Zwybozblwcezm9vdsmew

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

アメリカ旅行・マナーは大丈夫?日本との違いはこんなところ【2018年】

2018.08.13

海外旅行先としてとても人気の高い国と言えばアメリカです。出張や、駐在、留学などでも多くの人が訪れます。世界の中心的存在の国です。移民の国と言われ、また多くの人種がいることもあり、マナーや考え方、文化が様々です。今回はアメリカの主なマナーをご紹介します

  1. アメリカ旅行でのマナー・日本との違い そもそものアメリカは?
  2. アメリカ旅行でのマナー・日本との違い①「挨拶」
  3. アメリカ旅行でのマナー・日本との違い②「自分の意見、意思をハッキリと」
  4. アメリカ旅行でのマナー・日本との違い③「チップ制度」
  5. アメリカ旅行でのマナー・日本との違い まとめ
引用: https://cujila.com/wp-content/uploads/2018/07/fourth-of-july-3498600_1280-1280x720.jpg
私達は、普段の生活の中で数多くの様々なアメリカ映画や、ドラマを見ています。しかし、その作品の中に出てくるであろうアメリカの習慣や、ライフスタイルなどは、私達の日本文化とは大きく違っている部分が数多くあります。
引用: https://us.123rf.com/450wm/maridav/maridav1401/maridav140100017/25373446-jungen-mann-mit-der-amerikanischen-flagge-in-der-luft-in-seinen-h%C3%A4nden-in-der-brise-weht-angehoben.jpg?ver=6
例えばアメリカ旅行中に、知らず知らずに使ってしまったジェスチャーなどが、話し相手をとんでもなく不快にさせてしまい、場合によっては、間違って伝わってしまい思わぬトラブルに巻き込まれてしまうという危険性も大いにあります。また、アメリカの映画やドラマの見過ぎも注意が必要です。それは映画や、ドラマの中だけということも十分あり得ます。海外によく行く僕はその点がよく気になったりします。
引用: https://www.ab-road.net/CSP/img/GID/REPORT/43/10543/10543_057063_m.jpg
アメリカは様々な生活習慣や、文化の違う人々の暮らす国です。アメリカ文化の特徴や、生活習慣、文化の違いを知ることで、旅行はもちろんですが、ビジネスシーンなどで役立つマナーなども数多くあります。そして旅行や、留学のみならず、ビジネスや、駐在などでも使える重要な情報をいくつかご紹介します。

「挨拶」

引用: https://i0.wp.com/takeiteasyinamerica.com/wp-content/uploads/2011/12/616726_handshake.jpg?resize=300%2C129
まず最初にご紹介するのは「出会った時の挨拶」です。日本人は、知らない人とすれ違う時には、軽くでも「会釈」をする文化があります。しかしアメリカでは、知らない人にでも誰彼構わずに気軽に笑顔で「Hi!」と挨拶する生活習慣があります。日本人にとってはなかなか見ず知らずの人に笑顔を向けるのは理解しがたいことかもしれません。しかしここはアメリカなので「笑顔」で気さくに挨拶をしましょう。何回か挨拶するうちに慣れると思います。
引用: https://akicomp.com/english/wp-content/uploads/2014/12/3cf89a57c1bb6bec0b0d9ed9682101eb.jpg
旅行中はもちろんですが、ビジネスシーンなどでも同じように「笑顔」を習慣づけることが重要です。日本人の場合は、取引先の方と初対面でお会いしたときは、お辞儀をした後に挨拶をし、名刺交換するのが一般的なのです。しかしアメリカでは、日本とは違い、まずは笑顔で力強く握手し、場合によってはハグをしたりします。旅行中に出会うアメリカの方や、ホストファミリーともしっかり握手や、ハグをしましょう。まずコミュニケーションの第一歩に挨拶があります。

「自分の意見、意思をハッキリと」

引用: http://dashboardstream.com/wp-content/uploads/2017/06/3-Ways-to-Help-Employees-Adapt-to-Inventory-Management-Technology.jpg
続いてご紹介するのはアメリカ文化の特徴と日本文化との意見の違いです。アメリカの方は比較的自分の意見をはっきりと伝えることが多いです。アメリカにおいては、「Yes or No?」のように「どっちか?」とはっきりした答えを求められることが多いです。旅行中や、ビジネスなどでも、自分の意見をハッキリと明確にする必要があります。
引用: https://131938-380190-raikfcquaxqncofqfm.stackpathdns.com/wp-content/uploads/2016/12/office-computer-operators.jpg
日本とは違い、アメリカでは遠慮する方が失礼に当たる場合などもあるので注意が必要です。しっかりと自分の意見を伝えることが重要です。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-oVXDoWJw1no/VwCz8LLRMQI/AAAAAAAAYtk/0VEgWjW0nDEDSoFHhBh1zIQ3RxkUBXm1A/s1600/unmotivated-team.jpg

「チップの習慣」

引用: https://eikaiwa.dmm.com/blog/wp-content/uploads/2015/06/tip2.jpg
最後は、旅行や、生活などでも絶対に知っておくべきな、「チップの習慣」についてです。アメリカ文化の特徴と、日本文化の特徴との最大の違いと言えます。お金に関するマナーについてです。
引用: https://cdn.ceotodaymagazine.com/CEO-Today/wp-content/uploads/2017/11/How-Has-National-Living-Wage-Affected-the-Catering-Industry.jpg
日本ではまず見ることのないチップですが、アメリカではサービスを受けたらまず、必ずサービス料金の15%から20%の割合でチップを支払います。タクシーや、レストラン、ホテルなど、旅行関係や、生活関係などの、数多くの様々なシーンでアメリカでサービスを受ける機会があると思います。
引用: http://www.americafe.net/wp-content/uploads/319.jpg
アメリカの労働者や、特にレストランのウェイターや、ウェイトレスなど、またタクシードライバーなど、サービス業関連に従事する職業の方は、基本的に基本給が全体的に低いく設定されています。そのため旅行者や、利用者から貰うことのできるチップで多少なりとも生活費をまかなっている人が多くいます。
引用: http://i.bnet.com/blogs/2079905138_113a159c0f.jpg
今回はアメリカでの文化の違いについて少しまとめてみました。日本とアメリカ(海外の国など)は文化や、マナーが異なります。そのため少し調べてから行くなりした方が最初のうちは安心かもしれません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://shareblog.info/wp-content/uploads/2017/04/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2017-04-23-8.42.03.jpg