Cneffj6ce09bo6d6qmmh

鹿児島

CATEGORY | 鹿児島

【2018年完全版】鹿児島のおすすめ観光スポット10選

2018.08.12

世界遺産の「屋久島」、桜島、薩摩の西郷隆盛など偉人で有名な鹿児島は魅力的でおすすめなな観光スポットがたくさんあります。温泉やグルメも外せない鹿児島の旅を有意義に過ごすために、今回は鹿児島観光でおすすめのスポットをご紹介します。

  1. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット①:桜島
  2. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット②:西郷隆盛銅像
  3. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット③:屋久島
  4. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット④:霧島神宮
  5. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット⑤:霧島アートの森
  6. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット⑥:知覧武家屋敷
  7. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット⑦:薩摩の郷土料理「高城庵」
  8. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット⑧:鹿児島ラーメン「こむらさき天文館店」
  9. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット⑨:いおワールドかごしま水族館
  10. 鹿児島の穴場・グルメなどおすすめの観光スポット⑩:黒豚料理「あぢもり」
  11. まとめ
鹿児島の一番人気の観光スポットといえば「桜島」です。錦江湾にある標高1117mの活火山で、噴火を続けるうちに陸続きになりました。この桜島を観光する際は、溶岩遊歩道にある展望場所で絶景を眺めるのがおすすめです。また、古里温泉郷の露天風呂やや、日本最大級の足湯も人気の観光スポットです。
島へは24時間運航している「桜島フェリー」で渡ります。所要時間は鹿児島港~桜島港間15分です。また、「よりみちクルーズ船」もあり、桜島へは片道運行となっていますが鹿児島港から毎日1便出ています。じっくり桜島をめぐりたいという場合はレンタカーもおすすめです。
幕末、そして明治維新と活躍し偉業を残した薩摩藩士西郷隆盛をめぐる旅も鹿児島ならではの観光です。「西郷隆盛銅像」は特に人気のスポットで、西南戦争敗北後に終焉の場所となった鹿児島の城山には「西郷洞窟」「西南戦争薩軍本営跡の碑」という有名スポットもあります。
西郷ゆかりの観光スポットを効率よく巡ることができる観光周遊バス「カゴシマシティービュー」を利用するのがおすすめです。1日乗車券を購入すれば何度でも乗り降りが可能なのでとても便利です。余裕があれば、西郷隆盛が好きだった日置市吹上温泉の「西郷隆盛来遊の地」へ足を運んでみるのもよいのではないでしょうか。
もののけ姫の舞台にもなった世界自然遺産である屋久島は、佐多岬の南南西約60kmのところにあり、1,000m以上の山々が連なり島の約90%は森で樹齢約7,200年、標高1,300mの縄文杉が有名です。苔むす森は「もののけの森」ともいわれており、宮崎駿監督が幾度となく訪れたといいます。
もののけの森である白谷雲水狭は1.5時間ほどのとトレッキングが魅力で、初心者でもこなせるレベルなので軽装でも十分です。鹿児島空港からは直行便で約40分で、船を使う場合は高速船「トッピー・ロケット」で鹿児島港より種子島経由で約105分~155分ほどです。登山が得意な方は宮之浦岳や永田岳、穴場といわれる花山歩道もおすすめです。
天孫降臨伝説で知られる鹿児島のパワースポット「霧島神宮」には、日本神話に登場する「瓊瓊杵尊」がこの地に降り立ったという言い伝えがあります。大鳥居から表参道へ入ると、国歌にも出てくる「さざれ石」が見えてきます。小さな石が永い年月をかけて大きな巌になったという意味をもつさざれ石はこの神社のパワーの源です。
樹齢800年といわれる御神木「霧島メアサ」は、裏に回ってみると烏帽子を冠り手を合わせる神職の姿に見えることからこちらもパワースポットとして人気があります。
龍の手水舎の水口は江戸時代の石工作で貴重なものです。聖域ともいえる霧島神宮の厳かな空気にふれ、パワーをいただいたら、霧島神宮に来た人しか買うことができない「鉾餅」をいただきましょう。きっと良いことが訪れるのではないでしょうか。
鹿児島の霧島エリアでおすすめのスポットは、鹿児島空港から車で約20分、栗野岳の標高約700mの高原にある野外美術館です。自然を活かして作られたもので、約13haという広大な敷地には23点の展示品があります。案内図を見ながらゆっくり見て行く形で、手で触れても良い作品がほとんどなのでとても楽しく回れます。
世界中の著名な作家たちのユニークな作品に触れることができるので親しみを感じることができます。「赤い靴」は 女性の自立を象徴しているハイヒールが題材で草間彌生氏の貴重な作品です。この美術館の中で一番インパクトがある作品なので、芸術に興味がある方はぜひ手で触れて味わってみてはいかがでしょうか。鹿児島観光の中でもこの美術館は穴場といえます。
薩摩の小京都ともいわれる美しい街並みの武家屋敷です。18.6ヘクタールのエリアには七つの池泉式庭園と枯山水庭園があり、庭園と屋敷を生垣がぐるりと囲んでいるのが印象的です。攻め難く守り易い狭い造りが特徴です。武家屋敷の中には一般公開している屋敷もあり、内部を見学できるので当時の生活を窺うことができます。     
国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されており、西郷どんのロケ地にもなった見ごたえのある観光スポットです。それぞれの庭園を眺め、生け垣の周りを歩きながらその時代の武士たちに思いをはせてみるのも良いのではないでしょうか。
知覧武家屋敷の一番東の奥にひっそりとある郷土料理店で、鹿児島のグルメが色々味わえる人気店で、知覧武家屋敷を訪れた観光客の方がよくランチに立ち寄ります。薩摩の伝統ある郷土料理を藩政時代からのお膳で出してくれます。武家屋敷の歴史も同時に実感できると評判です。
「両棒餅」はぢゃんぼもちといって、みたらし団子に似ていて焼いた餅に甘辛いタレをからめたものです。もち米なのでだんごと違い食べごたえがあります。他にも鹿児島のグルメ「灰汁巻き」もおすすめです。
おすすめは「高城庵セット:2,100円」で、鶏さしみや郷土料理の酒すし、揚げたての自家製の野菜入りさつま揚げなど二つの膳料理でボリューム満点で絶品です。鹿児島のグルメがここでたくさん堪能できます。知覧武家屋敷のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。藩政時代の武士建ちを思い味わうことも鹿児島旅行の醍醐味ではないでしょうか。

