Upmwng7nucg1jvwnre1s

タイ

CATEGORY | タイ

タイの現在の治安は?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】

2018.08.16

タイでは、残念ながら現在でも治安は日本ほどよくなく軽犯罪は頻繁に起きています。殺人などの重犯罪は少ないため、自分の管理で自分の身は守れる場合が多いです。ここでは、タイ一人旅での現在の治安面で注意するべき事や外務省のサイトについて紹介しています。

  1. タイの現在の治安は?
  2. タイの治安「よくある犯罪」1:スリ
  3. タイの治安「よくある犯罪」2:見せ金詐欺
  4. タイの治安「よくある犯罪」3:いかさま賭博
  5. タイの治安「よくある犯罪」4:わいせつ犯罪
  6. タイの治安「よくある犯罪」5:睡眠薬強盗
  7. タイの治安「よくある犯罪」6:抱きつきスリ
  8. タイの治安「よくある犯罪」7:投資詐欺
  9. タイの治安で気を付けること1:貴重品の管理
  10. タイの治安で気を付けること2:知らない人についていかない
  11. タイの治安で気を付けること3:夜出歩かない
  12. タイの治安で気を付けること4:外務省のサイトを事前にチェックしておく
  13. タイの治安で気を付けること5:緊急連絡先を調べておく
  14. まとめ
タイは、殺人などの重犯罪は少ない国ですが、現在でも軽犯罪は頻繁に起きている国で、日本より治安の悪い国です。外務省のホームページでは現在危険レベルは低い地域が多いですが、自分自身の対策で避けれる犯罪はたくさんあります。ここではタイでよくある犯罪と一人旅や夜に気を付けること、外務省のホームページについてまとめています。
日本はとても治安のいい国だと言われています。男性ならズボンの後ろポケットに長財布を入れたまま歩いている人は良く見かけますし、女性でもチャックのないバッグを肩にかけている人はたくさんいます。さらにカフェではバッグをテーブルに置いて場所取りをしてレジに並ぶ姿も多く見かけます。
こういった日本では「当たり前」だと思うことをタイでやってしまえばスリのターゲットになりかねません。スリの手口は様々ですが、自分自身で気を付けて対策しておけば十分防げる犯罪であると言えます。人混みの中では特に自分のバッグをしっかり持ち、バッグの口を誰かに開けられるようなことが無いように気をつけておく必要があります。
タイでは、「日本が好きだから日本円を見せてくれ」や「両替してくれ」など、うまく会話してお金を出させようとする見せ金詐欺がよくおこっています。そういう人の話は聞かないことが一番で、会話をしないだけで犯罪を避けることができます。とくに一人旅で現地の人と仲良くなりたいという気持ちがある人は、知らない人との会話を楽しむ人も多く、犯罪に巻き込まれる可能性もあるため注意が必要です。
これも一人旅の人は特に気をつけておくべき犯罪で、「日本のことを教えてほしい」などとフレンドリーに話しかけてきた人に家に誘われて、家にどんどん人が集まりいつのまにか賭けのカードゲームが始まってしまう手口です。ゲームが始まると最初のうちは小さい金額で勝たせてくれますが、最終的には大金を要求されることがほとんどなので、とても危ない犯罪です。
わいせつ犯罪は、一人旅の女性がターゲットにされやすい犯罪です。夜に一人で出歩くことはもちろん、危ないからとタクシーに夜一人で乗るとタクシーの運転手からわいせつ行為を受けることも考えられます。日本のように深夜に一人で歩いても大丈夫という感覚はタイでは捨てなければいけません。
女性の一人旅の場合、夜9時以降は一人で出歩かない方が安心です。旅行に来ると時間いっぱい楽しみたいという気持ちがどうしても出てきてしまう人も多いため特に注意が必要です。一人でなくても女性同士で複数いる場合でもできる限り夜の外出は避けたほうが安心です。相手が男性の場合何人いてもかなわないこともあります。
