Lrhmimtd5oluzof9sdnq

スロバキア

CATEGORY | スロバキア

【2018年完全版】スロバキアのおすすめ観光スポット10選

2018.04.04

スロバキアと聞いて、何を思い浮かべますか。多くの方は、どこに位置するのかよく分からないマイナーな印象の国だと思います。でも、違います!スロバキアには、多くの観光客を魅了する中世の街並みと雄大な自然が共存する、とても魅力あふれる観光国なのです。

  1. スロバキアってどんな国?
  2. 1.スロバキア観光人気No.1ブラチスラヴァ城
  3. 2.スロバキア観光人気No.2ミハエル門
  4. 3.スロバキア観光人気No.3聖マルティン大聖堂
  5. 4.観光客に大人気!まるで絵本の世界の聖アルジュベタ教会(青の教会)
  6. 5.スロバキアの有名撮影スポット!チュミル像
  7. 6.スロバキアの有名古城跡のデヴィーン城
  8. 7.スロバキアの観光名所を一望できるUFOの塔
  9. 8.観光客で賑わう広場にあるスロバキアの旧市庁舎
  10. 9.圧巻のスケールでそびえ立つ人気観光スポットのスピシュスキー城
  11. 10.日本人観光客がよく訪れるスロバキア国立劇場
  12. まとめ
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/24/10/48/slovakia-2781470_960_720.jpg
スロバキア共和国は、中央ヨーロッパに位置し、首都はブラチスラバです。隣のウィーンやブタペストに比べると、人工50万人の小さな首都です。また、北西にチェコ、北にポーランド、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと隣接しているため、どこへ行くにもアクセスが抜群です。かつては、隣国のチェコと共にチェコスロバキアという1つの国でしたが、1993年に分離して別々の国になっています。 今回は、日本人にはあまり知られていないスロバキアの人気スポットをご紹介します。 ヨーロッパ旅行の参考に是非なさってくださいね。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/13/23/56/bratislava-1905408_960_720.jpg
首都ブラチスラバにあるお城です。4隅に塔が立つ独特な外観で、「ひっくり返したテーブル」とも呼ばれています。18世紀、女帝マリア・テレジアの時代に、ハプスブルク家の宮廷としてふさわしい姿となりました。 「ブラチスラバ城」はハンガリーの首都になったこともある由緒正しきお城です。近年リニューアルされ、とても綺麗になりました。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/12/11/30/bratislava-2496644_960_720.jpg
大きな門を通って、中に入ります。上に建っている美しい飾りは、当時のヨーロッパの雰囲気を感じさせてくれますね。
ブラチスラヴァ市街の真ん中を通るドナウ川を見下ろす、小カルパチ山脈の孤立した岩丘の上に建つ長方形の4隅に塔を持つ巨大な城である。 その威容と位置取りから、何世紀にもわたって都市統治の象徴であった。

【詳細情報】

・名称:ブラチスラヴァ城(Bratislavsky hrad) ・住所:811 06 Bratislava ・電話:(02)59721111 ・アクセス:ブラチスラヴァ中央駅から徒歩30分 ・営業時間:【4-9月】9:00-21:30 【10-3月】9:00-18:00
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/27/05/18/bratislava-2544041_960_720.jpg
旧市街地へ入る可愛いらしい門です。かつて旧市街地は城壁に囲まれており、門が4つありました。このミハエル門は14世紀に建てられましたが、現在はこの門だけが残っています。エメラルドグリーンの屋根がとても印象的です。ここを抜けると、昔ながらのヨーロッパの佇まいを堪能できます。
ブラチスラバを守る要塞は13世紀ごろに建設が開始された。その一部となるミハエル門は14世紀に創建、ブラティスラバで唯一、現在まで残っている門だ。門の上にそびえるゴシック様式の塔は、中世の武器博物館として公開されている。

