Xnnstkkwhxfqqegrtard

韓国

CATEGORY | 韓国

韓国旅行への便利な持ち物リスト17選【2018年度版】~季節別でご紹介~

2018.12.13

韓国の冬はとても寒くなりますが、そのほかの季節はどのような装いがベストなのか?携帯して行くべき持ち物は?持ち物は最小限の納めたい。そのような不安を少しでも取り除くために、あらかじめ持ち物リストをチェックして不安のない韓国旅行にしましょう。

  1. 韓国旅行に必要な持ち物リスト:必須編
  2. 韓国旅行に便利な持ち物リスト①パスポート
  3. 韓国旅行に便利な持ち物リスト②現金(韓国ウォン)
  4. 韓国旅行に便利な持ち物リスト③クレジットカード
  5. 韓国旅行に便利な持ち物リスト④航空券
  6. 韓国旅行に便利な持ち物リスト⑤その他
  7. 季節別韓国旅行持ち物リスト:春編
  8. 季節別韓国旅行持ち物リスト:夏編
  9. 季節別韓国旅行持ち物リスト:秋編
  10. 季節別韓国旅行持ち物リスト:冬編
  11. 終わりに
S29q1t1nzrs82xdhjzdi
引用: https://pixabay.com/ja/古い-レトロ-アンティーク-ビンテージ-古典的な-ノート-旅行-1130743/
韓国旅行が決まって頭の中は何を食べよう、どこへ行こう、お土産は何を買おう?そんなことばかり考えてしまうのも無理はありません。ですが、いざ韓国へ到着して何か持ち物が足りなかったり、困ることの無いようあらかじめ万全の準備をして臨みたいですよね?あれもこれも持ち込まず必要最低限の便利グッズを荷物を最小限に抑えた上で持ち込みたい!まずは季節に関わらず必須の持ち物リストから確認していきましょう。
Xkdsrsnkdaqaswnauoqp
引用: https://pixabay.com/ja/地図-旅行-旅行地図-探る-市-パスポート-国-宛先-3578213/
パスポートは韓国旅行だけにとどまらず、日本以外の国へ渡航する際にはなくてはならない必需品リストの一つです。故に持ち物リストの一番上に必ずパスポートをおいて確実に携帯してください。海外で何か身分を証明する際に提示を求められる場合もありますので必ず無くさないように厳重な管理が必要です。紛失した際には韓国にある日本大使館に行き再度発行手続きを行う必要があり、その際には呼びでパスポートの写しがあるとよりスムーズに手続きが行えますのでぜひコピーも忘れずに。

日本人が韓国へ滞在する際に、渡航ビザは不要です。

Hwhdfrr6hovxyvknoaxo
引用: https://pixabay.com/ja/ビザ-紙-パスポートのビザ-スタンプ-ゴム印-3109800/
日本国籍保有者は韓国へ旅行、観光目的で入国する場合、90日間ビザなしで滞在することが可能です。滞在が90日を超えてしまう場合はビザの申請が必要となりますのでご注意ください。なお、旅行前に注意していただきたいのはパスポートの残存期間。韓国へ渡航する場合にはパスポートの残存期間が入国時3ヶ月以上あることが求められますので、パスポートの有効期限は余裕を持って確認し、足りない場合は更新の手続きをとりましょう。
Nqzqkvcwvuo3asgvynvy
引用: https://pixabay.com/ja/お金-ユーロ-紙幣-黄色-オレンジ-ゴールド-投資-リスク-3420856/
海外旅行の際に迷うのがお金の事情。現金はどのくらい必要なのか、どこで両替するのがいいのか等多くの人が悩まれると思います。結論から言うと、韓国の場合は鉄道やバスなどの公共交通料金、ローカルな市場などで食事をする際の費用等以外はクレジットカードで支払いをする方が便利でメリットが多そうです。日本とは違い、韓国はカード支払いが主流で大概のお店はクレジット支払いが可能です。現地での割り勘、また稀にカードが使用できないお店等もありますので、日本円で1万円〜2万円ほどの現金を両替して持っていけば十分に事足りるでしょう。大量の現金を持ち歩くのも不安が付きまとうので、現金持参は最小限に留めるのが良さそうです。

因みに…韓国の場合どこで両替するのがお得?