夜のバーや道で、知らない人にもらった食べ物や飲み物に睡眠薬が入れられていて、その間にお金などの強盗にあってしまうという犯罪です。海外では、知らない人との会話が嬉しかったりすることもあり、警戒心が少ない人も多くいますが、知らない人からもらった食べ物や飲み物は口にしないようにする必要があります。
抱きつきスリが多いのはバンコクの繁華街であるソイカウボーイのあるスクンビットエリア。夜にお酒を飲んで酔っ払いいい気持ちになっている男性観光客がよく狙われます。レディーボーイ(オカマ)が男性をターゲットにする場合が多く、数人のレディーボーイが集団で抱きついている間に財布が取られていることも。
酔っぱらっていれば力が入らないことも多く、ターゲットにされやすいため注意が必要で、レディーボーイは男性なので、力が強い人が多いです。特にソイカウボーイは夜に賑わう街で怪しいお店も多いため観光で出かける人は注意が必要です。
不動産などでタイに投資を考えている人は注意が必要な詐欺です。お金を集めた後に連絡が取れなくなるなど姿をくらます事例や、事業が失敗したからお金は返せないというケースも報告されています。特にやっかいなのが、詐欺を働いてくる相手は日本人が多いということです。海外で出会う日本人は言葉も通じるため無条件に信用してしまう人も少なくなく、注意が必要です。実際に、投資詐欺で逮捕されている日本人は多くいます。
貴重品の管理はタイ旅行で一番重要で、貴重品の管理さえしっかりしておけばスリや見せ金詐欺の犯罪はさけることができます。とくにマーケットや地下鉄などの人混みでは注意が必要です。できる対策としては、財布は必ずチャックのあるバッグにいれ、安易に出さない事です。バッグもショルダーバッグやリュックサックが理想で、できれば前にかけておくと安心です。
日本人はとくにおしゃれに気を使う人も多く、スリにあいやすいバッグを持った女性が多いことも事実です。タイなどの東南アジアでは、おしゃれをしすぎるとターゲットにされやすいため、できるだけラフな格好を心がけたり、高価なものを出しておくような行動はしない事が大切です。
知らない人についていかないというと当たり前のことのように感じますが、海外にくると意外と守れない人が多くいます。特に一人旅の人は、旅先での出会いを大切にする傾向にあり、現地の人と仲良くなりたいという気持ちを多く持った人がいます。そういう気持ちにつけこんで、犯罪をおかしてくるタイ人がいることも残念ですが知っておく必要があります。
特に女性の一人旅では注意が必要ですが、夜に出歩かないだけで多くの犯罪を回避することができます。現在外務省のホームページでは治安の悪いエリアは少ないタイですが、日本と同じようにはいかないため、夜の観光はできるだけ避けたほうがいいでしょう。
夜でなくても、人通りが少ない場所は通らないなど、昼でも警戒心を持って行動するほうが安全です。できれば、他にも女性や家族連れがいる場所などを中心に行動すれば安心です。
外務省のホームページでは現在のタイの治安情報をチェックすることができます。タイだけでなく、海外に行く時は必ず外務省のホームページをチェックしてから旅行することをおすすめします。最新の治安情報が分かります。
外務省のホームページで危険レベルの高い場所には興味本位で近づかないことや、危険レベルの低い場所でも自分でしっかり対策をとれば防げる犯罪は多いです。海外旅行だからと浮かれすぎるのはとても危ないことです。
何かあってから連絡先を調べるのは危ないです。タイにはボランティアのツーリストポリスもいるため何かあれば助けてくれる場合もあります。ただし、こういったやりとりはタイ語か英語でしかできない場合も多いため、言葉がわからない人は、何かあったときのことを想定して事前に英語で文章をメモしておくなどの対応も必要になってきます。
タイの治安や犯罪、犯罪を防ぐために気をつけることなどをご紹介してきました。海外に一歩出れば日本では考えられないようなことが普通に起こります。自分は大丈夫と軽い気持ちで冒険することは避け、犯罪に対する知識をしっかりつけておくことが、犯罪を避けるためには重要です。タイ旅行に行く際の参考にしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-1990263/