Odzlohbb1kzn7hg3zsd3

愛知

CATEGORY | 愛知

もらって嬉しい!愛知旅行の人気お土産10選

2018.03.28

味噌カツやひつまぶしどて煮など人気ご当地グルメがたくさんある愛知県。せっかくの旅行だからこそお土産選びも慎重に行いたいものですよね。しかし一体何を買えば喜ばれるのか判らず困ってしまった、なんて経験ありませんか?今回は愛知旅行でおすすめのお土産をまとめてみました

  1. 愛知旅行の人気お土産1 わらびういろ (餅文総本店)
  2. 愛知旅行の人気お土産2 ゆかり (坂角総本舗本店)
  3. 愛知旅行の人気お土産3 小倉サンド (青柳総本家)
  4. 愛知旅行の人気お土産4 どうぶつえん(浪越軒)
  5. 愛知旅行の人気お土産5 味噌煮込うどん (山本屋本店)
  6. 愛知旅行の人気お土産6 名古屋プリン(メゾン・ド・ジャンノエル)
  7. 愛知旅行の人気お土産7 半生きしめん (宮きしめん)
  8. 愛知旅行の人気お土産8 鬼まんじゅう (梅花堂)
  9. 愛知旅行の人気お土産9 さんわの手羽煮(さんわ)
  10. 愛知旅行の人気お土産10 守口漬 (大和屋守口漬総本家)
  11. まとめ
愛知のお土産に和菓子を検討中の方におすすめの商品「わらびういろ」。1659年創業の老舗和菓子店“餅文総本店”で販売されている商品です。わらびういろとは、名古屋名物のういろに、わらび餅の食感を付け加えた新しいスタイルのお菓子なんですよ。お好みで京碾ききな粉と黒蜜をかけて食べます。
わらびういろは、黒ごまわらびういろや紅茶わらびういろなど数種類の味をご用意。また12月下旬〜4月中旬には、春を感じさせてくれる桜餅ういろと草餅ういろも登場します。見た目もとってもかわいいですので食べるのがもったいないくらいですね。日本茶との相性も抜群ですので、お茶菓子にもおすすめです。

餅文総本店のスポット情報

ぱりぱりっとした食感と、えびの香ばしい香りがたまらない品「ゆかり」は、創業120年以上という歴史を持つ老舗“坂角総本舗本店”の商品です。江戸時代から代々受け継がれてきた伝統の製法を用いて作らており、1口食べると濃厚なえびの香りと風味が口の中で広がります。1度食べると止まらなくなるという方も多いですよ。
ゆかりは、袋入りや箱入り、缶入りが用意されていますのでお土産だけでなく自宅用に購入して帰るのもいいですね。

坂角総本舗本店のスポット情報

名古屋の喫茶店にかかせない名古屋名物の小倉トースト。名古屋の老舗和菓子店“青柳総本家”で販売されている「小倉サンド」は、小倉トーストをクッキー生地ではさんだものです。1つ1つ手作りで作られている小倉サンドの中には、大きな粒の小豆とバターがサンドされていて結構ボリュームがあります。
日本茶だけでなくコーヒーや紅茶との相性もいいですので、お茶好きの人のお土産におすすめですよ。小倉サンドは、5個入り756円です。甘さが控えめになっていますので、甘いものが苦手な人でも心配なく食べることができる1品です。

青柳総本家のスポット情報

お子様向けのお土産におすすめの愛知土産といえばこれで決まり!昭和2年創業の老舗和菓子店“浪越軒”の「どうぶつえん」は、動物園や水族館にいる生物を再現して作られたおまんじゅうです。見ているだけで思わず顔がほころんでしまう程のかわいさなので、小さなお子様へのお土産に喜ばれること間違いなしですよ。
ぺんぎんやゾウ、パンダ、かっぱなどとっても種類が豊富です。中身は、こしあんとチョコの2種類で動物によって中身が異なります。どうぶつえんは12個入り税込1426円で販売されています。

