Drz9ckjngpmpgup1byet

中華人民共和国

CATEGORY | 中華人民共和国

香港での一人旅!【2018年度版】予算や食事場所など必要情報をご紹介!

2018.08.16

香港で一人旅をする際は、予算を決めてから観光するのがおすすめです。香港では特に宿泊費と飲食費に旅行費が多くかかるので、予算の見積もりをしておくことが大切です。そこで今回は、香港の一人旅にかかる予算やおすすめの飲食店についてご紹介します。

  1. 香港の一人旅に必要な予算は?
  2. 香港女一人旅におすすめの食事場所①一樂燒鵝
  3. 香港女一人旅におすすめの食事場所②龍麵館
  4. 香港女一人旅におすすめの食事場所③天龍軒
  5. 香港女一人旅におすすめの食事場所④金華冰廳
  6. 香港女一人旅におすすめの食事場所⑤炳記飯店
  7. 香港女一人旅におすすめの食事場所⑥合益泰小食
  8. 香港女一人旅におすすめの食事場所⑦重慶大厦
  9. 香港女一人旅におすすめの食事場所⑧好旺角麵家
  10. まとめ
現在の香港の物価は、日本と同じ程度の物価となっています。ただし、場所によっても物価は変わってきます。街中にある飲食店は日本と同じくらいの物価ですが、百貨店など大規模な店舗は日本より物価が高い場合もあります。
ただし、香港は交通費や観光地の入場料は日本と同じくらいか、日本よりも安いところが多くなっています。香港で女一人旅をするなら、行く場所や時期、滞在期間によって費用も変わってきます。
香港の一人旅の場合、飛行機代、宿泊費、現地での移動費、入場料、食事代、お土産代などを考慮に入れると、1泊2日で30,000~50,000円は予算として組んでおくのがおすすめです。
香港のローカルグルメの1つである焼味(ロースト肉)のメニューが豊富なレストランです。地元でもおいしいと評判のレストランで、ランチタイムは大行列ができる人気店でもあります。
人気メニューは「鵝脾瀬粉」というビーフンにガチョウのもも肉のローストが入ったメニューです。チャーシューや蒸し鳥も日本の飲食店のものとはまた違った味付けですが、これもおいしいと観光客からも人気のあるメニューです。予算は1,000~2,000円あれば複数のメニューが食べられます。

詳細情報

【電話番号】+852-2524-3882【営業時間】(平日・土)10:00-21:00(日・祝日)10:00-17:30【定休日】無休【アクセス】MTR中環駅D2出口徒歩4分
香港の名物料理である飲茶・飲茶が食べられるレストランです。観光客向けに開かれたレストランでもあり、広東語だけでなく英語や写真付きのメニューが置かれているなど、安心して料理が注文できます。
「即拉海蝦腸」というカニ、エビを使用した飲茶、ロブスターを使った麺料理「龍肉湯麵」など香港の海鮮料理が楽しめます。人気店のため、観光前に予約を取っておくことをおすすめします。予算は3,000円~6,000円持っておくと安心です。

詳細情報

【電話番号】+852-2561-6688【営業時間】キッチン:11:30-23:00、バー:(日-木)11:30-23:00(金・土)11:30-25:00【定休日】無休【アクセス】MTR中環/香港駅C出口徒歩4分
香港の高層ビル「環球貿易廣場」の中にある、広東料理を提供しているレストランです。ビルの高層部は「ザ・リッツ・カールトン」ホテルが占めており、こちらのレストランもホテルの中にあります。
クルマエビ、アワビなど香港の新鮮な海産物を使用したメニュー、イベリコ豚のチャーシューなど、香港の高級料理が楽しめます。豪勢な空間でゆったり食事を楽しみたい方におすすめのレストランです。高級レストランのため、予算は10,000~50,000円は用意しておくと安心です。