U45j19m1barib9xfsdfk
引用: https://pixabay.com/ja/お金-貨幣-通貨-金融-現金-投資-財産-経済-銀行-支払-3565703/
日本円を韓国ウォンへ両替する場合は、日本国内で両替するよりも、韓国に到着してから現地の両替所で換金する方が断然お得なようです。中でも、南大門にあるミウ両替所が2018年まで3年間連続で一番レートがいいと検証されたようですので、少しでもお得に旅をしたい方は要チェックです。
Xm4w4nfxjbi6elruik2d
引用: https://pixabay.com/ja/クレジット-カード-クレジットカード-お金-銀行口座-銀行-1583534/
極論ですが、海外旅行に行く際、パスポートとクレジットカードさえあればそのほかのものはなんとかなるものです。韓国はカード社会なので、国際的なクレジットカード会社のものであれば、例えばVISA、MASTER、JCBにAMEXなど基本的にはどこでも問題なく使用ができます。クレジットカードには様々な機能がついていますが、できるだけ違う会社のものを複数携帯していき、海外旅行傷害保険の付帯されたカードを持って行くと安心です。このタイプのものは特に何か行く前に申請が必要という面倒な手間もなく、持って行くだけでその保険が適応されるので一石二鳥です。
Rsuaejo52qj1wdpekudr
引用: https://pixabay.com/ja/空港-飛行機-ゲート-フライト-ライン-航空-日没-ミステリー-1553958/
航空券といっても今ではオンラインで航空会社もしくは旅行代理店があらかじめメールで送ってくれているeチケットをダウンロードしてそのまま印刷するだけで大丈夫です。近年では各航空会社、旅行会社の携帯用アプリでも予約内容が確認できたり、画面を見せればそれがチケットがわりになる場合も増えてきています。アプリを使えばあらかじめオンラインチェックインを済ませることができてさらに便利です。どの代理会社を使ったのか、LCCなのかそうでないのか、航空会社によっても規定が異なるので、チケットを購入した際は各航空会社、代理店の規定を一読しておくことをお勧めします。

チケットは片道だけで大丈夫?

Jzvyfry929umgq7e5nhn
引用: https://pixabay.com/ja/パスポート-チケット-フライト-アメリカ合衆国-旅行-観光-休暇-881305/
ビザなしで韓国へ出国する際、行きのチケットだけで登場しようとしていた乗客が登場を拒否された、またはその場で帰国便の購入をさせられたという例が報告されています。基本的に旅行というのは、ビザの必要ない期間内で確実に韓国を出て行くという前提のもと許可されているものであり、帰りのチケットがないということはその前提が破られる可能性があるため、入国が認められない可能性があるということを念頭に置いておいてください。せっかく準備したもの、楽しみにしていた計画が水の泡にならないためにも、あらかじめ往復チケットも持ち物リストへ追加しておく方が賢明です。

1)ホテルの予約票

Vyhg5tqzghx7sn2yslkn
引用: https://kaboompics.com/gallery?search=hotel&all_photos=all_photos&sortby=featured+photos
ホテルの情報は意外と色々なところで必要になってくることがあるので、荷物を最小限に抑えるために予約サイトの画面をスクリーンショットして保存しておくなり、PDFとしてダウンロードし印刷したものを携帯するなりなんらかの形で常に取り出せるようにしておくと便利です。入国の際に記入する入国カードには滞在先の住所の記入が必須です。また、空港からタクシーに乗る場合、街中で移動する際、道に迷ってしまった際などにすぐに取り出して聞けると旅がよりスムーズに行くこと間違いなしです。その際、住所は韓国語で書かれたものを準備すること。タクシードライバーや年配の方は英語で書かれた住所を見せられても分からない場合が多いので要注意です。

