい街」と言われており、芸術や自然あふれるオーストラリアの人気観光地です。そんなメルボルンへ旅行に行った際のお土産として、数あるお菓子や雑貨・コスメの中から、同僚や友達にあげて喜ばれる定番のお土産を5つ紹介いたします。

  1. メルボルンのお土産【定番】その1:コーヒー
  2. メルボルンのお土産【定番】その2:ティムタム(TimTam)
  3. メルボルンのお土産【定番】その3:ベジマイト(Vegemite)
  4. メルボルンのお土産【定番】その4:オイントメントクリーム
  5. メルボルンのお土産【定番】その5:メルボルナリアの雑貨
  6. おわりに
実はメルボルンは「カフェの街」と言われており、カフェ文化発祥の地です。なので現地の人たちは、コーヒーを深く愛しておりますし、街を歩いているとたくさんのおしゃれカフェが軒を連ねています。
内観だけでなく、外観からしてとてもおしゃれなカフェがたくさんあるので、歩いているだけでワクワクしてきますね。コーヒーの抽出方法についても、フィルターやサイフォン等それぞれのお店によってこだわりがあるそうです。メルボルンを訪れる際はぜひ、カフェ巡りをして様々なお店のコーヒーの味を楽しんでみてはいかがですか?
日本のスーパーでも輸入菓子コーナーに並んでいる光景をよく見かけるくらい有名なこのお菓子は、オーストラリア発祥です。ビスケットでチョコレートクリームを挟み、それをさらにチョコレートでコーティングした、甘党にはたまらない一品となっており、美味しすぎて中毒になる!という声も!?
現地のスーパーであればだいたいどのお店でも手に入れることができますし、日本にはない限定フレーバーなども多数販売されています。オーストラリアに旅行に行った際にはほとんどの人が購入するであろうお菓子、ティムタム。個人的にもおすすめしたいマストバイアイテムです!
オーストラリア人の国民食として有名なベジマイト。こちらもティムタム同様、現地のスーパーで手軽に購入できます。トーストに塗って食べる食べ方がよく知られておりますが、日本人からの評判としてはかなり好き嫌いが分かれます。味としては、「塩辛い」という表現が一番近く、とても独特な味を持っています。
1瓶買うには量が多いし、万が一口に合わなかったら・・といった不安がある人は、こういった1回分ごとの個別タイプも販売されているそうです。このサイズだと、お試しとして自分用にも、同僚や友人へのばらまき土産にもぴったりですね。
ルーカスポーポーのオイントメントクリームは、パパイアを主成分としたクリームです。肌の乾燥・日焼けケア・リップケアの他にも、火傷や虫さされにも効果がある万能クリームで、セレブや海外のYoutuberの方にも大変人気だそうです。
日本でいうところの、オロナインのような位置付けに値するらしいこのクリーム。こちらも現地のスーパーなどで簡単に購入できます。女性にあげると間違いのない、優秀なばらまき土産でしょう。
メルボルンで雑貨をゲットしたい人におすすめなショップが、メルボルナリアという雑貨やさんです。店内はとてもカラフルで可愛い雰囲気となっており、雑貨はとてもおしゃれで可愛いものばかり。可愛いもの好きの女子なら興奮すること間違いなしの店内です。
オーストラリアに生息する動物をモチーフに作られた石鹸・キャンドルや、メルボルンという文字ロゴが入ったTシャツなど、たくさんの定番雑貨が販売されています。お店を見ているだけでも十分楽しめるので、メルボルンの雑貨探しに是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
今回は、メルボルンで手に入る定番お土産を5つ紹介いたしました。メルボルンは、世界一住みやすい街に選ばれていることもあり、治安が比較的良いため安心して観光できる旅行先としても人気です。カフェ巡りやアートに加えて、海などの自然も存分に楽しむことができる魅力たっぷりのメルボルンを訪れた思い出としてお土産を買う際に、参考になれば幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/メルボルン-高層ビル-アーキテクチャ-オーストラリア-市-2262233/