Swdlmos0rsozjnd2h0qq

佐賀

CATEGORY | 佐賀

佐賀【嬉野温泉】までのアクセス方法をご紹介!~電車やバスでの移動~

2018.08.16

温泉大国九州の中でも有数の温泉街を有する嬉野温泉。のどかな茶畑が広がる風景も魅力的な温泉地です。今回はそんな嬉野温泉へのアクセス方法を交通手段別にご紹介しますよ。夏は花火大会でも盛り上がる人気温泉地はアクセス方法も気になるところ。是非ご参考にしてみてください。

  1. 嬉野温泉とは
  2. 嬉野温泉へのアクセス方法をご紹介<電車・バス・空港・車>①電車
  3. 嬉野温泉へのアクセス方法をご紹介<電車・バス・空港・車>②バス
  4. 嬉野温泉へのアクセス方法をご紹介<電車・バス・空港・車>③空港
  5. 嬉野温泉へのアクセス方法をご紹介<電車・バス・空港・車>④車
  6. まとめ
嬉野温泉とは佐賀県嬉野市にある温泉で、同じ佐賀県にある武雄温泉と並び県を代表する温泉となっています。また嬉野温泉は浸かるだけで肌がつるつるスベスベになる美肌の湯としても有名で、日本三大美肌の湯(島根県の斐乃上温泉、栃木県の喜連川温泉)の一つともされています。またこちらの嬉野温泉のはじまりは非常に古く、神功皇后の西征にまで遡り、和銅七年に記された肥前国風土記には、万人の病を治す名湯として嬉野の名前が上がっているほどです。嬉野川に沿って栄えている温泉街は温泉大国吸収でも有数の大温泉街となっており、50軒近くの旅館が軒を連ねており、周辺には寺社仏閣や足湯などの湯処も豊富で見どころとなっています。また嬉野の魅力としてあげられるのが広大の土地に広がる茶畑で、様々な景観を見られることから写真スポットとしてもおすすめです。里山ののどかな風景が心落ち着くふるさとのような雰囲気を醸し出している場所となっていますよ。
嬉野温泉への行き方ですが、まずは電車編をご紹介します。はじめに、電車を利用した場合ですが、嬉野温泉近くにあたる最寄駅がない為、最終的にはバスやタクシーへ乗り継いで向かう必要が出てきます。電車で向かう一般的な方法ですが、福岡からはJR博多駅から特急にのり約1時間、JR武雄温泉で下車、そこからJRバスに揺られること30分で嬉野温泉に到着となります。長崎からはJR大村線彼杵駅下車、バスに乗り継いで30分で到着です。
次にバスでのアクセス方法についてご紹介します。嬉野温泉へは嬉野バスセンターと嬉野インターの2つのバス停が最寄となります。福岡県側からは博多駅交通センター~西鉄天神バスセンター~福岡空港ターミナル~嬉野バスセンターと合計2時間強ほどで到着となります。また長崎県側からは長崎駅前~大村インター~嬉野インター着で70分程の所要時間となりますが、嬉野インターから嬉野温泉が少し遠い為、おすすめは嬉野バスセンターとなります。
次に空港からのアクセスについてですが、それぞれ佐賀空港、長崎空港、福岡空港からアクセスが可能となっています。(それぞれ大阪からは飛行機で1時間15分程、東京からは飛行機で1時間50分程がかかります。)次にそれぞれの空港からですが、ここからは先にご紹介の電車・バスの方法で向かう形となるのですが、最も便利なのは佐賀空港または長崎空港からタクシーに乗って向かう方法です。佐賀空港からの場合は、乗り合いタクシーが出ており、大人片道1人あたりで2,000円とリーズナブルで、且つ所要時間も1時間程、宿泊先の玄関まで送ってもらうことが出来ますよ。なので空港から向かわれる場合のおすすめは佐賀空港着を予約するというのがベストな選択肢ではないでしょうか。
嬉野温泉への行き方ですが、マルチに色んな方面から行きやすいのはやっぱり車になります。車の場合、福岡市内からは高速を使って約1時間30分程で到着となります。その他北九州からは小倉南ICから約2時間10分、熊本ICからは2時間15分、長崎ICからは約1時間半、佐世保からは約40分となります。公共交通での繋がりがあまり良くないこともあり、車を使う方が多いですね。
いかがでしたでしょうか。歴史が深い嬉野温泉は温泉大国九州を象徴する存在でもありますね。公共交通機関では少々不便に感じられるところもありますが、その分豊富な自然や里山風景を楽しみながらのんびり過ごせるスポットとなっています。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmhRhqGB_-i/?tagged=%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F