Mawca5ebyalutyqp68r0

イタリア

CATEGORY | イタリア

イタリア旅行・食事でのマナーやタブーなことを知っておこう【2018年】

2018.08.16

日本人観光客にも人気があるイタリアですが、イタリアには日本人は知らない食事でのマナーや覚えておきたいタブーなどもたくさんあります。今回はそんなイタリアの食事マナーやタブーについていくつか詳しく紹介するので、イタリア旅行へ行くという方はぜひ参考にしてみて下さい。

  1. 日本人観光客にも人気!イタリアの魅力とは?
  2. イタリアの食事マナー①パスタを食べるときはスプーンを使用しない
  3. イタリアの食事マナー②パンはちぎって食べる
  4. イタリアの食事マナー③パンでお皿を拭うのはNG
  5. イタリアの食事マナー④パスタはすすって食べない
  6. イタリアの食事マナー⑤お会計はテーブルで済ます
  7. イタリアでのタブー①鼻をすする
  8. イタリアでのタブー②プレゼントでハンカチを渡す
  9. イタリアでのタブー③服屋などで商品を触る
  10. まとめ
日本人観光客にも非常に人気があるイタリアですが、イタリアにはショッピングから絶品グルメまでいろいろな魅力があります。美術館など芸術が人気のローマから絶品グルメが味わえるナポリまで、イタリアには魅力あるスポットやグルメがたくさんあるので観光にはとてもおすすめです。

絶品グルメが味わえる

イタリアの魅力と言えば、絶対に外せないのが絶品イタリアン料理やグルメです。定番のパスタや焼き立てピザはもちろん、ピアディーナやグラッタケッカなど本場イタリアでしか味わう事ができない人気料理やスイーツなどを味わう事ができるので、イタリアへ旅行に行く際はぜひいろいろなイタリアン料理やグルメを味わってみてはいかがでしょうか。

見所ある観光スポットが多い

イタリアには魅力ある観光スポットがとにかく多く、見所があるのでとてもおすすめです。チンクエテッレやヴェネツィアなどの綺麗な町並みが特徴の定番観光スポットはもちろん、定期劇場が楽しめるサンカルロ劇場なども人気があります。その他にもたくさんの観光スポットがあり、大満足間違いなのでイタリアへ旅行する際はぜひいろいろな観光スポットを訪れてみて下さい。
日本ではフォークとスプーンを使ってパスタを食べる事が多いですが、イタリアでは基本的にフォークしか使用しないので注意が必要です。特にイタリアは食事のマナーに厳しいので、イタリアでパスタを食べる際はスプーンを使用しないように注意しましょう。

小さい子供の場合はスプーンを使用してもOK

大人の場合は基本的にパスタを食べる際はフォークのみですが、小さい子供の場合はスプーンを一緒に使用してもOKです。イタリアではパスタは定番料理となっており、覚えておく事でしっかりとマナーを守って食事を楽しむ事ができるので覚えておくようにしましょう。

パスタの麺をすすって食べるのもマナー違反なので注意

パスタを食べる際にもう一つ注意したいのが、パスタの食べ方です。日本ではラーメンの麺をすすのが一般的なのでついパスタを食べるときにも麺をすすってしまう事がありますが、イタリアではマナー違反とされています。イタリアではパスタを食べる機会が多く、食事のマナーにも厳しいので常に正しい食べ方を意識するようにしましょう。
イタリアのコース料理では基本的にパンが出る事が多いですが、パンはそのまま食べるのではなく食べやすい一口サイズに小さくちぎってから食べるようにしましょう。日本ではパンをそのまま口にする場合が多いですが、イタリアではマナーが悪いと思われてしまう場合があるので、パンを食べる際は正しい食べ方を意識するようにしてみて下さい。

