Iny9gnpuxgupfdwinmrc

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など【2018年度版】

2018.08.16

海外旅行の必需品といえば、携帯電話!地図で場所を調べたり、オーストラリアの大自然をSNSにすぐにアップしたりしたいけど、simカードを買おうか、wifiを借りようかとお悩みの方も多いのでは?そこで、オーストラリアでのsimカード事情をご紹介します。

  1. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - 通信手段
  2. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - 通信事情
  3. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - 出発前にすること
  4. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - simカードの種類
  5. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - 3大携帯会社
  6. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - 格安sim
  7. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - 購入場所
  8. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - 購入に必要なもの
  9. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - 設定方法
  10. オーストラリア旅行時のsimカードの購入・設定方法など - まとめ
オーストラリアで携帯電話を使うには、主に3つの方法があります。1つ目が、日本の携帯電話の海外ローミングを利用する方法。2つ目が、wifiルーターをレンタルして持ち運ぶ方法。3つ目が、現地でプリペイド式のsimカードを購入して使う方法です。
Lrn5q1legbnrsk4ddgfo
引用: https://pixabay.com/ja/iphone-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-inc-%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1-410311/
1つ目の海外ローミングは、かなり料金が高くなってしまうので、あまりおすすめではありません。緊急の場合やどうしても時間がなかった時の手段です。
2つ目のwifiルーターは、地下鉄の中にいてもどこにいてもwifiが繋がるので便利です。ただし、電話などはできませんので、緊急の連絡などには困ってしまうこともあります。もちろん、あらかじめLINEなどを繋げておくことで、インターネット上のLINE電話などは使えます。wifiルーターの持ち歩きが必要になることと、充電が切れてしまうと使えなくなりますのでご注意ください。
Pus7xjrciv0aseu7grpw
引用: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E6%8A%80%E8%A1%93-%E9%80%9A%E4%BF%A1-%E9%9B%BB%E8%A9%B1-%E4%BA%BA%E9%80%A0%E4%BA%BA%E9%96%93-1284501/
3つ目のプリペイド式のsimカードの購入は、現地のsimカードを使うため、現地の携帯電話のように電話やインターネットを使うことができます。購入という点で、避けてしまう方が多いようですが、購入は簡単ですし、プリペイドだと使いすぎて高額な請求になるということもありませんのでおすすめです。
オーストラリアのネット環境は、良いとは言えません…。ネットが繋がらなくなることは多いですし、雨が降るとwifiが繋がりにくくなることもあります。また、スピードも日本よりも遅めです。しかし、空港やマクドナルド、アップルストア、カフェ、ショッピングモールなど、街中のいたるところに無料のwifiスポットもあるので便利です。空港に着いたら、まずはwifiを繋げることをおすすめします。家族や友人に到着の連絡もすぐにできますよ!
Gtubaocmrtfcrgzctpk1
引用: https://pixabay.com/ja/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E9%8C%A0-%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E8%A7%A3%E9%99%A4-%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%AD%E3%83%BC-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E9%96%89%E3%81%98%E3%82%8B-166882/
日本を出る前に、必ず自分が使っている携帯電話を確認することをおすすめします。日本の携帯電話にはsimロックがかかっているので、事前に解除の手続きをする必要があります。携帯会社によっては、時間がかかってしまうこともありますので、電話や店舗にて早めに解除方法などを確認しておきましょう。大丈夫だろうと、そのまま持って行くと空港に到着してからバタバタすることになりますよ。
旅行者におすすめのsimカードは、プリペイド式のsimカードです。事前に一定額を払って、simカードを購入することで、日数分や制限分の通話やSMS、インターネットができるようになります。プリペイドの良いところは、利用限度がわからなくて、たくさん電話やネットを使っても、限度をすぎると使えなくなる為、知らない間に使い過ぎて、高額な請求が来るのを防げます。
オーストラリアには、3つの大手携帯電話会社があり、様々な場所で見かけるかと思います。その3つとは、Telstra(テルストラ)、Optus(オプタス)、Vodafone(ボーダフォン)です。空港にも店舗があるので、到着するとすぐに見つけることができ、おすすめです。