【詳細情報】

・名称:ミハエル門(Michalska brana) ・住所:Michalska 22, Bratislava 81103 ・TEL: (02)54433044 ・アクセス:ブラチスラヴァ中央駅から徒歩15分 ・営業時間:10~17時 土曜/日曜 11~18時 ・定休日:月曜日
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/19/19/27/bratislava-1339648_960_720.jpg
聖マルティン教会は、ドナウ川を挟んでUFOの塔と向かいの橋の袂にある、旧市街の西端に位置する教会です。14世紀初頭から約200年もかけて建てられた教会です。あの、マリア・テレジアの戴冠式も執り行われました。落ち着いた雰囲気で、心あらわれますね。 ブラチスラバでは、1番大きな教会です。
スロバキアのブラチスラバにある教会。ブラチスラバ城に位置し、14世紀初頭に初期ロマネスク様式で建てられた美しい教会で、塔の高さは85mもある。ハンガリー王の戴冠式は、1563~1830年までこの教会で行われ、ここで即位したハンガリー王は11人、女王は7人で、そのなかにはマリア・テレジアも含まれている。

【詳細情報】

・名称:聖マルティン教会 / St. Martin's Cathedral ・住所:Rudnayovo námestie 4549/1, Bratislava - Staré Mesto-Old Town, Slovakia ・アクセス:ブラチスラヴァ駅から徒歩20分 ・営業時間:9:00~11:30、13:00~18:30(月曜日~土曜日)、13:30~16:00(日曜日) ・定休日:無休
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/27/19/08/hungary-2793078_960_720.jpg
1907年ごろに建設された、住宅街にひっそりと佇む教会です。鮮やかなブルーの色が非常に印象的です。まるで絵本の中のおとぎの世界にいるかのようです。 ブラチスラバ旧市街から近く、徒歩5分〜10分で行くことができます。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/27/19/29/hungary-2793142_960_720.jpg
内部もパステルカラーのブルーとホワイトを基調としています。とても珍しいと言われる所以が分かりますね。 基本的に観光客向けの公開はしていません。平日・土曜は早朝と夜の1時間の礼拝時間、日曜日は午前中の礼拝時間に合わせて開門されます。他では味わえないこの神秘的な世界を堪能したいのであれば、是非そのタイミングを目指してくださいね。

【詳細情報】

・名称:青の教会(Blue Church) ・住所:Bezrucova 2, Bratislava ・アクセス:旧市街から徒歩20分 ・営業時間:6:30~8:00、17:30~19:30(月曜日~土曜日)、7:30~12:00、17:30~19:30(日曜日) ・定休日:無休 ・電話番号:02-5273-3571
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/11/11/22/53/bratislava-1039360_960_720.jpg
スロバキアの首都、ブラチスラヴァ旧市街の街角にあるオブジェ「マンホールおじさん」。「チュミル像」の「チュミル」とは、スロバキア語で「のぞきや」です。観光客には一番人気なほどで、必ず写真を撮ってしまうスポットです。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/12/15/14/bratislava-1818988_960_720.jpg
ブラチスラバの街中には、ユニークな像がいっぱいあります。自然と笑顔になるスポットですね。同じポーズを取ったりして、楽しい写真をたくさん撮りましょう。
ドナウ川とモラヴァ川が合流する崖の上にある古城跡です。ブラチスラバからは、約20分ほど離れています。1809年にナポレオンに攻め落とされるまでは、ローマ帝国の堅固な要塞として役割を果たしていました。破壊された後は、そのままの姿になっています。
旧市街から北西へ約10kmのドナウ川とモラヴァ(Morava)川に面して建つ城跡。対岸はオーストリア。1~5世紀の間、ブラチスラヴァ城とともに神聖ローマ帝国によって重要視されていた。1809年にナポレオン軍に攻められ廃墟となった。