詳細情報

【住所】鹿児島県南九州市知覧町郡6329【営業時間】10:30~16:30(L.O.16:00)*「武家屋敷入口バス亭」から徒歩2分
鹿児島に来たら絶対食べたいグルメのひとつ「鹿児島ラーメン」です。久留米ラーメンの影響を受けていないといわれるこのラーメンは名店も多く、特におすすめは「こむらさき」の鹿児島ラーメンです。一番人気は「豚とろラーメン」。
長時間下茹でしタレに漬け込んだチャーシューが絶品で口の中でとろけます。そして肉も旨み抜群で、豚骨ベースの魚介系だしが効いたコクのあるスープは、中太のストレート麺によく絡んで絶妙です。リピーターも多いこのお店はいつも多くのお客さんで賑わっています。

詳細情報

【住所】鹿児島県鹿児島市東千石町11-19【営業時間】11:00~20:30【電話】099-222-5707*天文館通駅から95m
鹿児島県内でたった一つの水族館で、人気者のジンベエザメやイルカがおり、「イルカの時間」は約20分間で、イルカのひれのひみつをテーマにイルカの生体などイルカの動きを交えながら紹介してくれます。他にも「あざらしの時間」や「ジンベエザメの食事の時間」なども観ることができます。
1階のアミューズメントショップではぬいぐるみやキーホルダーなどのお土産品がたくさん並んでおり、この水族館だけのオリジナルグッズが大人気です。おすすめの人気商品は「ジンベエザメのユウユウぬいぐるみ」で、口に手を入れるとアームピローになるというユニークなグッズです。
鹿児島といえば名物グルメ「黒豚」です。天文館中でも人気店の「あぢもり」では、黒豚しゃぶしゃぶをいただくことができます。発祥地とも言われるあぢもりでは鹿児島黒豚が存分に味わえ、値段が気になる方はちょっとお手軽なランチでいただいてみてはいかがでしょうか。
ランチメニューは880円~1,780円で、コースなら1,500円~2,000円で予約が必要です。ディナーなら「維新コース」 4,320円から幾つかあるのでゆっくり黒しゃぶを堪能したい方には夜に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
いかがでしたでしょうか。鹿児島の観光でおすすめのスポットやグルメたくさんご紹介しました。穴場のスポットも幾つかありましたので、美味しいグルメ料理を味わいながら歴史ある鹿児島の旅を満喫しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmVRWgvFbRd/?tagged=%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6