2)Naver MapやKakao Mapなど韓国運営の地図アプリ

Hhkzlgtr35efpwitxbvx
引用: https://kaboompics.com/gallery?search=map&all_photos=all_photos&sortby=featured+photos
韓国政府は、地図サービス「Google Maps」に韓国内の詳細な地図データを使用したいという米Googleからの要請を拒否することを決定した。

上の引用文からもお分かりの通り、韓国は軍隊の機密漏えいを防ぐためにGoogle Mapに韓国国内の詳細な地図データを提供していません。実際に使用してみるとわかりますが、お店のデータや写真があまり乗っておらず信用度に欠けるデータとなっています。しかし女子旅では有名な観光地以外にもカフェや雑貨店をめぐることも多いと思います。Google Mapは海外旅行の最大の味方とも言えるガジェットなのにこれはどうしたものかということで、その代用としてあげられているのがNaver MapおよびKakao Mapの二つです。こちらは詳細なデータを網羅しているので、あらかじめ行きたい場所をリストアップして登録しておけば現地でも迷うことなく目的地にたどり着けるので必須アイテムの一つです。
Lprwsa7spyvo0c3jgbyv
引用: https://modernseoul.org/2013/07/26/traveling-in-seoul-south-korea-top-5-free-android-applications/
Curt7oskkslmikaupcuc
引用: https://www.appannie.com/jp/apps/google-play/top/south-korea/

3)女子旅には欠かせないスポット満載の韓国観光本

Yuy4gnufaysh99ukiwg9
引用: https://kaboompics.com/gallery?search=girls&all_photos=all_photos
あえて何も計画しない旅、という場合以外はやはり刊行本が一冊はあると便利です。特に、女子旅にはもってこいのインスタ映えスポットやかわいいカフェなど、最新のスポットを紹介している本が多いので参考になること間違いなしです。女子力アップの旅にも一役買ってくれることでしょう。最近ではA5サイズのミニ版が出版されており、持ち物を最小限に抑えたい場合でもあまりかさばらないのが嬉しいです。
BRUTUS(ブルータス) 2018年5/1号No.868[ソウルで見る、買う、食べる、101のこと。
価格 680円
るるぶソウル'18ちいサイズ (るるぶ情報版)
価格 1080円

4)形状Cタイプのコンセント&電圧機

Cbkcvkuxsxgljkzppnb7
引用: https://kaboompics.com/gallery?search=blogger&all_photos=all_photos&sortby=featured+photos
ブロガー女子や女子インスタグラマーにも注意していただきたいのは韓国ではコンセントの形状が日本とは異なり丸い挿し口のCタイプです。また、電圧も異なります。大抵のもの、ラップトップや携帯などユニバーサルブランドのものであれば対応できる電話つにもともと幅があるので変圧器は特に必要ありません。日本国内でのみ対応の電気機器を持って行く場合は電圧機が必要となります。現地の100均でもコンセントは販売していたので、日本から持って行かず荷物の最小限化を念頭に置きつつ、到着後に購入するのもアリかもしれません。どっちにしろこの形状のプラグは必須です。
Mcsif2rumvawmpcbjtwu
引用: https://www.konest.com/contents/basic_info_detail.html?id=412

5)韓国国内で使用できるSIMカード、Wifiルーター

B0xt1bxwpwgxysxiomvz
引用: https://kaboompics.com/gallery?search=mobile&all_photos=all_photos&sortby=featured+photos
Wifi関連は持ち物の中でも悩みやすい部分だと思います。実際韓国では公共フリーWifiも発達しており、地下鉄内でもWifiの使用が可能です。ですが、やはり好きな時に好きなだけストレスフリーでネットを使用したいのであれば韓国現地で使用可能なSIMカードをあらかじめゲットしておくことをお勧めします。日数によってはWifiルーターをレンタルした方が安くつく場合もあるので、それは旅行日数と相談して決めてください。SIMカードであれば到着してすぐにおつかの携帯に埋め込んでしまえばあとは機器を運ぶ必要もないので、荷物の最小限化にはぴったりです。
A3wrc4a87oi3iomxvxny
引用: https://kaboompics.com/photo/1393/pink-spring-flowers