【詳細情報】

・名称:デヴィーン城 / Devin Castle ・住所:Muranska ulica, Bratislava 841 10, Slovakia ・アクセス:SNP橋の下にあるバスターミナルから29系統に乗車 ・営業時間:10:00~17:00(4月と10月)、10:00~18:00(5月~9月 火曜日~金曜日)、10:00~19:00(5月~9月 土曜日、日曜日) ・定休日:月曜日 ・電話番号:(02)6573-0105
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/10/05/09/30/danube-972351_960_720.jpg
ドナウ川に架かる新橋(SNP橋)の南の主塔にある展望台です。ブラチスラバの象徴的な建物になります。対岸の旧市街からは、徒歩5分ほどです。 ブラチスラバでは最も高い80mの高さがあり、街を一望できます。スロバキアに観光に行った際には、必ず行きたいスポットですね。タワー内には、レストランやお土産ショップもあります。
UFOの塔からの景色。ブラチスラヴァ城も見えて絶景です。

【詳細情報】

・名称:UFOの塔 / UFO Observation Deck ・住所:Novy Most 1, Bratislava, Slovakia ・電話:(02)6252-0300 ・営業時間:10:00~23:00
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/03/02/21/09/bratislava-278557_960_720.jpg
マリアテレジアイエローが美しい旧市庁舎。フラヴネー広場の東側に建っており、現在は歴史博物館となっています。ブラチスラバで現存する最も古い石造りの建物です。このフラヴネー広場には、日本・フランス・ギリシャの大使館があり、観光客で常に賑わっています。右側の国旗を掲げている薄緑色の建物が、日本大使館です。

【詳細情報】

・名称:旧市庁舎(Stara radnica) ・住所:Nam. majstra Pavla, Levoca ・電話:053-451-2449 ・営業時間:9:00~17:00(無休)
「天空の城ラピュタ」のモデルとも言われているスピシュ城。スロバキア東部にあり、ヨーロッパ最大級の面積を持った世界遺産のお城です。鮮やかな緑の草原が広がる丘の上にそびえたち、そこからの眺めは絶景です。現在は、廃墟となっています。夜にはライトアップがされるので、昼間とはまた違った幻想的な雰囲気を楽しむことができます。
スピシュスキー城は、スラヴ人の城があった場所に12世紀に建てられた。15世紀初頭にハンガリー王国が深刻な財政危機に陥った際、北の隣国ポーランド王国がスピシュ県一帯の諸都市を担保として1412年にルボフラ条約に基づき大量の資金をハンガリーに緊急融資し、完済されるまでスピシュ県はポーランド王国の管理下となったが、スピシュ城はハンガリー王の所有物として残された。

【詳細情報】

・名称:スピシュスキー城 ・住所:Spišský hrad, Slovensko, 053 61 Žehra ・電話:(053)469 9078 ・営業時間:5月から9月:9時~18時 4月と10月:9時~16時 11月:10時~16時 12月~3月:クローズ ・アクセス:レヴォチャ(Levoča)からバスにてスピシュスケー・ポドフラディエ(Spišské Podhradie)下車。さらに徒歩で40分。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/12/13/02/bratislava-2496872_960_720.jpg
映画「のだめカンタービレ」の撮影に使用されたことで有名なこちらの劇場。フラヴネー広場から南へ200mほどのところに建っています。ルネッサンス様式の建物で、ヨーロッパの建築らしい趣がとてもあります。現在でも、オペラやバレエの公演が行われています。

【詳細情報】

・施設名:スロヴァキア国立劇場 ・住所:Hviezdoslavovo nam. Bratislava ・営業時間:チケットオフィス 8:00-12:00、12:30-19:00 (月~金) 9:00-12:00 (土)  開演1時間前にもチケット購入可
いかがでしたか?調べれば調べるほど魅力的な国、スロバキア。中世ヨーロッパの素朴な雰囲気を味わいに、是非足を伸ばしてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/08/23/09/46/bojnice-1613939_960_720.jpg