浪越軒のスポット情報

名古屋の定番ご当地グルメ「味噌煮込うどん」。土鍋の中でぐつぐつ煮込まれた味噌煮込うどんは、もちもちでこしがあってとてもおいしいです。味噌煮込うどん専門店の“山本屋本店”の味噌には豆味噌が使われているのがポイントです。身体の芯から温まりますので寒い季節におすすめの1品ですよ。
山本屋本店にはお土産に最適な味噌煮込うどんの麺とスープが販売されています。本場の味を自宅で楽しむことができますので、お土産にも自宅用にもおすすめですよ。

山本屋本店のスポット情報

スイーツ好きの人におすすめの1品「名古屋プリン」。名古屋市西区にある洋菓子店から販売されている名古屋プリンは、名古屋コーチンを40%使った濃厚なプリンです。卵の風味と弾力のあるしっかりとした食感を味わうことができますよ。プリンは3個入648円で販売されています。
メゾン・ド・ジャンノエルの名古屋プリンは、製造から約6日ほど日持ちしますので旅行後すぐにお土産を渡せない、という時でも心配無用です。
愛知のご当地グルメとして人気のきしめん。きしめんとは、一般的なうどんより平たく薄めに打たれた麺のことを言います。麺をかつおとしょうゆベースのさっぱりとした出汁に入れていただくのが名古屋きしめんの特徴です。大正12年創業のきしめんの製造会社“宮きしめん”では、自宅で本場の味を味わうことができる麺とスープがセットになったお土産用のきしめんが販売されています。
半生きしめんしょうゆ味は、2人前が734円で販売されています。旅行のお土産としてだけでなく、お中元やお歳暮用としてもおすすめですよ。

宮きしめんのスポット情報

愛知の郷土菓子として地元の人から観光客まで親しまれている「鬼まんじゅう」。鬼まんじゅうとは、薄力粉に砂糖を混ぜて作られた生地に、ざく切りに切られたサツマイモを入れて蒸したお菓子のことを言います。このおまんじゅうは、さつまいも本来の味と風味を味わうことができる素朴なお菓子として、名古屋の和菓子店には必ず販売されています。
老舗和菓子店“梅花堂”では鬼まんじゅうを5個756円で販売されています。サツマイモのごつごつした食感と生地のもっちり感が感じられる1品ですよ。開店と同時に鬼まんじゅうを買い求めるお客さんが大勢お店を訪れますので、午前中に売り切れてしまうことも珍しくないそうです。

梅花堂のスポット情報

名古屋名物の定番グルメ、鶏の手羽先。本場の手羽先をお土産にしたい、そんな時におすすめなのが「さんわの手羽煮」です。手羽先を柔らかくなるまで煮込んでありますので、とっても柔らかくて食べやすいですよ。常温での保存も可能でなんと賞味期限が1年と、かなり日持ちしますので、まとめ買いにも適しています。
さんわの手羽煮は醤油味・味噌味・辛口の3種類があり、全ての味を楽しむことができる3種9本箱や、醤油と味噌だけのものなど数種類用意されていますのでお好みに合わせて購入できるのもうれしいですね。手羽煮はお酒との相性も抜群ですので、お酒好きの方へのお土産にもってこいですよ。

さんわのスポット情報

「守口漬」は、長細さが特徴的な守口だいこんを2年半~3年かけてじっくり熟成させた漬物です。その守口漬の長さはなんと1.2mにもなるんだそうですよ。“大和屋守口漬総本家”で販売されている守口漬は、塩漬2回、酒粕で2回、最後に仕上げ漬と5回もの時間をかけて漬け込まれていますので、濃厚ながらもまろやかな味わいの漬物の味をお楽しみ頂けます。
守口漬樽詰は、3240円で販売されています。ごはんとの相性もとてもいいですので、ごはんのお供にも最高ですよ。

大和屋守口漬総本家のスポット情報

絶対喜ばれること間違いなし!愛知旅行の人気お土産をご紹介してきましたがいかがでしたか?これから愛知旅行を検討中の方や、今まさに愛知旅行の真っ最中だけどお土産選びに困っているという方は、ぜひ今回ご紹介した愛知土産を参考にしてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BWblhuXnt9O/?hl=ja&tagged=%E6%84%9B%E7%9F%A5%E5%9C%9F%E7%94%A3