Tw8nt79aubzb5v6siwds

愛知

CATEGORY | 愛知

犬山のお土産2018年版・名物や銘菓などおすすめ5選

2018.08.15

城下町の雰囲気を楽しめる人気の観光エリアである犬山。そんな犬山で購入できるお土産を5つご紹介していきます。犬山の銘菓や名物お菓子など気になるものばかり。ぜひ犬山でお土産を購入する際に参考にしてみてください。城下町にあるお店もあるので、要チェックです。

  1. 犬山でおすすめのお土産1.「厳骨庵 げんこつ飴」
  2. 犬山でおすすめのお土産2.「もちたけ 栗羽二重」
  3. 犬山でおすすめのお土産3.「岩井本店 わらび餅」
  4. 犬山でおすすめのお土産4.「ういろの大野屋 ういろ」
  5. 犬山でおすすめのお土産5.「若松屋阡壱 桃酔菓」
  6. まとめ
創業170年もの歴史がある「厳骨庵」。犬山銘菓としても知られるきびだんごと共に、人気があるお土産が「げんこつ飴」です。沖縄産の黒砂糖を使っている砂糖菓子。触るとわかるのですが、硬いんです。でも口に入れるとしだいに柔らかくなっていきます。そんな食感も楽しめるお菓子が「げんこつ飴」なんですよ。
価格も手ごろなので、お土産にぴったりです。ちなみに「厳骨庵」は犬山駅から歩いて10分程度の位置にあります。最初に紹介した通り犬山銘菓で知られるきびだんごなどのお土産もあるので、あわせて購入してみてはいかがでしょうか。
犬山にある和菓子店である「もちたけ」で人気があるお土産といえば、犬山銘菓として評判の「栗羽二重(くりはぶたえ)」でしょう。栗きんとんを遠方へも持って帰れるようにと羽二重餅で包んだのが始まりだと伝えられています。こうすることで栗きんとんを空気に触れさせることを減らすことができたので、日持ちするようになったんですよ。
栗きんとんに使用されている栗は、犬山産の大きな栗。栗の食感も楽しめるようになっているんですよ。犬山のお土産として喜ばれる一品なので、ぜひ購入してみてくださいね。
犬山の城下町に店を構える「岩井本店」。そこで購入することができる「わらび餅」が犬山のお土産として人気の商品。柔らかい食感がクセになるわらび餅で、甘さも軽めなので何個でも食べれちゃうんです。
黒蜜を使っていないわらび餅で、素材本来の風味にこだわりをもった商品。購入した当日に食べてしまう方が商品なので、すぐに会う方へのお土産、または自分用のお土産として購入してくださいね。ちなみに、「岩井本店」では「わらび餅」の他に鹿児島のサツマイモを使って作っている鬼まんじゅうも人気がある商品なので、あわせてチェックしてみてくださいね。
犬山口駅から歩いて2分ほどでアクセスできる和菓子屋「ういろの大野屋」。お店の名前にもなっている通り、様々な種類のういろが販売されているお店です。ういろを食べやすくしているういろだんごや、栗の甘露煮が入っている栗蒸しういろ、犬山産の抹茶を使っている犬山抹茶ういろなどがあります。また、栗きんとんういろの栗美遊も人気がありますよ。
駅から歩いてすぐに位置するお店なので、買いに行きやすいのも魅力ですよね。また、ういろの他にどら焼きなどの販売もありますよ。
犬山の夏の銘菓として知られる「若松屋阡壱の桃酔菓(とうすいか)」は、期間限定で販売される商品です。犬山の特産品である桃を密に漬け込んだもので、桃がまるごと使われているのでとても贅沢なお土産です。
桃の単品でも販売されていますが、せっかくなら5色のゼリーと桃の花のお干菓子がついたものを購入してみてはいかがですか?「桃酔菓」と共にこれらを器に浮かべ、氷を入れて冷やして食べてくださいね。賞味期限は約1か月あるので、1個とは言わずたくさん購入しちゃいましょう。人気がある商品なので、午前中のうちに売り切れてしまう場合もあります。絶対に手に入れたい方は、早めにお店へと向かいましょう。
城下町の散策が楽しめる犬山のおすすめしたいお土産を5つご紹介してきました。犬山の名物として知られているお菓子や、銘菓、さらには期間限定で購入できる物まで様々ありました。せっかく犬山まで訪れたら、ぜひ犬山ならではの名物お菓子をお土産に購入してくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Inuyama_castle_%E7%8A%AC%E5%B1%B1%E5%9F%8E_(2200078690).jpg