Q6slgaduikdekuzu9c9l

タイ

CATEGORY | タイ

タイ旅行はいくら必要?費用別旅行プランをご紹介!

2018.03.27

微笑みの国として知られるタイは、一度旅行した人でも、何度でも行きたくなるほどアジアの中でも人気が高い国の一つです。 そんなタイを思いっきり楽しむ旅行にするには、いったいいくらの予算がかかるのか気になりますよね? 予算別にタイのおすすめ渡航時期、ホテル、食事などをそれぞれ詳しくまとめてみました。

  1. 1、タイの基本情報
  2. 2、タイまでの航空券費用は?
  3. 3、タイ旅行の安い時期はいつ?
  4. 4、予算別、タイ旅行ホテル
  5. 5、予算別、タイ旅行マッサージ
  6. 6、予算別、タイ旅行の食事
  7. 7、タイ旅行の交通手段は何?
  8. 8、タイ旅行のおすすめリゾート地は?
  9. 9、タイ旅行のおすすめマーケットはどんな所?
  10. 10、まとめ

微笑みの国タイとは

タイの首都バンコクには、世界各地からたくさんの旅行者が集まります。 世界一周の旅をしている旅人たちも、タイの良さから予定よりも長く滞在する人が多いほど人気な国となっています。 そんなアジア一人気と言っても過言ではないタイは、東京から飛行機の直行便で約6時間。

タイ旅行での通貨や時差

通貨はバーツで、物価は日本よりも安いです。 1バーツ=約3.4円になります。(2018年3月調べ) 日本との時差は-2時間なので、例えば日本が正午の12時なら、タイはAM10時となります。

旅行先のチップは?

ほとんどのタイ人が仏教徒なのでタイにはたくさんのお寺や観光名所など見どころがたくさんあります。 タクシーやトゥクトゥクは基本値段交渉から始まるのでチップは不要です。 ですがホテルのボーイさんや、高級レストランなどでは、10バーツ程度渡した方がスマートに見えますよ。
東京の羽田や成田からタイまでは、直行便で約6時間でバンコクまで行くことができます。 その場合旅行に行く時期にもよりますが、安い時期だと往復航空券だけで6万円前後、GWやお正月などの時期は14万円前後なので、高い時期に比べると半額以下で旅行に行くことが可能です。 。 また直行便ではなく、どこかの国を経由することで、時間はかかりますが更に安く往復5万円前後でも行くことができます。 滞在日程に余裕がある人などは特にオススメと言えるでしょう。
自分で航空券のチケットを手配することが難しい人は、格安のツアー会社に頼むのも良いでしょう。 滞在日数にもよりますが、安い時期でも約5万円前後で行くことが可能です。 ツアーのパッケージにはフリーで行動できる日にちもあるので、自分のプランを取り入れることもできますよ。
やはり年末年始やGWなどの大型連休の時は、旅行代金はどうしても高くなってしまいますよね。 タイの場合も、この時期は安い時の倍の料金になってしまうので、お休みが取れる人は安い時期に行くことをオススメします。 タイの安い時期はだいたいGWを除いて4月上旬~6月あたりまでが一番安い時期となるでしょう。 タイは1年中暑いですが、4月は最も暑い時期になるので、この時期は値段が下がる可能性が高いです。
5月や6月も雨期に入るので、雨が多いかもしれませんが、天候に恵まれたら観光しやすいおすすめの時期と言えるでしょう。 またお正月明けの2月も安くなる時期なので狙い目です。 日本が最も寒い時期に入るので、この時期を狙って暑いタイに観光に行くのも良いですよね。

バンコク5つ星ホテルの予算

タイのバンコクに5つ星ホテルも多数存在します。 モダンな空間や、バンコク市内にいるのに離島にいるような感覚などを味わうことが出来ます。 バンコクの高級5つ星ホテルは安い時期でだいたい3万~7万くらいで泊まることができます。

ビジネスホテルの予算

バンコクでは5つ星ホテル程高級で質が高いわけではなくても、ビジネスホテルで快適に過ごすことも可能です。 1万円しない価格で泊まれるビジネスホテルも多数あるので、観光重視の人にはオススメです。
上記のサイトだと比較的リーズナブルな価格が表示されていることが多いので、オススメです。 個人旅行で行かれる人はぜひ参考にしてみてください。

ユースホステルの予算

宿泊先をとにかく安く済ませたい人におすすめ。 ユースホステルはドミトリー形式になっている所が多いので、共同のトイレやシャワーの代わりに宿泊代をかなり安く抑えることが出来ます。 500円以下で泊まれるドミトリーもあるので、一人旅や、格安旅行者の人、共同生活に抵抗がなく、海外で友達を作りたい人などにオススメと言えます。