どの会社でもプリペイド式のsimを買うことができ、料金プランも大きくは異なりません。よく使用している人を見かけるのは、Telstra(テルストラ)、Optus(オプタス)、料金のお得感があるのは、Optus(オプタス)、Vodafone(ボーダフォン)です。しかし、一番回線が繋がりやすいのは、Telstra(テルストラ)です。エアーズロックやタスマニアなど、電波が届きにくい遠隔地に行く予定がある方には、Telstra(テルストラ)のプリペイドsimがおすすめです。
空港でもう1つ見かけるのが、上記の大手携帯電話会社ではないsimカード。こちらは、格安simで、他の会社と同様に使えるプリペイド式のsimカードです。料金も安く、簡単に設定できるのでおすすめですが、全て自分でセッティングしなければならず、街中に店舗などもほとんどないため、何かわからなくても聞ける場所がありません。不安な方には、格安simはあまりおすすめではありません。
simカードは、空港や街中などどこでも購入できます。一番のおすすめは、到着後、空港にある店舗で購入することです。スタッフにプリペイドsimカードが欲しい旨を伝えると、滞在日数や使用頻度などに合わせたsimを出してくれます。
空港だけでなく、街中にも店舗があるので、万一制限を過ぎたら、街中で同じ店舗を見つけて、追加で購入することもできます。
格安simの場合は、店舗がないので、スーパーやコンビニなどで購入することになります。電話やSMSなどの利用限度も記載してあるので、滞在期間などに合ったsimを選んでください。
Irmqjniayxjvhuafxcrz
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1593444?title=%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%80%80%E8%A8%88%E7%94%BB
購入に必要なものは、simロックが解除された携帯電話とパスポートだけです。もし可能であれば、事前にどのsimカードが欲しいのかを調べておくと、店員さんとの会話も少なく、英語がわからなくてもスムーズに購入できます。また、滞在日数や利用制限なども事前に伝えられるよう、英語で調べておくといいかもしれません。基本的には、電話、SMS、データ容量によってプリペイドの料金も異なります。たくさん使う方は、無制限(Unlimited)のものがおすすめです。
Is3kam982rvsfipnb0sz
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1726879?title=SIM%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BA%A4%E6%8F%9B
設定方法は簡単です。simロックが解除してある携帯電話から元(日本)のsimカードを抜き取り、購入したsimカードを挿入してください。このとき、日本のsimカードをなくさないように気を付けてくださいね。simカードを抜き出すためには、simカード交換用のピンが必要な機種もあるので、日本から持って行っておくことをおすすめします。万一、忘れてしまった場合は、安全ピンやクリップなどを探しましょう!
Z6cv1u66dsce2fxjtgte
引用: https://pixabay.com/ja/%E7%99%BB%E9%8C%B2-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%90%8D-%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D-2819608/
その後は、説明書を読みながらパスワードなどを入力して、設定するだけです。手順はシンプルですが、どうしても説明書が英語でできないという方は、空港の携帯会社の店舗で購入すると、その場でsimの入れ替えや設定もしてくれます。ただし、格安simは店舗もなくスタッフもいないので、自分で設定する必要があります。
H6edxmzogniwe5lwhli5
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/424009?title=SIM%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89
空港だとスタッフの方も外国人や旅行者に慣れているせいか、親切に対応してくれることが多くおすすめです。
Hycaetmun34vbqdy5ckv
引用: https://pixabay.com/ja/%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1-%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E9%9B%BB%E8%A9%B1-%E6%8A%80%E8%A1%93-%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9-791644/
いかがでしたでしょうか。1回もsimカードを買ったことがない方にとっては、最初は不安かもしれませんが、1度使ってみると簡単で便利なことがわかります!simカードの買い方や設定方法は、オーストラリアだけでなく、他の国でも似たようなところが多いので、次回、他の国へ旅行した際にも購入しやすいかと思います。ぜひ自分に合ったプランのsimカードを探してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/%E5%91%BC%E3%81%B3%E5%87%BA%E3%81%99-sim-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%82%BB%E3%83%AB-%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1-%E6%90%BA%E5%B8%AF-%E9%80%9A%E4%BF%A1-71169/