Mx68967dqmclpur0tqvg

熊本

CATEGORY | 熊本

【熊本・天草】空港からのアクセス方法をご紹介!~2018年度版~

2018.08.17

刻一刻と変化する海の風景、新鮮な海の幸、歴史や文化を感じる観光スポット、イルカウォッチング、温泉などと多彩な魅力を秘めた天草。海に囲まれた天草に行くには、阿蘇くまもと空港や天草空港発着の飛行機を利用するのが便利。両空港から天草へのアクセス方法をご紹介します。

  1. 天草ってどんな町?
  2. 空港から天草に行くには?
  3. 阿蘇くまもと空港から天草へのアクセス方法について
  4. 阿蘇くまもと空港から天草へのアクセス方法①バス
  5. 阿蘇くまもと空港から天草へのアクセス方法②車
  6. 阿蘇くまもと空港から天草へのアクセス方法③飛行機
  7. 天草空港から天草へのアクセス方法について
  8. 天草空港から天草へのアクセス方法①バス
  9. 天草空港から天草へのアクセス方法②車
  10. まとめ
天草上島や天草下島など大小様々な約110もの島々が浮かぶ天草。天草市、上天草市、苓北町の2市1町をまとめて、天草と呼んでいます。現在では、橋が架けられており、天草下島まで陸路で移動する事が可能。また、九州本土である宇土半島の三角(みすみ)から大矢野島、永浦島、池島、前島、天草上島までは「天草五橋」と呼ばれる5つの橋で繋がっており、海辺の風景を満喫できるドライブコースとしても人気を集めています。
「島原の乱」の舞台としても有名な天草は、キリシタン文化や南蛮文化を受け継ぐ地でもあります。世界遺産にも登録されている﨑津教会(さきつきょうかい)や、キリスト教から改宗をするために創建された「明徳寺」、キリシタン墓地など、昔に思いを馳せながら巡れるスポットも揃っています。
近海で獲れた新鮮な海の幸も天草の魅力の一つ。ウニやタコ、タイ、伊勢エビなどが特に有名で、魚介を生かした丼物やお寿司などの料理も人気の天草グルメです。
天草周辺の海にはイルカが生息しており、遭遇率98パーセントという高い確率で、ほぼ1年中野生のイルカと出合える場所としても知られています。
飛行機を利用して天草へ行くには、熊本県の中部で阿蘇山麓の益城町(ましきまち)にある「阿蘇くまもと空港」を利用する場合と、天草諸島の中心部である天草下島にある「天草空港」を利用する場合の2通りがあります。ここからは、それぞれの空港から天草へのアクセス方法をバスや車など、乗り物ごとに分けて案内していきます。
天草空港、伊丹空港(大阪)、成田空港、羽田空港、小牧空港、中部国際空港、那覇空港と国内の主要な7空港へ就航している「阿蘇くまもと空港」。「阿蘇くまもと空港」から天草に向かうには、バスを利用する方法、車を利用する方法、飛行機を利用する方法の主に3つです。
「阿蘇くまもと空港」から天草に向かう場合、天草行きの直通バスはありませんので、一旦交通センターもしくはJR熊本駅に向かい、そこから快速バスや電車とフェリーに乗り換える必要があります。

交通センター経由で本渡バスセンターへ(リムジンバスと快速あまくさ号を利用)

交通センターからバスで本渡バスセンターへ向かう場合には、「阿蘇くまもと空港」から50分ほど空港リムジンバスに揺られて、「熊本交通センター」 へ。そこから「快速あまくさ号」に乗り換えます。宇土を経由して、三角港近くの「五橋入口」までは約65分、上天草市の「松島」までは約100分、天草下島の「本渡バスセンター」までは約150分の距離になります。

熊本駅経由で天草(本渡バスセンター)へ(リムジンバスと快速あまくさ号を利用)

熊本駅を経由して本渡バスセンターへ向かう際には、「まず、阿蘇くまもと空港」から約60分の場所にあるJR熊本駅に向かいます。その後、「快速あまくさ号」に乗り換え、三角港近くの「五橋入口」までは約60分、上天草市の「松島」までは約95分、天草下島の「本渡バスセンター」までは約140分で到着となります。