春の便利持ち物(1)厚手のダウンやブーツ

春とは言っても3月であれば、朝晩は冬と変わらないくらいひどく冷え込みます。そのため、厚手のダウンやブーツなどの防寒対策は怠らないようにすべきでしょう。とは言っても、日本から持ち込む荷物はやはり最小限に抑えたいので、韓国についてから購入してもいいと思います。思い出にもなり一石二鳥ですね。

春の便利持ち物(2)カイロ

こちらも同じく防寒対策です。韓国でも販売がありますが、旅程によってはすぐに買い物に向かえないかもしれません。韓国中は野外で行動することも多いと思います。特に女性は冷え性の方も多いので、カイロはあらかじめいくつか持参して行く方が安心でしょう。
Belptzr2hk6t6bksvjf8
引用: https://kaboompics.com/photo/5615/pineapple-in-a-swimming-pool

夏の便利持ち物(1)サングラス

日差し対策にサングラスは便利です。ツアーの旅程、行動予定に合わせてサングラスや日よけの帽子を持参すると日焼け対策にもなります。日差しは女性の敵です。旅行だからと気を抜かずにきちんと対策をしましょう。

夏の便利持ち物(2)折りたたみ日傘

日差しの強い日が続くので、観光に出かける際は男女問わず日傘があると良いでしょう。晴雨兼用の折りたたみ型は近年軽量化が進み小さなカバンにもすっぽり収まるサイズのものが人気です。夏季は雨の降る日も多いので、その際にも役に立つでしょう。
N37yrxdvhhklbwthlcmi
引用: https://kaboompics.com/photo/1362/autumn-leaves

秋の便利持ち物(1)ストール・マフラー

9月初旬はまだ残暑の関係で暑い日が続きます。ただ、室内は冷房が効いている場合もあるのでそんな時にパッと羽織れるストールやマフラーなどがあると便利です。9月も後半になれば徐々に秋めいてきて肌寒感じる気温になるので、その際はパーカーやカーディガンなどのはおりものも必要でしょう。

秋の便利持ち物(2)ヒートテック

9月の下旬から冬めいてくるので、薄手でかさばらないヒートテックは何枚か持参すると良いでしょう。必要なければ脱げるし、寒く感じれば何枚でも重ね着できます。また、同じくユニクロから発売されているウルトラライトダウンジャケットは丸めれば水筒サイズに収められるのにも関わらず防寒機能の高い優れものです。軽く持ち運びも楽なのでオススメです。
Nu5icsbzgdpyyd6y8gig
引用: https://kaboompics.com/photo/7421/snowy-street-with-cars-woman-walking-along-a-sidewalk

冬の便利持ち物(1)防寒グッズ

行く場所にもよりますが、チェジュ島や釜山など南部に行かれる場合は、日本と同じような気候を想像してもらえれば問題ないです。ただソウルに行かれる場合は、氷点下を下回る日もザラにあり日本本土よりもより寒い気候になることが普通なので、防寒対策は必ず必要です。厚手のダウンジャケット、手袋、マフラー、ヒートテック、厚手の靴下、ブーツなど、考えられる防寒対策は全て必要だと考えた方が安全です。

冬の便利持ち物(2)圧縮袋

先ほども述べたように、防寒対策で案外持ち物がかさばりトランクがパンパンになりがちな冬の韓国旅行。その際は圧縮袋を活用してトランクのスペースを確保しましょう。お土産などのスペースも考慮して、できるだけ着るものは圧縮袋にいれて空間をセーブするのが得策です。
Mbgg9dzhf2zghlxbdtxr
引用: https://kaboompics.com/gallery?search=korea&all_photos=all_photos&sortby=featured+photos
万全の準備で良い旅になるよう、あらかじめきちんと荷造りをしましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/泊まる-韓国-鍾路-看板-照明-韓国の夜-ソウル-夜-夕方-2162772/