Ynrbj6iacjjlm2k3fqh8

青森

CATEGORY | 青森

八戸のお土産【2018年版】海産物やお酒にお菓子までいろいろ選べる!

2019.01.16

青森県の太平洋側に位置する都市「八戸市」。海の町と漁業などが盛んです。また種差海岸や蕪島神社などの観光名所もあって、全国各地から足を運ぶ人がたくさんいます。八戸に来たらぜひお土産を買う時の参考にしてみてください。八戸の人気のお土産最新情報を発信しますね!

  1. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで①いちご煮(味の加久の屋)
  2. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで②陸奥八仙(八戸酒造)
  3. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで③朝の八甲田(アルパジョン)
  4. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで④鯖の冷燻(ディメール)
  5. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで⑤八戸せんべい(八戸東洋)
  6. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで⑥なかよし(花万食品)
  7. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで⑦スタミナ源たれ(上北農産加工)
  8. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで⑧鶴子饅頭(萬榮堂)
  9. 八戸のお土産・海産物・お酒・お菓子まで⑨八戸ポテト(デコール)
  10. 八戸のお土産を買おう!
八戸のど定番土産として知られているのは「いちご煮」の缶詰です。八戸郷土料理で、昔からお正月やお祝い事などで食べられています。いちご煮とは、ウニやアワビなどを入れた潮汁のことです。”いちご”とは、あの果物のいちごではなく、八戸の朝もやに浮かぶ野苺のように見えるという事から名づけられました。
食べ方はそのまま温めてお吸い物として食べるのも良いですが、この1缶をご飯を一緒に炊き込むことで、「いちご煮の炊き込みご飯」としてもおいしく頂けます!全国的にも人気でご贈答やお土産として渡すと大変喜びますよ!

■詳細情報(主な販売店)

名称:(株)中合 三春屋店 / 住所:青森県八戸市十三日町13 / TEL: 0178-24-7111 / アクセス:JR八戸線で本八戸駅から徒歩10分 / 営業時間:10時00分~20時00分 / 定休日:不定休
八戸の港町にある老舗の酒造「八戸酒造 陸奥八仙」。八戸新井田川沿いにある蔵で港で働く地元民から愛されてきました。今は全国的にも有名な日本酒にとして人気を呼んでおり、地元の居酒屋を始め、東京などの有名居酒屋などでも取り扱っているほど人気です。
八戸酒造は事前に予約させすれば、蔵の中を見学することもできるんですよ!観光地としても利用者が増えています。造り立ての八仙をぜひお土産にいかがですか?八戸を代表とする日本酒をぜひご賞味ください。

■詳細情報

名称:セプ・ドール類家店 / 住所:青森県八戸市南類家3-2-22 / TEL:0178ー44ー4841 / アクセス:小中野駅から直線距離で1811m / 営業時間:9:00〜21:30 / 定休日:不定休
テレビやSNSで何度も有名芸能人やモデルたちが紹介したことで知られているアルパジョンの「朝の八甲田」。これは近年ど定番八戸土産として急上昇しています!八戸に来たらぜひ購入してほしいチーズケーキです。
冷蔵販売されているので日持ちがします。食べる時は冷凍庫から取り出し、解凍しきれていない状態で食べてみましょう!朝の八甲田の原料の卵は、青森のシャモロックというブランド卵を使用しています。濃厚で口当たり滑らかな味わいをぜひお土産として利用してみてください。

■詳細情報

名称:ケーキハウスアルパジョン湊高台店 / 住所:青森県八戸市湊高台6-5-17 / TEL: 0178-35-1555 / アクセス:八戸線 白銀駅 車 6分 / 営業時間:10:00 ~ 20:00 / 定休日:不定休
八戸は鯖の水揚げ量が日本一を誇ります。そのため、八戸には鯖の加工する会社がたくさんあります。鯖は缶詰の他にもしめ鯖として加工し製造販売を行っています。そして八戸以外のにもお土産として購入するほど人気急上昇中です!
しめ鯖の中でも、”ディメール”が製造を行っている「鯖の冷燻」です。通常のしめ鯖を贅沢に燻製にしました。食べた時の口の中に燻製の香りが充満し、本来のしめ鯖の概念を覆すほど驚きの味です!お酒のアテなどにいかがですか?