熊本駅経由で天草(松島港・本渡港)へ(電車JR三角線とフェリー天草宝島ラインを利用)

JR熊本駅から電車とフェリーを乗り継いで、天草に行く方法もあります。JR熊本駅から三角線のJR三角駅までは各駅停車でも55分ほどですが、この区間には南蛮文化をテーマとしたおしゃれなデザインが特徴の特急「A列車で行こう」も走っています。のんびりとくつろげるスペースがあったり、ステンドグラスやマリア像などの飾りがあったり、記念乗車証がもらえたりと、旅の記念にこちらを利用するのもおすすめです。
JR三角駅から三角港へは徒歩で約5分。三角港から天草下島の本渡港までを結ぶ「天草宝島ライン」を利用すると、三角港から松島港までは約17分、本渡港までは約60分です。JR券と天草宝島ラインの乗船券がセットになったお得な切符もありますし、JRからフェリーの接続の良さも魅力です。
車で「阿蘇くまもと空港」から天草に行くには、すべて一般道路を利用する方法、高速道路や有料道路を利用する方法などがあり、大きく分けると、上天草方面に行く場合と天草下島の本渡方面に行く場合のルートがあります。

一般道を利用して上天草市へ

「阿蘇くまもと空港」から県道36号(第2空港線)や国道3号、国道57号を通ると、約100分で上天草市にたどりつきます。天草五橋の一つで、鮮やかな朱色が目を引く五号橋や麗しい海の眺めなどがドライブの楽しみとなります。

高速道路(九州自動車道)を利用して上天草市へ

「阿蘇くまもと空港」から県道36号(第2空港線)を通り、「益城熊本IC」から九州自動車道に乗って最寄りの「松橋IC」へ。「松橋IC」で下車後は、国道266号で上天草市へと向かいます。所要時間は約80分です。

上天草市から松島有料道路を利用して本渡へ

上天草市から天草下島の本渡方面へ向かうには、天草5号橋の近くにある「松島有料道路」を利用するのがおすすめです。また、一般道を利用して上天草に行く場合は、国道266号と松島有明道路を利用すると約160分で、九州自動車道の「益城熊本IC」から「松橋IC」を経由して上天草に行く場合は、約140分で「阿蘇くまもと空港」から本渡に行けます。
可愛い「天草エアライン」の機体は何を描いたものが分かりますか。実はこれは、親子のイルカをイメージしたもの。野生のイルカと触れ合える天草らしいデザインですね。「阿蘇くまもと空港」と「天草空港」の間を天草エアラインが1日1往復していますので、約20分の空の旅を楽しんでみてはいかがですか。
天草空港と熊本空港、福岡空港、伊丹空港(大阪)の3空港間を就航する天草エアライン。熊本空港からは約20分、福岡空港からは約40分、伊丹空港からご利用の場合は一度熊本空港を経由する形となり、約130分で到着です。天草下島の北部に位置する天草空港から天草の各エリアに向かうには、バスと車の2通りがあります。
「天草空港」から本渡バスセンターまでは、天草空港シャトルバスが運行しており、はじの原、一の瀬、今釜、天草市役所前などのバス停で途中下車する事ができます。
天草下島や天草上島への観光の拠点に便利な場所に建つ「天草空港」。天草下島にある富岡城へは約30分、下田温泉へは約35分、世界遺産に登録された﨑津教会や大江天主堂へは約60分、牛深海中公園へも約60分の場所にあります。また、天草上島の四郎ヶ浜ビーチへは約30分、祝口観音の滝へは約60分、カヤツ丸展望台へも約100分で行けます。タクシーやレンタカーでお目当ての観光スポットに行くのも良いですね。
海辺のドライブを楽しめる車、移りゆく車窓を満喫できるバスや電車、より間近から海の景色や爽やかな潮風を感じられるフェリー、時間を短縮できる飛行機など、乗り物によってもその特徴が異なります。一口に天草と言っても広いですので、空港に到着した後は行きたいエリアや目的に応じて、最適なアクセス方法を見つけてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.photo-ac.com/main/detail/548082?title=%E6%97%85%E3%81%AE%E8%8D%B7%E7%89%A9