エステやスパの予算

タイ式マッサージと同様にタイではオイルマッサージなどのエステも大人気。 高級感漂うホテルのスパもあれば、ショッピングセンターなどに入っているスパもあります。 エステのコースや時間などによって価格は変わってきますが、高級ホテルなどでは約2時間2500~3000バーツ、ショッピングセンターなどでは約800バーツ~1080バーツです。 タイでは高めの金額ですが、日本よりリーズナブルに極上のスパを味わえるので、タイに来た際にはオススメです。

個室タイ式マッサージの予算

タイのマッサージは、庶民的なカーテンのみの間仕きりだけの場合と、個室でマッサージをしてくれるお店など、店舗によって色々とあります。 個室のタイ式マッサージは、部屋がそれぞれ分かれているので、リラックスしてマッサージを受けることができます。 価格も約1時間200~300バーツほどで出来るお店も多いです。

庶民派タイ式マッサージの予算

あまりお金はかけたくなくても、タイ式マッサージは受けてみたいという人におすすめ。 カーテンや布1枚などで、間仕切りしている場合が多く、地元の人も数多く訪れます。 価格も個室のタイ式より安く100~200バーツくらいで出来るので、どんな感じか試しに経験してみたい人などにもオススメです。

人気ビストロレストランの予算

本場のタイ料理を優雅にゆっくり味わいたい人におすすめ。 コロニアル調のレストランや、タイ伝統様式の改築したレストランなど、外観からも可愛いお店がたくさんあります。 平日の日替わりランチコースは約640バーツで、土日のランチだと980バーツくらいまで上がります。 もちろん1品料理や、ディナーも、320~680バーツ程で頼むことができます。

屋台レストランの予算

屋台街がたくさんあるタイでは、食べ歩きなどでリーズナブルに食事することも可能です。 屋台によって30バーツ~食べることができます。 麺なども50バーツ程で食べれるので、安くたくさん食べたい人には屋台がおすすめ。 屋台街は観光客で溢れているので、スリなどには注意が必要です。

カフェの予算

インスタ映えする可愛いカフェがたくさんあるタイ。 コーヒーなどは120バーツ~、スイーツや軽食などは200~300バーツ前後です。 カフェの外観からもフォトジェニックなお店なので、ゆっくりカフェでランチするのもおすすめです。

電車

観光や市内探索には、BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)が便利です。 路線も分かりやすいので、迷うことなく電車に乗ることができます。 BTSを旅行中乗る機会多いなら、日本のスイカみたいなチャージ式のプリペイドカード、「ラビットカード」を使うのもおすすめです。 タイでは切符ではなくトークンという丸いコインなどが切符の代わりになります。

タクシー

値段は基本交渉となります。 しかし「メーターを出してほしい」と強く主張すれば、メーターで走ってくれるタクシーもあります。 その場合、初乗り1kmあたり約35バーツが相場のようです。 空港から市内までタクシーで行く場合、料金の他に別途空港使用税が50バーツかかるので、ちゅいが必要です。

日本ではあまり馴染みがないですが、タイでは船に乗って観光名所に向かう事もしばしば。 船にも路線があるので、価格は路線によって違いますが、約10~32バーツ程で観光名所に着くことができます。 船で気軽に観光名所に向かうことなんて、日本ではなかなか出来ない体験なので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

プーケット

タイのリゾート地としては何といってもプーケットが人気です。 首都のバンコクから約500km離れており、タイで1番大きな島です。 バンコクから国内線で約1時間30分で行くことが可能です。 透き通るような青い海は必見ですよ。

ワットポー

バンコクに訪れたら一度は見ておきたいワットポー。 ワットポーへ行くまでは最寄りの電車がない為、船でいくことをオススメします。 入場料は外国人は100バーツになります。時間は8:30~18:30まで。 寝ている大仏は圧巻間違いなしの見所スポットです。
タイのお土産はスーパーマーケットを上手に活用しましょう。 バラマキなどはスーパーで買った方が、値段もリーズナブルで、種類も豊富です。 なかでもタイのスーパーと言えば、テスコロータスか、ビッグCが大型スーパーマーケットとして有名ですよ。 食品から日用品まで何でも揃うので、現地の人もたくさん買いに来ています。
いかがでしたでしょうか? タイの主なバンコクでの平均的な相場を出してみました。 上記の値段を参考に、自分だけの楽しい旅行プランを練ってみてはいかがでしょうか。 このサイトを通じて、好きな国の一つタイ・バンコクが含まれたら嬉しいです。

関連記事