■詳細情報(主な販売店)

名称:ユートリー・八戸地域地場産業振興センター(お土産ショップ) / 住所:青森県八戸市一番町1-9-22 / TEL:9:00~19:00 / アクセス:八戸駅東口から徒歩1分 / 営業時間:9:00~19:00 / 定休日:不定休
B-1グランプリ発祥の地八戸のB級グルメとして知られている「八戸せんべい汁」がお土産として購入できます。B級グルメでありますが、八戸の昔ながらの郷土料理なのです。
スープは鶏だしで、ゴボウや人参などが具材となり、八戸の南部せんべいという”せんべい汁用”の白いおせんべいを使用します。スープを吸ったせんべいは、フワフワのお麩を食べているかのようで絶品です!八戸のお土産としてぜひどうぞ!

■詳細情報(主な販売店)

名称:ユートリー・八戸地域地場産業振興センター(お土産ショップ) / 住所:青森県八戸市一番町1-9-22 / TEL:9:00~19:00 / アクセス:八戸駅東口から徒歩1分 / 営業時間:9:00~19:00 / 定休日:不定休
八戸は海の街、鯖の水揚げ量と並行して、実はイカも日本一です!八戸は太平洋に面しているので、新鮮な魚介類が豊富です。その中、八戸冲のイカだけを使用したイカの加工会社の「花万食品 なかよし」はいかがですか?
”なかよし”は、イカを薄く伸ばしたものの間に、オランダ産のチーズを贅沢に使った一品です。ほどよい塩味が後を引き、食べたら病みつきになりますよ!イカとチーズの絶妙なハーモニーをぜひ堪能してください。

■詳細情報

名称:八食センター / 住所:青森県八戸市河原木字神才22-2 / TEL:0178-28-9311 / アクセス:車・八戸駅から10分 / 営業時間:9:00~18:00 / 定休日:水曜日
八戸と周辺の十和田市などでは、通称”源たれ”と呼ばれる「スタミナ源たれ」があります。これは、青森のりんごとにんにくなどをブレンドした青森県自慢の商品です。当初は焼き肉用のたれとして利用されていましたが、近年は万能調味料として、から揚げに使用したり、お鍋やサラダなどにも利用して人気があります。
八戸の家庭には必ず1本は常備されている「スタミナ源たれ」は、今では関東のスーパーでも販売されているほど人気です。まだ使ったことのない人へお土産にいかがですか?

■詳細情報(主な販売店)

名称:さくら野八戸店 / 住所:青森県八戸市三日町13 / TEL:0178-44-1151 / アクセス:八戸線 本八戸駅 徒歩10分 / 営業時間:10:00~19:00 / 定休日:不定休
八戸には歴史ある「櫛引八幡宮」があります。古くから住民から「八幡の八幡様」として知られ、この櫛引八幡宮の入り口に「鶴子饅頭」が売られている”萬榮堂”があります。大正10年創業から変わらぬ味を守り続けています。
この鶴子饅頭は八戸の伝統的なお菓子で、中にはこしあんが入っており、黒糖の生地で被せ、外は甘さ控えめの落雁でまぶしています。昔から櫛引八幡宮へ献上されていたという事から、八戸を代表とする和菓子となっています。八戸の伝統和菓子「鶴子饅頭」をぜひ味わってください。

■詳細情報

名称:萬榮堂 / 住所:青森県八戸市八幡五日町2-9 / TEL:0178-27-3017 / アクセス:八戸駅から2,102m / 営業時間:8:30~17:00 ※2018年、道路拡張工事あり。詳しくはお店に問い合わせください / 定休日:火曜日
2005年にモンドセレクション金賞を受賞し、先に紹介した”朝の八甲田”に匹敵するくらい人気急上昇「八戸ポテト」をお土産にいかがですか?八戸の人気洋子店「デコール」が製造販売を行っています。単品ずつ購入できるので、ちょっとしたお土産にも便利ですよ!
こちらは八戸オリジナルのスイートポテトです。原料は厳選された茨城県産の金時芋を使用し、天然の甘みを引き出し、まるでホクホクに焼き上げたような仕上がりです。定番の八戸ポテト以外にも、イカ墨入りも販売されています。ぜひ一度味わってください。

■詳細情報(主な販売店)

名称:デコール 住所:青森県八戸市青葉3-2-1 / TEL:0178-22-0141 / アクセス:JR八戸線 小中野 徒歩 13分 / 営業時間:営業時間:月~日、祝日、祝前日: 09:00~20:00 / 定休日:不定休
いかがでしたか?八戸にはたくさんおすすめしたいお土産がありましたが、その中でも人気でぜひおすすめしたいお土産を紹介してみました。八戸は海の街です。そのため海の加工品などが特に人気ですが、八戸の郷土料理や、オリジナルの洋菓子などもぜひお土産として購入してほしいですね。ぜひ八戸へ訪れた時のお土産品選びに参考にしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bl_7ZROluwT/?tagged=%E5%85%AB%E6%88%B8%E9%85%92%E9%80%A0