食べかけのパンはテーブルに直接置くのがマナー

コース料理でパンを食べる際、気になるのが食べかけのパンです。パンはテーブルに置かれている場合が多いので食べかけのパンを置く場所がありませんが、イタリアではテーブルの上に直接置くのが一般的です。レストランのテーブルは常に清潔な状態になっており、パンを直接置いても問題ないので覚えておくのがおすすめです。
イタリアでパンを食べる際にはいろいろなマナーがありますが、覚えておきたいのがパンでお皿を拭うのはマナー違反という事です。お皿にソースなどが付いているとパンで拭って食べる事が日本ではありますが、イタリアではマナー違反とされてしまう場合があるので気を付けましょう。
パスタをラーメンのように麺をすすって食べるのはイタリアではマナー違反です。特に日本ではラーメンの麺をすすって食べるのでついやってしまいがちな行為ですが、イタリアで同じように麺をすすって食べてしまうとマナーが悪いと思われてしまうので注意するようにしましょう。

食べる際にお皿を口まで持って行かないのもマナー

日本では料理を食べる際にこぼさないようお皿を口の前まで持っていくのが一般的ですが、イタリアでは逆にマナー違反になってしまいます。いつもの癖でお皿をつい口の前まで持っていきがちですが、イタリアではNG行為に当たるので覚えておくのがおすすめです。
日本のレストランでは基本的にレジでお金を支払いますが、イタリアでは会計はテーブルは払うのが一般的となっています。その際店員さんに声を掛ける事になりますが、大声を出して呼ぶのはマナー違反になるのでアイコンタクトで合図をするか店員さんが近くに来たときに声を掛けるようにしましょう。

レストランによってはレジで支払う場合があるので注意

基本的にはテーブルで支払うのが一般的ですが、レストランやお店によっては日本と同じようにレジで支払う場合があります。レストランやお店によっても違うので、イタリアへ旅行に行く際は覚えておくのがおすすめです。
冬場になると鼻をすする人が目立ちますが、イタリアで同じように鼻をすするのはタブーな行為とされています。日本では鼻をすするのはよくある事なのでつい同じようにやってしまいがちですが、特に公共の場で鼻をすするのはNG行為なので鼻水が気になるときは鼻をすすらずティッシュで噛むようにしましょう。
イタリアへ旅行に行く際は、常にポケットティッシュを持ち運んでおくと安心です。ポケットティッシュを常に持っておく事でタブー行為を防ぐ事ができるので、イタリアへ旅行に行く際は参考にしてみて下さい。
日本ではプレゼントにハンカチを渡す事はよくありますが、実はイタリアではタブーされているので注意が必要。イタリアでハンカチをプレゼントに渡すのは縁起が悪いとされており、プレゼントや贈り物には適さないので覚えておくようにしましょう。
またイタリアでは空の財布もタブーとされており、中身が入っていない空の財布は貧乏になると言われているので注意が必要です。日本ではプレゼントに一般的な財布ですが、イタリアではタブーなのでプレゼントを渡す際は注意して下さい。
日本では服屋や靴屋の商品を実際に手に取って見る事が多いですが、イタリアではタブー行為なので注意。但し試着したい場合は店員さんに伝える事で試着する事ができるので、イタリアで服屋や靴屋に行く際は忘れないよう覚えておきましょう。

お店を入るときと出るときは挨拶を忘れない

イタリアは挨拶をとても大切にしている国なので、普段から挨拶を欠かさないのが大切です。特に日本ではお店に入るときに特に挨拶をせずに入る事もありますが、イタリアではタブーなので注意。お店に入るときや出るときは必ず挨拶をするのがマナーなので、イタリアへ旅行に行く際は覚えておきましょう。
イタリア旅行に行くなら覚えておきたいマナーやタブーについて紹介しましたが、いかがでしたか。イタリアにはいろいろなマナーやタブーがあるので覚えるのが大変ですが、しっかりと覚えておく事で問題なく旅行を満喫する事ができるので初めてイタリアへ旅行に行くという方はぜひ参考にしてみて下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/11/27/20/28/arno-river-1066307_960_720.jpg