詳細情報

【電話番号】+852-2263-2270【営業時間】(平日)12:00-14:30、18:00-22:30(休・祝日)11:30-15:00、18:00-22:30【定休日】無休【アクセス】MTR九龍駅C1/D1出口
香港ベーカリーを楽しむならこちらのお店がおすすめです。「菠蘿油」という香港ではメジャーなパンが食べられますが、日本でいうところのメロンパンのような商品になります。こちらのお店の菠蘿油はパンの間にバターがサンドされており、お茶と合わせて楽しめるスイーツのような感覚でも親しまれています。
店内には喫茶店のコーナーもあるので、パンを購入して喫茶店で休憩するのもおすすめです。菠蘿油は1日1,000個限定販売のため、開店時間近くに来店することをおすすめします。予算は500円~1,000円ほど用意しておくと安心です。

詳細情報

【電話番号】+852-2392-6830【営業時間】(平日・休日)6:30~0:00【定休日】無休【アクセス】MTR太子駅
地元の常連客に愛されて18年以上運営している人気のレストランです。ランチタイム、週末は家族連れでにぎわい、常連からの口コミでお店に訪れる人も多く評判があります。
うなぎの唐揚げ、白身魚と卵のオーブン焼き、酢豚など日本人の口にも合いやすいメニューが豊富です。オーナー自らが市場で仕入れた食材を使用している信頼性のあるお店です。予算は2,000円~3,000円用意しておくことをおすすめします。

詳細情報

【電話番号】+852-2564-2763【営業時間】(平日)12:00〜15:00、18:00〜24:00(休・祝日)18:00〜24:00【定休日】旧正月初一から3日間【アクセス】MTR鰂魚涌駅A出口
香港のローカルフード「腸粉」が食べられるお店で、地元民に大人気のお店です。腸粉は粉を使ったお餅のような食感があり、マカロニのような見た目をしています。腸粉だけでは味がしないので、ピーナッツソースやゴマ、味噌などをかけて食べるのが一般的です。
腸粉の他にもお粥や焼売などの軽食が食べられるので、観光中に小腹が空いたときにおすすめのメニューです。予算は500円~1,000円用意しておくと複数のメニューが注文できます。

詳細情報

【電話番号】+852-2720-0239【営業時間】(平日・休日)8:00~16:00【定休日】無休【アクセス】MTR深水埗駅C2出口
重慶大厦は香港の大都会・尖沙咀にあるホテルで、1階にあるインド料理のレストランが評判です。特にインドカレーがおいしいと評判で、店内には何種類ものカレーや揚げ物などのインド料理がバイキング形式で並べられています。
値段は食べ放題で600円ほどの値段になり、日本のレストランでは考えられないほどの価格の安さが評判です。予算は1,000円~2,000円持って行くことをおすすめします。

詳細情報

【電話番号】+852-9316-8547【営業時間】(平日・休日)10:00~22:00【定休日】無休【アクセス】MTR尖沙咀駅
香港のローカルヌードルを楽しむならこちらのお店がおすすめです。極細で弾力のある麺は、日本にはない香港独特の食感として観光客にも人気です。油の少ないさらっとした味わいのラーメンですが、テーブルに置かれているラー油や醤油を加えて、自分好みの味にすることも可能です。
ラーメンのほかにも豚足が丸ごと入った煮込みスープなど、香港でしか味わえない麺料理やスープ料理が豊富にあります。予算は500円~1,000円持っていくことをおすすめします。

詳細情報

【電話番号】+852-2394-5967【営業時間】(平日・休日)11:00~0:00【定休日】無休【アクセス】MTR旺角駅B2出口
香港おすすめのレストラン・グルメについてご紹介しました。香港旅行の際は、事前に香港レートを調べておき、自分が訪れる場所の交通費、入場料、飲食費の予算を決めて置くことをおすすめします。また、万が一のときのために予算は多めに見積もりをしておく、クレジットカードを持って行くなどの準備をしておくと安心です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmbMPDpn_39/?tagged=%E9%A6%99%E6%B8%AF%E6%97%85%E8%A1%8C